そして迎えた45年

米軍によるエッセンへの核攻撃からおよそ2ヶ月。
ドイツ軍はしかし小揺るぎもせず、バルカンに上陸した米陸軍を崩壊させつつあった。

1枚目.jpg

ルーマニアまで突破した一部装甲部隊は歩兵との連携を絶たれて逃げ回るのみとなっており、
ギリシャ東部には司令部含む21個師団がまさに殲滅されようとしている。
アドリア海沿岸・ドゥブロブニクには17個師団が包囲下に置かれており、
ギリシャの米主力軍は北からの圧力の前に後退を繰り返している。

また、2月初頭のインド・アフリカ戦線の様子はこの通り。

2枚目.jpg

インド戦線は完全に崩壊、英印のICは実効81まで減少している。
アフリカ方面でもドイツ軍の突破が続いており、イギリスの手によって再独立を果たしているエチオピア国境が最前線となってしまっている。

ドイツ帝国は核攻撃を受けてなお、有り余るICにモノを言わせ、各地で優勢に戦いを続けている。

この後、2月19日にネパール、20日にエチオピアが、ドイツによって相次いで併合。

3枚目.jpg

進撃のドイツを食い止められる物は世界に存在しないかのようであった。

ルーズベルト死去

こうした戦況の中、連合国に更なる悲報が届く。

4枚目.jpg

3月25日、ルーズベルト米大統領が死去。
バルカン戦線の米軍がいよいよ追い詰められつつある中の訃報であった。
一方その頃――

5枚目.jpg

スカンジナビアは原子爆弾を手にする。
ボーア博士が延々続けてきた研究がついに形となった瞬間であった。

もっとも……スカンジナビア空軍には戦略爆撃機なるものは、ドクトリンも含めて存在しておらず、
戦略ロケットに核を搭載するために必要な、原爆小型化の技術はまだ先、48年の技術である。
実際に核を運用できるのは数年先になるだろう。

スカンジナビアの決断

この頃、我が軍はなんとかオーフスの封鎖を突破できないものかと、
一旦オーゼンセを2ヶ月ほどカラにして、ドイツ軍が去ってくれるのを期待してみた。*1
が、ドイツタワーが低くなったのを見て山岳兵で奇襲してみたところ、数日で戦車が増援に駆けつけて、どうにもならなくなってしまった。

6枚目.jpg

元々、近隣のオルボアやキールなどが上陸可能な沿岸プロビなので、
そこの守備部隊が、こちらの攻撃に反応して、すぐさま駆け付けて来ている様子だった。
これではバルト海沿岸への上陸作戦などを行っても同様の結果にしかならないだろうし、
そもそも、駆逐艦しかいない現状では、上陸作戦など危なくて出来たものではない。
何せドイツ海軍、空母を竣工させた上、潜水隊も100隊以上がウロついているのだから。

9枚目.jpg

石油は尽きているが労働力はまだ充分、陸軍は500個師団越えと途方もない。
もはや正面攻撃ではどうしようもない、やはりアレに頼るしかないのか……
輸送機はまだしも、空挺は研究機関の適性が絶望的に合わないので、出来れば研究したくなかったのだが。

7枚目.jpg

テストプレイでは、オーフスのドイツ防衛隊を余裕で突破できたので、今回も同じようにイケるだろうと思っていたのだが、
どうやら、アレは単なる幸運の賜物だったらしい。 
これほどどうにもならんのであれば、空挺をもっと早いうちから研究しておけば良かった。┐(´д`)┌ヤレヤレ

英領インドの断末魔

我が国が空挺隊の研究に取り掛かっているころ、ドイツ軍はついにインドを踏破、
ビルマに到達し、日本軍と握手するのも間近となっている。

8枚目.jpg

ドイツ軍の猛攻を受けて英軍が崩壊した結果、日本軍も活発にインドシナで活動するようになっている。
中国もジリジリと追い詰められており、大陸においての日本の優勢は確立されたと言って良いだろう。
オランダ亡命政府が立てこもっているジャワ島は、米海軍の鉄壁のガードに守られているため、落ちる気配はないことだけが救いだろうか。

なお余談であるが、この頃、独英機動部隊決戦とかいう脳汁溢れる戦いが繰り広げられていたらしい。

10枚目.jpg

英は戦艦1・護衛空母1を失うが、代わりに独護衛空母2・正規空母1を撃沈した模様だ。
インドは失っても本土には手を出させまいぞ、というロイヤルネイヴィーの意地が垣間見えて実に萌える。

何? ビッグEがイタリア空軍に撃沈されてる? 安心しろ。そのビッグEは3隻目だ。

こうしたこともありつつ、スカンジナビアにとっては例年通り、ひたすらひきこもり続けた45年が暮れていった。

1945年に研究した技術




戦略ロケットサーブ社44年6月12日45年1月15日
ロケット組立ラインF・L・シュミット44年6月20日45年1月2日
1944年型兵站スカニア・バビス44年8月27日45年1月20日
改良型病院システムカール・ファルフ44年9月30日45年2月3日
1941年型プラントクバナー社44年10月21日45年3月15日
半核分裂爆弾ニールス・ボーア44年11月13日45年4月9日
1926年型輸送機シェラー・フライファブリック44年12月19日45年2月16日
1945年型生産F・L・シュミット45年1月2日45年6月16日
1945年型歩兵ローフォス・アムニションスファブリック45年1月15日45年6月19日
1945年型農業スカニア・バビス45年1月20日45年6月18日
航空船団防衛ドクトリンサーブ社45年2月3日45年4月4日
1934年型輸送機シェラー・フライファブリック45年2月26日45年4月24日
1942年型プラントクバナー社45年3月15日45年9月7日
主力艦護衛ドクトリンスカンディナビア海軍45年4月4日45年6月27日
核分裂爆弾ニールス・ボーア45年4月9日45年10月29日
1938年型輸送機シェラー・フライファブリック45年4月24日45年7月10日
1938年型空挺兵ヘルゲ・ユング45年6月16日45年9月7日
1945年型野砲ボフォースAB社45年6月18日45年8月27日
1941年型輸送艦バーマイスター&ウエイン社45年6月19日45年7月26日
大規模航空攻撃ドクトリンスカンディナビア海軍45年6月27日45年9月2日
1941年型輸送機シェラー・フライファブリック45年7月10日SS撮り忘れながら10月初旬と推定
1945年型ロケット砲ボフォースAB社45年8月27日45年11月28日
1937年型護衛戦闘機サーブ社45年9月2日45年10月24日

核分裂爆弾の研究まで終了し、次は49年の小型原爆となるので、ここでボーア博士には一休みしてもらう。
また、輸送機・護衛機・空挺の研究を進め始めた。もっと早く用意すべきだったのは先述した通り。
つーか青写真アリなら、スキル4・適正一致1つでも、3ヶ月足らずで38年式空挺の研究終わるのな……

勝負の1946年

さて、46年である。
年初のアフリカ戦線はこの通り。

12枚目.jpg

ドイツ軍はリビアを踏破してチュニジアへ向かい、また、南ではサハラを縦断して自由フランス本拠地であるプラザヴィルへと向かっている。
バルカン戦線では、ドゥブロブニク橋頭堡から米軍が反撃に出ているが、
一方ギリシャ方面ではアテネ以南にまで押し込まれてしまっている。

なお、この頃我がスカンジナビアでは、よーうーやーく、独立時に頂いた不満度10・一般動員時の不満度5、合計15の解消が完了している。
チビチビ減らし続けて丸3年近くかかってしまった。ヤレヤレだぜ。

11枚目.jpg

なお実効ICは146。労働力にもまだ余裕がある。ドイツ軍は国境要塞に手を触れようともしない。
このままアフリカ・アジアがドイツに支配されても、この調子なら多分スカンジナビアはゲーム終了までひきこもり続けられるだろう。
だがそれではあらゆる意味でどうしようもないので、今年こそ一花上げてやりたいところだ。

ベルリン核攻撃

――と新年の目標を定めたスカンジナビアをしり目に、アメリカがベルリンで花火を上げやがっていた。
1946年3月1日、ドゥーリトル爆撃隊が、ドイツ首都ベルリンに核攻撃。

13枚目.jpg

ドイツの基礎ICが15吹っ飛び、実効は40近く低下した。
更に、核攻撃の余波イベントによって、ドイツ首都はミュンヘンに移動。

原爆とは恐ろしい兵器であることだなあ(他人事)

我らバイキングの子孫なり

その半月後、3月10日。
国産正規空母2隻が竣工。
かつてバルト海を支配した栄光のスヴェンスカ・マリネンの子孫が、ここに復活の声を上げた。

14枚目.jpg

出来立てほやほやの空母2隻と作り溜めていた駆逐艦20隊に、陸兵を満載した41年型輸送艦10隊を護衛させ、
いざ向かうのは、地中海のど真ん中、シチリア島である。

15枚目.jpg

何せ伊仏戦艦が未だに合計6・7隻生き残っている現状で、駆逐艦だけで上陸作戦を展開する気になれなかったのだ。
いくらか事前にサルデーニャに部隊を運び込みつつ、空母が竣工するのを待ち、ようやく能動的な作戦行動に出るだけの戦備が整ったというわけだ。

この頃、アフリカではチュニジアが陥落。
米軍は米軍で、北部では内陸に引き込まれて包囲殲滅されつつあり、
南部ではギリシャから叩き出され、島嶼部に62個師団ものタワーを築いているという、惨澹たる有様である。

が、そこに隙がある。

16枚目.jpg

サルデーニャやマルタから行った事前の航空偵察*2によって、イタリア本土ががら空きであるのは確認してあった。

イタリアAIは、独露戦が始まると、ハンガリーやルーマニア同様、その陸軍の大半をドイツに貸し出すように設定される。
そして何故か、この設定は何があっても解除されない。*3
イタリア陸軍の主力はドイツ軍の一翼を担って戦い続ける一方で、本国がスッカスカのがら空き状態になってしまうのである。

かくて、シチリア島に装甲4個を含む10個師団、更にアンツィオに冬戦争を戦い抜いた精鋭歩兵10個師団の、無血上陸に成功。

17枚目.jpg

あっという間にローマ陥落。

18枚目.jpg

その数日後にイタリア崩壊。

19枚目.jpg

46年5月19日、長らく枢軸国の最有力国家としてその一翼を担い、
多数の海爆隊によって数えきれない連合軍船舶を海の底に沈めてきたイタリアが、
スカンジナビアの海賊殺法によって滅亡したのである。

この際、イタリア軍はドイツに引き継がれること無く消滅する。
ドイツに貸し出されていたイタリア陸軍主力はもとより、
これまで散々悩まされてきたイタリア海爆隊や、地中海で粘っていたレジナ・マリーナもことごとく消えてなくなったわけだ。

ざまあみやがれ。

英国紳士の嫌がらせ

イタリア崩壊の翌日、イギリス占領下にあったサルデーニャ島に、イタリアが建国された。

20枚目.jpg

サルデーニャ島だけのイタリア。(イタリアとは言っていない)
こんなん顔面草まみれですわ。
イタリアじゃなくてサルデーニャって名乗るべきじゃないかな?(Vic並感)

尻に帆かけて

――と、笑っていられたのも束の間。
イタリアが消滅した途端、物凄い勢いでやってきたドイツ軍が、猛烈な勢いで反撃に出てきたのである。

21枚目.jpg

ほんの数日で、装甲部隊を含む10個師団単位のタワーが複数立ち並び、各個撃破も出来そうにない布陣を敷かれてしまった。

更にイタリアへの補給船団は、ドイツ潜水艦群によってボカボカ沈められていく。

22枚目.jpg

イタリア上陸からほんの1ヶ月で50隻以上の輸送船を失った。
北欧4国の分をすべて引き継いでいるので総計で1000隻近い数があるとはいえ、こんな損害ペースには到底耐えられない。

というわけで6月半ば、イタリアに上陸した全部隊は速やかに撤収。全部隊が無事帰還に成功した。
米軍がタラントやパレルモあたりに居残っているが……まあ察してくれたまえ。

23枚目.jpg

海賊よろしく、暴れるだけ暴れてサッと逃げ去るという作戦であったが、
トータルでの損害は10000人足らずで、ローマを劫掠しイタリアを滅亡に追いやったのだから、戦果としては充分である!

夏祭り、夏花火

遠征に出ていた陸海の全軍をベルゲンに戻し終え、空挺部隊の完成を待っていた46年8月。

24枚目.jpg

本年2発目、通算3発目の核攻撃が、ハノーファーに放り込まれた。
ドイツのICはイタリアを併合した分で補填はされているが、それでも以前の実効900にはもう届かなくなっている。
独裁・閉鎖MAXであることから、本国プロビでの反乱はまだ起こらないようだが……この核攻撃が今後も継続し続けると、いずれドイツは大変なことになるだろう。

ちなみに我が国の原子炉は、ウプサラに、技術レベルの上限いっぱいの8レベルまでが建設されている。

25枚目.jpg

これを使う日は果たして訪れるのだろうか?

年末の悲劇

さて。

母校に帰還し、地中海作戦での修理を終えた我が栄光の国産空母2隻は、
その後細かな修理を終えた後、駆逐艦4の護衛の下、アンダーセン少将の指揮下、北海での戦闘哨戒に当たっていた。
少将級将官のスキル値を上げるために行っていた行動だったが、これが間違いだった。

年末も押し迫る12月6日。
一瞬の出来事であった。

26枚目.jpg

英国沿岸部で行動していたドイツ潜水艦隊40隊と遭遇。
一瞬にして正規空母リクサップレト、駆逐艦2隊が消滅。生き残りも半死半生の有様となり果てた。

2年かけて作った正規空母が、ほとんどまともな実戦も経験せず、潜水艦に叩き沈められる。
まるで某帝国海軍のようだなァと落胆しながら、46年は更けていった。

46年に研究した技術




1945年型中戦車ボルボ社45年7月26日46年1月6日
1941年型空挺兵カール・ファルフ45年9月7日46年2月27日
現代型電撃戦ヘルゲ・ユング45年9月7日46年6月5日
弾道ミサイルサーブ社45年10月24日46年3月2日
1944年型輸送機シェラー・フライファブリック45年10月初旬と推定46年2月6日
1943年型プラントクバナー社45年10月29日46年5月2日
1945年型工兵コングスベルグ社45年11月28日46年1月29日
護衛空母任務ドクトリンスカンディナビア海軍46年1月6日46年4月29日
1946年型電子コンピュータニールス・ボーア46年1月29日46年8月8日
基本型洋上補給バーマイスター&ウエイン社46年2月6日46年4月24日
1944年型空挺兵カール・ファルフ46年2月27日46年10月24日
インフラ破壊ドクトリンベングト・ノルデンショルド46年3月2日46年4月14日
浸透爆撃ドクトリンベングト・ノルデンショルド46年4月14日46年5月26日
大規模海上侵攻戦術カールスクローナ海軍工廠46年4月24日46年7月19日
輪形陣防衛ドクトリンスカンディナビア海軍46年4月29日46年7月22日
1945年型対空砲ボフォースAB社46年5月2日46年7月17日
回転木馬爆撃ドクトリンベングト・ノルデンショルド46年5月26日46年7月2日
1945年型対潜装備バーマイスター&ウエイン社46年6月5日46年8月29日
重点爆撃ドクトリンベングト・ノルデンショルド46年7月2日46年8月17日
1943年型魚雷カールスクローナ海軍工廠46年7月19日46年9月19日
空母任務部隊ドクトリンスカンディナビア海軍46年7月22日46年10月24日
周辺防衛ドクトリンスカンディナビア国軍46年8月17日46年10月10日
航空機組立ラインスカニア・バビス46年8月29日46年10月27日
1940年型護衛戦闘機サーブ社46年9月19日46年11月6日
制空権ドクトリンスカンディナビア国軍46年10月10日46年11月27日
通商破壊潜水艦ドクトリンカール・ファルフ46年10月24日46年12月14日

44年型空挺兵、44年型輸送機の研究が完了し、現在大急ぎで生産中。海軍ドクトリンもかなり埋まってきた。
そろそろ重要なもの・必要なものが少なくなってきたため、空軍ドクトリンにも少し手を付けたりしている。
術爆系のドクトリンは空挺強襲の効率を上げるものがあるので、とりあえず埋めてみた。

46年に連合側で参戦した国家

ポルトガル:7月25日




第9話 スカンジナビアは総統を抹殺する


*1 海峡を潜水艦で封鎖してあるので、ドイツ軍はやってこれない
*2 初期配置の迎撃機隊や海爆隊を被害覚悟で飛ばした
*3 正直バグとして修正されるべき案件だと思う。

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-03-11 (金) 20:54:30 (1345d)