[[白作戦を阻止せよ]]
 
 
 
 
#ref(http://art3.photozou.jp/pub/193/206193/photo/14753019_org.png,,1)
 
 
陸軍戦力のみnofogで確認しました。
#ref(http://art8.photozou.jp/pub/193/206193/photo/14753023_org.png,,2)
さてこのシナリオでは通常起こりえないソ連参戦が起きる、こういったイベントはショートシナリオならではと言えます
 
前回と違い物資石油TCには余裕があり、民兵が守備隊等、部隊が少々変わりました
 
勝利条件
#ref(http://art1.photozou.jp/pub/193/206193/photo/14753026_org.png,,3)
戦略的勝利を収めるには、10月16日から30日の間に15ポイント取得する
小勝利なら10月30日にドイツのポイントを36以下に抑える
 
確実な負けは ドイツが46ポイント先取した場合
 
 
小勝利事態は難しくはないでしょう
 
ソ連とドイツでうまく勝利ポイントを振り分ければいいのですから
ドイツ軍の動きをどれぐらい抑えられるかによります
 
戦略的勝利を目指には。ワルシャワがポイント10ですので後5ポイント維持できれば勝ちです。
そう考えると難しいとは思えない気がしますが、ワルシャワ近辺のVPは1であり5クラスは
2プロ離れた場所になります。
 
 
 
 
本編
 

開始早々あちこちで戦闘が始まります前回同様、集結させつつ撤退
ただし今回はワルシャワ周辺までの撤退となります。
ワルシャワ周辺で戦闘を繰り返し、敵の足止めしていきます。
#ref(http://art9.photozou.jp/pub/193/206193/photo/14753028_org.png,,4)
9月18日 ソ連軍侵攻、とはいえ国境に居るのは動けない守備隊のみどうしようもない
勝利のためにはVPをソ連にある程度抑えてもらわなければいけない
#ref(http://art10.photozou.jp/pub/193/206193/photo/14753036_org.png,,5)

ソ連軍により守備隊がどんどんなぎ倒されていく
ドイツ占領下のVP5のウーチに進撃するも、周辺より部隊が送り込まれ、奪取不可能
ワルシャワの横は届くのだが後もう一歩が届かない
 
9月30日 ドイツ軍により分断されたためルブリン奪還に向かう

#ref(http://art1.photozou.jp/pub/193/206193/photo/14753041_org.png,,6)

奪還はできたが、すぐに追い返される

10月6日の各国のVPの状況
#ref(http://art8.photozou.jp/pub/193/206193/photo/14753044_org.png,,7)
 
このままいけば小勝利は確実だ、だがそれでは面白くない
 
ソ連の戦車の足が速いため、ドイツより先にソ連軍が奪取
これにより、ソ連軍がワルシャワの横まで進出
#ref(http://art8.photozou.jp/pub/193/206193/photo/14753048_org.png,,8)
ワルシャワに何度か攻撃がくるも、渡河攻撃+市街地のために、ドイツ軍を撃退
だがこちらからはドイツ軍は叩けない、どうしたものか、このままでは戦略的勝利は不可能
気がつけば10日タイムリミットまであと20日・・・そうだドイツ軍が無理ならソ連軍なら行けるはずだ
#ref(http://art9.photozou.jp/pub/193/206193/photo/14753052_org.png,,9)
ソ連軍は弱かった・・・・まあこれだけの数を叩き込めば当然でありますが
いけるいけると思っていたら、塹壕防御が無くなったわが軍にドイツ軍から攻撃を受け、ワルシャワまで撤退
 
ドイツ軍が横から殴ってる来ることを考えていませんでした
とここで、さらに予想もしなかったことが起きた。ソ連軍がラドムを占拠
#ref(http://art10.photozou.jp/pub/193/206193/photo/14753056_org.png,,10)
偶然とはいえこれで勝ち目ができた。VP5のウーチのドイツ軍は頑強だ、一気にドイツ支配下を南下して
VP目指しても援護がきてVPまで届かないだろう
 
ソ連軍の数はまだあまり集結していないし、ソ連軍になら付け入る隙はある
それに彼らはお互いの軍隊通過はできない、横殴りも限られた範囲だ行ける行けるはずだ
 
21日に全軍に攻勢指示を与え、25日に一斉に南下

#ref(http://art4.photozou.jp/pub/193/206193/photo/14753058_org.png,,11)

ルブリンを奪取後、後続の騎兵が到着しだいさらに南下する
ラドムに居るソ連戦車軍団をワルシャワから歩兵に攻撃させ足止めをさせる、南下が失敗しても
ルブリンの東にあるVP8のブエストリトウスクがある、そちらへ行けばいい、いざVP5のザモシチへ!
 
そしてあっさりと奪取、ドイツ相手に戦っていたあの苦労は・・・と思わんばかりに
後は30日まで死守かなとおもっていたら
 
ここで
 
 
#ref(http://art8.photozou.jp/pub/193/206193/photo/14753063_org.png,,12)
 
終了
 
 
 
 
#ref(http://art3.photozou.jp/pub/193/206193/photo/14753070_org.png,,13)
 
 
なんだかボロボロな状況なのに、劇的な活躍をした戦略的勝利文ですが
フランスとイギリスが、早い段階でドイツに攻め入ったと仮定しましょう
 
 
 
 
「ドイツは当初ポーランドを叩き潰した後に、フランスを叩くつもりでいた
だが逆に、ポーランドの抵抗によりドイツは連合軍に叩きのめされた。
ソヴィエトは、ポーランドの頑強なまでの抵抗と連合国からの抗議により
ポーランドより撤退した。だがこの時の禍根が後々まで続くのである・・」
 
 
 
 
 
ふと気になったので小勝利はどんな勝利文がでるのか試しました
 
ポーランド軍はどんな予想をも上回る活躍を見せ、ドイツ軍戦車部隊の進撃を国境で食い止めた。
その後もポーランド軍将兵は勇敢に抵抗を続け、イギリスとフランスにドイツに攻め込む決断を促し、
そのための態勢を整える時間を与えた。ヒトラーは打倒され、二度と権力を握ることは無いだろう。
 
 
 
 
おまけ
 
#ref(http://art9.photozou.jp/pub/193/206193/photo/14753077_org.png,,14)
 
ここまでやっても撤退しないドイツ様、動かないフランス様最高でございます。
ポーランドはその後4月2日に併合されましたとさ、とほほほほ
 
うーんむずかしい、39年ポーランドプレイ、どうやったらドイツ相手に生き残れるのかと
イギリス、フランスが空気読んでくれれば問題ないのですが
統帥権を取れるところから、取れるだけとっても、キールには上陸できないしバルト海はドイツ軍の海
フランスから侵攻させるも、攻撃条件がよくないためにAI軍隊がへたれて、一時間もしないうちに攻撃拒否
確実に上陸する方法はヴィーゼル演習作戦発動後、しかしポーランドの死亡フラグのタイムリミットがそこまで
38年シナリオで、ダンチヒか戦争かで、戦争だを選んで負けてしまいました。38年ドイツは強かった。
難しい上にできることも限られておりましたが、色々考えたりして、楽しかったです。

白の場合(白作戦)のことをドイツ語でファル・ヴァイス、英語でケースホワイトと言います。

もしショートシナリオをやったことがないのでしたら、一度やってみては如何でしょうか?結構面白いですよ
 
短かったですがこれにて完結とさせて頂きます、それでは皆様ごきげんよう、さようなら
 
  
[[白作戦を阻止せよ]]

TIME:"2008-11-15 (土) 21:41:10"

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS