空母による港湾攻撃攻撃に関して新事実が判明したのでその説明と、それを応用した枢軸側作戦計画のページです
 

空母による航空基地攻撃、港湾攻撃について

 
航空基地攻撃では駐留する敵空軍、敵艦隊と戦闘になり、敵航空基地Lvを低下させます
 
http://kura1.photozou.jp/pub/416/3089416/photo/199478174_org.jpg
 
http://kura2.photozou.jp/pub/416/3089416/photo/199478185_org.jpg
 
 
 
 
 
 
 
 
港湾攻撃では駐留する敵艦隊、敵空軍と戦闘になり、敵海軍基地Lvを低下させます
このとき空母側の指揮統制が低下(半減程度?)
 
http://kura2.photozou.jp/pub/416/3089416/photo/199478164_org.jpg
 
ちなみに航空基地攻撃だとお互いほぼダメージを受けない模様
実質的にリスク無しで敵航空基地Lvを下げる手段として使用可能
 
 
 
 
 
 

今回判明した仕様

 
港湾攻撃で敵空軍の指揮統制が0になると・・・?以下の画像をご覧ください
 
http://kura3.photozou.jp/pub/416/3089416/photo/199478123_org.jpg
 
http://kura3.photozou.jp/pub/416/3089416/photo/199478137_org.jpg
 
空軍が空に向けて敗走しだします
敗走先に着いたら元の基地に戻る模様
 
http://kura2.photozou.jp/pub/416/3089416/photo/199478145_org.jpg
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ここで敗走先を制空すると↓
 
http://kura3.photozou.jp/pub/416/3089416/photo/199478195_org.jpg
 
http://kura3.photozou.jp/pub/416/3089416/photo/199478207_org.jpg
 
敗走先で空戦が発生します
HoI2の仕様では、陸軍に限らず空軍や海軍も指揮統制が一定値以下になると敗走するのではないかと予想
空戦は一定時間で戦闘が終了し、海戦は指揮統制より先に充足が削れるために今まで気付かれなかった・・・?
 
 
今まで空港に引きこもった敵空軍に追撃する手段が空港占領以外ありませんでしたが、これを使えば空戦を強制して削れます
 
 
 
 
 
 

港湾攻撃能力比較

 
港湾攻撃で敵空軍と戦う場合には(多分)対空攻撃力の値が使われます
対空攻撃力、生産コストを各年代の空母、軽空母で比較すると
 
 

艦種対空攻撃力生産コスト(IC×日)
41年式空母+41年式艦載機246600
36年式空母(前大戦型)+41年式艦載機173495
39年式軽空母141400
41年式軽空母181680

 
 
41年までの艦艇の中でコスパが良い41年式軽空母を建造することに決定
36年から延々と軽空母を研究すると39年10月には41年式軽空母の研究が完了するので、その時点から大量建造開始
130隻用意して港湾攻撃を乱射する計画
しかし対艦攻撃力の無さがネック・・・
速度は30だから戦艦なら振りきれるが空母には虐殺されそう
 
 
 
 

どこで使うか

 
ガムラン2.pngこの技で英空軍削ってアシカ!あとは沿岸伝いに日本本土まで突撃!(適当
 
ガムラン2.png同盟国の生産もそれに合わせて指示(独裁
 
ガムラン2.png軽空母は対艦攻撃力2しかないから艦隊戦は伊戦艦と独潜水艦に任せる
 
島嶼戦で効果を発揮するため、まず英本土がターゲット
新大陸は内陸に空軍を下げれる+敵海軍に勝てない ので沿岸無人でもない限り攻撃しない予定
 
 

アシカ時の攻撃計画

 
 ̄冕榲擇帽匐基地攻撃を行って空軍の回復速度を下げる
 
港湾攻撃でまず一箇所を敗走させるまで攻撃する
理由は敗走した敵空軍とダメージを受けていない制空中の敵空軍が同じプロビでスタックした場合、敗走した部隊が足を引っ張ってくれる可能性があるため
 
0貪拉堊させた後は空母1隻の艦隊を多数作って連続で港湾攻撃
 
づ╋軍を↓の繰り返しで削って制空権確保
 
チ忙濆況發靴弔直緡作戦
 
 
英が内陸のロンドンに空軍基地を作って港湾攻撃を回避した場合は、全プロビが沿岸のアイルランドから上陸
アイルランド攻略後は(多分)手薄な英本土北部に上陸

DHマルチ対抗戦 待機所VS初心者部屋


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2014-03-15 (土) 00:00:01 (1923d)