*1945年 [#jb3c50c8]

&color(Purple){''07241945''};
 今回の作戦は政府の宣伝ほど鮮やかな勝利ではない
 だが、デブリーフィングからいくつかの重要な情報がわかる
 
 1.敵は上陸不可能な地域の一部には敵を配備していない
  最悪被殲滅も覚悟していたが、航空偵察通り敵はインド南部の一部に敵を配備していなかった
  欧州沿岸部全てに配備していたのとは異なるが、このような地域にまで戦力を回す余裕はないということか?
 2.敵の召喚魔法は時間がかかる
  便宜上召喚魔法としているが、我々が7月4日に上陸したのに敵は19日までやってこなかった
  敵が部隊を集中させるには一定時間がかかるということだ
 3.敵は魔法によって補給を行うことはできない
  我々が包囲下においた敵は明らかにこれまでの戦いと異なり弱体化していた
  頑強に抵抗はしていたが、敵が全力であったならばこちらにさらなる犠牲が出ていただろう
 4.敵は脱出魔法を用いることはできない
  包囲下の敵の殲滅は確認されている
  どういう原理かはさらなる調査が必要だが、我々が包囲すれば敵は脱出できなくなるようだ
 
 敵も次からは一定程度対応してくるだろうが、おそらく3や4の部分に関しては敵の対応ができない範囲と考えられる(奇襲効果は1と2にしか関係ないはずだ)
 
 第二次攻撃が計画されているがそこで新たな収穫があると期待したい

*第二次上陸作戦 [#l10fddc9]

http://art5.photozou.jp/pub/729/3116729/photo/257557914_624.v1535253842.png

&color(Pink){''08011945''};
 航空部隊が敵部隊の減少を確認した
 明後日再度の効果作戦が行われる
 罠でなければよいが

http://art5.photozou.jp/pub/729/3116729/photo/257557917_624.v1535253852.png

&color(Pink){''08041945''};
 降下に成功した
 だが、包囲外の地域に少なからず敵の数が確認された…

明らかに二千個師団を超える敵に対してこの戦い方はコスパが悪すぎるが、今現在我々が取れる手段はこれしかない。

http://art5.photozou.jp/pub/729/3116729/photo/257557919_624.v1535253862.png

http://art5.photozou.jp/pub/729/3116729/photo/257557921_624.v1535253873.png

&color(Pink){''08051945''};
 沿岸部には増援が到着したようだ
 敵は我らの守備地点を突破すべく猛攻をかけてきている
 車両部隊の増援が来るまでここを死守せねばならない

敵が包囲外から攻撃してきたがこれぐらいならぎりぎり耐えられる。

http://art5.photozou.jp/pub/729/3116729/photo/257557926_624.v1535253894.png

&color(Pink){''08071945''};
 車両部隊が到着すると敵は攻撃をあきらめた
 私は助かったが、少なからず部隊にも被害が出ている

http://art5.photozou.jp/pub/729/3116729/photo/257557927_624.v1535253905.png

自動車化が到着して防衛成功…しかし包囲内にいるのは一個師団だけ。

http://art1.photozou.jp/pub/729/3116729/photo/257557929_624.v1535253915.png

去年までのキルレートとは真逆だが、それでも戦果としては少なすぎる。

&color(Pink){''08091945''};
 結局包囲下にいたのは約一個師団だけだった
 去年までの戦闘を考えるとこれでも大勝利なのだが、前回の快勝に比べると面白くはない
 
 収容ポイントに向かう


**通商破壊 [#ocd5761c]

http://art5.photozou.jp/pub/729/3116729/photo/257557931_624.v1535253925.png

敵も通商破壊をしてくるが、かなり頻度が低い(KRアメリカの日本と比較)し被害も少ないので無視。

http://art1.photozou.jp/pub/729/3116729/photo/257557933_624.v1535253936.png

再配置かなにかで敵がやってくる。

&color(Pink){''08141945''};
 包囲下の地域に敵が湧きだした?
 どういうことだろう
 部下に警戒を強めるよう命令する

http://art5.photozou.jp/pub/729/3116729/photo/257570429_624.v1535285739.png

http://art5.photozou.jp/pub/729/3116729/photo/257570438_624.v1535285747.png

まとめて殲滅に成功(それでも少ない)。

&color(Pink){''08181945''};
 湧きだした敵も殲滅された
 車両部隊の到着を待ち次第撤収する

http://art1.photozou.jp/pub/729/3116729/photo/257570445_624.v1535285755.png

http://art5.photozou.jp/pub/729/3116729/photo/257570451_624.v1535285763.png

思いっきり減ったかと思ったが単に諜報の誤差。
実際には増えてるっぽい。

&color(Pink){''08201945''};
 車両部隊の到着と無数の化け物の出現はほぼ同時であった
 幸運だ


*無敵連合軍 [#y3ce2849]

http://art1.photozou.jp/pub/729/3116729/photo/257570465_624.v1535285779.png

同盟軍がナザリック数十個師団を殲滅。

司令部もいた気がするからおそらくユニークユニットごと殲滅したのではないか。



&color(#A0A0A0){''08231945''};
 カリブ海に上陸した敵は合衆国軍の手助けなしに殲滅された
 我々が彼らに後れを取ってはならない
 無数の敵が現れた直後に新型爆弾を投下すれば彼ら以上の戦果を得られるはずだ

#br
#br


&color(Purple){''08251945''};
 第二次攻撃で得られたことは
 敵の学習能力は限定的なものであること(沿岸部への防衛はほとんど増強されなかった)
 包囲されていない敵に対しても10倍の戦力でなら守り切れるということ(空挺部隊への救援が到着した後包囲外の敵は攻撃を諦めた)
 脱出させることは不可能でも、送り込む召喚魔法は包囲下にも用いることが可能ということ
 だが、コインバトールへ行われた包囲外からの攻撃と異なり、召喚魔法でティルヴァナンタプラムに現れた敵は補給切れに近い状態であった
 補給物資は召喚魔法では送れないようだ
 
 また、彼らは投降することなく最後まで抵抗する
 そもそも意思疎通ができるかどうか不明(スイス政府とは多少のやり取りがあったらしいが詳細は残っていない)だが、彼らに投降という概念はないようだ
 死ぬまで…いや原型を失うまで抵抗し続ける
 死体解剖では得られる情報などたかが知れている
 だが、生きたまま(動ける状態のまま)捕えることは不可能だ
 
 情報が足りない
 化け物を全て殲滅するためにはもっと多くの情報が必要だ

*第三次上陸作戦 [#ka109c44]

&color(Pink){''09041945''};
 今度の作戦では試験的に簡易飛行場が用いられる
 撤収の際も輸送機が使えるということだ
 徒歩移動が減るのもうれしいが、何よりも重要なのはぎりぎりまで踏みとどまって戦えるということだ
 友軍の足手まといになることはこれでなくなる

http://art1.photozou.jp/pub/729/3116729/photo/257570474_624.v1535285787.png

http://art5.photozou.jp/pub/729/3116729/photo/257570482_624.v1535285796.png

http://art1.photozou.jp/pub/729/3116729/photo/257570491_624.v1535285804.png

また敵が増える。



&color(Pink){''09101945''};
 敵の数が多い
 無尽蔵と思えるほどに湧いてくる
 実際のところ、本当に無尽蔵に近いのだろう
 ルガーノでは今も化け物が生み出され続けているに違いない
 
 ならば答えは簡単だ
 供給速度を処理速度で上回る
 生み出される以上の速さで殲滅する


http://art5.photozou.jp/pub/729/3116729/photo/257570498_624.v1535285813.png

http://art1.photozou.jp/pub/729/3116729/photo/257570507_624.v1535285822.png

http://art1.photozou.jp/pub/729/3116729/photo/257570520_624.v1535285838.png

http://art5.photozou.jp/pub/729/3116729/photo/257570529_624.v1535285846.png

まとめて殲滅する。

http://art5.photozou.jp/pub/729/3116729/photo/257570537_624.v1535285855.png

これまでの作戦と違う点は空港の配備である。

&color(Pink){''09151945''};
 これまで以上の敵の殲滅に成功したはずだ
 後は輸送機に乗り込むだけだ

http://art1.photozou.jp/pub/729/3116729/photo/257570543_624.v1535285863.png

空挺降下地点に空港を配備。

http://art1.photozou.jp/pub/729/3116729/photo/257570555_624.v1535285871.png

実際役に立つのはコインバトールだけだが、これで空挺をぎりぎりまで戦わせることができる。

http://art1.photozou.jp/pub/729/3116729/photo/257570565_624.v1535285879.png

http://art1.photozou.jp/pub/729/3116729/photo/257570572_624.v1535285887.png

http://art1.photozou.jp/pub/729/3116729/photo/257591490_624.v1535377709.png

空挺降下で華麗に撤退。

&color(Pink){''09211945''};
 コロンボには友軍がほとんどいない
 輸送艦で輸送中のようだ
 
 人がいないと施設利用は快適だが、友軍が全滅した時も同じ状態になると考えると恐ろしい

&color(Pink){''09221945''};
 友軍が帰ってきた
 施設もこれで混雑するが、永久に閑散としたままであるよりかはよっぽどいい

http://art1.photozou.jp/pub/729/3116729/photo/257591494_624.v1535377720.png

この世界ではきっと自動車化部隊整備に尽力したのではないだろうか。

&color(#00BFFF){''09311945''};
 従軍司祭制度の廃止
 既存宗教の衰退がここまで激しいとは
 
 一方で「教団」は勢力を増す一方だ
 正直、合衆国全土で広がるとは思わなかった…
 FBIが動いてくれればよいのだが

**ユニークユニット来襲 [#v7d9dbe6]

http://art5.photozou.jp/pub/729/3116729/photo/257591497_624.v1535377730.png

司令部を潰したいが周りにあれだけいては見送るしかない。歯がゆい。

http://art1.photozou.jp/pub/729/3116729/photo/257591507_624.v1535377750.png

やっぱり増えてる。

http://art1.photozou.jp/pub/729/3116729/photo/257591511_624.v1535377760.png

頼むから奪われる地域に空軍を送り込むのはやめてほしい…

http://art1.photozou.jp/pub/729/3116729/photo/257591516_624.v1535377770.png

雑魚狩りだが海戦で勝利。

http://art1.photozou.jp/pub/729/3116729/photo/257591522_624.v1535377780.png

http://art1.photozou.jp/pub/729/3116729/photo/257591527_624.v1535377790.png

以降も上陸を繰り返す。
補給切れになると戦車は特に弱体化するのでどんどん来てほしい。



&color(Purple){''10191945''};
 軍籍を一時的に離れ、旧カナダ北部で行われている「ニュー・アテネ(旧名:グレートスレーブ)」計画に携わることとなった
 この計画は機密を最重要視しており、化け物の支配地域に近いというリスクをとってまで合衆国国民に察知されないようにしている
 資金源も公費ではなく、主に計画責任者である将軍の個人財産によるものだ
 研究メンバーも合衆国の人間は少なく、旧大陸から亡命してきた人々―コロリョフ、ブラウン博士―などが中心となっている
 
 セシル星系への移住―この計画が成功すれば、例えこの合衆国が滅んでも人類は宇宙というフロンティアで生き延びることができる
 
 人類種が諦観の内に壊死する
 そんなことはあってはならない
 限りない未来が我々にはまだ残されている

*なろう将軍 [#sc36a8af]

http://art1.photozou.jp/pub/729/3116729/photo/257591540_624.v1535377811.png

特性が多すぎる。

&color(Pink){''10231945''};
 今度の作戦では旧大陸の人間の生き残りを捜索することも目標となる
 これまでの作戦地域よりも広い場所で捜索活動を行う
 
 「人間の盾」でも行わない限り、既に複数回降下された場所に人がいるとは思えない
 そして、彼らにはそのようなことをわざわざ行う理由が存在しない
 そのような小手先の手段に頼らずとも、敵は我々を圧倒している
 
 師団長も同じ考えだったが、イギリスの強い要請でこの計画が行われたらしい

http://art5.photozou.jp/pub/729/3116729/photo/257591545_624.v1535377822.png

正当な所有者がやってきた結果彼らの手に領土が戻る。

http://art5.photozou.jp/pub/729/3116729/photo/257591574_624.v1535377863.png

撤退妨害にしては小規模すぎる…

http://art1.photozou.jp/pub/729/3116729/photo/257591582_624.v1535377873.png

僅かな損失で撃退。

http://art5.photozou.jp/pub/729/3116729/photo/257591587_624.v1535377883.png

敵タワーがやってきたがイギリス軍は撤退しない。
見殺しにするしかない。

&color(Pink){''10271945''};
 我々が生存者を発見できなかったことを伝えたはずだが、イギリスはそれに納得しなかったようだ
 インドがイギリス領であることを根拠に、我々が止めるのも聞かず独自にイギリス軍を上陸させた

&color(Pink){''11041945''};
 我々は撤退するということを伝えているはずだが、イギリス軍は更に増援を派遣するらしい
 理解できない…自殺願望でもあるのか?

http://art5.photozou.jp/pub/729/3116729/photo/257605460_624.v1535463118.png

http://art5.photozou.jp/pub/729/3116729/photo/257605468_624.v1535463136.png

http://art5.photozou.jp/pub/729/3116729/photo/257605473_624.v1535463145.png

http://art5.photozou.jp/pub/729/3116729/photo/257605478_624.v1535463154.png

&color(#A0A0A0){''12131945''};
 マドゥライに追い詰められたイギリス軍が救援要請を出す
 だが、海軍はこの要請を断り沿岸に空の輸送艦隊を派遣するだけにとどめた
 敵は強力だがセイロンにいる全軍を送り込めば守るだけならできるはずだ
 何を考えているのか
 どいつもこいつも無能ばかりだ
 そもそもイギリス艦隊は何をやっているんだ?

http://art1.photozou.jp/pub/729/3116729/photo/257605480_624.v1535463164.png

http://art1.photozou.jp/pub/729/3116729/photo/257605483_624.v1535463174.png

http://art1.photozou.jp/pub/729/3116729/photo/257605485_624.v1535463185.png

http://art1.photozou.jp/pub/729/3116729/photo/257605487_624.v1535463195.png

http://art1.photozou.jp/pub/729/3116729/photo/257605491_org.v1535463204.png

タワーが帰った結果、思ったより耐えるがそれでも1946年前に殲滅される…

海戦は一進一退といった感じだが、消耗戦では国力の少ない人類側が圧倒的に不利である。

&color(Pink){''12261945''};
 マドゥライが陥落した
 輸送艦隊が沿岸に待機していたからいくらか生き残りは収容できるだろうけれど
 
 我々も早期に撤退しているから生き残れたのだろう
 正面切っての戦いはできないということか

**統計 [#uebff353]

http://art1.photozou.jp/pub/729/3116729/photo/257605493_624.v1535463215.png

事実上戦力になるのは合衆国軍だけである。

http://art1.photozou.jp/pub/729/3116729/photo/257605495_624.v1535463225.png

http://art5.photozou.jp/pub/729/3116729/photo/257605498_624.v1535463236.png

http://art1.photozou.jp/pub/729/3116729/photo/257605499_624.v1535463247.png

人類側で最も戦果を挙げているのはイギリス軍である。

http://art1.photozou.jp/pub/729/3116729/photo/257605500_624.v1535463258.png

最も人類側で犠牲が出ているのもイギリス軍であるが。

http://art5.photozou.jp/pub/729/3116729/photo/257606769_624.v1535466482.png

http://art1.photozou.jp/pub/729/3116729/photo/257606772_624.v1535466490.png

http://art1.photozou.jp/pub/729/3116729/photo/257606775_624.v1535466499.png

http://art5.photozou.jp/pub/729/3116729/photo/257606781_624.v1535466508.png

http://art5.photozou.jp/pub/729/3116729/photo/257606790_624.v1535466517.png

http://art1.photozou.jp/pub/729/3116729/photo/257606797_624.v1535466526.png

このままだと数百回単位で上陸を繰り返さないと勝てない。

*1946年 [#y7f248be]

http://art1.photozou.jp/pub/729/3116729/photo/257606803_624.v1535466534.png

人的資源を増やしてくれる軍需大臣が引退。
タカ派がこれでMAXに。



http://art5.photozou.jp/pub/729/3116729/photo/257606806_624.v1535466543.png

http://art5.photozou.jp/pub/729/3116729/photo/257606811_624.v1535466552.png

マッカーサー元帥が包囲戦スキルを獲得。

http://art1.photozou.jp/pub/729/3116729/photo/257606814_624.v1535466560.png

http://art5.photozou.jp/pub/729/3116729/photo/257606820_624.v1535466568.png

http://art1.photozou.jp/pub/729/3116729/photo/257606827_624.v1535466577.png

スキル獲得はうれしいが戦果は少ない。

http://art1.photozou.jp/pub/729/3116729/photo/257606834_624.v1535466585.png

http://art1.photozou.jp/pub/729/3116729/photo/257606838_624.v1535466593.png

撤退後に戦車師団が来てくれるがこれでは殲滅できない…。

#br
#br

http://art5.photozou.jp/pub/729/3116729/photo/257860561_624.v1536847373.png

ユニークユニット発見。
殲滅したい…

&color(Yellow){''01301946''};
 本来は去年には戦争は終わっていた
 だが、現実には未だ終わっていない
 手記によれば核兵器の開発には成功しているはずだが、投下されたという話も聞かない
 首脳部全てが一括でプレイヤーによって動かされているならばそもそも開発すらされていないはずだ
 
 いや、私が大統領になったら使えるようにというイベント準備か?
 ということなら本当に「化け物」も存在しているというわけか
 これまでのはミスリードだったか?
 
 なんにせよ52年の大統領選挙に向けて準備を進めねば
 この「栄養剤」の生産設備ももっと拡張しよう

**限定的海上優勢 [#pbdc5d60]

http://art5.photozou.jp/pub/729/3116729/photo/257860563_624.v1536847382.png

http://art1.photozou.jp/pub/729/3116729/photo/257860565_624.v1536847390.png

nofogすればわかるが、敵は艦隊の大半をレニングラードに配備しておりここらへんには小規模な戦力しか差し向けない。
だから比較的不利な人類艦隊でもこのあたりであれば一方的に勝てる。
逆に、欧州で上陸作戦をやると超大規模艦隊に上陸阻止されて死ぬ。

http://art1.photozou.jp/pub/729/3116729/photo/257860569_624.v1536847399.png

空挺。

http://art1.photozou.jp/pub/729/3116729/photo/257860571_624.v1536847407.png

http://art5.photozou.jp/pub/729/3116729/photo/257860577_624.v1536847425.png

http://art1.photozou.jp/pub/729/3116729/photo/257860580_624.v1536847433.png

殲滅。

http://art5.photozou.jp/pub/729/3116729/photo/257860584_624.v1536847441.png

http://art5.photozou.jp/pub/729/3116729/photo/257860584_624.v1536847441.png

http://art1.photozou.jp/pub/729/3116729/photo/257860587_624.v1547042425.png

撤退。

**イギリス軍上陸 [#g48cddce]

http://art1.photozou.jp/pub/729/3116729/photo/257860590_624.v1536847473.png

余計なことを…

http://art5.photozou.jp/pub/729/3116729/photo/257860592_org.v1536847481.png

ユニークユニットによってイギリス軍は一方的に粉砕される。
正直空挺がしにくくなるので上陸しないでほしい。

http://art1.photozou.jp/pub/729/3116729/photo/257860593_624.v1536847489.png

次の空挺作戦は一か月遅れる羽目になってしまった。

&color(#A0A0A0){''02211946''};
 「栄養剤」の中毒者が軍内部にも増え続けている
 憲兵をいくら増やしても足りない
 FBIの取り締まりが生ぬるい、これでは焼け石に水だ
 彼らは証拠が足りないとあれこれ理由をつけ捜査は進まない
 「教団」の仕業だということはわかり切っているはずなのに
 
 長引く戦争で国家そのものの規律が荒廃しきっている
 これらを正したいところだが文民どもは憲法を盾に首を振る
 こいつらが上にいては勝てる戦争も勝てなくなってしまう
 規律と秩序、これだけが人類を救うのだ

**餓島ティモール [#t98b2cd3]

http://art5.photozou.jp/pub/729/3116729/photo/257860595_624.v1536847497.png

補給切れはほぼ確実なので少し殴るだけで数十個師団を殲滅できる…はず。

#br
#br

http://art1.photozou.jp/pub/729/3116729/photo/257860596_624.v1536847505.png

戦車師団の方が燃料切れの影響を受けて弱体化してくれるのだがそれにしてもしぶとい…
大臣修正の25%も馬鹿に出来たものではない。

http://art5.photozou.jp/pub/729/3116729/photo/257860598_624.v1536847516.png

http://art5.photozou.jp/pub/729/3116729/photo/257860601_624.v1536847524.png

マッカーサー元帥が突撃戦スキルを獲得。どんどん強化されていく。

http://art5.photozou.jp/pub/729/3116729/photo/257860603_624.v1536847533.png

またイギリス軍が上陸。

http://art1.photozou.jp/pub/729/3116729/photo/257860950_624.v1536849601.png

http://art1.photozou.jp/pub/729/3116729/photo/257860953_624.v1536849617.png

http://art5.photozou.jp/pub/729/3116729/photo/257860954_624.v1536849627.png

イギリス軍は撤退させるどころかさらに増援を逐次投入。
既視感を覚える。

http://art1.photozou.jp/pub/729/3116729/photo/257860956_624.v1536849637.png

あれ?攻撃が止んだ?

