[[【ごちゃまぜMOD】米帝紹介AAR]]
*【ごちゃまぜMOD】米帝紹介AAR/1936 [#w4a61dab]

&ref(オバマ.png,[[閣僚画像置き場]],nolink); どうもみなさんこんにちは。今日もアメリカ合衆国市民としてHoi2/AoDをプレイしていますよね?

&ref(プーチン.png,[[閣僚画像置き場]],nolink); Hoi4がもう出ててそっちでマルチでもしてろ、だと?よく聞こえなかったな。まずはAoDのDiscを買ってくるんだ。

&ref(オバマ.png,[[閣僚画像置き場]],nolink); 今回もMODとしてごちゃまぜMODを使用してプレイしていきたいと思います。

&ref(プーチン.png,[[閣僚画像置き場]],nolink); 他のMODはDH環境で発達しているが、AoDの要素はDHで再現し辛いからな。

&ref(オバマ.png,[[閣僚画像置き場]],nolink); ごちゃまぜMODは難易度が跳ね上げられており、主要国家でも世界征服には苦戦し、中小国では生き残ることが難しいものとなっております。

&ref(プーチン.png,[[閣僚画像置き場]],nolink); AoDのぶっ壊れ要素「砲撃」が削除され、航空機は地上部隊の充足率を減らす「地上攻撃」も削除されている。

&ref(オバマ.png,[[閣僚画像置き場]],nolink); つまりCASによる敵軍の蒸発などの伝統的プレイヤー技が使えない状態で、工場もインフラも作りまくるし旅団をちゃんとつけて生産を行うAIと戦うことになります。

&ref(プーチン.png,[[閣僚画像置き場]],nolink); もちろんAIも改良されており、手ごわい相手となっている。

&ref(オバマ.png,[[閣僚画像置き場]],nolink); さらにAI国家にはICや資源、輸送船などのが自動発生するように設定されており、年を追うごとに強化されていきます。

&ref(プーチン.png,[[閣僚画像置き場]],nolink); ドイツ・ソ連・イギリスのような工業大国でない限り、世界征服を行うためには辛い戦いが予想される。アメリカは別だ。

&ref(オバマ.png,[[閣僚画像置き場]],nolink); その際になぜ、辛い戦いになるかというと、アメリカと戦うことになるからです。

&ref(プーチン.png,[[閣僚画像置き場]],nolink); なぜアメリカは別なのかというとアメリカと戦う必要がないからだ。

&ref(オバマ.png,[[閣僚画像置き場]],nolink); アメリカは他国を圧倒するIC・優れた研究機関・無限ともいえる資源・早い段階で戦争する必要がないという長所を持っています。

&ref(プーチン.png,[[閣僚画像置き場]],nolink); プレイヤーよりも大きなICから無限に湧き出てくる最新鋭の軍隊に、世界が青く染まるのだ。

&ref(オバマ.png,[[閣僚画像置き場]],nolink); しかもAIアメリカは自動車師団・機械化師団・戦車師団・司令部・特殊系歩兵以外の陸軍を作らず、必然的に徹底された機甲化軍団と戦うことになります。

&ref(プーチン.png,[[閣僚画像置き場]],nolink); もちろん上陸可能なあらゆる地点に強襲上陸を仕掛けてくる。DHのような戦死者数によるペナルティは一切存在せず、無限の機甲師団が地球上のあらゆる地点に上陸してくる。

&ref(オバマ.png,[[閣僚画像置き場]],nolink); 当然空軍も大量に生産され、アメリカ式文明化術によりこちらを原始時代に戻そうとしてきます。

&ref(プーチン.png,[[閣僚画像置き場]],nolink); 核兵器は遅くとも1944年には使用可能となる。

&ref(オバマ.png,[[閣僚画像置き場]],nolink); 必然的に最後に殺す敵はアメリカとなることでしょう。今回はそんなアメリカがどれだけチートであるかを紹介していきたいと思います。

&ref(プーチン.png,[[閣僚画像置き場]],nolink); 戦争状態であるなら1942年の時点で実効ICが3000に達するエイリアンによるプレイなので、苦境からの逆転劇など感動的要素は一切無い。

&ref(オバマ.png,[[閣僚画像置き場]],nolink); それでは始めていきましょう。





**状況説明 [#x2da652f]

<http://art5.photozou.jp/pub/554/3163554/photo/254953494_org.v1522753209.png

&ref(オバマ.png,[[閣僚画像置き場]],nolink); こちらが工業関連技術です。筆者は技術開発大好き人間なので工業関連技術の数が2倍程度になっております。

&ref(プーチン.png,[[閣僚画像置き場]],nolink); ちなみに工業関連以外は手を加えていない。

&ref(オバマ.png,[[閣僚画像置き場]],nolink); 戦車開発MODなどの工業関連技術からの引用がほとんどです。

&ref(オバマ.png,[[閣僚画像置き場]],nolink); これによりバニラごちゃまぜMODよりも研究スピードが速く、工場インフラ要塞が建て易く、軍隊が早く生産されます。

&ref(プーチン.png,[[閣僚画像置き場]],nolink); この要素はごちゃまぜMODの主義に反するため、気に入らない者は自主的にシベリアに行くように。

&ref(オバマ.png,[[閣僚画像置き場]],nolink); また実効ICも簡単に上がるようになっています。

&ref(プーチン.png,[[閣僚画像置き場]],nolink); その改造はプレイヤー有利になるだろ!プレチ反対!と思われるかもしれないが、この改造の恩恵を最も受けやすいのはアメリカだ。

&ref(オバマ.png,[[閣僚画像置き場]],nolink); なぜなら最初から研究ラインが18もあり(日本は5)、工業系の研究機関を多数所持しているのはアメリカだからです。

&ref(プーチン.png,[[閣僚画像置き場]],nolink); つまりプレイヤー国家よりも速いペースで研究していくことができるアメリカは、バニラごちゃまぜMODよりも早く強化されていく。

&ref(オバマ.png,[[閣僚画像置き場]],nolink); 今回はアメリカでのプレイなので、凶悪なアメリカのパワーを体感していただきます。

<http://art5.photozou.jp/pub/554/3163554/photo/254953514_org.v1522753261.png

&ref(オバマ.png,[[閣僚画像置き場]],nolink); こちらが1936年時点でのアメリカの研究機関となります。

&ref(プーチン.png,[[閣僚画像置き場]],nolink); 陸軍ドクトリン以外は超一流だ。質と量において右に出るものはいない。

&ref(オバマ.png,[[閣僚画像置き場]],nolink); スキル平均6.9で研究機関数61。世界最強と言えるでしょう。

http://art5.photozou.jp/pub/554/3163554/photo/254953518_org.v1522753270.png

&ref(オバマ.png,[[閣僚画像置き場]],nolink); 残念ながら初期師団は大したことありません。海軍は充実しています。

&ref(プーチン.png,[[閣僚画像置き場]],nolink); これをみて「初期ラッシュかければ米帝即死!」と思っていると、イベントに殺されるので注意だ。

http://art1.photozou.jp/pub/554/3163554/photo/254953525_org.v1522753286.png

&ref(オバマ.png,[[閣僚画像置き場]],nolink); ごちゃまぜMODの特徴の一つであるスライダー効果と平時補正です。

&ref(プーチン.png,[[閣僚画像置き場]],nolink); 基本的にスライダーは振り切っているほうが有利だ。

&ref(オバマ.png,[[閣僚画像置き場]],nolink); タカ派であればあるほどにICや石油変換にプラス補正、逆にハト派ならマイナス補正となります。

&ref(プーチン.png,[[閣僚画像置き場]],nolink); タカ派であれば陸戦防御効率が高くなり、ハト派なら低くなる。タカ派の軍隊はハト派の軍隊をたやすく引き裂く。

&ref(オバマ.png,[[閣僚画像置き場]],nolink); 自由経済なら戦時にIC・石油変換補正、計画経済なら平時にIC補正となり、どちらも工場インフラの生産にボーナスがつきます。

&ref(プーチン.png,[[閣僚画像置き場]],nolink); 常備軍なら士気やCEに補正がかかり、徴兵軍なら生産性と人的資源に補正がかかる。

&ref(オバマ.png,[[閣僚画像置き場]],nolink); ちなみに徴兵に振っていると陸軍防御効率が0.6で頭打ちになります。常備軍なら0.8です。

&ref(プーチン.png,[[閣僚画像置き場]],nolink); また平時では軍隊は消耗せず、物資が作りやすく、研究と石油変換にペナルティがかかる。

http://art1.photozou.jp/pub/554/3163554/photo/254953504_624.v1522753231.png

&ref(オバマ.png,[[閣僚画像置き場]],nolink); ごちゃまぜMODの特徴、海軍建造イベントです。

&ref(プーチン.png,[[閣僚画像置き場]],nolink); 史実で建造された軍艦を格安かつ自動で生産してくれるイベントだ。基本的に作ったほうがお得だ。

&ref(オバマ.png,[[閣僚画像置き場]],nolink); でも儀新擽母50隻とかも建造されるので、取捨選択は必要です。

&ref(プーチン.png,[[閣僚画像置き場]],nolink); 作るか作らないかはその時に個別に選択できる。

http://art5.photozou.jp/pub/554/3163554/photo/254953497_624.v1522753216.png

&ref(オバマ.png,[[閣僚画像置き場]],nolink); アメリカの閣僚とスライダー・主義です。完全に孤立したハト派でとてつもなく雑魚といえます。

&ref(プーチン.png,[[閣僚画像置き場]],nolink); 今回は介入主義に振っておく、動かせるのは3年後になっている。

http://art1.photozou.jp/pub/554/3163554/photo/254953523.v1522753278.png

&ref(オバマ.png,[[閣僚画像置き場]],nolink); 主義は自由経済系になっております。これらは技術研究に特化しています。

&ref(プーチン.png,[[閣僚画像置き場]],nolink); TCにマイナス補正が無く、使いやすいが尖ってはいないといった感じだ。ファシスト系なら戦闘補正とマイナスTC、共産主義系なら占領地の活用とマイナスTC、植民地主義系なら共産主義系と自由経済系の中間みたいなことになる。

http://art1.photozou.jp/pub/554/3163554/photo/254953506_org.v1522753239.png

&ref(オバマ.png,[[閣僚画像置き場]],nolink); もろもろの補正が終わるとアメリカは実効IC500程度、基礎IC900程度となります。

&ref(プーチン.png,[[閣僚画像置き場]],nolink); この時点で何かがおかしいが気にしてはいけない。

&ref(オバマ.png,[[閣僚画像置き場]],nolink); 資源は使いきれないほど湧き出てきます。また平時で軍隊を動かす予定は無いので軍人給与は最低にし、生産中のユニットも破棄します。

&ref(プーチン.png,[[閣僚画像置き場]],nolink); しばらく海軍を作る必要はないからな。


http://art1.photozou.jp/pub/554/3163554/photo/254953500.v1522753224.png

&ref(オバマ.png,[[閣僚画像置き場]],nolink); 爆撃機も解体します。筆者はCAS派です。

http://art5.photozou.jp/pub/554/3163554/photo/254953574_org.v1522753398.png

&ref(オバマ.png,[[閣僚画像置き場]],nolink); ここで主要国家の国力を見てみましょう。

&ref(オバマ.png,[[閣僚画像置き場]],nolink); イギリスが意外と工業化されておりイギリス+フランスでアメリカのICと同じくらいとなります。

&ref(プーチン.png,[[閣僚画像置き場]],nolink); もちろん後ほど大きく引き離す。

&ref(オバマ.png,[[閣僚画像置き場]],nolink); 仮想敵国のドイツ、日本を恐れる必要はありません。中華民国とイタリアは見る必要も無いかもしれません。

&ref(プーチン.png,[[閣僚画像置き場]],nolink); 1アメリカ=3.6日本。


http://art1.photozou.jp/pub/554/3163554/photo/254953530.v1522753295.png

http://art5.photozou.jp/pub/554/3163554/photo/254953532_624.v1522753304.png

&ref(オバマ.png,[[閣僚画像置き場]],nolink); まず過剰な物資と資金を中華民国に無償で提供します。

&ref(プーチン.png,[[閣僚画像置き場]],nolink); これにより中華民国はユニットの生産や国民不満度の軽減にICを割くことができ、日本軍に対して全線できるようになるだろう。

&ref(オバマ.png,[[閣僚画像置き場]],nolink); そして余過剰の資源をあらゆる国に売りつけます。

&ref(プーチン.png,[[閣僚画像置き場]],nolink); これも日本やドイツといった仮想敵国に大量に売りつけることで仮想敵国の資金生産を促進させ、軍拡を遅らせる(と思われる)。

http://art1.photozou.jp/pub/554/3163554/photo/254953534_org.v1522753312.png

&ref(オバマ.png,[[閣僚画像置き場]],nolink); この貿易攻勢によりアメリカは大量の資金を得ることが出来ます。

&ref(プーチン.png,[[閣僚画像置き場]],nolink); つまり消費財に振るICを減らすことができ、生産に回すことができるというわけだ。

http://art5.photozou.jp/pub/554/3163554/photo/254953538_org.v1522753320.png

&ref(オバマ.png,[[閣僚画像置き場]],nolink); アメリカの広大な大地は高度に発展しています。具体的に言えば最初からインフラが100以上に整備されているのです。

&ref(プーチン.png,[[閣僚画像置き場]],nolink); そして有り余るICを工場密集地の発展に使用する。具体的にはインフラMAXと工場×4を24箇所並列生産する。

http://art5.photozou.jp/pub/554/3163554/photo/254953542.v1522753328.png

&ref(オバマ.png,[[閣僚画像置き場]],nolink); このようなイベントも自動で発生します。

&ref(プーチン.png,[[閣僚画像置き場]],nolink); これは増加イベントだが、もちろんマイナスになる場合もある。


**状況説明 [#x2da652f]

&ref(オバマ.png,[[閣僚画像置き場]],nolink); ここから本格的に1936年を始めていきます。

&ref(プーチン.png,[[閣僚画像置き場]],nolink); と言ってもやることはほとんどないがな。

http://art5.photozou.jp/pub/554/3163554/photo/254953545_624.v1522753335.png

&ref(オバマ.png,[[閣僚画像置き場]],nolink); 広西が小さくなりました。

&ref(プーチン.png,[[閣僚画像置き場]],nolink); 稀に徹底的に抵抗し始めて中華民国を手こずらせることがある。その場合は日本が突然中華民国に戦争を始めて不思議大戦化する場合がある。



http://art5.photozou.jp/pub/554/3163554/photo/254953549.v1522753344.png

&ref(オバマ.png,[[閣僚画像置き場]],nolink); ランダムイベントですがこれは幸運ですね。

&ref(プーチン.png,[[閣僚画像置き場]],nolink); これの逆が起きると辛い。


http://art5.photozou.jp/pub/554/3163554/photo/254953553.v1522753352.png

&ref(オバマ.png,[[閣僚画像置き場]],nolink); ダムなどの巨大な公共事業のイベントもあります。

&ref(プーチン.png,[[閣僚画像置き場]],nolink); 朝鮮半島のダムなどもイベントがあるぞ。



http://art1.photozou.jp/pub/554/3163554/photo/254953561_org.v1522753364.png

&ref(オバマ.png,[[閣僚画像置き場]],nolink); いつの間にか始まっていたスペイン内戦ですが、驚くべきことに共和派が勝ちそうです。

&ref(プーチン.png,[[閣僚画像置き場]],nolink); 共和派が勝つと稀にソ連と同盟したりする。

&ref(オバマ.png,[[閣僚画像置き場]],nolink); その場合はソ連を殺す際にスペインも巻き添えになってもらうことになります。


http://art1.photozou.jp/pub/554/3163554/photo/254953564.v1522753373.png

&ref(オバマ.png,[[閣僚画像置き場]],nolink); 早速日本が喧嘩を売ってきています。

&ref(プーチン.png,[[閣僚画像置き場]],nolink); どこだかわからんが工場の邪魔をしているな。徹底的に追い詰めてそっちから戦争を申し込ませてやるから覚悟しておけ。

http://art1.photozou.jp/pub/554/3163554/photo/254953567_624.v1522753380.png

&ref(オバマ.png,[[閣僚画像置き場]],nolink); 選挙です。ルーズヴェルトかランドンか現政権(ルーズヴェルト)を選ぶことが出来ます。

&ref(プーチン.png,[[閣僚画像置き場]],nolink); ランドンは左派に寄り過ぎる上に孤立主義に振れてしまうのでNG。

&ref(オバマ.png,[[閣僚画像置き場]],nolink); IC10がおいしそうに見えますがアメリカにおいて10くらいは誤差です。

http://art5.photozou.jp/pub/554/3163554/photo/254953571_org.v1522753388.png

&ref(オバマ.png,[[閣僚画像置き場]],nolink); スペイン内戦、共和派の勝利によって終結。

&ref(プーチン.png,[[閣僚画像置き場]],nolink); 1936年内に内戦が終結するのはレアかもしれない。イタリアが国粋派を支援しているが、長引くと不満度が上がるイベントが用意されている。

&ref(オバマ.png,[[閣僚画像置き場]],nolink); 1936年は以上です。

&ref(プーチン.png,[[閣僚画像置き場]],nolink); 最初に戦争が無い国や戦争を仕掛けてくる国が遠い場合はWW兇始まるまでとても暇だ。

&ref(オバマ.png,[[閣僚画像置き場]],nolink); それまでひたすら工業力を増強していきましょう。

次回→[[【ごちゃまぜMOD】米帝紹介AAR/1937]]
TIME:"2018-04-11 (水) 19:16:45"

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS