大正義HEAMのステマ

対話式AARで現状確認させるのは無理が生じてしまうので、専用ページを設けました。

シナリオ解説

史実準拠イベント同梱の世界革命シナリオです
ソビエトの政府首班がトロツキーに変わっている(派手好きなタフガイ)他、専用イベントがあります
ファシスト評議会が存在せず、イタリア共産党が弾圧されてなかったりするのは本AARが勝手に組み上げた設定ですが…

初期国策

ファシズム。自由経済スライダーは高め。

1936.1.1 gov.png
国家元首臆病な頑固者指揮統制の回復:+5% 外交コスト:+10%
政府首班派手好きなタフガイ類似したイデオロギーの国家との同盟の可能性:+25
外務大臣イデオロギーの闘士友好度を上げる:66% 交渉開始:25%
軍需大臣天才的実務家工業力:+10%
内務大臣庶民の味方外国労働力の使用:+10% 労働力の増加:+10%
情報大臣産業分析の専門家工業力:+5% 設計図奪取成功率:+5% 生産妨害成功率:+5%
統合参謀総長人海戦術論者労働力の増加:+25% 歩兵の生産修正:-5%
陸軍総司令官軍備優先ドクトリン物資消費量:-15%
海軍総司令官決戦ドクトリン戦・重・軽巡攻勢戦闘修正:+5 %空母攻勢戦闘修正:+10%
空軍総司令官陸軍支援ドクトリン近接・戦術攻勢・防御戦闘修正:+5%生産修正:-5%

史実準拠イベント特有の初期イベ

KHCその程度
難易度ルーズベルト
アフリカ資源調整反映する
資源調整反映する
成り上がり支援はい
主要国特徴付けオプションはい

KHCは史実の作戦を一定条件下で実効する機能。ダルラン提督イベみたいな感じです。
難易度調整ルーズベルトは補正なし。
アフリカ資源調整はその名の通り。南アフリカが希少資源の一大産地になってるのもこれのせいなんですかね?

資源調整以下は画像として見てもらった方が早いでしょう。
ただしイタリアの資源調整では、オンにしていると後に良いことが有ったり無かったり…。


sigen after.png

↑こちらが資源調整後


1936.2.2 nariagari after.png

↑成り上がり支援(開始後1ヶ月VP100↑で判定、列強の上には超大国クラスが存在


tokutyou after.png

tokutyou navy.png

↑主要国特徴付けにおけるイタリア(国家特性と海軍特性の二種類が存在)


munou.png

このイベントは要らない(憤怒)

工業力・資源

1936.1.1 IC.png

開始時の工業力。
見ればわかるので解説はしませんが、植民地リビアは反乱率が常に0なので本国がどうなろうと関係はない。研究5ライン。
資源は希少が僅かにプラス収支である以外全てマイナスの資源貧困国家。
中核州はいわゆる「未回収のイタリア(広義的な)」ですが、力づくで奪うしかない

研究陣

概ねスキル4〜5で特性は抜群。バニラと大差はない。
プレイ時には、バルボ・ブレダ社軍団・フランキ社等のスキルを若干上方修正しました。
プリエーゼは下方修正。
核のフェルミが早い段階で消えてしまうので、スキル5でマルチタレントな核研究機関の登場年を10年弱早めています。
初期技術は省略。

初期陸軍

1936.1.1 army.png

山岳歩兵と司令部が多いが、総じて質はゴミ。

初期海軍

1936.1.1 navy.png

画像は航続2500km未満を解体した後のもの。

初期空軍

1936.1.1 Airforce.png

数は多いが質も充足率も三軍の中で一番酷い。輸送機は救済措置。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-03-05 (木) 21:50:59 (1567d)