Victory or Valhalla

1940年国防会議

gude.jpg昨年は、ドイツ悲願だった、フランス戦勝を成し遂げました。

gude.jpgそして、今年はブリテン島の制圧を目標としたいと思います。

hit.jpgソ連とは不可侵条約を結んでいる。後背の心配無く、イギリスとの戦いに臨めるな。

gude.jpg確かにそうですが…スターリンは油断なりません。国境付近には、ある程度部隊は展開させておいた方がいいでしょう。

gude.jpgでは、今年のスライダーは…って動かすのが常備軍ぐらいしかないですね。

gude.jpgまた、空軍総司令官をミルヒさん(航空優勢)に変えました。

gude.jpg多くの外部ICを入手したので、内務大臣に恐怖公を採用したいのですが、後述する資源の問題が素早く解決できないので採用を見送ります。

hit.jpgそれでもヒムラーなら…!ヒムラーならなんとかしてくれる…!!

himu.jpgまだ慌てるような時間じゃない。

gude.jpgまた、常備軍に振っているのですが、生産された部隊の経験値が0です。これも仕様でしょうかね?

gude.jpgまあ逆に今のドイツの部隊に、さらに経験値の補正があったらバランスがおかしい気もしますが…。

gude.jpgなお懸念だった資源ですが

http://art21.photozou.jp/pub/319/310319/photo/33969522_org.jpg

gude.jpgとりあえず、占領によってある程度は確保できました。ただし、希少資源は-10/day、備蓄も少ないので注意が必要です。

gude.jpgこれの確保も、考慮に入れた方がよさそうです。

hit.jpg希少資源か…どこで取れるかな?

gude.jpg近場では…見当たりませんね。スイスとかが貯め込んでいそうな気もしますが。

gude.jpgまとまった産地は、インド、マレーシアや東南アジアですね。ちなみにオランダの希少資源は+68/dayという状態になっています。

gude.jpgと、なるとこういう侵攻計画でしょうか。

http://art22.photozou.jp/pub/319/310319/photo/33969511_org.jpg

hit.jpg遠いな。

gude.jpg我々が取りに行くか、日本にまかせるかの二択ですね、いかがしましようか。

hit.jpg多少遠いとしても、我々がインドぐらいは押さえたいな。

hit.jpgブリテン島攻略作戦と同軸で、中東・インド侵攻作戦を実行しよう。作戦案を練りたまえ。

1940年

gude.jpg1/2、冬戦争の終焉が発生。フィンランドはソ連と講和しました。

hit.jpgギャーフィンランドサーン

gude.jpgまた1/15には、三国防共協定のイベントが発生。イタリアと日本を選びました。





「ヴェーゼル演習・稲妻」作戦

gude.jpg3月に入って、ヨーロッパ各地で雪が解け始めたので、ユーゴ、ギリシャ侵攻作戦「稲妻」を発動します。

http://art17.photozou.jp/pub/319/310319/photo/33969546_org.jpg

gude.jpgこの作戦の目的は、我が軍独自に地中海、引いては中東・アジアへの足がかりを得る事です。

gude.jpg作戦目標はギリシャ首都アテネとします。

gude.jpgイタリア軍とは同盟を結ばないので、イタリア軍より早くアテネに到着しなければなりません。

hit.jpgドゥーチェには悪いが、ローマ帝国うんぬんは、自力でやってもらう。

gude.jpg作戦開始後、ローマから同盟の申し出が来ましたが、拒否しました。

hit.jpg下手な真似したら、イタリアをドイツの一部にするぞと言っておけ。

gude.jpg3/13には、ヴェーゼル演習作戦が発生。デンマーク、ノルウェーに宣戦布告しました。

gude.jpgデンマークへは、そのまま攻めますが、ノルウェーは一応、海ドク開発を待ってから侵攻したいと思います。






gude.jpg両作戦は順調に侵攻。3/21にはユーゴを併合、3/23にはデンマークが降伏、イベントにより併合しました。

gude.jpg24日には、アテネを占領、ここが最後のVPでもあったので、同日ギリシャを併合しました。

gude.jpg以上を持って、「稲妻」作戦を終了します。合計3カ国を併合しましたが、資源はあまり増えませんでした…。

gude.jpgそして、作戦開始時、我が国がユーゴに宣戦したところ、ユーゴと、さらにギリシャが連合国入り。イタリアは連合国と戦闘状態になりました。

hit.jpgあ、もしかして俺たちのせい?

gude.jpgかも知れませんね…。イタリアは北アフリカの戦力を空にしていた模様で、イギリスから急速に侵攻されています。

hit.jpgまあ、ここからドゥーチェが頑張るようなら、同盟してアフリカをまかせようかな。





イタリア参戦

gude.jpg4/30、再びイタリアが同盟を申し出てきました。

hit.jpgまあ、まだ様子見で…って

gude.jpgどうやら、中の人が間違えて承諾してしまった模様です。

hit.jpgまったく…しかし、ジブラルタルが我々のものである以上、北アフリカのイギリス軍は孤立していると言っていいだろう。

hit.jpgイタリアにアフリカ戦線をまかせてみようじゃないか。





http://art21.photozou.jp/pub/319/310319/photo/33969562_org.jpg

hit.jpgどうやら、結構頑張っている様だな。

gude.jpgバニラよりも、イタリアのユニットの数がかなり多い気がします。

gude.jpg一方ジブラルタルを通行できないイギリスは、北アフリカに増援を送り込むのが難しいのではないでしょうか。

hit.jpg地中海は、枢軸のバスタブだな。





gude.jpg5/30、ソ連がエストニアに宣戦布告。

gude.jpgそういえば、いつのまにかリトアニアが消えてますね…。

hit.jpgバルト三国もおしまいか…。

gude.jpgラトヴィアは6/10、エストニアは6/15に消滅しました。





gude.jpgやっと、レーダー提督が、海ドクの開発に終了。本当はもうひとつ開発しておきたいのですが…とりあえず、6/17、海軍最初の作戦を発動させます。

raeder.jpg待たせたな…

gude.jpg(研究遅すぎるだろ…)

gude.jpg北アフリカにおいてイタリアが好調なので、計画を前倒しして、中東・インド侵攻作戦を開始します。

hit.jpgおー。

gude.jpg海軍には、中東・インド侵攻作戦発動に伴う、地中海への輸送艦隊回航任務を実行させます。

raeder.jpgいきなり、インドとは、やれやれだぜ。

gude.jpgしかし途中、ロイヤルネイビーの妨害も予想されます。

gude.jpg最も危険な、ドーバー海峡通行にはドイツ空軍の総力を挙げ、これを支援します。

gude.jpg以降は、海軍単独となりますが…、これは中東からさらに東への資源地帯へのルートを拓く、最重要作戦の先駆けとなります。

gude.jpgこの地を抑えることができれば、ソ連との重要戦略目標、バクー油田にリーチをかけることもできます。

gude.jpg是が非でも成功させなければならないでしょう。

gude.jpgそして海軍の規模的に、同時にノルウェー、ブリテン島の侵攻作戦は困難と考えます。なのでこちらは中東・インドが片付き次第ということになります。

gude.jpgどれほどの期間が掛かるかは未定ですが…これらの作戦は最悪来年以降となってしまうでしょう。





gude.jpg同21日、海峡手前でノルウェー海軍と遭遇。

http://art18.photozou.jp/pub/319/310319/photo/33969582_org.jpg

gude.jpg双方、撃沈には至りませんでしたが、艦隊は常に距離を保ち艦載機による攻撃に終始しました。まずは一安心。

gude.jpgまた、23日、イラクのクーデターを支援するイベントが発生。攻め落とす予定なので、支援はしないでおきます。

gude.jpgって、イベントでシリアが同盟国になってるし…中東へはどうやっていこう…。

http://art20.photozou.jp/pub/319/310319/photo/33969604_org.jpg

gude.jpg途中、空母含むフランス海軍(26隻)と遭遇し、戦艦ビスマルクが小破したものの、艦隊は一隻も失うことなく、ドーバー、ジブラルタル海峡も抜け、そしてアテネへと到着しました。

gude.jpgそして、中東・インド侵攻作戦なのですが…当初レバノンとシリアを通る予定でしたが、シリアが同盟国に、またすぐ南の回廊もイタリア軍が占拠してしまいました。

hit.jpgイタリアめ…余計なことを…。

gude.jpg中の人の、イタリアへの猜疑心は計り知れないものがあります。

gude.jpgここはイタリアの統帥権を奪って地中海からのルートを連合軍に占領させる…というのも考えましたが、面倒な気もしたので、↓の案で行きたいと思います。

http://art20.photozou.jp/pub/319/310319/photo/33969623_org.jpg

gude.jpg地中海を出て、なおかつ輸送艦隊をフル稼働させるので、海軍はこれらの護衛に当てます。

hit.jpgいいだろう。中東・インド侵攻作戦の名前を「燎原の火」作戦とする。始めようか。





「燎原の火」作戦

gude.jpg8/20日、「燎原の火」作戦を開始。イラクと講和していたのをすっかり忘れていたため、作戦を変更、インド方面からペルシャへ侵攻します。

hit.jpgイラクが通れないとなると。イタリアが占領している回廊はどちらにせよ使えなかったな…。

gude.jpg作戦には、ドイツ海軍の総力と、装甲師団15個、歩兵師団15個、+爆撃機の部隊で臨みます。





gude.jpg9/5、ウィーン裁定イベントが発生。ここはルーマニアに圧力をかけました。






http://art18.photozou.jp/pub/319/310319/photo/33969641_org.jpg

gude.jpg誰もいませんね。防衛を怠っているようです。

hit.jpgブリテン島にはそこそこの陸軍もいたが…それにしたって数が少なすぎる。残りの部隊はどこにいるんだろうな?

gude.jpgとりあえず、ペルシャを〆て、それからインドを本格的に制圧したいと思います。

gude.jpgまた、中東・インドを維持するには我が軍は戦力が足りないため、追加でスペイン軍を派遣したいと思います。

hit.jpgフランス沿岸部はハンガリー軍が警備してくれているし、同盟国の存在は助かるな。補給の負担が無くていい。

hit.jpgそして我がドイツ軍が敵を蹴散らす…ディモールト(非常に)良しだな

gude.jpgただ、スペインの輸送船の数が不明で彼らの補給が不安です。これは、いざとなったら援軍として我が軍の指揮下に組み入れたいと思います。

gude.jpgペルシャに宣戦布告。装甲軍団を先鋒に進撃しますが、イギリス軍が海上機動で出現。

gude.jpgここは輸送艦を仕留めたいところですが、インド方面に海軍を集中させているため、対応が遅れます。

gude.jpg一応、向こうから戦艦部隊だけを抽出して哨戒に当たらせます。





http://art22.photozou.jp/pub/319/310319/photo/33969663_org.jpg

gude.jpg「燎原の火」作戦開始からおよそ2ヶ月後の、インドの方面の様子です。

gude.jpg内陸の方にイギリス軍が出現。またオーストラリア軍も上陸し、抵抗しています。

gude.jpg既に、増派も行っていますが、輸送船団の数も足りなくなってきており、作戦の沈滞も予想されています。

hit.jpg船団を追加で作っているけど間に合わないな。

gude.jpg中の人の手際が悪い証拠ですね…。ちなみに海路で輸送を行っているのですが、保有輸送船団200隻ほどでは足らないようです。

gude.jpgよって、いくつかの貿易を切りました。元々効率も下がっていたのでさほど問題は無いと思われます。

gude.jpgしかし、希少資源は-60/dayの勢いで削れていき、一時6000台にまで落ち込んだので、稀少資源プラントをフル稼働させスペインからも包括交渉で仕入れています。

gude.jpgまた、ラインの研究が一段落したので、超重戦艦を2隻建造開始しました。完成は再来年です。






gude.jpgその後の進捗状況ですが、ペルシャ方面の作戦は進み11/21、ペルシャを併合しました。これにより、大量の資金と石油を入手しました。

gude.jpgまた戦艦部隊だけを分けたのは正解でした。連合軍の輸送艦隊を次々に沈めてます。

hit.jpgやっぱり、空母艦隊だと攻撃力不足で逃げられてしまう事が多かったな。

gude.jpgまた将軍が有効になるのに時間がかかるので、艦隊を分ける必要がある作戦では、必要に応じてではなく、前もって分けておいた方がいいですね。

gude.jpgそれに輸送艦のスピードが低下している模様です(18knt→12knt?)これが、今回の「燎原の火」作戦に時間がかかる要因となっています。

gude.jpgこれら海軍運用の経験は、来るブリテン島侵攻作戦で生かされることでしょう。

gude.jpgとりあえず、今年はここまでです。

Victory or Valhalla


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-03-07 (日) 14:59:15 (3479d)