碧き蝙蝠の今日の塒は何処?

前話 碧き蝙蝠達の第3回閣議 次話 碧き蝙蝠更に東へ

更新履歴
 2/24 ページ作成
 2/25 とある日の閣議追加
 2/26 リスボン2まで追加 
 2/28 支那事変戦況、支那事変介入記述開始
 3/ 1 一応完成
 4/30 年度報告書追加

序章 

とある日の閣議

me.jpg 独逸から購入した守備隊の件ですが。理由をお聞かせ願いたい。

ja2.jpg ただでさえ人的資源に欠ける我国です。守備隊保有するくらいなら歩兵師団でも作ったほうがましでは?

ca.jpg そうだな、説明しておいたほうがいいだろう。サラザール。

sa.jpg は。

sa.jpg 理由はいくつかあります。

sa.jpg 一つはTCの問題です。現在不満度が0%でも既にTCが赤い状態です。宣戦布告となれば更に補給状況は悪化しますから少しでも減らしておきたい訳です。

ja2.jpgra.jpg (うんうん)

ca.jpg だが守備隊を編成する余裕など現在の我国にはないからな。

sa.jpg 生産にかかる総ICより購入した師団の補充の方が格段に安くて済みます。これが第2です。

sa.jpg 第3だがこれをみてほしい。

hoju.png

me.jpg 補充必要な人的資源ですね。これが何か?

sa.jpg これは守備隊4個師団の完全補充に必要な人的資源です。

ca.jpg 4師団を我国で生産した場合人的資源はどれだけ必要だ?

ja2.jpg 8.0×4で32.0ですね・・・なるほど

sa.jpg ちなみにこれに憲兵旅団がついていますから更に2.0×4で8.0必要になる訳です。

me.jpg つまり本来の2/3ほどの人的資源で生産できたという訳ですか。

ca.jpg そうだ、更に言うといざというときは解散してしまえば8.0戻ってくる。利子までついてくるんだ、おいしいと思わんか?

ra.jpg 代金として相当な領の資源を出しましたがつりあってますかね??

ca.jpg 資源はほっといても使い切れないほど湧くからな。前にも言ったと思うが無駄に資源を備蓄していても意味はない。

sa.jpg 我国の現状では明らかに人的資源>鉱物資源ですから。少々高くても背に腹は代えられません。

ca.jpg 納得してもらえたかね?

ra.jpgme.jpgju.jpgja2.jpgja.jpghai.jpgmanyu.jpg 納得いたしました。

リスボンにて 

sa.jpg 対日同盟工作はどうだ?

unknown.jpg 実は密かにドイツに仲介頼みました。そのせいもあって順調に進んでいますよ?*1

sa.jpg あの黄色いサルの国は機密情報ダダもれだから独逸が手引きしていることは他の国にかぎつけられるんじゃないぞ?

unknown.jpg それは重々・・・

sa.jpg 堂々とやると連合国から噛み付かれるからな、まずは希少資源の貿易協定、しかも持ちかけたのは向こうからということにしておくように。

unknown.jpg は。

sa.jpg そうそうペドロよ。

unknown.jpg なんですか?

sa.jpg 中の人がお前の新しいグラを作ったらしいから今から使ってみることにする。

pe2.jpg ・・・・・・なんですかこれ。

sa.jpg だから新しいグラだそうだ。

pe2.jpg 汎用モブグラに字を書いただけじゃないですか!!しかもこの落書きみたいな字は一体・・・

sa.jpg ああこれはあくあフォントだ、中の人がふと思い出して使ってみたらしい。

pe2.jpg しかもよりによって赤とか・・・まるで自分の血で書いたダイイングメッセージじゃないですか。

sa.jpg 斬新だろ?

pe2.jpg いや、斬新というかこれは・・・なんか任務失敗して消されてそうなんで勘弁してくださいorz

sa.jpg 何だ気にいらないのか?

pe2.jpg あたりまえです!!

