*缶抜き! AL作戦発動、欧州上陸ッ! 1936-1940 [#m378657d]

&ref(ss1ridatu.png);
&ref(c.png); ちょちょちょちょ、閣下待ってくださ――あれ、デジャブ? 連合離脱ですよね?
&ref(m.png); かまわねー!やっちまえー!うわは――確かに前もいちどあったよな?

&ref(ss2log.png);

**前回との違い。 [#p4521238]

&ref(m.png); まずベネズエラ併合までは対外行動は同じ。なのでAARでも省略させてもらおうぜー!
&ref(c.png); V作戦の工程で、最適化というかほんのちょっと改良した部分だけ記します。

>>>・初期配置の1個歩兵師団(18年度式、充足率ほぼゼロ)とI型駆逐艦1個ユニットを解隊。
・騎兵師団は造らない。つまり39年度式歩兵師団12個のみ生産。
・ベネズエラ守備部隊の生産を後回しに。マラカイボの治安維持に守備部隊1個だけ生産。

>>>・12個歩兵師団+1個守備隊を第一期動員とし、さらに海兵師団2個を創設。
海兵師団はベネズエラの「次」に投入。

>>>・輸送船団がとても不足するので、ICをさらにかつかつにして追加生産30隻ほどをひねり出す。

&ref(v.png); テストしてみたらICは足りたが、マンパワーが厳しすぎる。
&ref(c.png); 結果として、「あ、また0になった」「お、15までやっと回復したな」という状況が続きました。
&ref(m.png); こんなもんでいいや、あとは駆け足で行こ!iko!

***ほんとうに駆け足で、でも暴走するのか [#j37856aa]

&ref(b.png); ベネズエラ併合完了までに、歴史上で前回失敗プレイと違った点は''スペイン内戦は国粋派が勝った''ことだけだ。
&ref(m.png); けど、ちょっとびくびくしちゃうよね! すぐに「運がよければなんとかなるか」とか考えちゃってるし!
&ref(b.png); あとは日本がナチに満州国承認を求めなかったり、ナチが防共協定を日本にだけ持ちかけたり
&ref(m.png); 逆立ちしまーす! どうでもいいので逆立ちしまーす! ほいっ! よっと!
&ref(c.png); かっかぁぁぁーーーーーッ!!
&ref(m.png); うん?

&ref(ss80dem.png);

&ref(m.png); うおぉ…
&ref(c.png); あ、すみませんちょっと刺激が強すg、ん、く――

 36年11月に、これが、出たので、
 たくさん、鼻血が、出ました。
 輸血、お願い、します。

***跳んで38年9月。 [#ya4abc91]
&ref(v.png); 第一期動員も大詰めだ。12個歩兵師団+1個守備隊で予定通りマンパワーがほぼ尽きた。
&ref(m.png); じゃじゃーん! その上海兵2個師団をせいさーん!
&ref(c.png); 徴兵適齢層はほぼ刈り尽くしました。残りマンパワー20、ここから海兵師団ひとつで15消費するので、
&ref(v.png); やむなく少年兵志願制度を新たに創設(と脳内設定)。
&ref(b.png); いまやスライダ振り切り極右国家だからなぁ。例の古典名画のごとく

&ref(neta6movie.png);

&ref(b.png); みたいになってたりして。
&ref(m.png); なんというヒドイ国家だろう、指導者の顔が見てみたい(^ω^)
&ref(c.png); ただ、かなりハト派で消費財も豊かに供給されているので、帝政ドイツ末期の陰鬱な雰囲気(?)ではないのかもしれません。

**1938/11/11 V作戦無事終了。 [#fa41e956]

&ref(v.png); ベネズエラ攻略完了だ。マラカイボからカラカスまで海上移動すると速かった。
&ref(b.png); 今回も不可侵条約破棄は回避できたぜ。シャムとの同盟も締結((罠でした。))。ここまで問題無し。
&ref(c.png); ではマッケンジー首相、改良版第二段階の構想を。
&ref(m.png); うん、今回は諜報には頼らない。実力行使でやっちゃう。それが確実。

>>>カナダ連邦対外進出計画・第二段階
''AL作戦''
総参加兵力:12個歩兵師団、2個海兵師団。
制約:マンパワーの消耗を極力抑えること。
目的:続くMI作戦への出撃拠点を得る。

>>>''MI作戦''
総参加兵力:15個歩兵師団、2個海兵師団。
制約:マンパワーの消耗を極力抑えること。
目的:Iを恒久的拠点として確保する。

&ref(c.png); むちゃくちゃ不吉な作戦名称ですね…
&ref(m.png); カンの悪い人でもすぐわかる攻略目標だ。

**1939/4/22 AL作戦開始。 [#we8a586b]

&ref(ss91azores.png);

&ref(m.png); AL作戦、発動ッ!! AはアゾレスのA!
&ref(v.png); 36年度式歩兵2個師団で守ってる。こちらの14個師団をそのままぶつけるのも怖い。
&ref(v.png); よって輸送艦隊を3つに分け、6個歩兵師団→2個海兵師団→6個歩兵師団の順でぶつけた。
&ref(v.png); すると二段目の海兵師団の攻撃で無事攻略、大西洋の拠点アゾレスを確保した。
&ref(m.png); うかうかしとるとポルトガルが枢軸入りするかもしれんぞぅ、続いて本土攻略!

&ref(ss82por.png);
&ref(ss83por.png);

&ref(v.png); ポルトガル本土で砂浜があるプロヴィンスは、ファロとリスボンのみだ。
&ref(v.png); リスボンは4個師団が守っており強襲上陸は難しい。1個師団しか置いていなかったファロに連続攻撃で上陸成功。
&ref(c.png); AL作戦の目標は、欧州進出への拠点をポルトガルから割譲させることです。
&ref(m.png); だから戦勝点ゲットのためリスボンはぜったい占領してくれーっと! LはリスボンのL!

&ref(v.png); で、河を挟んで14vs6では――まず押し込むのは無理だ。
&ref(c.png); 現地が膠着状態に陥ったところで、我々本国政府は追加動員の3個歩兵師団をハリファックスより送り出します。サラザール博士も慌てたのか

&ref(ss85sue.png); 

&ref(m.png); こんな条件飲めるわけないじゃん!
&ref(b.png); いっぽう、カナダからもアゾレスその他最低限のプロヴィンス割譲で講和を提示してみた。が、逆に蹴られる。
&ref(v.png); 目的はリスボン占領。しかしそのまま総攻撃・失敗してマンパワーを失ってはその後の戦いに差し支える。
&ref(m.png); さあ考えてくれよ参謀総長☆
&ref(v.png); うん、一計を案じた。東のグアルダを守ってるのは3個師団だ。まずこれを総攻撃。
&ref(m.png); これはさすがに勝つよね。
&ref(v.png); ですな。で、我が方17個師団のうち、16個は支援攻撃。1個師団だけ占領に向かう。

&ref(ss86por.png); 

&ref(m.png); &ref(c.png); &ref(b.png); ''か か っ た な''
(かなり見分け辛いですが、リスボンのポルトガル部隊から東へ緑の三角が生えてます)

&ref(ss87por.png); 

&ref(v.png); リスボン守備の5個師団は全力でグアルダ奪取へ移動。

&ref(ss87por.png); 
&ref(ss88por.png); 

&ref(v.png); 無血占領だ。

&ref(ss89sue.png);

&ref(c.png); 本国では、ハーヴェイ中将の巧妙な戦術を称える手紙が山のように陸軍省に届いています。
&ref(v.png); いやいや、照れるね。単にAIがアホなだけだが…。
&ref(m.png); こんなにたくさんクズプロビ要らんよー。BBR上がるだけだかんね。3つでいい、3つで。
&ref(b.png); つーわけで、改めて講和条件をこちらから提示しにいった。

&ref(ss90peace.png);

&ref(m.png); たいへんけっこう!

>>>今回は意外と鮮やかに進みましたが
力押しでも、リスボン攻略までなら
とりあえずなんとかなります。
しかし消耗激しくなると後の師団拡充に響きまくります。
1939年12月27日、少し遅れたクリスマスプレゼントでした。

**1940、介入。そしてプレゼントすぎる。 [#h1f4c710]

&ref(ss92por.png);

&ref(c.png); ( ゚д゚)ポカーン
&ref(b.png); すまねぇ、「たわむれ」にまず傀儡打診してみたらすんなり受け容れやがった。
&ref(c.png); 戦勝点60%稼いで、アゾレスと東ティモールとエヴォラ(本土リスボンの南)だけ割譲させる予定だったはず。
&ref(m.png); いいじゃん、おーけーおーけー! 好戦性も宣戦布告で上がっただけで済んだし、たなぼた!

&ref(c.png); では欧州のはしっこでカナダがAL作戦に熱中していたころ、欧州のど真ん中はどうなっていたかというと

&ref(ss84sa.png);

&ref(m.png); 「予定調和」ってオモシロイ単語だよな。
&ref(c.png); 独ソは史実通りポーランドを分割しました。

>>>ドイツ様に「なんてことを!」と悲鳴を上げさせる
ポーランドをぜひお見せしたいのですが、今回は
歴史の流れがまだ乱れていないようです。

&ref(b.png); さいきん外務省で話題なんだがぁ、イギリスがポルトガルにかけてた独立保障は無視して良かったのか。
&ref(c.png); 英国がポルトガルのためにカナダに宣戦布告、というのも考えにくいですからねぇ。
&ref(m.png); カナダはまだ、アメリカと同盟締結ってカードを外交上ちらつかせることができるしなウヘヘ。締結しないけどウヘヘ。
&ref(b.png); しかしイギリスの外交的宣言が無視されたってのは、ヒトラーにポーランド侵攻を決意させた一要因になってるかもよ。
&ref(m.png); むむむ、確かに!
&ref(c.png); 悪いのはあくまでヒトラーです、カナダは引き金を引いたにすぎません…??

***不倫で決まる国家戦略。 [#z9bde70a]

&ref(m.png); で、どうするよ、MI作戦。
&ref(c.png); 頭痛いですね。リスボンが便利すぎます。ので、いまさらアイルランドを確保する意味が。

 「IはアイルランドのI!」
 ――Mは?
 「Mっすぐアイルランドを目指す」とか
 「Mんなでアイルランドを攻める」とか…

&ref(c.png); 皆様お手持ちのHoI2で((え、いまHoI3にかかりきりでそんな暇ない?このブルジョワがぁっ!))ご確認ください。リスボンを母港として、

>>>・ダブリン
・グラスゴー
・アムステルダム
・ストックホルム
・ナルヴィク
・レニングラード
・パレルモ
・アテネ
・トブルク

&ref(c.png); まで3000km圏内で届きます。
&ref(v.png); 東地中海以外、全て上陸できてしまうのか…。
&ref(m.png); アイルランド、もう中継拠点としてはイラナイー。むしろイラナイ音頭を踊っちゃう!
&ref(c.png); いちおう、アイルランド併合→再独立→傀儡解除、と優等生ルートで行けば、好戦性の上昇は3で済みます。
&ref(b.png); いま好戦性24だから、3で済むといっても痛い数字だがなぁ。ただ、地理的に対英戦には便利ではあるぜ。
&ref(m.png); 先の話すぎるじゃん。んーん、昨晩ナンシーに何言われたんだっけ…そうか、明け方にナタリーといっしょに…
&ref(c.png); ここまで来ると、リア充や激モテではなく単なる地獄ですね。
&ref(m.png); ん、スカンディナヴィア方面で作戦練っておいて。思い出したーYO

***やはり独ソ仏の動きを見るしか。 [#y8752fc6]
&ref(c.png); ノルウェーはドイツがいずれ、フィンランドはソ連に現在進行形で攻められているので、スウェーデンでしょうね。
&ref(b.png); スウェーデンもドイツが独立保障かけとる。戦争はしばらく先!
&ref(c.png); ICは内政に使わせてもらいます。あと工場3つで研究ライン増えるので。
&ref(v.png); マンパワーはやっと10まで回復した。師団増設も当分無理だ。
&ref(p.png); 前回と同じ失敗繰り返すかもだけど、他にすることないしやはりアイルランドにクーデターしかけるわ。

