フランちゃんの大冒険

反省部屋

デ・クレルク.JPGさーて、中の人がスクリーンショット消しちゃったみたいなんだけど。

デルヴォ.JPGはい、間違って消してしまったそうです。

デルヴォ.JPG事故ならともかく、完全に操作ミスが原因ですから弁護の仕様がありませんね。

デ・クレルク.JPGうん、でもみんなもこういうミスは経験あるんじゃないかな?

デ・クレルク.JPGたとえばそう、勧誘をするつもりが間違って襲撃を選択してしまったとか。

デルヴォ.JPGねーよ。

デ・クレルク.JPGそれで、これからどうするの?SS無いんでしょ。

デルヴォ.JPGはい。これでは通常のAARはとても書けません。

デルヴォ.JPG仕方がないので53年までの出来事を簡単に紹介していこうと思います。

デ・クレルク.JPGバックアップ取っておかないから……。文句は中の人に言ってやってね。

47年〜48年

デルヴォ.JPGまず47年の目標はアフリカの攻略でした。

デルヴォ.JPGフランスやベルギーに引導を渡すべく、我が軍はまず米領カサブランカの攻略を目指します。

デ・クレルク.JPG航続距離の関係でここを落とさないと進めないんだよね。

デルヴォ.JPGところがカサブランカには5師団もの防衛隊がおり、やむなく攻略を断念します。

デルヴォ.JPGそこで我が軍はスエズからアフリカ大陸を西進、西海岸まで到達するという作戦を発動しました。

デ・クレルク.JPGこれからドイツの支援も受けられるもんね。

デルヴォ.JPGはい、質はもとかく数で圧倒する枢軸軍はアフリカでも勝利を重ね、その版図を広げていきます。

デルヴォ.JPGしかし連合も黙ってはいません。彼らは地中海の制海権を完全に握っていましたから。

デ・クレルク.JPGあれ?スエズは攻略したんだよね?

デルヴォ.JPGジブラルタルが健在でしたから。完全に封鎖できなければ海で枢軸に勝ち目はありませんよ。

デルヴォ.JPG連合は、というより米軍ですね。幾度と無く強襲上陸を仕掛け、枢軸軍を翻弄します。

デルヴォ.JPG補給線は幾度と無く寸断され、あわや包囲殲滅という状況に陥ったこともありました。

デ・クレルク.JPGがむしゃらに西進してたから、補給線が延びきってたもんね。一箇所奪われればたちまち切れるくらいに。

デルヴォ.JPGですがここでまたしてもわが国が世界に誇る近接が大活躍を見せます。

デルヴォ.JPGイタリアの航空基地を拠点とした我らが近接は地中海を暴れ周まわり、幾多の連合国艦艇を漁礁へと変えていきます。

デルヴォ.JPGこれにより連合の艦隊は大損害を被り、強襲上陸をほぼ中止させることに成功しました。

デルヴォ.JPG我が軍の戦車隊が西海岸に到着するまでに、航空隊は空母20隻撃沈という凄まじい大戦果を挙げることとなります。

デ・クレルク.JPG20隻撃沈!?すごいね、大本営発表でもそこまでやらないよ。

デルヴォ.JPG陸路でカサブランカを奪取した我が軍はさっそくそこの海軍基地を拠点にアフリカ中部へと侵攻します。

デルヴォ.JPG海軍基地のあるプロヴィンスを落としつつ10月にはリベリアへ到着、併合することに成功します。

デルヴォ.JPGなおこれが記念すべきわが国初の他国併合です。

デ・クレルク.JPGそういえばドイツの支援ばかりで併合は全然やってなかったなあ。

デルヴォ.JPGさらに我が軍はそこを拠点にベルギー領バナナへの上陸を成功させます。

デルヴォ.JPGそしてフランス暫定首都ブラザヴィルとベルギー暫定首都レオウルトヴィルを占領。大量の資源を入手しました。

デルヴォ.JPG奥地へ侵攻が可能なだけの兵力を残し、残る軍はさらに南アフリカへと向かいます。これで47年は終了です。

デ・クレルク.JPGアフリカでは順調みたいだね。本土の防衛は大丈夫だった?

デルヴォ.JPG問題ありません。アメリカが執拗にブリテン島を狙ってきましたが、苦も無く弾き返しています。

デ・クレルク.JPGそれならいいよ。それじゃあ次は48年だね。

デルヴォ.JPG南アフリカ攻略に乗り出した我が軍は、1月ポートエリザベスへの上陸へ成功します。

デルヴォ.JPGそこを橋頭堡に次々と南アフリカ領を占領。3月には危険な街ヨハネスブルクを制圧しました。

デルヴォ.JPGこの時点で勝ち目が無いと判断したのか南アフリカは我が軍の要求を受け入れ、傀儡国化に同意しました。

デ・クレルク.JPG南アフリカか。フィンランドよりは使えそうかな。

デルヴォ.JPG時をほぼ同じくしてベルギー領を侵攻していた部隊もエリザベトヴィルの占領に成功します。

デルヴォ.JPGこれによりベルギーは全てのVPを消失。わが国へと併合されました。

デ・クレルク.JPG大変結構!あのあたりはアフリカでは珍しく資源の出る地域だったよね。

デルヴォ.JPGこの時点でアフリカの東部もドイツ様にほぼ占領されました。

デルヴォ.JPG残された連合国軍は北はドイツ様、南は南アフリカに挟まれ逃げ場をなくし、7月までには全軍が降伏しています。

デルヴォ.JPGさらに我が軍は中東へと侵攻。イエメン・オマーンを相次いで併合しました。

デ・クレルク.JPGやったあ!これでアフリカ・ユーラシア大陸から連合はほぼ完全に放逐されたってことだよね。

デルヴォ.JPGはい。……しかしここからが問題でした。

デルヴォ.JPG残る連合国を攻略するには航続距離が足りず、枢軸はどこへも侵攻できなくなってしまったのです。

デ・クレルク.JPGあ……インドからだとオーストラリアに届かないんだ。

デルヴォ.JPGはい。シンガポールでも残っていれば違ったのでしょうが、あそこはとっくに日本軍に占領されていましたから。

デルヴォ.JPG米本土へは侵攻可能でしたが、我が軍の戦力で勝てる相手ではなく、ここに戦争は完全に膠着状態となります。

デルヴォ.JPG時折思い出したようにブリテン島を狙ってくる米軍を追い落としながら、意味も無く工場を建てるだけの日々となりました。

デ・クレルク.JPGうーん、困ったなあ。ドイツはどう?

デルヴォ.JPG第一次大戦型空母では勝ち目はありませんよ。

デ・クレルク.JPGだよねえ……。

49年〜51年

デルヴォ.JPG枢軸は何もできなくなってしまいましたが、太平洋では日本軍が連合との激闘を繰り広げていました。

デルヴォ.JPGなぜか異常に進軍速度の遅い日本軍ですが、それでも49年に入ってすぐにオランダを併合。

デルヴォ.JPGさらにオーストラリアへの上陸へも成功させ、苦戦しながらも9月には併合に成功しています。

デルヴォ.JPGさらに太平洋の島々へも手を伸ばし、イギリス・フランスの領土だった島を奪取しました。

デルヴォ.JPGこれによりフランスは全てのVPを喪失。暫定首都を押さえていたわが国へと併合されます。

デルヴォ.JPGまたイギリスも残る領土はジブラルタルだけとなり、IC0の生ける屍と化しました。

デ・クレルク.JPG日本軍、頑張ってるねえ。オランダとオーストラリアを併合するなんて。

デ・クレルク.JPGオランダは資源の出る場所だけ押さえて併合しなかったり、オーストラリアには侵攻すらしない印象があったんだけど。

デルヴォ.JPG今回の日本はきれいな日本ですね。英仏のVPも押さえてくれましたし。

デルヴォ.JPGもっともニュジーランドが手付かずだったりと、ツメの甘さは相変わらずなんですよねえ。

デ・クレルク.JPGオーストラリアを併合したんだからニュージーランドなんか楽勝だろうにねえ。

デルヴォ.JPGただ、日本軍もアメリカに決定打を与えるには至っていません。

デルヴォ.JPG太平洋ではミッドウェー島を占領したものの、ハワイを落とすことはできずここでも膠着状態になっています。

デ・クレルク.JPGうーん、日本でも駄目かあ。あの国の海軍ならアメリカにも対抗できると思ったんだけど。

デルヴォ.JPG艦船撃沈データを見ると互角以上に渡り合っているようですが、生産力が違いすぎますからねえ。

デルヴォ.JPG地中海で20隻近い空母を失っておきながら、その損害を瞬く間に回復させさらに増強させつつあります。

デ・クレルク.JPG日本にもアメリカを倒せないとなると、やっぱりわが国が頑張るしかないんじゃないの?

デルヴォ.JPG閣下もそう思いますか。という訳で50年から海軍の増強に取り掛かりました。

デルヴォ.JPGこれまでの戦闘で失った駆逐艦を補充すると共に、艦隊の中核として超大型戦艦の建造を開始しています。

デ・クレルク.JPGうーん、米軍に対抗するには海軍も必要だけど、問題はむしろ陸軍じゃないの?

デ・クレルク.JPG戦争が続いている限り人的資源の増加は0.2に満たないのに、米軍に対抗できるだけの陸軍が作れるかな?

デルヴォ.JPGそこが一番の問題なのですよね。全力で陸軍を生産しても米軍には到底敵いません。

デルヴォ.JPG仮に米本土への上陸に成功したとしても、やがて海へと追い落とされるのは火を見るより明らかです。

デルヴォ.JPGですから侵攻計画は、近接が敵軍を蒸発させ続けることと、ドイツ様の援軍を前提に作られています。

デ・クレルク.JPGうーん、リスクが大きいなあ。正直かなり不安なんだけど。

デルヴォ.JPGですがこのままでは負けることはないでしょうが、勝つこともできませんよ。

デ・クレルク.JPG確かに……こうなったらやるしかないのかなあ。

米本土進攻作戦

デルヴォ.JPG1952年3月、超大型戦艦の完成を機にわが国は米本土進攻作戦を実行に移しました。

デ・クレルク.JPG作戦の開始までに何か動きはあった?かなり時間が飛んだけれども。

デルヴォ.JPGいえ……枢軸はもちろん日本も足踏み状態です。少数の島を攻略しただけです。

デ・クレルク.JPGやっぱり……。作戦に参加する兵力は?

デルヴォ.JPG陸軍は司令部5、戦車24、歩兵12の計41師団です。

デルヴォ.JPGこれが52隻の輸送艦に分乗し米本土上陸を目指します。

デルヴォ.JPGそしてそれを護衛するのは超大型戦艦8隻と駆逐艦隊96からなるフランドル艦隊です。

デ・クレルク.JPG計156の大艦隊かあ。いつも思うんだけど、これだけの艦艇をどうやって一つの軍港に押し込めてるんだろう?

デ・クレルク.JPGそれと艦艇の数は凄いけど、輸送艦の少なさが気になるよ。沈没猶予が11しかないじゃないの。

デルヴォ.JPG人的資源がギリギリなのです。陸軍を限界まで増強した結果、輸送艦はこれが精一杯でした。

デルヴォ.JPG陸軍増強の結果、わが国に残された人的資源は戦力補充用の30程度に過ぎません。

デルヴォ.JPGこの作戦は抽出可能な全ての戦力を結集した作戦と言っても過言ではないのですよ。

デ・クレルク.JPG本当にギリギリだね。それで、米軍の兵力は?

デルヴォ.JPG陸軍は歩兵が162に機甲師団が58、合計220師団です。

デ・クレルク.JPG5倍以上の兵力だね……。全てが本土にいるとは限らないけど。

デルヴォ.JPG西海岸に配備されている師団も多いはずですし、わが国には世界最強の近接16があります。

デルヴォ.JPG敵軍が集結する前に蒸発させてしまえば決して絶望的な数ではないはずです。

デ・クレルク.JPGそんなに上手くいくかなあ?雨が続いたりしたらかなりアブナそうだけど。

デルヴォ.JPG次に海軍ですが……空母が40を超えています。軽空母も含まれてはいるでしょうが、凄まじい数です。

デルヴォ.JPGブリテン島付近で我が軍の近接に沈められたり、日本軍に大量に沈められたりしてこれですから本当に変態的な生産力です。

デ・クレルク.JPG……勝てるのかなあ?すごく不安になってきたんだけど。

デルヴォ.JPGここまで来てやらない訳にはいきませんよ。出撃命令、願います。

デ・クレルク.JPGうん、そうだよね。全軍突撃!

 

デルヴォ.JPG1952年4月、我が軍はアメリカ東海岸へと到着しました。

デルヴォ.JPG到着までに発生した小規模な海戦により駆逐艦2と輸送艦2を失いましたが、陸軍は全て健在です。

デルヴォ.JPG到着と同時に手薄だったアトランティックシティに攻撃を開始!守備隊1師団を撃破し上陸を開始しました!

デ・クレルク.JPG上陸には時間がかかるけど、完了するまで耐えられるかな!?

デルヴォ.JPG首都の目と鼻の先で上陸を行っている訳ですから、当然米海軍も黙ってはいません。次々に攻撃を仕掛けてきます。

デルヴォ.JPG戦闘開始後数時間で我が艦隊の威容に恐れをなし逃走するのですが、その間だけでも少なくない損害が出ています。

デルヴォ.JPGしかし我が軍の方が先でした!駆逐艦3隻、輸送艦4隻を失いながらも全軍の上陸に成功いたしました!

デ・クレルク.JPG素晴らしい!さっそく全軍に進軍命令を出すよ!

デルヴォ.JPG上陸に成功した我が軍は周辺の米軍を撃破!凄まじい勢いで進軍を開始します。

デルヴォ.JPG近接で敗走する敵軍を蒸発させつつ占領地を拡大!首都ワシントンを占領しました!

デ・クレルク.JPGワシントンを!?びゃあああ!常軌を逸した量の資源を獲得できたね!

デルヴォ.JPGさらにニューヨークなど周辺の高IC地帯を奪取!合衆国の心臓を握りつぶしていきます!

デ・クレルク.JPG行けー!アメリカ大陸をフランドルの州に変えちゃえ!

デルヴォ.JPG……。

デルヴォ.JPGしかし我が軍の栄光も長くは続かなかったのです……

デ・クレルク.JPGえ……何その感動大安売り番組の再現VTRみたいなナレーション……。

デルヴォ.JPG東海岸の工業地帯を押さえたところで、我が軍に来るべきものが訪れました。

デ・クレルク.JPGま、まさか……。

デルヴォ.JPGはい、攻勢限界がやってきてしまったのです。

フランちゃんには無理だった

デルヴォ.JPGこれまで概ね順調に進軍を続けていた我が軍ですが、この段階で周辺から援軍が到着し始めました。

デルヴォ.JPG米軍は自動車化や機械化といった高速師団が主力ですから、瞬く間に大量の敵軍が到着、我が軍の侵攻を阻むことになります。

デ・クレルク.JPG恐れていたことが……でも近接は?近接があるでしょ?

デルヴォ.JPG確かに近接は凄まじい勢いで米軍を蒸発させていきましたが、多くの師団が移動していれば効果も薄れます。

デルヴォ.JPG前述の通り敵軍は高速ですから、蒸発させ切る前に接近され塹壕に隠れられてしまうという事態となります。

デルヴォ.JPGそれでも阻止攻撃を駆使し着実に敵軍を削っていたのですが……出撃時間が増加すれば当然リスクも高まります。

デルヴォ.JPG5月初旬、ついに我が軍の近接12が敵迎撃機8に捕捉されるという最悪の事態が発生してしまいました。

デ・クレルク.JPG敵に迎撃機が!ひょえー!

デルヴォ.JPG数では有利とはいえ迎撃ボーナス・航空基地ボーナスのある迎撃機に近接が勝てる筈が無く、大損害を被ります。

デルヴォ.JPG壊滅した隊が無かったのは不幸中の幸いですが、作戦継続力は完全に失われました。

デ・クレルク.JPG……もしかして、かなり危険な状況じゃない?

デルヴォ.JPG航空隊が使えなくなり陸軍の足は完全に停止。前線の敵軍はなおも増大しています。

デ・クレルク.JPG……これ以上は無理だね。

デルヴォ.JPGはい……作戦は失敗です。

デ・クレルク.JPG全軍に退却命令!速やかに近くの沿岸まで撤退するよ!

デルヴォ.JPG全軍が撤退を開始しました!航空隊が最後の力を振り絞り敵軍の追撃を阻止します。

デルヴォ.JPGまたヨーロッパからは昨年開発に成功した弾道ミサイルが次々と発射されます。

デルヴォ.JPG敵のタワーを崩すために用意したものですが、インフラ破壊は敵の足を鈍らせるのにも使えます。

デルヴォ.JPG航空隊の決死の攻撃とミサイルの活躍により無事全軍が海岸に到着!逃げるように輸送艦に乗り込みます。

デ・クレルク.JPG……察するに、ラピュタのロボット兵に追われてゴテリアに乗り込むような状況なんだろうね……。

デルヴォ.JPGはい、精根尽き果てて必死に逃げ込む様子が目に浮かぶようです。

デ・クレルク.JPGでも何とか師団に損害が無く撤退できてよかったよ。反省会は本国に戻ってからにでも。

デルヴォ.JPG……いえ、ここからが本当の地獄です。師団41に対し輸送艦は46しか残っていません。

デ・クレルク.JPGそういえば。ということは米軍の猛攻を輸送艦5の損害で切り抜けられなければ……。

デルヴォ.JPG師団も一緒に海の藻屑です。

デ・クレルク.JPG無理じゃない?

デルヴォ.JPGそして恐れていた事態はすぐに発生するものです。

デルヴォ.JPG出航直後の我が艦隊が、正規空母7隻を主力とする米機動部隊と遭遇したのです。

デ・クレルク.JPGな、なんてこった!も、もう駄目だぁ〜。

デルヴォ.JPGしかしこの海戦は意外にも我が軍の優位で推移します。両軍が異常に接近した状態で海戦が始まったからです。

デルヴォ.JPGさらに戦闘開始後1時間で降雨が始まったことで敵空母は航空機の使用が不可能となりました。

デ・クレルク.JPGこれは……ひょっとしていけるんじゃない?

デルヴォ.JPGこうなると超大型戦艦の真価発揮です。我が軍は敵艦隊に砲戦を挑みました。

デルヴォ.JPG海戦開始後2時間で旗艦『フランドル』が敵の最新空母に51センチ砲を命中させ轟沈させるという大戦果を挙げます。

デルヴォ.JPGその後も戦闘を優位に進めた我が軍は結局空母3、戦艦1、重巡1と小型艦艇多数を撃沈しました!

デルヴォ.JPG我が軍も駆逐艦8を失い、超大型戦艦2隻が中破したものの、紛うことなき戦術的勝利です!

デ・クレルク.JPGやったあ!まだ大艦巨砲主義の時代は終わっていなかったんだね!

デルヴォ.JPGただ……戦術的には勝利を収めましたが、戦略的には敗北したと言わざるを得ません。

デ・クレルク.JPGあ……そういえば輸送艦はどうなったの?ねえ?

デルヴォ.JPG……輸送艦11隻沈没です。6師団が海の藻屑となりました。

デ・クレルク.JPGう、うわ、うわあああああああ!!!

デルヴォ.JPG空母だけに目がいっていましたが、敵艦隊には戦艦も加わっていたのです。至近距離からの砲撃で沈められました。

デルヴォ.JPGそのうえ撤退中に敵海爆に捕捉され攻撃を受けた結果、さらに駆逐艦2と輸送艦4を失ってしまいます。

デ・クレルク.JPG(失神中)

デルヴォ.JPG結局本国にたどり着けたのは31師団でした。1/4近い兵力を失ったことになります……。

デルヴォ.JPG航空隊・艦艇の損害も甚大です。予備の人的資源を使い切ってもなお補充が追いつきません。

デルヴォ.JPG結局駆逐艦のうち中破以上の損害を被ったものは解体を余儀なくされるという結果となりました。

デ・クレルク.JPGあああああ……こんな、こんな……。わしのフランドル軍がぁあああ……。

投了

デルヴォ.JPGこうしてわが国はアメリカの首都を一時的とは言え占領したという事実と、備蓄されていた膨大な量の資源を得ました。

デルヴォ.JPGしかしその代償は戦車・司令部を含む10師団が海の藻屑になり、人的資源も枯渇するという決して小さいものではなかったのです。

デ・クレルク.JPG米本土進攻なんてうちにはやっぱり過ぎたる夢だったみたいだね……。

デルヴォ.JPGDDAは62年までプレイできるので、それまでやればあるいはもう一度挑戦できるかもしれません。

デルヴォ.JPGですが中の人はHoI2は53年までだと考えています。傀儡国独立できなくなりますしね。

デ・クレルク.JPGとなるとこれで諦めるってことになるね。どう考えても53年までにアメリカ倒せないだろうし。

デルヴォ.JPG最後の足掻きとばかりにドイツ様より購入の空挺でジブラルタルに攻撃を仕掛けました。

デルヴォ.JPG阻止攻撃・ミサイル・沿岸砲撃により作戦は成功。イギリスを併合したところで終了としたいと思います。

デ・クレルク.JPGなんとかイギリスは倒せたんだね。アメリカもやっつけたかったなあ。

デ・クレルク.JPGそれで……この世界は今後どうなるんだろう?

デルヴォ.JPGうーむ、恐らくニュージーランドは併合されるでしょう。今まで生き残っていたのが不思議だったくらいですし。

デルヴォ.JPGですが残る連合国、アメリカとカナダはとても落とせるとは思えませんね。

デ・クレルク.JPGというか無理でしょ。大西洋を横断するだけでも一苦労だよ。

デルヴォ.JPGかといって枢軸や日本が敗れるかといえば、それも考えにくいですね。

デルヴォ.JPG米軍の上陸は一度も許していませんし、仮に上陸されたとしても陸軍の数では圧倒的ですから。質はともかく。

デルヴォ.JPGお互いに決定打を欠いた状況で、史実の冷戦と似たように緊張が続くのではないでしょうか。

デ・クレルク.JPG核は無いけどね。

デルヴォ.JPGそれもMOD入れていないので開発されていないだけですがね。

デルヴォ.JPG米独共に研究は完了させていますから、その気になればすぐに水爆生産に取り掛かれますよ。

デ・クレルク.JPGやっぱり睨み合いか……。あそこでアメリカを攻略できていればなあ。

デルヴォ.JPGせめて倍の兵力があれば、あるいは攻略が可能だったかもしれませんが、無いものねだりですよねえ。

デ・クレルク.JPGうん。結局人的資源に問題がある小国は何をやっても限界があるってことなんだよ。

デルヴォ.JPGそれなりに拡張はできますが、単独で大国を相手にするのはかなり難しいということが分かりましたね。

デ・クレルク.JPGところで今思いついたんだけど、イタリアの統帥権取ればよかったんじゃない?

デルヴォ.JPGむ、確かにイタリアの師団が加われば米軍にも対抗できたでしょうが、基本統帥権は取りたくないですから。

デ・クレルク.JPGハンガリーのときは?

デルヴォ.JPGあれは特例ということで。

デ・クレルク.JPG結果論だけど、パリは押さえておくべきだったかもしれないね。

デルヴォ.JPGそれも一つの手だったかもしれません。フランスが降伏せずドイツ様が弱体化してしまいますが。

デルヴォ.JPGしかしその分わが国の領土も増大し、人的資源もかなり増加したでしょうから考慮の余地はありましたね。

デ・クレルク.JPGそれは次回への反省点ってことで。小国はとにかく人的資源優先っと。

デルヴォ.JPG次回、あるんでしょうか?

デ・クレルク.JPG知らないよ、終わっちゃえ。

フランちゃんの大冒険 了


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2008-09-28 (日) 20:04:00 (4007d)