**切り札の青写真 [#i9070670]

http://art5.photozou.jp/pub/729/3116729/photo/257860957_624.v1536849647.png

http://art1.photozou.jp/pub/729/3116729/photo/257860959_624.v1536849658.png

重要。もう半分以上研究が終わっていても非常に重要。

http://art5.photozou.jp/pub/729/3116729/photo/257860961_624.v1536849668.png

http://art1.photozou.jp/pub/729/3116729/photo/257860964_org.v1536849678.png

やっぱり駄目だった。

*ジョホール上陸 [#r2304806]

http://art1.photozou.jp/pub/729/3116729/photo/257860969_624.v1536849689.png

インドがしばらく駄目なのでこちらに上陸。

http://art5.photozou.jp/pub/729/3116729/photo/257860975_624.v1536849699.png

http://art5.photozou.jp/pub/729/3116729/photo/257860979_624.v1536849709.png

http://art1.photozou.jp/pub/729/3116729/photo/257860982_624.v1536849719.png

重大なネタバレをした後シンガポールの敵を攻撃。

http://art5.photozou.jp/pub/729/3116729/photo/257860984_624.v1536849730.png

http://art1.photozou.jp/pub/729/3116729/photo/257860990_624.v1536849751.png



http://art5.photozou.jp/pub/729/3116729/photo/257860992_624.v1536849761.png

攻勢中止。

http://art1.photozou.jp/pub/729/3116729/photo/257860994_624.v1536849771.png

キルレートこそよさそうに見えるが敵の人的資源は無限である。殲滅しなければ意味がない。

http://art5.photozou.jp/pub/729/3116729/photo/257860996_624.v1536849782.png

やはり現時点ではインド南部上陸でしか勝機はない。

#br
#br
#br
#br

*コメント返信 [#l53bad9d]

大軍だがAIは輸送船団を作らないなら空挺とかで陸地を隔離してしまえば輸送できなくなって補給切れで勝てそう今はインドが良いけどある程度進めたらイタリアとかでも補給線を切れそうだね -- 2019-01-29 (火) 21:11:21

&ref(名無し2.png,[[閣僚画像置き場]],nolink);完璧な作戦です。不可能だという点に目をつぶればの話ですが。

http://art5.photozou.jp/pub/729/3116729/photo/257314152_624.v1534205119.png

&ref(名無し2.png,[[閣僚画像置き場]],nolink);[[以前のAAR>≪kaiserreichアメリカ合衆国≫星条旗よ永遠なれ/The Longest Day]]でもやったように、イタリア、特にシチリア島は敵を殲滅するのに向いています。

http://art1.photozou.jp/pub/729/3116729/photo/258232137_org.v1538748103.jpg

&ref(名無し2.png,[[閣僚画像置き場]],nolink);ですが、このような状況でイタリアやシチリア島に上陸することは不可能です。スエズもジブラルタルも敵に完全に制圧されています。

&ref(名無し2.png,[[閣僚画像置き場]],nolink);「ある程度進めたら」どうにかなるかもしれませんが、そもそもインド南部から進撃するのが事実上不可能です。百個師団程度で包囲して補給切れを狙っても、数百個師団が解囲にやってきて死にます。タワーがやってきたら即撤収しないと数十万単位で犠牲が出ます。

&ref(名無し2.png,[[閣僚画像置き場]],nolink);仮に千個師団でその数百個師団を包囲しても、新たに二千個師団が解囲にやってきて死ぬだけでしょう。

全人類を武装化しないと勝てないのではこれ? -- 在米退役軍人会会員? 2019-01-26 (土) 10:17:10

&ref(名無し2.png,[[閣僚画像置き場]],nolink);三千個師団をつくればどうにかなるかもしれません。ですが、一般動員までやって集められた師団は精々千五百個個師団です。総動員しても三千個師団は到底揃えられないと思います(拡大動員以降はあまり人的資源を得られない)。


[[作戦名「オーバーロード」/繰り返される上陸、繰り返される撤退 下]]へ進む

[[作戦名「オーバーロード」/反撃の狼煙]]に戻る

[[作戦名「オーバーロード」]]
TIME:"2019-01-30 (水) 22:57:36"

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS