*【KaiserReich】固有特性持ち閣僚紹介AAR/アジア乱世編 [#ra146da8]

#contents

*極東アジア [#c5e8c3f2]

#br

http://art41.photozou.jp/pub/617/3185617/photo/238748675_org.v1468628565.png

#br
&ref(ゲッベルス.png,[[閣僚画像置き場]],nolink);第一次世界大戦の惨禍からも免れ、シベリア出兵の結果幸せな緩衝国を手に入れた日本と群雄割拠状態へと分裂した中国が特徴的ですね!
&ref(ゲッベルス.png,[[閣僚画像置き場]],nolink);特に日本は史実とは大きく異なり、対米戦をほぼ考えなくても良いのでプレイの自由度なら文句なしのトップクラスです。
&ref(ゲッベルス.png,[[閣僚画像置き場]],nolink);中国の群雄は統一を果たすことで実効IC120越えで人的資源マシマシのスーパー中華となれる可能性を秘めています。(統一できるとは言っていない)
&ref(ヴィルヘルム2世 (WW1).png,[[閣僚画像置き場]],nolink);朕が大戦に勝利したことで独植民地が大幅に増えているぞい。
&ref(ゲッベルス.png,[[閣僚画像置き場]],nolink);少し見にくいですが、太平洋上の諸島もほぼ独植民地となっています。なのでドイツプレイ時はかなり自由に侵攻の矛先を選ぶことができるでしょう。
&ref(ゲッベルス.png,[[閣僚画像置き場]],nolink);逆に独領に攻め入る側(日本など)では&ref(名無し2.png,[[閣僚画像置き場]],nolink);太平洋諸島部攻略めんどくさスギィ!イキソイキソ……  と、なることが往々にしてあります。
&ref(ゲッベルス.png,[[閣僚画像置き場]],nolink);侵攻の足掛かりになる植民地の鑑アンド時間稼ぎにもなる植民地の屑
&ref(ヴィルヘルム2世 (WW1).png,[[閣僚画像置き場]],nolink);やっぱ…植民地経営を…最高やな!
&ref(ゲッベルス.png,[[閣僚画像置き場]],nolink);せやな
**大日本帝国 [#v1dfa532]
***「昭和の天皇」 [#ja066203]
http://art33.photozou.jp/pub/617/3185617/photo/238748410_org.v1468627136.png
&ref(ゲッベルス.png,[[閣僚画像置き場]],nolink);Fullバニラでは「傀儡天皇」という悲しい二つ名をつけられた昭和天皇。KaiserReichでは普通に「昭和の天皇」という二つ名ですね。
&ref(ヴィルヘルム2世 (WW1).png,[[閣僚画像置き場]],nolink);なんか(特性)足んねえよなあ?
&ref(ゲッベルス.png,[[閣僚画像置き場]],nolink);Fullバニラと比べてみると、
#br
http://art33.photozou.jp/pub/617/3185617/photo/238749438_org.v1468631141.png http://art33.photozou.jp/pub/617/3185617/photo/238748410_org.v1468627136.png
&ref(ヴィルヘルム2世 (WW1).png,[[閣僚画像置き場]],nolink);はぇ^〜すっごい弱体化……
&ref(ヴィルヘルム2世 (WW1).png,[[閣僚画像置き場]],nolink);というかFullバニラ強すぎひん?マイナス特性も無いようなもんやし
&ref(ゲッベルス.png,[[閣僚画像置き場]],nolink);閣僚としてはぶっちゃけ微みょ…あ、いえ!指揮統制の回復に大きなプラスがかかる実際優秀な特性です!
&ref(ゲッベルス.png,[[閣僚画像置き場]],nolink);史実での経歴については皆さんよくご存じだと思うのであえて触れるまでもないでしょう。
#br
***「摂政」 [#g4e6bd00]
http://art33.photozou.jp/pub/617/3185617/photo/238748419_org.v1468632927.png
&ref(ゲッベルス.png,[[閣僚画像置き場]],nolink);「摂政」こと、秩父宮雍仁親王!
&ref(ゲッベルス.png,[[閣僚画像置き場]],nolink);KaiserReichでは昭和天皇の暗殺時(大逆事件時)に「陛下は奇跡的に恢復した!」の選択肢を選ばなかった場合、国家元首に就任します。イベントはこちら
http://art41.photozou.jp/pub/617/3185617/photo/238774942_org.v1468688657.png
&ref(ヴィルヘルム2世 (WW1).png,[[閣僚画像置き場]],nolink);先輩!?何やってるんすか!(天皇暗殺はさすがに)まずいですよ!
&ref(ゲッベルス.png,[[閣僚画像置き場]],nolink);ゲームの中の、しかもファンによるModやし大丈夫やろ(適当)
&ref(ゲッベルス.png,[[閣僚画像置き場]],nolink);雍仁親王のために擁護しておくと、昭和天皇の暗殺はアナーキーな方たちの陰謀なので雍仁親王は全くもって関係ないと補足しておきます。
&ref(ゲッベルス.png,[[閣僚画像置き場]],nolink);特性としては……陸軍の改良や物資に補正のかかる陸軍国向けの特性といえるでしょう。
&ref(ゲッベルス.png,[[閣僚画像置き場]],nolink);とはいえ秩父宮親王が摂政でいられる時間はあまり長くないので……
#br
***「後明治天皇」 [#mdce487f]
http://art25.photozou.jp/pub/617/3185617/photo/238748425_org.v1468627136.png
&ref(ゲッベルス.png,[[閣僚画像置き場]],nolink);こちらが「摂政」秩父宮親王が甥の明仁親王を退けて自らが「後明治天皇」として即位したものです。
&ref(ゲッベルス.png,[[閣僚画像置き場]],nolink);後明治天皇が即位すると、(そもそも皇道派ルート)まず間違いなく政体が国家人民主義になります。
&ref(ゲッベルス.png,[[閣僚画像置き場]],nolink);特性も「摂政」の時よりか全体的に強化されていますね。
&ref(ゲッベルス.png,[[閣僚画像置き場]],nolink);彼が「後明治天皇」の地位にいる時間もさほど長くは無く、大抵は1953年ごろに崩御し、甥の明仁親王が今上天皇として即位します。
&ref(ヴィルヘルム2世 (WW1).png,[[閣僚画像置き場]],nolink);大抵この内閣になると狂犬モードに入るからロシアプレイ時は冷や冷やものなんだよなあ……
http://art41.photozou.jp/pub/617/3185617/photo/238750573_org.v1468635799.jpg
&size(16){秩父宮雍仁親王(ちちぶのみや やすひとしんのう、1902年(明治35年)6月25日 - 1953年(昭和28年)1月4日)は、日本の皇族。大正天皇と貞明皇后(同日の誕生日であった)の第二皇子。昭和天皇の弟宮、今上天皇の叔父にあたる。故雍仁親王は、日英協会,日本瑞典(スウェーデン)協会の総裁等を務め,国際親善に尽くした。また,スキー、ラグビー等スポーツの振興に尽くし、「スポーツの宮様」として広く国民に親しまれていた。昭和28年1月4日に薨去した。};
&ref(ヴィルヘルム2世 (WW1).png,[[閣僚画像置き場]],nolink);なんでこの人が皇道派ルートで権力握るの?
&ref(ゲッベルス.png,[[閣僚画像置き場]],nolink);雍仁親王は226事件の首謀者の一人でもある皇道派の安藤輝三とも関わりを持っていて革新将校たちの影響をうけていたそうです。
&ref(ゲッベルス.png,[[閣僚画像置き場]],nolink);侍従武官長も務めた本庄繁氏による「本庄日記」に1931年ごろに「秩父宮は昭和天皇に対して親政の必要を説き、憲法停止も考えるべきと意見した。」という内容が記されているので
&ref(ゲッベルス.png,[[閣僚画像置き場]],nolink);そういう繋がりで皇道派ルートで元首になるのではないでしょうか(曖昧)
&ref(ヴィルヘルム2世 (WW1).png,[[閣僚画像置き場]],nolink);まあKaiserReich世界線やと強いリーダーが求められるやろからなあ……多少(の親政)はね?
**トランスアムール [#d74787c2]
***「海軍提督出身の独裁者」 [#k89ad8bb]
http://art33.photozou.jp/pub/617/3185617/photo/238748413_org.v1468635071.png
&ref(ゲッベルス.png,[[閣僚画像置き場]],nolink);元ロシア帝国海軍提督のアレクサンドル・コルチャーク氏です!
&ref(ゲッベルス.png,[[閣僚画像置き場]],nolink);閣僚特性としては、海軍系に非常に強い所が特徴として挙げられるでしょう。
&ref(ゲッベルス.png,[[閣僚画像置き場]],nolink);地味に各種資源生産やICにも補正が掛かっているので、なかなか有能な特性持ちの人物だと思います。
&ref(大本営.png,[[閣僚画像置き場]],nolink);おふねつくって役目でしょ
&ref(ゲッベルス.png,[[閣僚画像置き場]],nolink);……と言いたいところですがいかんせんトランスアムール自体のICが14/17(実効/基礎)ほどしかなく、艦隊整備には期待できそうにありません。
&ref(ヴィルヘルム2世 (WW1).png,[[閣僚画像置き場]],nolink);これマジ?特性に比して国力が貧弱すぎるだろ……
&ref(ヴィルヘルム2世 (WW1).png,[[閣僚画像置き場]],nolink);コルちゃん、いや、コルチャークくん、うち(ドイツ帝国)に来ないか?
&ref(ゲッベルス.png,[[閣僚画像置き場]],nolink);行くわけねーだろ暗君
&ref(ヴィルヘルム2世 (WW1).png,[[閣僚画像置き場]],nolink);(´・ω・`)
http://art25.photozou.jp/pub/617/3185617/photo/238753457_org.v1468644132.jpg
&size(16){アレクサンドル・ヴァシーリエヴィチ・コルチャーク(ロシア語: Александр Васильевич Колчак アリクサーンドル・ヴァスィーリイェヴィチュ・カルチャーク、1873年11月4日 - 1920年2月7日)は、ロシア帝国の軍人・政治家、白軍(白衛軍)の総司令官。日露戦争に従軍し、戦後は海軍再建に奔走した。第一次世界大戦中は黒海艦隊司令を務める。ロシア内戦時に、ウファ執政府の陸海軍大臣に就任するが、クーデターを起こし軍事独裁政権を樹立した。コルチャークの全ロシア臨時政府はウラル以東のほぼ全域を支配下に置いたが、1919年には増援を受けた赤軍の反攻を受け、彼の政権は崩壊した。1920年2月7日、イルクーツク近郊のアンガラ川のほとりで銃殺、死体は凍り付いた川の中に捨てられた。};
&ref(ゲッベルス.png,[[閣僚画像置き場]],nolink);2008年には彼の生涯を描いた映画「Admiral」がロシアで公開されましたね(日本では「提督の戦艦」として2009年に公開)
&ref(ゲッベルス.png,[[閣僚画像置き場]],nolink);興味ある人はDVD買って、観よう!(宣伝)
&ref(ゲッベルス.png,[[閣僚画像置き場]],nolink);ちなみにトランスアムールの政府首班には史実では彼と反目したグレゴリー・セミョーノフ氏が就任していますね。
&ref(ヴィルヘルム2世 (WW1).png,[[閣僚画像置き場]],nolink);なんで反赤軍なのに味方同士で反目してんだこいつら……
&ref(ゲッベルス.png,[[閣僚画像置き場]],nolink);コルチャーク氏の後ろ盾がイギリスだったのに対しセミョーノフ氏の後ろ盾が日本だったことが反目の主な理由らしいです。
&ref(ゲッベルス.png,[[閣僚画像置き場]],nolink);この世界線ではイギリスは大戦で疲弊しまくっているので日本が極東でうまく立ち回ったのでしょう。(というかなぜセミョーノフがトランスアムールにいる?)
&ref(ゲッベルス.png,[[閣僚画像置き場]],nolink);ちなみにFullバニラでファシスト政体で「シベリア」を独立させるとコルチャーク氏が元首として登場します。
&ref(ヴィルヘルム2世 (WW1).png,[[閣僚画像置き場]],nolink);ゾンビ閣僚やめろ
**清 [#t6453f01]
***「宣統帝」 [#j9edaa66]
http://art33.photozou.jp/pub/617/3185617/photo/238748406_org.v1468627136.png
&ref(ゲッベルス.png,[[閣僚画像置き場]],nolink);清朝第12代皇帝、愛新覚羅溥儀ですね!
&ref(ゲッベルス.png,[[閣僚画像置き場]],nolink);彼もまた、複数の有益な特性を持っていますね!
&ref(ゲッベルス.png,[[閣僚画像置き場]],nolink);つか資金生産以外マイナス特性無いやんけ!こんなんチートやチート!
&ref(ヴィルヘルム2世 (WW1).png,[[閣僚画像置き場]],nolink);朕が目をかけてあげたおかげだゾ。やっぱり朕は有能、はっきり分かんだね(自画自賛)
&ref(ゲッベルス.png,[[閣僚画像置き場]],nolink);なお
http://art41.photozou.jp/pub/617/3185617/photo/238776119_org.v1468693926.png
&ref(ヴィルヘルム2世 (WW1).png,[[閣僚画像置き場]],nolink);えっなにこれは(驚愕)退化してるやんけ……
&ref(ゲッベルス.png,[[閣僚画像置き場]],nolink);多分何かのイベントで切り替わったんだと思うんですけど(名推理)
&ref(ゲッベルス.png,[[閣僚画像置き場]],nolink);正直よくわからなかったです(小学生並みの感想)
&ref(ゲッベルス.png,[[閣僚画像置き場]],nolink);史実通り(?)彼が奉天軍閥に亡命して満州帝国皇帝として即位するイベントもあります。
&ref(ヴィルヘルム2世 (WW1).png,[[閣僚画像置き場]],nolink);やっぱりKaiserReichがNo1!やっぱりKaiserReichがNo1!
#br
&ref(ゲッベルス.png,[[閣僚画像置き場]],nolink);史実についてはあえて語る必要も無いでしょう。有名人ですし
**中華民国 [#hb5ca873]
***「マダム・サン」 [#aa063fa9]
http://art25.photozou.jp/pub/617/3185617/photo/238748423_org.v1468635144.png
&ref(ヴィルヘルム2世 (WW1).png,[[閣僚画像置き場]],nolink);なんだこのオバサン!?
&ref(ゲッベルス.png,[[閣僚画像置き場]],nolink);おばさん↑だと!?ふざけんじゃねえよお前、お姐さんだルルォ!!
&ref(ゲッベルス.png,[[閣僚画像置き場]],nolink);AOGが敗北して中華民国が成立すると高い可能性で出てくる人物です。
&ref(ゲッベルス.png,[[閣僚画像置き場]],nolink);特性は……まあなかなか優秀といえるのではないでしょうか。
&ref(ヴィルヘルム2世 (WW1).png,[[閣僚画像置き場]],nolink);昭和天皇といい勝負してんねえ!通りでねえ!
&ref(ゲッベルス.png,[[閣僚画像置き場]],nolink);総じて平時体制向きの特性と言えるでしょう。
&ref(ゲッベルス.png,[[閣僚画像置き場]],nolink);ただHoI2自体が戦争をするゲームなので人によってはなんだか微妙……と感じるかもしれませんね。
https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/7/75/Soong%2C_Mao%2C_Zhou%2C_Chen_and_Zhang.jpg
(左から張聞天、毛沢東、宋慶齢、周恩来、陳毅)
&size(16){宋 慶齢(そう けいれい、1893年1月27日 - 1981年5月29日)は中華民国、中華人民共和国の政治家。孫文の妻。中華人民共和国副主席を務め、死の直前に「中華人民共和国名誉主席」の称号を授けられた。姉の宋靄齢、妹で蒋介石夫人の宋美齢と共に総称される「宋氏(家)三姉妹」の一人である。また、弟に中華民国の政治家・実業家の宋子文がいる。};
&ref(ヴィルヘルム2世 (WW1).png,[[閣僚画像置き場]],nolink);なんだこのオバサン!?(畏怖)
&ref(ゲッベルス.png,[[閣僚画像置き場]],nolink);調べてみるとなかなか大物で草生えますよ〜
&ref(ゲッベルス.png,[[閣僚画像置き場]],nolink);史実では国共内戦終結後は妹の宋美齢と異なり大陸に残留し、さまざまな政治活動を行ったようです。
&ref(ゲッベルス.png,[[閣僚画像置き場]],nolink);孫文の掲げた容共の精神を堅持した彼女は蒋介石とは対立していましたが、共産党幹部からは信頼を置かれていたようです。
&ref(ゲッベルス.png,[[閣僚画像置き場]],nolink);1968年〜1972年まで国家副主席として国家主席の職務を代行し、1976年〜1978年まで全人代常務委員長代行として、事実上中華人民共和国の国家元首を務めた女性でもあります。
&ref(ゲッベルス.png,[[閣僚画像置き場]],nolink);近代中国を代表する女性の一人といっても過言ではないでしょう。
**東亜総合商社 [#tae67c37]
***「企業の黒幕」 [#o2b2e26d]
http://art25.photozou.jp/pub/617/3185617/photo/238748417_org.v1468633385.png
&ref(ヴィルヘルム2世 (WW1).png,[[閣僚画像置き場]],nolink);わし(67)が設立した企業連合だぞい
&ref(ゲッベルス.png,[[閣僚画像置き場]],nolink);KaiserReich前史では
 1926年 ドイツ領インドシナ総督ハンス・フォン・ゼークト、徐世昌支援のため、内戦に介入するよう命を受ける。6か月の間、ドイツは国民党軍を敗北させ、産業と人口の集中する地域の大半を確保するべく奮闘した。
 反政府勢力は遠く西方へ、あるいは雲南や満州へと撤退していった。溥儀は皇帝に復位するが、AoG(東亜総合商社)として知られるドイツ企業のコングロマリットが、中国南部産業に対して経済支配することを受け入れ
 なければならなかった。ハンス・フォン・ゼークトは、その初代総督となる。他の列強の経済権益を保護するため、中国の全ての港湾都市が条約都市として連合し、その統一支配下に入った。
とあります。
&ref(ゲッベルス.png,[[閣僚画像置き場]],nolink);資金生産と消費財の需要の削減に大きな利点がある特性となっていますね。
&ref(ゲッベルス.png,[[閣僚画像置き場]],nolink);モデルはインドを実質的に統治したイギリス東インド会社、もしくはFullバニラの「占領地委員会」でしょうか。
&ref(ゲッベルス.png,[[閣僚画像置き場]],nolink);AOGの名前は''Allgemeine Ostasiatische Gesellschaft'' (Allgemeine 一般的な、全般的な ここでは「総合」か Ostasiatische 東アジアの Gesellschaft 社会、団体 ここでは「組合や会社」)の略語ですね。
&ref(ゲッベルス.png,[[閣僚画像置き場]],nolink);具体的にどの企業が出資しているかは……よくわかんなかったです(正直)
http://art41.photozou.jp/pub/617/3185617/photo/238780296_624.v1468715738.png http://art25.photozou.jp/pub/617/3185617/photo/238780300_624.v1468715746.png
&ref(ゲッベルス.png,[[閣僚画像置き場]],nolink);一応研究機関はある程度参考にはなりますが……まああくまで参考程度でしょう。
&ref(ゲッベルス.png,[[閣僚画像置き場]],nolink);何気にAOGの成立をテーマにしたミニシナリオの「ドイツの中国介入」は難易度高いんですよネー。物資的に
**モンゴル [#b4e10ff4]
***「狂男爵」 [#p62cc933]
http://art41.photozou.jp/pub/617/3185617/photo/238748403_org.v1468653053.png
&ref(ゲッベルス.png,[[閣僚画像置き場]],nolink);お次は「気狂い男爵」ことロマン・ウンゲルン・フォン・シュテルンベルク男爵(またはウンゲルン・ハーン)です!
&ref(ヴィルヘルム2世 (WW1).png,[[閣僚画像置き場]],nolink);顔見てご覧なさい。(ウンゲルンは)目はつり上がってるしね。顔がぼうっと浮いているでしょ。これキチガイの顔ですわ
&ref(ゲッベルス.png,[[閣僚画像置き場]],nolink);……陛下?
&ref(ヴィルヘルム2世 (WW1).png,[[閣僚画像置き場]],nolink);(こいつはまぎれもなく)キチガイですわ
&ref(ゲッベルス.png,[[閣僚画像置き場]],nolink);……元首の特性としてはものすごく優秀…なんですがモンゴルのICと人的資源が壊滅的なんでまあ…その…
&ref(ガマルニク.png,[[閣僚画像置き場]],nolink);つまりキヘイドーを極めれば良いということだな!
&ref(ゲッベルス.png,[[閣僚画像置き場]],nolink);なんだこのオッサン!?
&ref(ヴィルヘルム2世 (WW1).png,[[閣僚画像置き場]],nolink);あ、あなたは……!サンディ政体ベラルーシで国家元首を務めておられるヤン・ガマルニク=サンでは?
&ref(ガマルニク.png,[[閣僚画像置き場]],nolink);キヘイドーに詭道無し、ノーカラテ、ノーキヘイドーだ。
&ref(ガマルニク.png,[[閣僚画像置き場]],nolink);キヘイドーとブリッツクリーク・ジツを合わせればロシア熊など、実際敵では無い。イイネ?
&ref(ゲッベルス.png,[[閣僚画像置き場]],nolink);アッハイ。
&ref(ガマルニク.png,[[閣僚画像置き場]],nolink);ムッハッハッハ!これでまた一人キヘイドーの信奉者が増やすことができたか!それでは……オタッシャデー!
&ref(ゲッベルス.png,[[閣僚画像置き場]],nolink);(なんだったんだ今の……)ちなみにスクショのウンゲルン・ハーンは「モンゴル帝国皇帝チンギス・カン2世」として即位した場合のウンゲルン・ハーンです。
&ref(ゲッベルス.png,[[閣僚画像置き場]],nolink);もしもかれがチンギス・カン2世を名乗った場合領有権主張は……
http://art41.photozou.jp/pub/617/3185617/photo/238781856_org.v1468718505.png
&ref(ヴィルヘルム2世 (WW1).png,[[閣僚画像置き場]],nolink);これはキチガイですわ
&ref(ゲッベルス.png,[[閣僚画像置き場]],nolink);まあロマンですね。ロマン・ウンゲルンだけに(激旨)
#br
https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/a/ae/Roman_Ungern_von_Sternberg.jpg
&size(16){ロマン・フョードロヴィチ・ウンゲルン・フォン・シュテルンベルク(Рома́н Фёдорович У́нгерн фон Ште́рнберг, Roman von Ungern-Sternberg, 1886年1月22日 - 1921年9月15日)はロシアの軍人、貴族(男爵)で、白軍の首領の一人。};
&ref(ゲッベルス.png,[[閣僚画像置き場]],nolink);オーストリアでバルト・ドイツ系の貴族の子として生まれ、第一次世界大戦ではロシア軍に従軍していますね。
&ref(ゲッベルス.png,[[閣僚画像置き場]],nolink);内戦中の1920年ごろに自らの軍団を引き連れ外モンゴルに強権的な支配体制を布きました。
&ref(ゲッベルス.png,[[閣僚画像置き場]],nolink);その支配があまりにも苛烈だったため、「血みどろ男爵」の異名をつけられ、また、モンゴル人からも反発を受け赤軍とモンゴル軍の連合軍によって彼の政権は崩壊。
&ref(ゲッベルス.png,[[閣僚画像置き場]],nolink);翌1921年にノヴォシビルスクにて銃殺されました。
''我が名はあまりに強い恐れと憎しみに包まれているため、何が正しく何が誤っており、どこまで歴史でどこから神話なのか、誰にも分からなくなっている。'' 
''My name is surrounded with such hate and fear that no one can judge what is the truth and what is false, what is history and what is myth.''
&ref(ゲッベルス.png,[[閣僚画像置き場]],nolink);とは彼の残した言葉、なかなか壮烈な言葉です。
&ref(ゲッベルス.png,[[閣僚画像置き場]],nolink);誰かモンゴルAAR書いて♡
**大天帝国(工事中) [#o47505b1]
***「天子の僭称者」 [#v1fe2abe]
***「実践的な政治家」 [#geb7b06e]
#br
*南アジア(工事中) [#qedfb248]
**バールティア・コミューン [#wadc3ea3]
**インド帝国 [#j912c2f3]
**デリー [#x0f9f1c7]

#br
#br
#br

#br
[[【KaiserReich】固有特性持ち閣僚紹介AAR]] 
TIME:"2016-07-17 (日) 13:54:54"

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS