KRバルト 祖国と自由のために/その国家の名は

 
 
 
微かな安全のために、自由を少しでも手放す社会は、最終的に両方とも手放す事になるだろう。
                  
                                   ―――ベンジャミン・フランクリン
 
 
 

電撃の遺志

http://art17.photozou.jp/pub/122/3156122/photo/235446266_org.v1460896987.png

バルト公国上層部は伝統主義を取ったドイツに反発する形で火力優勢ドクトリンを廃棄し、独自に機動重視ドクトリンを採用した。

ドイツは飽くまでも変わろうとはしなかった。
AOG権益を求め、東欧支配を盤石化し、伝統主義を取った。
無論、ドイツがこの決断を歓迎するはずもない。

 
 

これは、小さな、だが確実な変化だった。
公国は、変わろうとしている。歪なこの国家の未来は?
・・・私には分からない。

http://art9.photozou.jp/pub/122/3156122/photo/235446274_org.v1460896820.png

ドイツ人に至るまで妙に協力的なのは何故だ?
一体、誰が親独外交に固執するドイツ人を抑え、このようなことを成したのだろう。
気になって仕方がない。

 
 

記憶のシンク

http://art9.photozou.jp/pub/122/3156122/photo/235446280_org.v1460897000.png

オーストリアは37年のアウスグライヒによって連邦制を導入。
ハンガリーがこれに同意したことで連邦制への移行は速やかに行われた。

先の大戦でブルシーロフに散々にされ、10年前にはボヘミア危機で崩壊寸前にまでなったこの国も変わり始めている。
列強国が変わりゆくなか、ドイツだけが時が止まっているようだ。
停滞は即ち衰退であることに、彼らは気付いていない。

 
 

目覚めの花

http://art1.photozou.jp/pub/122/3156122/photo/235446288_org.v1460896987.png

 
 

・・・たった今、バルト連合公国総選挙の結果の速報が流れエストニア人のユール・ウルオツ*1率いる自由党の大勝が報じられた。
開放的自由経済・中欧同盟以外にも適応される開放政策を掲げた自由党が与党となったことで、宗主国との対立は必至である・・・はずなのだが、ドイツの反応は鈍い。
・・・中華出兵に忙殺されバルトにまでかまっている余裕がないのだろうか?

http://art17.photozou.jp/pub/122/3156122/photo/235446297_624.v1460896822.png

ドイツ人に代わりエストニア・ラトビア人が内閣の中心となっている。

 
 

可能性

http://art1.photozou.jp/pub/122/3156122/photo/235446292_org.v1460896821.png

ロシア内戦は白軍が中央部でじわじわと赤軍を押しているが、赤軍も北部を中心に攻勢を仕掛けシベリアとの合流を狙う。
未だに勝敗は不透明だ。

 
 

長い眠りから目覚めるように

http://art9.photozou.jp/pub/122/3156122/photo/235446303_org.v1460896987.png

フランス・コミューンがついに動き始めた。
スイスに対しジュネーヴを要求し、スイスはこの要求に屈したとのことである。

この侵略行動の原因をサンディカリズムに押し付けるのは正しいとは言えないだろう。
フランスの民衆は、結局、フランス人の住む土地を取り戻したいのだ。
フランスの侵略に関してイデオロギーの対立を理由とするのは、後付けに過ぎない。

 
 

君の名はアパテ

http://art1.photozou.jp/pub/122/3156122/photo/235446319_org.v1460896987.png

対ブルガリア同盟のためセルビア・ギリシャ・ルーマニアによる三国同盟が成立する。
墺・土がバルカンの騒乱から距離を置く中ドイツはブルガリアへの支持を崩さない。

http://art9.photozou.jp/pub/122/3156122/photo/235446328_org.v1460896997.png

この状況においても世界の盟主気取りでそこかしこに首を突っ込むのは欺瞞であり、却って不実に過ぎないと思うのだが。
この程度のブレーキでセルビアやルーマニアが止まるはずがないし、本気で介入しようと思っているのならそれこそ笑い種である。

 
 

ここから、かなたから

http://art9.photozou.jp/pub/122/3156122/photo/235446338_org.v1460896997.png

赤軍の反攻が決まり互いの首都周辺で激戦を繰り広げる。

http://art17.photozou.jp/pub/122/3156122/photo/235446345_org.v1460897000.png

日本軍は極東シベリア全域を確保しさらに西へ進んでいる。

http://art17.photozou.jp/pub/122/3156122/photo/235446351_org.v1460896997.png

この状況下で社会革命党のチェルノフが大統領に就任。

 
 

戦いは終わらない。

いま夢の行く先へ

http://art9.photozou.jp/pub/122/3156122/photo/235446364_org.v1460536877.png

ドイツが中華にて苦戦する中、ついに清帝国が動く。
一見溥儀はドイツを助けたようにも見えるが、彼の夢は中華全土の掌握だ。
だからこそ、お互いが疲弊し、ドイツが敗北寸前になるのを待っていたのだろう。
カイザーは彼を傀儡としてしかみなしていなかったようだが、どうにも食えない男であったようだ。

 
 

チェルノフ政権の奮闘

http://art17.photozou.jp/pub/122/3156122/photo/235446368_org.v1460536874.png

白軍のカザン近辺で赤軍を足止めし、その間に南部にて大突破を掛ける戦略が嵌り、赤軍は一気に劣勢となる。
チェルノフ政権の支持率も順調に上昇しているようだ。

しかしその一方で、バルト情勢は不穏であった。

 
 

運命の日は

http://art1.photozou.jp/pub/122/3156122/photo/235446381_org.v1461638489.png

1937年9月3日。この日は、バルトにとって運命の一日となる。
ヴィルヘルム2世がバルト連合公国の諸改革に不快感を抱き、親独路線の継続と改革の撤廃を求めたことに端を発して起こったバルト人の反発。
ポーランドによるリトアニアの実質的な吸収によりバルト民衆の怒りは頂点に達している。

http://art1.photozou.jp/pub/122/3156122/photo/235446379_org.v1461726684.png

全てを元に戻すことは、今更不可能である。
バルト人は民主主義に魂を奪われてしまった。
自らの意見が政治に反映されるという体制に心酔していた。

大公が誠意を持ってカイザーに懇々と改革の必要性について説けばこの騒動は収まるかもしれない。彼をはじめとするドイツ貴族はドイツとの対立を恐れ、カイザーの怒りを過剰なまでに恐れている。

しかし、我々は恐れてはいない。泥舟に乗り続ける方こそ恐れられるべきことであるからだ。


大恐慌時に属国たちに援助もすることもせず
自らの権益回復を求めて中国に介入し
ポーランド人主導によるリトアニア併合を黙認するばかりか中欧同盟に抱き込み
挙句の果てには我々に対する内政干渉。

http://art9.photozou.jp/pub/122/3156122/photo/235446387_org.v1461647645.png
 

バルトの国民は怒りを持ってこれらの政策を批判している。
ならば、我々はこの意見に背くことはあってはならない。
よって、自由党としては、中欧同盟からの脱退及びドイツとの経済諸協定の打ち切りを動議する。
                                   ―――コンスタンティン・パッツ 議会での演説より

バルト共和国の成立

http://art1.photozou.jp/pub/122/3156122/photo/235446398_org.v1460537066.png

かくして議会はドイツからの一方的な独立を宣言し、貴族政を廃した。
陸軍のヨハン・ライドネル元帥もこれに賛成したことで、このクーデタは成功に終わる。
これによりエストニア人の自由党党首アウグスト・レイを大統領とするバルト共和国が成立した。

 
 

http://art17.photozou.jp/pub/122/3156122/photo/235446396_org.v1460536875.png

ドイツ帝国は意外なことに、バルトの独立をあっさりと認め、宣戦布告を行うことはなかった。

http://art17.photozou.jp/pub/122/3156122/photo/235446402_org.v1460536874.png

一つには、中華戦線での苦戦がある。
ドイツ軍は広州より散発的な上陸を繰り返したが、民国の激しい抵抗に遭い逆に海へと叩き落され逆にインドシナにて反撃を受けている。
この状況下で本土と目と鼻の先にあるバルトを刺激したくなかったのだろう。
フランス・コミューンの介入の可能性も考慮したはずだ。

http://art9.photozou.jp/pub/122/3156122/photo/235446390_org.v1461638486.png

さらにはドイツ帝国はポーランド・リトアニアの情勢を安定させるする必要があった。
リトアニアを差し出すことでドイツは新たな同盟国を得たが、皮肉にもそれが足枷となった。

 
 
 

何はともあれ、生まれ変わったこの国の未来にひっそりと祝杯を上げるとしよう。

ドアの音

私のもとに、久々に訪問者が来た。
訝りながらドアを開けると、そこにいたのは
対ソ干渉戦争をともに戦い、今やバルト共和国元帥に昇格したライドネルであった。

http://www.kool.ee/failid/pats_04oooo.jpg

彼は私にバルト共和国への協力を要請した。
老いぼれの私に頼らざるほどを得ないほどバルト陸軍は貧弱なのだろう。
しかし、それは実に―――私の中の将軍としての血が再び滾り出すほどに―――魅力的だった。

そして私は・・・

 
 
 
 
 

私は・・・ソビエトへの介入戦争への協力を引き受けた。

http://art9.photozou.jp/pub/122/3156122/photo/235446416_org.v1460774663.png
 

 
 
 

私は遠きあの日を思い出す。
私は。

 
 
 
 
 
 

そうだ、私は。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

http://art9.photozou.jp/pub/122/3156122/photo/236135886_624.v1462206054.png

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

そう、我こそはかつて第一次ロシア内戦でその勇名を轟かせた英雄、ニコライ・ユデーニチである!

 
 
 

http://ww1blog.osborneink.com/wp-content/uploads/2015/12/NikolaiYudenich1916.jpeg

 
 

エストニア、いやバルトの諸君。
かつてペトログラードを占領した私が約束しよう。
再び、ペトログラードを悪しき危険なボリシェヴィキ共の手から解放すると。
そして、かの都市に今度はロシア共和国旗ではなく、バルト国旗を打ち立てると。

生まれ変わった我々の戦いはここから始まる。
・・・初陣を勝利で飾るのだ。

 
 
 
 
 
 

白き新風←次

恐慌と改革 ←前

KRバルト 祖国と自由のために




タリンより返信コーナー

フォト蔵をメンテに追い込んだ犯人・・・一体何ぷくなんだ・・・ -- 2016-05-03 (火) 00:03:20

マッカーサー.pngぜんぶなんとかPK閥のせいという風潮

パッツ.png炎上神やぞ

実際コロンビアaarでは大正義有能皇帝だったもんなぁ。 -- 2016-05-03 (火) 00:05:33

ヴィルヘルム2世.pngもっとほめていいゾ

マッカーサー.png普通にやったらMPや同盟国的に負けようがないってそれ

パッツ.pngメタなこと言うとドイツがアホAIだったおかげでバルトが独立するいい理由づけができたのでカイザーには感謝している

ドイツがアホの子過ぎるからもう手を切ってアメリカ、オワコン同盟、ロシア、日本と同盟結ぶほうが得だと思ってきた。 -- 2016-05-03 (火) 00:32:00 
協商陣営をオワコン同盟と評するのは即刻中止せよ! -- カナダ? 2016-05-03 (火) 00:54:01 
人入りじゃない協商国が捲土重来したのを見た事無いんですがそれは・・・ -- 2016-05-03 (火) 01:10:07
上手くイベントが決まって南仏を取り返すフランスはいるのでセーフ。北仏と英本土?知らん -- 2016-05-03 (火) 01:52:47
電撃戦採用したカナダが大使暗殺で開戦してたイギリス相手に華麗に上陸を決め、連合王国再建したところまでは見たことある。 -- 2016-05-03 (火) 03:11:02
内戦回避した合衆国が協商入りすると電撃戦フランスコミューンがD-day決められて完全敗北するんだよなぁ・・・ -- 2016-05-03 (火) 07:06:02

マッカーサー.png1回オーストリアがドナウ連邦化して協商入りしたあと電撃フランス相手にフランス本土の大半を占領してましたね

パッツ.pngちなみに英国はドイツに落とされたうえパリもドイツに横取りされた

ユデーニチさんカッコE -- ドミトリー大公? 2016-05-03 (火) 01:45:02 
こんなところにいたのか。AARを書く作業に戻るんだ -- 2016-05-03 (火) 02:32:42

マッカーサー.pngTwitterで作者様が「こいつは偽者だ」と申しておりましたが

ピョートル・ヴラーンゲリ.pngおいおい偽帝の偽者か

マッカーサー.png呼んでないのに出てこないでください

介入は結構なんですが内戦終結後領土は返して頂けるんですよね?(威圧) -- チェルノフ? 2016-05-03 (火) 01:49:09 
考えておきます(返すとは言ってない) -- バルト共和国? 2016-05-03 (火) 06:38:13

パッツ.pngおう同盟組んでくれたら返してやるよ

マッカーサー.pngかわいそう

多民族国家に住むラインハルト君発狂してそう -- 2016-05-03 (火) 01:59:00 
kaiserpedia によると例の婚約破棄の件で海軍を追い出されてバルト連合公国へ移住し、ドイツ人社会の中であっという間に「将来の首相候補」にまで登り詰めたらしい。 -- 2016-05-03 (火) 21:06:51

マッカーサー.png流石というかなんというか

パッツ.pngなおバルトの政変で機会は永遠に失われた模様

ヒムラー.png(あれが活躍するルートもいずれ実装されそうだな・・・)←右派独裁体制下でのバイエルン元首

よく見るとフルンゼ君がいるんですがそれは・・・ -- 2016-05-03 (火) 03:33:02

マッカーサー.png彼は史実において反スターリン派で25年の腹部手術の際死亡してるんですがスターリンの陰謀説があるのでたぶんこれを採用しているんでしょう

パッツ.png確か国家元首になるルートもあったような・・・

ピョートル・ヴラーンゲリ.pngあいつは史実でクリミアでやらかしまくってるからこの世界線でも死んでりゃよかったのにな

マッカーサー.png分かったから帰ってください

やっぱりユデーニチの兄貴だったね。それより内務大臣のラインハルトがこわE、これは民族浄化まったなしですわ。 -- 2016-05-03 (火) 02:30:57

パッツ.pngなお政変後に彼のポストはない模様

マッカーサー.pngドイツ人閣僚に加えドイツ製研究機関も使えなくなってるので弱体化著しいですね

我々はドイツ人ではない、我々はロシア人ではない我々はエストニア人ではない我々はラトビア人ではない。我々はバルト人だ -- バルト自由党広報? 2016-05-03 (火) 07:43:51 
我々はフィンランドだ。バルトは同化される。抵抗は無意味だ。 -- 大フィンランド主義者? 2016-05-03 (火) 15:47:25

パッツ.png
http://blog-imgs-19.fc2.com/a/p/g/apg/201204186.jpg

ヒーローは遅れて現れる!!それがバルト式 -- 2016-05-03 (火) 11:17:57

パッツ.png随分老いぼれのヒーローだな

ライドネル.pngだって将軍の数がさあ・・・

マッカーサー.png彼自身も将軍としては使用できませんけどね・・・

パッツ.pngさすがにこの年で前線に立つのはおかしい もっと北の国には確かにいるんだけどさ・・・

さりげなく中国に和平提案蹴られてて草 -- 2016-05-03 (火) 12:59:34 
もうドイツ帝国の威光はボロボロ。 -- 2016-05-03 (火) 13:09:42

マッカーサー.pngうちが単独和平申し込んだんですがガン蹴りされました(半ギレ)

パッツ.png中華民国も清と二正面作戦中のはずなんだが・・・・・・

ワイプレアデス難民歓喜 -- 2016-05-03 (火) 13:00:43
ワイもプレアデス民やから嬉しくてね…! -- 中島飛行機? 2016-05-03 (火) 19:39:19

大本営.png中島飛行機 有能研究機関 大正義 放課後のプレアデス 神アニメ

マッカーサー.pngそういえば富士重工からSUBARUに社名が変わるようですね、タイムリーでしたね

パッツ.pngすばるちゃんが社長に?(乱視)

ユデーニチ史実じゃもう死人のはずなんだよなあ -- 2016-05-03 (火) 23:13:23 
そうだよ(便乗) -- ヴラーンゲリ? 2016-05-03 (火) 23:35:10
けしからんのぉ(便乗) -- 犬養毅? 2016-05-03 (火) 23:39:50
流刑の末体調を崩して亡くなった朕は死亡扱いで一応それなりの待遇を亡命先で受けながら病死したユデーニチが生存しているのはおかしいよなぁ!? -- カール1世? 2016-05-04 (水) 01:42:08 
激務だったんでしょ(すっとぼけ) -- ネストル・マフノ? 2016-05-04 (水) 06:30:15

マッカーサー.png暗殺かそれが濃厚な方々はともかくとしてユデーニチやマフノは確かに割と不可解ですよね

パッツ.pngまあ病は気からって言うし赤軍が負けただけで大分違うんだろう 投獄もされてないだろうし

ライドネル.png(単に著名な将軍の数が足りないだけでは)

ユデーニチさんだいたい75歳くらいか。同じくらいでWW2戦ったマンネルハイムさんと話が合いそう -- 2016-05-04 (水) 04:20:55 
というか白軍時代一時フィンランドで再起を図ってたしマンネルハイムと面識あるんだよなぁ -- 2016-05-04 (水) 09:08:48 
次のネタは決まりね! -- 某女王? 2016-05-04 (水) 10:07:39

ヴィルヘルミナ.png(鼻息荒く)

パッツ.png爺×爺とは上級者だな

マッカーサー.pngいや、若い頃の二人で妄想を膨らませるのでは・・・

パッツとライドネルがAARに久しぶりに出てて嬉しかった -- 2016-05-05 (木) 10:57:58

パッツ.pngどうだ嬉しいか?

ライドネル.pngフンガー!

マッカーサー.png名作にすがりつくのはやめろ

ちょっとラトビア人の出番少なすぎませんかね……? -- 2016-05-05 (木) 15:29:48

パッツ.pngだってラトビアってエストニアより地味だし言ってしまえばクソだし

マッカーサー.png・・・まあ首都はリガですしドイツ人がたくさん住んでるせいか一番発展してるのもそこなんですけどね

スカンディナヴィア諸国を併合して列強に対抗すべきだ! -- 2016-05-05 (木) 20:26:26 
併合したらスウェーデンやノルウェーのゲルマン人に乗っ取られるぞ!これはドイツ帝国の陰謀だ! -- 2016-05-05 (木) 22:39:02

ライドネル.png今のうちの軍備が何個師団か言ってみろ

マッカーサー.pngよ、4・・・*2


*1 史実においてはパッツの後に第二代首相を務めた
*2 当然改良も完全には終わってない

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-05-15 (日) 02:47:27 (1136d)