移動について

陸軍師団の移動

移動(いどう)とはある場所から他の場所へと位置を変えることである。(Wikipedia参照)

hoi2において移動とはプロヴィンスから、他のプロヴィンス*1へと位置を変えることです。
これが出来なければ、攻撃を行うことも出来ないため、Hoi2における基本の動作です。

001.jpg

師団の移動は、師団を選択した後に、
移動先を右クリックすることによって行われます。
青色の円に囲まれたベルリンから、赤色の円に囲まれた、
コットブスに移動してみましょう。

002.jpg

青色の矢印が表示されました。
しかしまだ移動は終わっていません。移動の命令を出した状態です。
障害がなければ、画像に表示されている、推定到着日時に移動が完了いたします。

003.jpg

隣接するプロヴィンスのみでなく、離れたプロヴィンスを指定することも可能です。
この際、経路は自動で決定されますが、
SHIFTキーを押しつつ、右クリックを行うことで、
経路を全て命令することも可能です。
自動決定は優秀とは言いがたいため、
時間が許す限りは、自分で設定したほうが良いことも多いです。

海軍による輸送

輸送艦を用いることにより、陸軍を海上を通って移動させることが出来ます。
搭乗方法は二通りがありますので、状況に応じて使い分けましょう。

004.jpg

まず一つ目の方法です。搭乗させたい軍団の、存在する沿岸のプロヴィンスの港に、輸送艦を停泊させます。

005.jpg

次に軍団を選択肢し、桃色の円で囲まれたボタンを左クリックします。

006.jpg

搭乗完了です。
赤色の円で囲まれたボタンを左クリックすることにより、
下船させることが可能です。

007.jpg

次は二つ目の方法です。搭乗させたい軍団の、
存在する沿岸プロヴィンスの港の表示されている海域に、輸送艦を移動させます。*2

008.jpg

軍団を選択し、輸送艦を左クリックいたします。
そうするとプロヴィンスの移動時と同じような挙動を行い、輸送艦へと搭乗します。

009.jpg

搭乗完了です。
一つ目の方法と比べますと、時間はかかってしまいますが、
こちらの方法にも優れている点はあります。

010.jpg

まず、複数の沿岸プロヴィンスより搭乗させる場合は、こちらのほうが早いです。

019.jpg

020.jpg

では軍団を乗せた輸送艦を移動させます。
移動の方法は陸軍師団と変わりませんが、沿岸プロヴィンスを右クリックしますと、
そのプロヴィンスの港へ到着した後に、軍団を自動で下船させます。

021.jpg

下船にももう一つの方法があります。
まずは降ろしたいプロヴィンスの港が隣接する海域に移動します。
次に緑色の円で囲まれたボタンを右クリックします。

022.jpg

そうすると乗船中の軍団の一覧が表示されますので、
軍団を選択し、プロヴィンスを右クリックすることで、移動の命令を出します。

023.jpg

こちらの方法ですと、複数のプロヴィンスに輸送を行うことや、
一部の部隊のみを下船させることが可能ですが、
一つ目の方法より速度では劣ってしまいます。
また、自国及び同盟国の領土のみでしか行えません。

海上を経由する移動は、陸を経由する移動より速度が速いので、
可能な状況では積極的に利用しましょう。
戦闘艦による制海権の確保も忘れてはいけません。

輸送機と空挺兵を用いた空挺降下

空挺兵のみではありますが、輸送機を用いることにより、
空を経由して移動することが可能です。
こちらも搭乗には二通りの方法がございます。

011.jpg

012.jpg

まずは空港の存在するプロヴィンスに、輸送機と空挺兵を用意します。

013.jpg

搭乗させる軍団を選択し、
次に灰色の円で囲まれたボタンを左クリックします。

014.jpg

搭乗完了です。
青色の円で囲まれたボタンを右クリックすることにより、
その場に下ろすことも可能です。

015.jpg

二つ目の方法です。搭乗させる軍団を選択するまでは同じですが、
次に輸送機と空挺兵の存在するプロヴィンスを右クリックしますと、
搭乗を行うか否かの選択肢が表示されますので、
OKを右クリック、もしくはENTERキーを押すと、搭乗が完了いたします。

016.jpg

それでは降下を行います。
輸送機を選択し、降下させたいプロヴィンスを右クリックします。

017.jpg

空挺強襲を選択し、OKを選択することで命令が完了です。

018.jpg

注意しなければなりませんのが、
空挺強襲は、輸送機の指揮統制が最大値でなければ行えないということです。
一度空挺兵を降ろした輸送機は、
指揮統制が0になってしまいますので、ご注意ください。

また、複数の輸送機が同一プロヴィンスに存在する場合、
指揮統制の少ない輸送機への搭乗が優先されてしまう傾向があるように感じます。
急いでいるときなどは、使用後の輸送機を、
近くの空港へと一時的に移動させるのが良いでしょう。

空挺降下は陸軍の移動の中では一番速度が速く、
空軍以外の妨害も受けないため、使い方次第では、大きく戦局を動かすことが可能です。
慣れるまでは扱いが難しいですが、使いこなせるよう、頑張りましょう。


*1 将棋やチェスで言うマスのことです。
*2 このたびのダンツィヒ場合、ダンツィヒ湾となります。

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-06-28 (水) 18:15:05 (721d)