予想外に早くヨーロッパの覇権を手に入れたヒトラーは思いの通りに欧州を再編することを思いついた。
彼にはそれを行う軍隊と国民の支持があった。

1940年6月 スカンディナヴィア成立

ヒトラーは中立を守っていたスウェーデン、ソ連法外な侵略を受けたフィンランドを共産主義から「保護」するために宣戦し、
ドイツはあっという間に両国を占領した。そしてヒトラーは既に占領していたノルウェーとデンマークを加えた合計4カ国で
スカンディナヴィア国を傀儡政権として作った。ヒトラー特有のアーリア人思想の下、この国はドイツの寵愛を受ける事となった。

スカンディナヴィア.png
この国を作ると不満度が25上がるのがすごくつらい。アーリア種を手放してはいけない!?

1940年8月 ユーゴスラヴィア分割

ドイツの同盟国・ハンガリーは周辺国と領土問題を多々抱えていた。旧ハンガリー領であるヴォイヴォディナを領有するユーゴとの争いもその一つであった。
ヨーロッパを支配したドイツの同盟国という慢心からハンガリーはユーゴに宣戦を布告するが、ユーゴの思わぬ反撃を受け、ハンガリーはドイツに救援を求めた。
その結果、ユーゴはドイツに占領され、ドイツ、イタリア、ハンガリー、ブルガリアによって分割されてしまい、
残された地域にはドイツの傀儡であるセルビアが建国された。

ユーゴ分割.png
白い国がセルビアです。ルーマニアがベッサラビアをソ連にとられてしまいました。ドイツはスロヴェニアを、イタリアはダルマツィアをゲット。

1940年9〜12月 ウィーン裁定とイタリアのギリシャ征服

先のユーゴ分割でヴォイヴォディナを得たハンガリーは次なる目標をルーマニア領トランシルヴァニアに定めた。
ヴォイヴォディナと同じく旧ハンガリー領だったトランシルヴァニアはハンガリー人も多く、ハンガリーが再び
大国になるには必要な地域であった。ハンガリーのホルティはヒトラーに裁定を求め、ヒトラーはこれをウィーンにて了承。
トランシルヴァニアはルーマニアからハンガリーへと復帰した。
ファシストの先進国であるイタリアはドイツの急拡大をうらやみ、自らも領土を欲っした。その危険な刃はギリシャへと向けられ、
ムッソリーニはアルバニアからギリシャへの進撃を命じた。しかし、ギリシャの手痛い反撃を食らい、ギリシャ遠征軍はアルバニアで
全滅してしまった。たまらずムッソリーニはヒトラーに泣きつき、同盟に加えてもらうことを申し入れた。
ヒトラーはこれを了承し、ギリシャへ機甲師団を派遣、枢軸国はギリシャ全土を占領した。

バルカン.png
ブルガリアも同盟に加えました。ルーマニアから領土を奪い、大ブルガリア達成。
大ハンガリーの基礎ICが50を超え、中欧の大国へ成長。ルーマニアの基礎ICは19に減ってしまいましたが....
ルーマニアを同盟に加えようと、友好度をあげていたら間違って宣戦してしまい、傀儡化したのは公然の秘密w石油美味しいです。

1941年3月のヨーロッパ

ヒトラーが英仏を下してから1年が経った1941年にはヨーロッパでドイツの影響下に無い国はスイスだけとなっていた......
アイルランドとスイス以外は全て右翼的な独裁国家で占められている。衆愚政治からの脱却か? あるいは権力者の横暴か?

1941欧州.png
ポルトガルとスペインも枢軸同盟加入。

1936-1939 大ドイツ帝国へ向けて 
1939-1940 大ドイツ帝国の躍進
1940-1941 ヨーロッパの大掃除 このページです。
1941 イデオロギーを超えて
1942〜 欧洲大戦の後
ヨーロッパ新秩序を


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-01-27 (水) 04:16:50 (3099d)