大日本帝国閣議 

togo.jpg さて次の議題は、総統から紹介のあった件ですが  ※外相

okada.jpg 先方に依頼していた資源供給の件か、どこの国だ? ※首相

fujiwara.jpg はっ、独逸にも希少資源を大規模安定供給しているポルトガルであります。 ※軍需相

sugiyama.jpg ああ、我国も狙っていた蘭印(インドネシア)を掠め取っていった国か。 ※陸相

okamura.jpg 先日連合国と仲違いしたらしく。今は同盟を解消しておりますな。 ※情報相

fujiwara.jpg 現状、希少資源は自力では必要量の2/3しか賄えません。

okada.jpg 他の国との交渉はどうだ?

togo.jpg 他で希少資源に余裕のある国は英米仏ソ濠加あたりですがいずれも我国との関係は良好ではありません。むしろ険悪というべきですな。

okada.jpg ポルトガルの条件は?

togo.jpg 軍需物資と希少資源の交換の見返りとして技術支援及び中国利権の一部を要求しておりますが。

okada.jpg 中国利権?

togo.jpg 具体的には廣州の支配権ですな。

sugiyama.jpg 中国でも有数の工業地帯ではないか。また図々しい要求だな.

togo.jpg しかしポルトガル以外に選択肢は他にないかと。

simada.jpg 彼の国からは石油の輸入も見込めますからな。 ※海相

sugiyama.jpg 最近勇名を馳せているとはいえポルトガル軍は陸海空とも弱小だ。単独で敵軍を打ち破った訳ではなくずる賢く立ち回った結果にすぎん。

sugiyama.jpg 更に彼の国から中国は遠く離れているし戦力的には期待できん。

sugiyama.jpg 陸軍としては皇軍が血を流して獲得した地をそんな国にくれてやるわけにはいかん。廣州なぞ論外だ。

fujiwara.jpg なら資源をどうするつもりです?現状では資源の尽きるのは時間の問題。尽きた時には海軍は浮かぶ棺桶、陸軍も弾薬にすら事欠く羽目になりますぞ。

sugiyama.jpg 支那ごとき皇軍にかかれば銃剣だけあれば十分に蹴散らして見せるわ。

okamura.jpg まあまあ、わざわざ真剣勝負の場でこちらだけ利き腕を使わずに戦う必要はありますまい。

okamura.jpg それに・・・協定を結んだからといってそれを必ずしも履行する必要はありますまい?彼の国の貢献度次第では反故にしてもいいのでは。

togo.jpg しかしそれでは我国は今後一切信用されなくなります!!

sugiyama.jpg 今は軍事力が全てだ。そもそも力がなければ信用もなにもない。

okamura.jpg 現在ポルトガル領澳門[マカオ]や蘭印に全く兵を配置できない程度の軍です。敵対したところで大して脅威とはならないでしょう。

okamura.jpg 中国を制覇した後にポルトガルの東亜植民地を併合してしまえばいいかと。

simada.jpg 連合から追い出された国ですから我国が宣戦布告したとしても助けをさしのべる国などないでしょうしな。

simada.jpg いっそ蘭印を併合してしまえばいいんじゃないか?

sugiyama.jpg 陸軍は現状では支那事変で手一杯だ。他に戦力を分散する余裕はない。

simada.jpg 海軍力では我国が圧倒している。ポルトガルごとき数個師団もあれば・・・

togo.jpg 蘭印での軍事行動は英米を刺激しすぎます。それにポルトガルは英国の独立保証を受けておりますから連合と戦争になります。

sugiyama.jpg さすがにそのあたりまでは相手できんぞ?

simada.jpg むう・・・

sugiyama.jpg 支那事変が片付いたら東亜植民地群の割譲を要求するか。

okamura.jpg ええそれでいきましょう。

リスボンにてその2 

unknown.jpg 日本と話がつきました。

sa.jpg うむ、早速貿易協定と青写真の交換に入れ。

unknown.jpg ・・・所詮研究ライン4本というかフランス以上に研究進んでませんね。

sa.jpg ち・・・

unknown.jpg しかも南京政府樹立とかいらんことして研究ライン飛ばしたりしてましたからねえ。

sa.jpg そうそうこのことを中華民国にリークしておけ。先に手を出させてしまえば英国も支那事変介入を容認せざるを得ないだろう。

unknown.jpg は。

支那事変介入までの経過 

sa.jpg ここで支那事変の経過と現状を説明しておこうと思う。

pe.jpg 今までイベント解説とか世界情勢説明とか全くやってませんでしたしね・・・

pe.jpg ・・・おや?顔が普通だ。

sa.jpg 実は前のグラ気に入っていたのか?じゃあ戻してやろう。

pe2.jpg わああああああああああ、勘弁してくださいいいいい

sa.jpg しかたないな、ほら

pe.jpg ふう(汗)  

pe.jpg ところで今回顔グラ使いすぎじゃありません?

sa.jpg とはいってもな、さすがにモブグラ一辺倒では誰が誰だか分からん。そこでいちいち紹介は省くが適当にグラは使っていこうかと思っている。

pe.jpg ところで何の話でしたっけ?

sa.jpg お前がそもそも脱線させたんだろうが。支那の情勢の解説だ。

pe.jpg いちいちイベント発生を書いても無味乾燥なので概略だけ説明します

pe.jpg 37年6月15日に盧溝橋事件が発生し日本は山西軍閥に宣戦布告。

pe.jpg 一方中華民国は7月2日に雲南に対して宣戦布告

pe.jpg 山西が日本の相手になる訳もなく9月24日に蒋介石マジックで中華民国に併合されます。

pe.jpg 28日に第二次上海事変勃発により中華民国と日本が開戦。

pe.jpg 中華民国は工場疎開を行わず。ピットマン法案も蹴ります。

pe.jpg 10月3日新疆が中華民国に宣戦布告。

pe.jpg 12月6日にZ作戦によるソ連の支援は受けましたがそれだけで日本軍を阻止できるはずもなく順調に敗退。

pe.jpg 2月26日に蒙古傀儡政権樹立、3月17日に広西が中華民国に宣戦布告します。

pe.jpg 3月29日に南京国民政府が樹立され、4月3日現在下図のような勢力範囲になっています。ちなみに白が南京国民政府ですね。

38-4.png 

pe.jpg 同盟関係は日本満州南京蒙古で1陣営、西北三馬と中華民国で一陣営、その他軍閥は単独ですね。

pe.jpg 戦争は中華民国がその他全ての陣営を敵に回していると覚えて置けば問題ありません。

sa.jpg 以上を頭に入れておいて頂ければ問題ないだろう。

支那事変介入 

開戦 

4月 21日 

unknown.jpg 大変です!!中華民国がマカオに進駐してきました。

ja.jpg 防衛部隊置いてなかったからなあ

ja2.jpg しかしこれはいい口実になる。

sa.jpg これは我国への重大な挑戦だ。直ちに彼の国へ宣戦布告せよ*2

4月 22日 サラザールの演説 

sa.jpg 

昨日大変遺憾なことに我国の領土たるマカオに中華民国が侵攻してきた。
これは我ポルトガルに対する重大な挑戦である。我国はその威信にかけて国民党の挑発行為に対し裁きの鉄槌を下さねばならない。
残念ながら現在マカオ全域は一時的に中華民国の手中にある。だが、我精強なるポルトガル軍に既に澳門の奪還を命じた。すぐに奪還の知らせをもたらされるであろう。

大本営 

sugiyama.jpg 澳門が落ちたか。

okamura.jpg 碌に守備兵も置いておかないからこういうことになる。

sugiyama.jpg 所詮ポルトガル軍ということか。今のうちに澳門に対し我国の支配権を確立してしまうとしよう。

  • 5月上旬 日本軍12個師団の強襲上陸により澳門解放

sugiyama.jpg このまま廣州へ進撃だ。

5月 12日 ・・・廣州郊外にて 

sugiyama.jpg そろそろ廣州だが・・・おかしいな澳門から追い出した敵の抵抗くらいはあっても良さそうなものだが全く抵抗がないとは・・・。*3

unknown.jpg 報告します。前方に戦闘の跡が。

sugiyama.jpg 奴ら仲間割れでもしたのか?

unknown.jpg あっ前方より何者かがやってきます。

sugiyama.jpg なにっ敵か

unknown.jpg ・・・いえ・・・どうやらポルトガル軍のようです。

sugiyama.jpg なんだとっ
・ 


norton.jpg 先日は澳門を奪回していただき大変感謝いたしております。

sugiyama.jpg 澳門が現在我国の統治下にある以上廣州も我国の領土となるはずだ。直ちに統治を我軍に引き継いでいただきたい。

norton.jpg おや?まだ御存知ない?澳門は既に一昨日我がポルトガルの統治下に復帰しております。従って当然廣州も我国の統治下ということになります。

sugiyama.jpg なんだとっ

norton.jpg それに元々協定でこの地は我国が預かる事になっているはずですが?。

sugiyama.jpg ぐっ・・・(ちっ、いつのまにか現れておいしいところを持っていきやがった)

norton.jpg 我が軍はこれよりカン州へ向かいます。ここが落ちれば中華民国は東西に分断され、東側は補給を得られず枯れ落ちるでしょう。

sugiyama.jpg ・・・ポルトガル軍のお手並み拝見しよう。我が軍は海岸付近の掃討を行う。(まあたいして期待はしておらんが)

ポルトガル軍宿営地 

norton.jpg 諸君、我々はこれよりカン州を攻略する。現在、敵軍は確認されてはいないがカン州に向かって移動しているとの情報もある。

norton.jpg 会敵した場合全力でこれを排除するからその心積もりをしておくように。

unknown.jpg えー

unknown.jpg 戦わないんじゃなかったのかよ。

norton.jpg (ぎろり)

unknown.jpgunknown.jpg (こそこそ)

norton.jpg 一ついっておくが我が軍の糧食は残り一月分しかなく今後の補給の予定もない。以後の補給は日本が担当することになっておる。

unknown.jpgunknown.jpg なっなんだってええええええ

norton.jpg お前達の前にある選択肢は二つ。

norton.jpg 「カン州を落とせずに飢え死に」か、「カン州南平を落として日本軍から補給を受ける」かだ。

unknown.jpg (どうする?)

unknown.jpg (どうする?ってやるしかないじゃねえか)

unknown.jpg (やるしかないかあ・・・)

  • 5月 24日カン州占領

norton.jpg 我が軍は主力を廣州におき、広西軍閥の万一の参戦に備えます。残りの部隊で貴国軍を遊撃的に支援いたします。

sugiyama.jpg よろしく頼む。(まあ期待はしておらんが)

しかし・・・この後一年以上にわたる支那事変介入において、カン州攻略戦がポルトガル唯一のまともな会戦かつ勝利になるとはこのときほとんどの者が想像すらしていなかったのであった。

見敵必逃 

unknown.jpg 国民党軍が反撃を仕掛けてくるようです。

norton.jpg 目標はどこだ?

unknown.jpg ここカン州と思われます。

norton.jpg よし分かった。カン州の全部隊に伝令を出せ。

unknown.jpg は、迎撃準備を命じてまいります。

norton.jpg なにを言っているんだ君は?

unknown.jpg は?

norton.jpg 全軍撤退準備だ。準備が整い次第北上する。

unknown.jpg えええええ

norton.jpg 未到着部隊にも同様の指示を出せ。

unknown.jpg 本気ですか?

norton.jpg 勿論だ、復唱はどうした。

unknown.jpg は、全軍撤退準備の伝令にいってまいります。

  • 6月 6日 16:00 ポルトガル支那派遣軍は中華民国軍の侵攻に対しカン洲[カンチョウ]よりの撤退を開始。
  • 6月 16日 13:00 ポルトガル第3軍団はカン洲[カンチョウ]に到着、中華民国軍と会敵。

unknown.jpg 総司令部よりの指示どおり早急に撤退だ。
 

  • 6月 16日 14:00 カン洲[カンチョウ]より撤退。 
  • 6月 24日 2:00 南平[ナンピン]

unknown.jpg 斥候より報告、南平に向かって進軍する中華民国軍を発見。

por6ge.jpg 全軍即時撤退だ。 

  • 9月 5日 15:00 憑祥[ピンシャン]

unknown.jpg 中華民国軍がこちらへ進g

norton.jpg 直ちに進撃中止、撤退する。 

  • 9月 5日 15:00 憑祥[ピンシャン]より撤退。 

unknown.jpg 宜昌[イーチャン]に侵攻していたアフリカ軍より通信が入りました。

norton.jpg 内容は?

unknown.jpg 現地の守備隊を撃破。 宜昌[イーチャン]を占領したとのことです。

norton.jpg 何をやってるんだあいつらは、現地へ通信「勝手な真似をするな。敵を見たら即撤退せよ」

  • 宜昌[イーチャン]アフリカ部隊駐留地

unknown.jpg ・・・とのことですが

angl.png ・・・なんで敵を撃破して叱責されなくちゃならんのだ・・・

そんなこんなで39年7月 

39-7.png 

ポルトガルにて・・・ 

sa.jpg まずいな

pe.jpg ええまずいですね

sa.jpg 日本軍は予想以上に順調に進撃しているぞ

pe.jpg 40年までかかると思っていたんですけどねえ

sa.jpg まあ仕方ない。例の工作は順調か?

pe.jpg 実は紺碧会からの情報によると・・・(ボソボソ)

sa.jpg なんだとっ

pe.jpg しーー声が大きいですよ

sa.jpg アレをやるしかないか・・・気が進まんが・・・某国への工作自体は順調なんだな?

pe.jpg ええそれは勿論。

sa.jpg ではやむをえん。アレをやろう。そちらの方も頼むぞ

pe.jpg は

日本にて・・・ 

sugiyama.jpg しかし予想以上につかえん連中だったな

okamura.jpg カン州攻略戦でこそまともに戦ったものの、その後は敵のいるところを避けて回るどころか敵が近づいたのに気づくやいなや即撤退ですからね。

okamura.jpg 我が軍の兵士にも完全に馬鹿にされてます。

sugiyama.jpg 「ポルトガル兵が兵隊ならば 蝶々トンボも鳥のうち」というやつか?

okamura.jpg ええ。

sugiyama.jpg 航空隊はまだしも陸軍は酷すぎる。こんな奴らとの約束など守る必要はないわ

okamura.jpg 協定の履行は軍は勿論国民も納得しないでしょうな。

次話 碧き蝙蝠更に東へ
碧き蝙蝠の今日の塒は何処?

年度報告書

技術

38年

 5月 3日 : マヌエル・ゴウヴェイアにより'代用軍隊ドクトリン'が開発。
 5月 7日 : 航空機総合研究所により'基本的輸送機'が開発。
 5月 14日 : ポルトガル鉄道会社により'初期型野戦砲旅団'が開発。
 7月 25日 : ポルトガル鉄道会社により'発展型建設作業'が開発。
 8月 4日 : リスボン造船所により'前大戦技術航空母艦'が開発。
 9月 15日 : 航空機総合研究所により'基本的戦術爆撃機'が開発。
 11月 5日 : リスボン造船所により'初期型航空母艦'が開発。

39年

1月 9日 : フランシスコ・ソアレスにより'遅滞ドクトリン'が開発。
1月 17日 : 航空機総合研究所により'基本的戦闘機'が開発。
2月 6日 : リスボン造船所により'基本的航空母艦'が開発。
4月 18日 : サンタ・クララ軍需工場により'基本的歩兵師団'が開発。
5月 7日 : ポルトガル鉄道会社により'基本的解読装置'が開発。
6月 3日 : フランシスコ・ソアレスにより'前時代型医療組織'が開発。
6月 30日 : 機械工学総合研究所により'基本的野戦砲旅団'が開発。

歴史イベント

38年後期

 4月 4日  19:00: ポルトガルは日本,満洲,蒙古&南京国民政府の軍事同盟に加盟。
 4月 4日  19:00: アンゴラは日本,満洲,蒙古,南京国民政府&ポルトガルの軍事同盟に加盟。
 4月 4日  19:00: コンゴは日本,満洲,蒙古,南京国民政府,ポルトガル&アンゴラの軍事同盟に加盟。
 4月 4日  19:00: モザンビークは日本,満洲,蒙古,南京国民政府,ポルトガル,アンゴラ&コンゴの軍事同盟に加盟。
 4月 4日  19:00: アンゴラは日本,満洲,蒙古&南京国民政府陣営として参戦し、中華民国&西北三馬に宣戦布告。
 4月 4日  19:00: コンゴは日本,満洲,蒙古,南京国民政府&アンゴラ陣営として参戦し、中華民国&西北三馬に宣戦布告。
 4月 4日  19:00: モザンビークは日本,満洲,蒙古,南京国民政府,アンゴラ&コンゴ陣営として参戦し、中華民国&西北三馬に宣戦布告。
 4月 4日  19:00: ポルトガルは日本,満洲,蒙古,南京国民政府,アンゴラ,コンゴ&モザンビーク陣営として参戦し、中華民国&西北三馬に宣戦布告。
 4月 10日  0:00: グアダラハラの民衆が武装決起!
 4月 21日  22:00: 我国の領土澳門[マカオ]に中華民国軍が進駐。
 5月 2日  1:00: ルクセンブルクは連合に加盟。
 5月 2日  1:00: ドイツはルクセンブルクに対して宣戦布告。
 5月 2日  1:00: ルクセンブルクは連合陣営としてドイツに宣戦布告。
 5月 4日  0:00: 日本で大臣の逝去発生。
 5月 11日  1:00: ドイツルクセンブルクを併合。
 5月 12日  0:00: スイスで選挙発生。
 5月 16日  1:00: 日本で武漢作戦発生。
 5月 22日  1:00: フランスでマジノ線の側面攻撃発生。
 6月 11日  0:00: ドミニカ共和国は右派を選ぶという決定を選挙において下した模様。
 6月 12日  0:00: フランスは左派を選ぶという決定を選挙において下した模様。
 6月 18日  1:00: 新彊は日本,満洲,蒙古,南京国民政府,ポルトガル,アンゴラ,コンゴ&モザンビークの軍事同盟に加盟。
 6月 25日  0:00: アメリカ合衆国で大臣の逝去発生。
 7月 5日  1:00: ソビエト連邦でソ連は戦争に向けて準備しています!発生。
 7月 7日  1:00: イタリアはアルバニアに対して宣戦布告。
 7月 7日  1:00: ドイツはフランスのヴィシーに傀儡政権を擁立するという決定をヴィシーフランスにおいて下した模様。
 7月 7日  1:00: フランスは受け入れるより仕方がないという決定をヴィシー政権において下した模様。
 7月 7日  1:00: ヴィシーフランスはフランスより独立。
 7月 7日  1:00: 日本は仏領インドシナとマダガスカルを要求するという決定を日本とヴィシーフランスの東南アジア植民地において下した模様。
 7月 7日  1:00: ヴィシーフランスでヴィシーフランス独立発生。
 7月 7日  1:00: シリアはヴィシーフランスより独立。
 7月 7日  1:00: レバノンはヴィシーフランスより独立。
 7月 7日  1:00: フランスはドゴールの下に結集!という決定を自由フランスのリーダーシップにおいて下した模様。
 7月 7日  1:00: ヴィシーフランスは拒否という決定を日本が仏領インドシナとマダガスカルを要求において下した模様。
 7月 7日  1:00: アメリカ合衆国で日本がヴィシーに仏領インドシナとマダガスカルを要求発生。
 7月 7日  1:00: シリアで支配の終焉発生。
 7月 7日  1:00: レバノンで支配の終焉発生。
 7月 7日  1:00: 日本でヴィシーが我々の要求を拒否した発生。
 7月 7日  1:00: ドイツでマジノ線の崩壊発生。
 7月 8日  1:00: ソビエト連邦はドイツに対して宣戦布告。
 7月 9日  1:00: イギリスはチャーチルを首相に任命するという決定をチャーチルの首相就任において下した模様。
 7月 10日  1:00: ドイツでヴィシーフランス―占領地域の一部返還発生。
 7月 10日  1:00: ルーマニアはドイツの軍事同盟に加盟。
 7月 10日  1:00: ルーマニアはドイツ陣営として連合に宣戦布告。
 7月 10日  1:00: ルーマニアはドイツ陣営として共産陣営に宣戦布告。
 7月 10日  1:00: ヴィシーフランスで支配の終焉発生。
 7月 10日  1:00: 中華民国西北三馬を併合。
 7月 11日  1:00: イタリアは共産陣営に対して宣戦布告。
 7月 12日  1:00: ソビエト連邦でソ連は戦争に向けて準備しています!発生。
 7月 13日  1:00: ブルガリアはは共産陣営に対して宣戦布告。
 7月 14日  1:00: イタリアが枢軸陣営に加盟。
 7月 14日  1:00: イタリアは枢軸陣営として参戦し、連合に宣戦布告。
 7月 14日  1:00: ドイツ&ルーマニアはイタリア陣営として参戦し、アルバニアに宣戦布告。
 7月 14日  1:00: イタリアでヴィシーフランス―占領地域の一部返還発生。
 7月 24日  1:00: ポーランドが枢軸加盟。
 7月 24日  1:00: ポーランドは連合に宣戦布告。
 7月 24日  1:00: ポーランドは枢軸陣営としてアルバニアに宣戦布告。
 7月 24日  1:00: ポーランドは枢軸陣営として共産陣営に宣戦布告。
 7月 25日  0:00: ポルトガル鉄道会社により'発展型建設作業'が開発。
 7月 28日  1:00: イタリアがアルバニアを併合。
 8月 2日  0:00: アメリカ合衆国はドイツとの戦争を準備しなければという決定を民主主義の武器庫において下した模様。
 8月 2日  0:00: アメリカ合衆国は攻撃的な政策が必要なのだという決定を宣戦布告なしの戦争において下した模様。
 8月 2日  0:00: アメリカ合衆国は戦争の準備をしようという決定を戦時体制への移行において下した模様。
 8月 2日  0:00: アメリカ合衆国は本法案を可決するという決定を武器貸与法において下した模様。
 8月 2日  0:00: イギリスで武器貸与法―最初の供与発生。
 8月 2日  0:00: 新彊は真の独立国として振舞うのだ!という決定を新疆王において下した模様。
 8月 2日  0:00: ソビエト連邦で独ソ戦開始による新疆の反応発生。
 8月 12日  0:00: コロンビアは現状維持という決定を選挙において下した模様。
 9月 2日  0:00: 日本で近衞内閣改造 宇垣外相発生。
 9月 2日  0:00: 日本で近衞内閣改造 宇垣外相辞任発生。
 9月 2日  0:00: 日本で近衞内閣改造 有田外相発生。
 9月 22日  0:00: アメリカ合衆国で大臣の逝去発生。
 10月 30日  0:00: 中華民国は新彊と講和。講和内容 : 現状回復
 11月 11日  0:00: トルコで偉大なるトルコ人の死発生。
 11月 12日  0:00: デンマークは左派を選ぶという決定を選挙において下した模様。

39年前期

 1月 4日  3:00: 日本で徐州会戦発生。
 1月 4日  3:00: 日本で武漢作戦発生。
 1月 4日  3:00: 日本で広東作戦発生。
 1月 10日  0:00: マラガの民衆が武装決起!
 1月 17日  0:00: ドイツははいという決定をヴェルナー・フォン・ブロンベルクと彼の忠実な妻において下した模様。
 1月 17日  12:00: ベルギーは今や我が領土の一部です!
 1月 17日  12:00: コンゴはポルトガルより独立。
 1月 17日  12:00: ポルトガルにより、コンゴは傀儡国家となりました。
 1月 18日  12:00: 日本で東京五輪中止発生。
1月 2日  0:00: 日本で平沼内閣組閣発生。
1月 2日  0:00: 日本で近衞内閣組閣発生。
1月 3日  0:00: イギリスはギリシャへの独立保障という決定をギリシャへの独立保障において下した模様。
1月 3日  0:00: ギリシアはこれで支援を受けられるという決定をイギリスがギリシャの独立を保障するにおいて下した模様。
1月 6日  0:00: ソビエト連邦ははいという決定を政治的大失態:大臣の引責辞任において下した模様。
1月 6日  0:00: アメリカ合衆国は支援を増やすという決定をイギリスへの武器貸与において下した模様。
1月 6日  0:00: イギリスでアメリカから武器貸与物資が到着発生。
1月 7日  0:00: ドイツははいという決定をヒャルマー・シャハトの辞職において下した模様。
2月 1日  0:00: アメリカ合衆国は協定に調印するという決定を駆逐艦と基地の交換において下した模様。
2月 6日  0:00: ユーゴスラビアで大臣の辞任発生。
2月 16日  0:00: アメリカ合衆国は支援を増やすという決定をイギリスへの武器貸与において下した模様。
2月 16日  0:00: イギリスでアメリカから武器貸与物資が到着発生。
2月 16日  0:00: 日本はそんな空論に予算を割く余裕はないという決定を河豚計画において下した模様。
3月 3日  0:00: ブルガリアが枢軸加盟
3月 3日  0:00: ブルガリアが枢軸陣営として連合に宣戦布告。
3月 9日  0:00: パラグアイで突然の政府交代発生。
3月 15日  0:00: ドイツはイタリアおよび日本と協定を結ぶという決定を三国同盟において下した模様。
3月 15日  0:00: 日本は協定に調印するという決定を三国同盟において下した模様。
3月 15日  0:00: イタリアは協定に調印するという決定を三国同盟において下した模様。
4月 3日  0:00: ユーゴスラビアが共産陣営に対して宣戦布告。
4月 3日  0:00: ハンガリーが共産陣営に対して宣戦布告。
4月 8日  0:00: オーストラリアで大臣の逝去発生。
4月 12日  0:00: ハンガリーが枢軸陣営に加盟。
4月 12日  0:00: ハンガリーが枢軸陣営として連合に宣戦布告。
4月 14日  0:00: ギリシアが連合に対して宣戦布告。
4月 19日  0:00: ルーマニアで突然の政府交代発生。
4月 28日  0:00: アメリカ合衆国は支援を増やすという決定をイギリスへの武器貸与において下した模様。
4月 28日  0:00: イギリスでアメリカから武器貸与物資が到着発生。
5月 12日  0:00: スイスで選挙発生。
5月 23日  0:00: ドイツで大臣の逝去発生。
6月 4日  0:00: 日本で民間人内閣発生。
6月 22日  0:00: ユーゴスラビアが枢軸陣営に加盟。
6月 22日  0:00: ユーゴスラビアは枢軸陣営として、連合に宣戦布告。
7月 2日  0:00: ギリシアが枢軸陣営に加盟。
7月 2日  0:00: ギリシアが枢軸陣営として、共産陣営に宣戦布告。
7月 8日  0:00: アメリカ合衆国で大臣の逝去発生。
7月 8日  0:00: ユーゴスラビアはユーゴスラヴィアはドイツと同盟を結ぶという決定をユーゴスラヴィアが枢軸協定に調印において下した模様。
7月 11日  0:00: ユーゴスラビアは新政権が誕生し、もう枢軸国ではないという決定をユーゴスラヴィアでのクーデターにおいて下した模様。
7月 11日  0:00: ユーゴスラビアは枢軸陣営から脱退。
7月 11日  0:00: イギリスはユーゴスラビアと講和。講和内容 : 現状回復
7月 11日  0:00: ソビエト連邦はユーゴスラビアと講和。講和内容 : 現状回復
7月 11日  0:00: ドイツはユーゴスラヴィアと戦争をする余裕はないという決定をユーゴスラヴィアが枢軸協定を破棄したにおいて下した模様。
7月 30日  0:00: ルーマニアはドイツを見限り、ソ連とともに戦うという決定を寝返るにおいて下した模様。
7月 30日  0:00: ソビエト連邦はこの協定を受諾し、衛星国とするという決定を新たな同盟国―ルーマニアにおいて下した模様。
7月 30日  0:00: ソビエト連邦により、ルーマニアは傀儡国家となりました。
7月 30日  0:00: ルーマニアは共産陣営として参戦し、枢軸陣営に宣戦布告。

次話 碧き蝙蝠更に東へ
碧き蝙蝠の今日の塒は何処?


*1 注記1>何もしなくても同盟確率100%でしたけどね
*2 注記2>実際には同盟結んだ時点で宣戦布告してます。ええもちろん。
*3 注記3>調べたら東条とか岡村とかと共に杉山元帥まで澳門上陸作戦に参加してたので杉山採用

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2008-09-28 (日) 20:08:00 (3915d)