フランちゃんの大冒険

デルヴォ.JPG閣下、タイトルがなにやらアレですが……。

デ・クレルク.JPG気にしないで。

お知らせ

デルヴォ.JPGさて、本編に入る前に皆さんにお知らせがあります。

デルヴォ.JPG以前にも話した通りですが、わが国は1940年に大量、とまではいきませんが、それなりの数の将軍が追加されます。

デルヴォ.JPGしかし実は彼らのほとんどは、引退年が1945年に設定されているのです。

デルヴォ.JPG登場・引退年、名前から察するに恐らく彼らはドイツ系で、それ故に史実においてドイツ様が降伏した45年に消えてしまうのでしょう。

デルヴォ.JPGですがこのAARでは、現在のところドイツ様に敗北の兆しはありません。

デルヴォ.JPGそれなら消滅しなくてもいいのではないかと思い、引退年をいじくって46年以降も活躍できるようにしておきました。

デ・クレルク.JPGうちはただでさえ将軍が少ないから、彼らに消えられると沿岸防衛は黒子に任せないといけなくなっちゃうんだよね。

デルヴォ.JPGという訳で彼らには今後も活躍してもらいます。なにとぞご了承ください。

デ・クレルク.JPGまあ今さら細かいことを気にしても仕方ないよ。史実準拠ならわしなんてとっくに死んでるんだし。

デルヴォ.JPGそれを言ったらおしまいですよ。という訳で本編に行きます。

迫る米軍地獄の軍団

デ・クレルク.JPGそれじゃあ今年も元気に戦争しようか。まずスライダは統制経済に寄せてね。

デルヴォ.JPGこれで統制経済がMAXになりました。では報告を始めさせていただきます。

デルヴォ.JPGまず1月4日、ウィシーフランスのフランソワ・ダルラン提督が連合国との交渉を行ったそうです。

デルヴォ.JPGその結果モロッコがアメリカ領となりました。米軍はイタリア侵攻への前線基地を手に入れたことになります。

デ・クレルク.JPGちょ、フランちゃん何やってんの!?イタリアが危ないよ!

デルヴォ.JPGイタリアはしっかり沿岸防衛を行っていますからそう簡単に上陸を許すことはないでしょうが……。

デ・クレルク.JPG状況が悪化したことには変わりないよね。気にしてなかったけど寝返りイベントも発生しまくってるし。

デルヴォ.JPGまあ今気にしても仕方のないことですからね。それは置いておきまして、1月5日、工場の第二陣が完成しました。

デルヴォ.JPG稼動すればわが国の基礎ICは60となり、4本目の研究ラインが稼動する見込みとなっています。

デ・クレルク.JPG素晴らしい!……といいたいところだけど、爆撃に晒されてる状況で完全稼動が可能かなあ?

デルヴォ.JPG難しいですね。これまでに爆撃を行ってきた連合軍機は全て迎撃機が撃退していますが、それでも1〜3程度のICは削られてます。

デルヴォ.JPG基礎ICが60ちょうどしかない以上、少しでも爆撃を許せば途端に4本目のラインが消えることになりますね。

デ・クレルク.JPGうーん、大臣を恐怖公に替える手もあるけど、海外領土が少ないから大してICが増加する訳でもないし……。

デルヴォ.JPG4本目のラインは研究が行えれば儲けもの程度に考えておいた方がいいですかね。ところで浮いたICはどうされますか?

デ・クレルク.JPG4箇所くらいで工場の建設を続けようか。4も余裕があればちょっとした爆撃ならラインを守れるでしょ。

デ・クレルク.JPG残りのICは改良に使うよ。工場建設にICを使ってたから、沿岸防衛用の師団は未だに41年式だったりするし。

デルヴォ.JPG了解しました。なおICの増加に伴い資源がもの凄い勢いで減っていきますが、ドイツ様の無償提供により持ち直しました。

デルヴォ.JPG今のドイツ様はエネルギー・金属はもちろん希少資源も自給できます。石油ですら戦車を動かさなければプラスでしょう。

デ・クレルク.JPGこれはソ連に宣戦布告した甲斐があったね。資源問題は解決って考えても大丈夫かな。

デルヴォ.JPGそのソ連との戦いですが、1月9日にニズネワルドスフク占領したことで暫定首都を孤立させることに成功しました。

4501.JPG

デルヴォ.JPGドイツ様が陥落させてしまえば首都が移動し包囲も解けてしまいますが、それでも日本軍の支援になるはずです。

デ・クレルク.JPG包囲が継続されている間にソ連の工業力を全部奪ってしまえばいいんだよ。まずは……ッ!?

デ・クレルク.JPGば、爆撃機を移動させて!大至急!指揮統制?5あれば空爆できるでしょ!?早く!

デルヴォ.JPG閣下!?いきなりどうしたのですか!?

デ・クレルク.JPGビルマに米軍が!ひょえー!

4502.JPG

デルヴォ.JPGうわあああ!8師団も上陸してるじゃないですか!?ビルマには数師団しかドイツ様の軍が配備されていないのに!

デ・クレルク.JPG航空隊は移動中の師団に集中攻撃!多少の損害は気にしちゃいられないよ!

デルヴォ.JPGダメです!移動している師団と塹壕を掘っている師団が同じ場所にいるようです。満足な打撃を与えられません!

デルヴォ.JPGそして大部隊への航空攻撃はかなりの損害が出ます。人的資源に乏しいわが国にとっては身を削って攻撃を行うようなものです。

デ・クレルク.JPGうう……こうなったら分散したところを狙うしかないかな。でもこのままじゃ……。

デルヴォ.JPGあの、か、閣下……。

デ・クレルク.JPG何!?

デルヴォ.JPG今からお見せするのは3月時点での戦況なのですが、奴ら……

デルヴォ.JPGインドにも上陸してきました!

4503.JPG

デ・クレルク.JPGうひゃあああああああぁぁぁあああああああん!?

デルヴォ.JPGインドにはビルマよりは多くのドイツ軍がいますが、それでも10師団に満たないうえ分散しています。

デルヴォ.JPG一方米軍は約15師団をインドに投入。爆撃機からの報告によればほとんどが戦車や自動車化兵とのことです!

デ・クレルク.JPGああもうこうなったら仕方ないね、対ソ戦線に投入していた全軍をインドに再配備!インドを奪還するよ!

デルヴォ.JPGしかし対ソ戦線最前線は我が軍が支えているため、再配備を行えば一時的にしろ前線はがら空きになってしまいます。

デルヴォ.JPG死に体のソ連軍とはいえ全く師団のいないプロヴィンスを奪う程度の力はあるでしょう。VPも奪還されてしまいますよ。

デ・クレルク.JPGでもこのままじゃドイツが反撃の態勢を整える前にインド全土が制圧されちゃうよ。あとビルマも。

デ・クレルク.JPG一度そうなったら次々増援を送り込まれて戦線が膠着、手薄になったフランスに上陸されて一巻の終わりだよ。

デルヴォ.JPGやむを得ませんな……全軍をインドに再配備します。ドイツ様の援軍が到着するまでの時間稼ぎ程度はできるでしょう。

デ・クレルク.JPG間に合うといいんだけど……。

もぐらたたき

デルヴォ.JPG再配備が完了しました。米軍はインド南部を制圧したものの、それ以上侵攻できていません。

デ・クレルク.JPGどうやら間に合ったみたいだね。再配備完了までにどれだけ押し込まれるかヒヤヒヤしてたんだけど。

デルヴォ.JPG我が軍より先にドイツ様が再配備を行っていたようですね。一度足を止めてしまえばこちらのものです。

デ・クレルク.JPGよーし、早速攻撃開始!

4504.JPG

デ・クレルク.JPGげぇー!マッカーサー!

デルヴォ.JPG大物が出てきましたね。ですがこちらの戦力は敵の2倍です。楽勝とはいきませんでしたが勝利しました。

デルヴォ.JPG一度崩してしまえば爆撃が使えますからあとは正攻法です。爆撃で敵を削りつつ支援攻撃で一箇所ずつ奪い返していきます。

デルヴォ.JPG結局四月末までにインドの米軍はその全てが爆撃機の餌食になるか海岸に追い詰められて降伏する結果となりました。

デ・クレルク.JPGねえデルヴォ、インドを奪い返したのはいいんだけどさ、夢中になっているうちにビルマが……。

4505.JPG

デルヴォ.JPG少し目を離したうちにこんなにも……。困りましたね、これだけの大部隊が移動もしてないとなると爆撃ではどうにもなりません。

デ・クレルク.JPGそうでなくても密林だもんね。どうする?

デルヴォ.JPG手薄なところを狙い付き崩すしかありませんな。敗走させての爆撃を繰り返し戦力を消耗させるのです。

デ・クレルク.JPG問題は敵の増援だね。沿岸だしどんどん輸送船で援軍を送り込んでくるはずだよ。

デ・クレルク.JPG艦船攻撃をさせようにも近接じゃ航続距離が足りないし、うーん、どうしよう?

デルヴォ.JPG増援は止められませんな。せめて少しでも敵を削っておきましょう。

デルヴォ.JPG再配備が完了した戦車隊が手薄なバセーンに攻撃を行い米軍を撃破しました。爆撃を行います。

4506.JPG

デ・クレルク.JPGうわ、今度はアンゼンハワーだ。どうやら米軍も本気らしいね。

デルヴォ.JPGしかも対空砲付きですな。敗走中の師団狙いの爆撃だというのに損害が多いと思ったらこれが原因ですか。

デルヴォ.JPGその後バセーンは奪取したものの、そこで戦況は膠着状態となりました。

デルヴォ.JPG密林に立て篭もった米軍相手に戦車では分が悪いです。かといって歩兵は数が足りませんし……。

デ・クレルク.JPGドイツが攻撃してくれるのを待つしかないかなあ。

デルヴォ.JPG兵力の少なさがわが国の弱点ですねえ。いくら精鋭を目指しても自力で戦線を動かすほどの力はありません。

デ・クレルク.JPGもう少し人的資源があったらよかったのに。無理してでもパリ取っておくべきだったかもしれないねぇ。

虚勢堕つ

デルヴォ.JPGインド・ビルマの米軍と戦っているうちにヨーロッパではウィシーフランスがドイツ様の圧力に屈したようです。

デルヴォ.JPG6月4日、相次ぐ寝返りにより領土を失っていったウィシーフランスはついにドイツ様に併合されました。

4507.JPG

デ・クレルク.JPGあの国もルーマニア並みに悲惨だよねえ。イベントといえば縮小イベントしか発生しないし。

デルヴォ.JPG6月26日にはアメリカ大統領ルーズベルトが死去。後継者はトルーマンです。

デ・クレルク.JPGふーん、ドイツに戦争をふっかけてアメリカを戦争に巻き込んだ彼はどう思われてるんだろう?

デルヴォ.JPGうーむ、わが国に大量の石油を流して間接的にしろドイツ様を支援していましたからねえ。

デルヴォ.JPGしかもインドがドイツ様に制圧されたあたりでようやく連合に加盟するという有様でしたから……。

デ・クレルク.JPGまあ死んだ人間をとやかく言うのはよくないね。ホワイトハウスに葬式まんじゅうでも送ってあげよう。

デルヴォ.JPG大統領交代のゴタゴタで指揮系統が混乱したのか、一時的にラングーンの師団が1師団だけになりました。

デルヴォ.JPGこの機を逃すドイツ様ではありません。我が軍含め12師団の攻撃でラングーンの米軍は敗走。

デルヴォ.JPG7月6日にラングーンを奪取。これにより米軍の包囲に成功しました!

デ・クレルク.JPGよーし、早速攻撃開始!

4509.JPG

デルヴォ.JPG枢軸軍20師団の攻撃により米軍を撃破!5師団を降伏させることに成功します。

デルヴォ.JPGさらにラングーンから敗走してきた師団も包囲戦の末降伏し、ここにビルマの米軍は一掃されました。

デ・クレルク.JPGようやく片付いたね。それにしても米軍は厄介だなあ。

デルヴォ.JPG確かに厄介ですが、必要以上に焦る必要はないと思いますよ。

デルヴォ.JPGドイツ様も今回の一件で懲りたのか、インド・ビルマの沿岸防衛を行い始めたようですから。

デルヴォ.JPGそれにこの戦いで少なくとも米軍30師団を消滅ないし降伏させました。

デルヴォ.JPGその中には戦車や司令部も含まれます。いかにアメリカといえどもこの損害の回復にはそれなりの時間が必要なはずです。

デ・クレルク.JPGということはヨーロッパが襲われる確率は低下したって考えてもいいのかな?

デルヴォ.JPGいくら海軍が強力といっても、兵士がいなくては上陸作戦は行えませんからな。

デルヴォ.JPGそして7月12日、――ついにやりました!

4508.JPG

デ・クレルク.JPGとうとうドイツがソ連を併合したね!

デルヴォ.JPGはい!これで共産陣営は全滅です。旧ソ連は日本との間で分割されました。

デ・クレルク.JPG日本もずいぶん拡張したねえ。面積だけなら。

デルヴォ.JPGまあ面積だけでしたら。実際にはほとんどがゴミプロなんですよね。

デ・クレルク.JPGさーて、共産陣営を叩き潰してインドとビルマも安定したとなったら……。

デルヴォ.JPGいよいよ連合との激突ですな。

ブリテン島をやっつけろ

デ・クレルク.JPG連合と戦うとすると、地理的に考えてまずはブリテン島を落とさなきゃならないよね。

デ・クレルク.JPGうちの戦力でブリテン島に攻撃をかけたとして、成功すると思う?

デルヴォ.JPGハンガリー空軍の報告によれば、ブリテン島の地上戦力は極めて小さいとのことです。

4510.JPG

デルヴォ.JPG首都ロンドンもがら空きですし、ドーバーやプリマスといった上陸可能地点にも一兵も配備していません。

デルヴォ.JPGですから上陸さえしてしまえば、我が軍の戦力でも全土の制圧は容易だと思われます。

デ・クレルク.JPGとなると、やっぱり問題はロイヤルネイビーだね。

デルヴォ.JPGはい、沿岸防衛が無くとも未だに陥落していない訳ですから、完全に制海権を握っていると考えられます。

デルヴォ.JPGドイツ様も空母3隻を保有していますが、全て第一次大戦型ですから相手にならないのでしょう。

デ・クレルク.JPG空母だけじゃなくて艦載機も第一次大戦型だもんね……。

デ・クレルク.JPGイギリス艦の艦長が「こんなに遅いんじゃ自殺じゃないか、可哀想に……」とか言ってる姿が目に浮かぶよ。

デルヴォ.JPGドイツ様以下の国力しかないわが国がまともに戦って勝てる相手じゃありませんね。

デ・クレルク.JPGうん、うちに空母を量産できる国力はないし、やっぱり駆逐艦隊作戦しかないんじゃないの?

デルヴォ.JPGはい、そのためにドクトリンを変更したのですから。

デ・クレルク.JPG決まりだね。とにかく大量の駆逐艦を並べて敵艦隊を威嚇するって方向で。

デ・クレルク.JPGそれで肝心の駆逐艦なんだけど、改良型駆逐艦でいこうと思うんだ。

デルヴォ.JPG改良型……38年式ですか?わが国では最新ですが、世界的にはとっくに旧式化しているタイプではないですか。

デルヴォ.JPG現在は45年ですから準現代型までなら無理なく研究できるはずです。その完成を待った方がいいのでは?

デ・クレルク.JPGううん、改良型でいくよ。駆逐艦隊作戦ってのはとにかく数が大事なんだ。

デ・クレルク.JPG逆に言えば質は大した問題じゃないよ。要は輸送艦を守れればそれでいいんだ。

デ・クレルク.JPGそしてこの図を見てちょうだい。駆逐艦の性能をまとめてみたんだけど。

タイプ必要IC航続距離
基本型22500
改良型33000
発展型43500

デ・クレルク.JPGまず基本型は必要ICは低いけど航続距離が2500しかないね。

デルヴォ.JPGはい、輸送艦の航続距離は3000ですからそれ以下ですな。

デ・クレルク.JPGとなるとブリテン島攻略には使えるけど、その後アフリカやアメリカに行くには不便だよね。

デ・クレルク.JPG次に発展型は航続距離は十分だけど、ICが4も必要になるんだ。

デ・クレルク.JPG駆逐艦隊作戦は質より数が重要だから、これも都合が悪いってことになっちゃう。

デルヴォ.JPGなるほど、必要ICと航続距離のバランスで言えば改良型が最適ですな。

デ・クレルク.JPGそういうこと。輸送艦と同じ航続距離があって量産も比較的しやすいでしょ。

デルヴォ.JPGでは早速生産を開始いたします。さしあたって、15ラインで4連続生産を行わせておきますね。

デ・クレルク.JPG60隻で足りるかな?

デルヴォ.JPG工場が完成すればそのICも駆逐艦建設に使う予定です。もう少し増産できるでしょう。

デ・クレルク.JPGそうだね。じゃあ駆逐艦を建設してるあいだにドイツから輸送艦を買ってきて。

デ・クレルク.JPG最低でも10隻、損害も考えなきゃいけないから、できれば20隻くらいは欲しいな。

デルヴォ.JPG了解しました。輸送艦の購入も進めておきます。

ちょっと平和な世界

デルヴォ.JPGさて、海軍の建設に取り掛かりましたが。

デ・クレルク.JPG暇だね。

デルヴォ.JPGはい、手の届く範囲に敵はいないのですることがありません。

デ・クレルク.JPG爆撃機も飛んでこないしね。

デルヴォ.JPGそうなんですよね。当初危惧していた爆撃機はなぜか全く飛んできません。

デルヴォ.JPGおかげで4本目の研究ラインで技術開発が行えていますが、どうしたんでしょうね?

デ・クレルク.JPG損害が怖くて爆撃を控えてるのかな?そうだとしたら対空砲を建設した甲斐があったね。

デルヴォ.JPGともかく、艦隊が完成するまでは何もできませんねえ。

デ・クレルク.JPGそういうことならさ、ちゃちゃっと進めちゃってよ。

デルヴォ.JPGではちゃちゃっと。10月25日に工場4が完成しました。

デルヴォ.JPGこれによりわが国の基礎ICは64まで増加しています。

デ・クレルク.JPGこれで爆撃をされてもすぐにラインが吹っ飛ぶってことはなくなったね。

デルヴォ.JPGまた工場の完成によりICが浮いたので、駆逐艦の追加建造を開始しました。

デ・クレルク.JPGこれで輸送艦を守るに十分な量の艦艇が作れるね。そういえば輸送艦はどうなってる?

デルヴォ.JPGはい、年末までにドイツ様より輸送艦15隻を購入しました。

デルヴォ.JPG物資を景気よく放出しすぎて一時物資が2ケタになったりましたが、まあ大丈夫でしょう。

デ・クレルク.JPGあとは駆逐艦の完成を待つだけだね。

デルヴォ.JPGはい、そして今年ももう終わりです。

デ・クレルク.JPG来年はついにフランドル海軍が出陣か。楽しみだなあ。

デルヴォ.JPGはい、ロイヤルネイビーは強敵ですが、きっと勝てると信じております。

デ・クレルク.JPGうん、ブリテン島をフランドル色に染めてやるよ!

今年開発した技術:海上要塞 ターボジェット迎撃機
発展型電子コンピューター 発展型兵站組織 準現代型歩兵師団
補助的空母任務 発展型合成石油工場 ターボジェット近接航空支援機
発展型食品工業 準現代型野砲

1946 フランちゃんのアシカ作戦

フランドルの研究機関について

デ・クレルク.JPGところで、このエディタを見てくれ。こいつをどう思う?

4511.JPG

デルヴォ.JPGすごく……ヴィッカースです……。

デ・クレルク.JPGあとフランちゃん使えないなあ。

フランちゃん.JPGぐ……ち、ちくしょう……!!!


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2008-09-28 (日) 20:04:00 (3914d)