碧き蝙蝠の今日の塒は何処?

前話 碧き蝙蝠更に東へ 次話 碧き蝙蝠の植民地戦争 前編

警告 このページはプレイ内容にまったく基づかない部分があります。

更新履歴 

4/29 ページ作成と同時に一気にコピペ

緊急閣議召集

an.jpgme.jpgpe.jpgja2.jpgja.jpghai.jpgmanyu.jpg 一同揃いました

sa.jpg 緊急の呼び出しに応じていただき感謝いたします。

me.jpg 緊急の召集とは・・・何かあったんですか?

sa.jpg 大統領が倒れました。*1

an.jpgme.jpgpe.jpgja2.jpgja.jpghai.jpgmanyu.jpg ぶっっっっ

sa.jpg 大統領官邸で仮眠中にハンモックから落ちて頭部を強打、生命の危機はありませんが意識が戻りません。

sa.jpg 医師団の話ではいつ意識が戻るか・・・そもそも意識が戻るのかどうかも不明だそうです。

manyu.jpg マジですか?

sa.jpg 残念ながら事実です
manyu.jpg ・・・とても嘘臭いですが某独裁者の例もあることですし信じざるをえませんね。

sa.jpg (ぎろり)

manyu.jpg (コソコソ)

me.jpgそれでは大統領の後任を早急に決めませんと・・・

hai.jpg 今日の議題はそれですか?

sa.jpg 大統領の交代はありません

ja.jpg では代行職を設置いたしますか?

sa.jpg それも置きません。

hai.jpg 何故です?

sa.jpg 大統領は民主化以降長く続いた混乱を収めた救国の英雄です。国民の人気も絶大です

sa.jpg また、意識不明の重態とはいっても明日にも意識が回復するかもしれません。

sa.jpg それに大統領が政務を取れなくなってもまだ我々がいます。我々が大統領の不在を埋め、わが国がゆるぎないことを示せば済む事です。

an.jpg すぐに意識が戻った場合に既に大統領でないというのは極めてまずいですな。

me.jpg我々がしっかりしていればいいということですか。

sa.jpg 大統領の政務不能によりいろいろと政務に支障が出るかと思いますが皆さんよろしくお願いします。

an.jpgme.jpgpe.jpgja2.jpgja.jpghai.jpgmanyu.jpg はっ

me.jpg・・・ところで情報相はどうしました?彼も姿が見えないようですが、それと軍需相も。

sa.jpg 軍需相は去年から閣僚入りしてますよ。・・・前回の閣議の時には既に交代してたようなのですがなぜか前任者→ra.jpgが出席していましたが。

an.jpg (しくしく)

sa.jpg 実は38年に登場していたようなのですが発掘が遅れて39年に就任となっています。

an.jpg アントニオ・サルディンホです。よろしくお願いします。 ※新軍需相

an38.jpg 

sa.jpg また情報相は現状の任務に不向きということが判明しましたので罷免いたしました

ja2.jpg ・・・彼何か失態をやらかしたんですか?

pe.jpg ちょっとスパイ派遣に失敗しまして・・・

an.jpg たかがそんなことで・・・

pe.jpg さすがに15回連続失敗は無能としかいえないでしょう。

manyu.jpg ぶぶっ

ja2.jpg しかし諜報活動はまったくしないんじゃなかったんですか?

sa.jpg 状況が変わりました。やむをえません。

ja.jpg で目標国は?

sa.jpg チ(ryです。優先順位が落ちますがカナダとモンゴルと日独伊にも派遣いたします。

ja2.jpg 日独伊はともかくなんでチ(ryが最優先なんですか?

sa.jpg ぺドロ説明を。

pe.jpg 彼の国は現在混乱の極みにあります。

pe.jpg 周辺国が大戦に突入したことにより通商関係が断絶し経済は崩壊状態にあります。彼の国は絶望的に希少資源が不足してますから。

pe.jpg 国民の不満は非常に大きく、大戦への枢軸側参戦を望んでおりますが政府は中立を維持し続けており、政情はきわめて不安定です。

pe.jpg そのため独逸はチ(ry国境に約70個師団を貼り付けざるを得なくなっています。

pe.jpg チ(ryにクーデターを仕掛け親独政権を樹立することができればチ(ry軍とあわせ100個師団を新たに東部戦線に投入することが可能となり、膠着状態に陥っている東部戦線が枢軸有利に働くことでしょう。

ja2.jpg なるほど。

sa.jpg でわが国はどうするんですか?

sa.jpg 南米の再統合を目指します。

ja2.jpg 米国が黙っていますか?彼の地では歴史的に米国は頻繁に軍事介入してきましたが

pe.jpg ええ、そのため住民の米国に対する敵対心は高く、米国系企業の襲撃や米国産商品のの焼き討ちも頻繁に起こっています。そのことがまた米国の介入につながっているわけですが。

sa.jpg 米国、特に米国産業界にとっては南米の市場を安全に独占的に支配できればそれでいいのです。既に米国の大企業に対して工作を行い彼らのポルトガルの南米侵攻支持を取り付けました。彼らは南米活動指示のロビー活動を行わせています。

me.jpg しかしわが国が血を流して取った領土を米国企業に解放しては彼らに甘い汁を吸われるだけではないのですか?

sa.jpg 彼らはそう思っているでしょうし、そういう面は確かにあります。しかし現状のポルトガル経済では領土を拡大しても維持できません。

sa.jpg ポルトガル企業が発展するまでのつなぎとして米国企業を利用します。合弁という形であればポルトガル企業の技術力、国際競争力の向上にもおおいに寄与すると思います。

閣議後誰もいなくなった閣議室で

sa.jpg 大統領、あなたは消して悪い上司ではなかった。自分の不向きな分野は適任者に全面的に委任してよけないな口を挟まないだけの度量があった。そのおかげで私は思う存分手腕を発揮できた。
sa.jpg 貴方が私を引き立てていただいたことには心から感謝しています。

sa.jpg だから大統領、貴方を手にかけざるを得なくなったことを残念に思います。

sa.jpg 貴方は私の中の触れてはならないことに触れてしまった。貴方は私が今は亡きあのひとをいまだに愛していること・・・その遺児たちに彼女を重ねて見ている事・・・禁断の感情すら抱いていることを私に気づかせてしまった。

sa.jpg しかし、それはカトリック教徒たる私にとって決して許されることではない・・・このことは誰にも知られるわけにはいかない。少なくともこの世から私が消え去るまでは・・・あの子たちを決して不幸にするわけにはいかない。

sa.jpg 私はきっと地獄に落ちるだろう、それでもかまわない、あの子達が幸福になればそれでいい・・・

そして・・・

カルモナ大統領倒れる!!

その知らせはあっという間に世界を駆け巡り、全ポルトガル国民に大きな衝撃をもたらした。

とある街の街角で・・・

unknown.jpg おいきいたか

unknown.jpg 当たり前だろ

unknown.jpg ポルトガルの先頭に立って発展させてきた大統領がこの大事な時期にお倒れになるとは・・・

unknown.jpg これからポルトガルはどうなってしまうんだろう・・・

unknown.jpg 大丈夫だまだ我等がポルトガルにはあのひとがいる。

unknown.jpg サラザール首相か

unknown.jpg そうだあの人さえいればポルトガルは大丈夫だ。

次話  碧き蝙蝠の植民地戦争 前編

碧き蝙蝠の今日の塒は何処?


*1 もちろん実際はそんなわけはない

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2008-09-28 (日) 20:08:00 (3913d)