***陸ドクについて。 [#d518e2c6]

 陸ドクハード
 
 ベネズエラの研究機関を手に入れ、陸ドクの変更を画策するカナダ連邦。
 だが、それはParadoxの巧妙な罠だった。
 
 「ベネズエラの石油は、機械化部隊の夢を崩されるために確保したんですものね」
 「青写真さえあれば…こんな開発期間の長さなんかに…!」
 「よかったじゃないですか マンパワーの貧弱さのせいにできて」
 「士気士気士気士気っ!」
 「へへへ おい、安全不可侵条約を用意しろ。枢軸で壁に使ってやる」
 (耐えなきゃ…!!今は耐えるしかない…!!)
 「カナダ様の生クーデター失敗ゲ〜ット」
 (いけない…!戦車系の研究が全然進んでいないことを悟られたら…!)
 「生カナダ様の生組織率を拝見してよろしいでしょうか?」
 (こんな時に…くやしい…! でも…開発完了しちゃう!) (ピコピコポコッ!
 「おっと、連隊戦闘チームまで目指してしまったか。米式の痺れがいつまでも取れないだろう?」
 
 その後カナダはあっという間に技術開発が遅れてしまいさらにマンパワーを消耗した。

&ref(m.png); 石油+低マンパワー=米式陸ドク! 証明完了。
&ref(v.png); しばらく格下相手とも苦戦するよ。覚悟できてますか、首相?
&ref(m.png); 覚悟はできているが錯誤しそうだ、国際状況を。

***再び雪崩れる。 [#m41848a1]

&ref(m.png); 俺はさー! 明日からさー! シロクマになるという未来ー!
&ref(c.png); 閣下、ドイツの西方電撃戦が始まりました。1940年5月2日ですから、さほど遅すぎるわけでは…

&ref(ss93soviet.png);

&ref(m.png); ま、いいんでねえの。またおフランスがドイツ征服するかもしれんけどさ。
&ref(b.png); いくらなんでもカナダがこの魔女鍋に飛び込むのは無理だーな。

>>>1940年 6月 12日 0:00 : ルーマニア は ドイツ, スロヴァキア & フィンランド の軍事同盟に参加。
1940年 6月 13日 0:00 : ユーゴスラビア は ドイツ, スロヴァキア, フィンランド & ルーマニア の軍事同盟に参加。
1940年 6月 13日 0:00 : ハンガリー は ドイツ, スロヴァキア, フィンランド, ルーマニア & ユーゴスラビア の軍事同盟に参加。
1940年 6月 15日 0:00 : イタリア は ドイツ, スロヴァキア, フィンランド, ルーマニア, ユーゴスラビア & ハンガリー の軍事同盟に参加。
1940年 6月 16日 0:00 : ブルガリア は ドイツ, スロヴァキア, フィンランド, ルーマニア, ユーゴスラビア, ハンガリー & イタリア の軍事同盟に参加。
1940年 6月 20日 0:00 : ユーゴスラビア は 新政府を立て枢軸を抜ける という決定を ユーゴスラビアでクーデター において下した。
1940年 6月 20日 0:00 : ユーゴスラビア が ドイツ, スロヴァキア, フィンランド, ルーマニア, ハンガリー, イタリア & ブルガリア との軍事同盟から脱退。
1940年 8月 18日 0:00 : スペイン国粋派 は ドイツ, スロヴァキア, フィンランド, ルーマニア, ハンガリー, イタリア & ブルガリア の軍事同盟に参加。
1940年 10月 10日 0:00 : ギリシャ は ドイツ, スロヴァキア, フィンランド, ルーマニア, ハンガリー, イタリア, ブルガリア & スペイン国粋派 の軍事同盟に参加。

&ref(c.png); スペインが枢軸へ踏み込んだことで、フランスは独伊西から挟み撃ちに。
&ref(m.png); ヴィシー不成立は辛いけどなー。とりあえず地図だけは史実の形に近い独ソ決戦なのでOKってことにしようぜ。
&ref(b.png); いずれナチの攻勢限界、日本とアメリカの参戦、連合国欧州再上陸…さあてどこへカナダは介入できるかなっと!

&ref(ss97peace.png); 

&ref(m.png); &ref(c.png); &ref(b.png); &ref(p.png); &ref(v.png); Oh No.

 そして、ぼくらは
 ぼくらを守ってくれていた何かを
 壊してみた

涙を乾かす暇なく [[缶抜き! なんでおまえらが俺たちに…!(41-42)]] へ突撃!
だいぶポカーンとした顔で [[カナダいちぬけた!]] へ退却〜。

TIME:"2009-08-10 (月) 16:38:28"

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS