碧き蝙蝠の今日の塒は何処?

前話 碧き蝙蝠達の緊急閣議 将星堕つ

ワシントン 秘密会合

ford.jpg さてこれより対欧州支援対策会議をはじめる。

pagensyu.jpgpasyuhan.jpgpagaimu.jpgpanaimu.jpgpajyoho.jpgpasanbo.jpg

pasyuhan.jpg なあ

ford.jpg なんだい?

pasyuhan.jpg いくらなんでもキャラ出しすぎじゃねえか中の人?

ford.jpg きにするな、どうせページごとに顔グラアップしなけりゃならんのだし全員分あわせたところで大きめの画像サイズ一枚にすりゃならん。

pasyuhan.jpg それはそうだが・・・・

ford.jpg それに中の人によるとポルトガル閣僚を何人かリストラするらしいから問題ないとのことだよ。

ford.jpg もともとキャラの描きわけが出来てなかった上に出しすぎだったしね。

pajyoho.jpg しかし俺達みたいなマイナーキャラ出してていいのか?

ford.jpg こんな機会でもなければまず出番ないんだから気にしなさんな。アメリカの専制独裁閣僚なんて読者の99.999%*1は見たことすらないと思うしね。

pajyoho.jpg そりゃそうだろ、ルーズベルトに連戦連敗の共和党大統領候補とかはさすがに時々顔を出すが枢軸や共産陣営からクーデターかけたところで普通専制独裁になんかならないからな・・・

ford.jpg 単なるモブグラの代わりだからwikipediaにすら載ってない奴らも混じってるしね。

pagensyu.jpg ところでフォードよ

ford.jpg なんだい?

pagensyu.jpg なんでお前が議事進行やってんだ!!普通こういうのは政府首班か国家元首がやるものだろうが  ※専制独裁政体での国家元首

pasyuhan.jpg そうだそうだ!! ※専制独裁政体での政府首班

ford.jpg 単に知名度の問題さ。お前達どこのAARでも今まで出演0じゃないか。おれはどっかのAARで出演して・・・気がする。

ford.jpg だから一番知名度のある俺がやったほうがいいとの判断らしいよ。

pagensyu.jpgpasyuhan.jpg ひでえ・・・

pajyoho.jpg そもそもfreedom*2使ってスライダー動かしても出てこない*3
おまえさんpagensyu.jpgに活躍の場とかあるわけないだろう?

pagensyu.jpg 現体制*4から独裁に寄せていったら俺を飛び越していきなりフリッツ・カーンだし・・・・・・オレノデバンハドコ・・・orz

pagaimu.jpg で、影の薄い連中のことは放って置いてこの会議の目的はなんなんですか?

pagensyu.jpgpasyuhan.jpg お前だって薄いだろうが!!

ford.jpg (無視)

ford.jpg 現在の欧州の戦争で我が国が最大の利益を得るためにどうするかそのための情報収集、政策立案、つまり

panaimu.jpg いかに最小限の支出で最大限の利益をあげるかを追求するわけですか。

ford.jpg そうだ、そしてそのためにはあらゆる手段を検討することになる。

panaimu.jpg 一番手っ取り早いのは前大戦同様、勝ち側に援助して戦後それを債務として取り立てる。つまり現行の政策というわけですが

ford.jpg 確かにそれが一番手っ取り早い。だがそれだけでは不十分だと大統領は考えている。

panaimu.jpg つまり?

ford.jpg この戦争を足がかりに世界の覇権を我が国が握ることだ。

panaimu.jpg なるほど、では具体的には?

ford.jpg ポルトガルとこの前同盟を結んだだろう?

pagaimu.jpg ああ、かなり世論は不評のようだが

ford.jpg まあ奴らはあまりいいことをしてきたわけじゃないからね

panaimu.jpg つまり彼らに汚いことに手を染めさせて泥をかぶってもらい・・・

pagaimu.jpg われわれはその果実をおいしくいただくと。

ford.jpg そういうことになる。」

pasanbo.jpg 奴ら現状独力ではネーデルランドとスペインの経営で手一杯だからな

ford.jpg 彼らに援助を行うことにより首根っこを押さえ、彼らの占領した地の経済を握る。そういうことだ。

panaimu.jpg 前回の大戦で我が国は莫大な貸付により世界最大の債権国から世界最大の債権国へと変貌したがその後の世界恐慌をきっかけに各列強植民地の市場からは締め出されてしまったからな

ford.jpg 今回は同じ轍を踏むつもりはない。だから軍事援助その他でポルトガルの首根っこを押さえつつ列強の植民地も押さてしまおうというわけだ

pagaimu.jpg でポルトガルの要求ですが、彼らは占領後の我が国への市場開放を条件に技術の全面支援及び兵器の購入を求めている。それと軍の基幹要員として義勇兵の募集の承認もだな。対価は各種資源で支払うと申し出てきていますが、技術武器支援はいいとして義勇兵は承認しますか?

pasanbo.jpg 別に受けてしまっていいんじゃないか。基幹要員を我が国の兵が占めるということは実質ポルトガル軍を属国軍にするようなものだからな。万が一ポルトガルと交渉がこじれても義勇兵を引き上げさせてしまえばその部隊は中核を失い半身不随になる。

pagaimu.jpg なるほど、ならこの件も受けるとしよう

ford.jpg 異議はないですね

・・・・・・

ford.jpg では今回はこれにて閉会とします

アルトマルク号事件そして・・・

ポルトガルのカルモナ大統領が病床について*5重大事件がノルウェーで発生した。世に言うアルトマルク号事件*6である。
アルトマルク号は連合国に対して通商破壊作戦を行っていた独逸海軍水上艦艇に対して支援を行っていた補給船であり、独逸海軍に撃破された連合国所属艦艇および商船の乗組員を捕虜として船倉に収容して北ノルウェーの海域を経由してドイツに帰航する途上であった。ハーグ海戦法規では同船は軍艦ではなく、商船の旗を掲げた海軍補助船艇と規定されており、連合国に攻撃されることなくノルウェーの中立海域を通過する資格を持っていた。しかし英国はこの規定を無視して強引に奪還作戦を強行。ノルウェー艦艇の静止を振り切ってアルトマルク号を臨検、捕虜を奪還した。

pe.jpg 首相大変です。英国海軍がノルウェー領海内で独逸の補給線を臨検、連合国軍捕虜奪還作戦を強行しました。

sa.jpg チェンバレン*7めハーグ海戦法規を無視したか。形振りかまってる余裕はもはやないということか。

pe.jpg まあそもそも独逸軍も無制限潜水艦作戦を行っている時点で同法規を守ってない*8わけですが。

sa.jpg 現実として戦時国際法は戦争の勝者が敗者を貶めて自国の正義を誇張するためのものでしかないからな。

pe.jpg まあそうですね。

pe.jpg でノルウェー政府なんですがこの件に関して日和見を決め込むようです。

sa.jpg 馬鹿な奴らだ、日和見は最も愚かな判断だ。今後ノルウェーの立場は非常に不安定なものになるだろうな。

pe.jpg そうですね、英国はノルウェーに対して更に大胆な軍事行動を行う準備をはじめたようです。スウェーデン北部の鉄鉱山から独逸への冬季の輸送の遮断、更には鉱山自体の占領も画策している模様です。

pe.jpg 一方ドイツもノルウェー侵攻を考え始めたようです。ノルウェーが連合国側につくと本土が爆撃件に入るばかりかバルト海出口を封鎖された上に制海権まで奪われかねませんからね。

pe.jpg 我が国から枢軸側への資源輸出も場合によっては遮断されることになりかねません。陸路輸送には限界がありますからね。

pe.jpg 仮に独逸がノルウェー占領した場合、連合国の侵攻に備えてそれなりの兵力を貼り付ける必要がありますからね。

sa.jpg どちらに転んでも喜ぶのはソ連か。奴らの勢力をこれ以上拡大させるわけにはいかん。枢軸連合共産全てに工作を行う。

pe.jpg ・・・どうするんです?

sa.jpg 我がポルトガルがノルウェー及びスカンディナビア半島を占領することによって緩衝地帯とする。

pe.jpg 連中が認めますかね?

sa.jpg 連合共産枢軸共に新たな戦線の出現は望んでいないだろう。独ソはバルバロッサだけで手一杯、連合は人的資源に難のある国ばかりの上にアフリカでイタリアと泥沼の戦争やっているからやはり余裕はないしな

sa.jpg とにかく提案をとっとと各陣営に提案して来い

pe.jpg はいはい・・・

ロンドン

pe.jpg ・・・という提案なんですが。

eng.jpg ノルウェーが独逸の手に落ちれば今まで以上に北海での独逸海軍の跳梁が激しくなるだろうな。

eng.jpg 我が国及び対ソ支援船団*9の航行にも大きな支障が出るだろう。

pe.jpg フランス本土が占領された現在、連合に陸軍兵力の余剰はないでしょう?

eng.jpg 確かに陸軍はアフリカ中東での対イタリア戦線だけで手一杯だ。

eng.jpg だがポルトガルが保証占領したところで独逸船が自由に通行したのでは意味がないぞ

pe.jpg その点はご心配なく、商船一隻といえどノルウェー領海を黙って通行させることはありません

eng.jpg それが保証されるのであれば我が国としてはポルトガルの保証占領を黙認しよう。

pe.jpg 同意いただき感謝いたします。

pe.jpg それと北海を航行している我が国の艦船に対する攻撃は勘弁してくださいよ?

pe.jpg もし我が国の商船が連合国より攻撃されるようなことがあれば貴国への宣戦布告も検討せねばなりません。

eng.jpg これ以上敵国を増やす気はない、米国と関係を悪化させる気もな。だが枢軸国との貿易で枢軸国が強化されるのは困るぞ。

pe.jpg 北海を航行する我が国の商船隊が貿易する相手はポーランドだけです。

pe.jpg あのスターリンが独逸に勝利した場合大人しく占領地を解放すると思いますか?

eng.jpg ・・・・・・正直疑わしいな

pe.jpg でしょう?よくて共産傀儡政権樹立といったところでしょう。我が国としても共産陣営が勢力を伸ばすのは大変困ります。

pe.jpg うちの首相は我が国が資源を提供して枢軸各国がソ連と泥沼の消耗戦を続けている隙に貴国がフランスを解放するのが望ましいと考えています。

eng.jpg その点についてはいわれるまでもない。アフリカ中東戦線が片付き次第フランスを解放する。

pe.jpg その言葉信じましたよ?

ベルリン

pe.jpg かくかくしかじかというわけで貴国にも同意願いたいんですよ。

hit.jpg 確かにノルウェーを占領したとしてその後の維持はかなりの負担だ。

hit.jpg だがその条件ではスウェーデンからの鉄鉱石輸入に支障が生じてしまう。

pe.jpg バルト海が凍結している間はスウェーデンの港に貯めて置けばいいだけではないですか

pe.jpg それにもし鉄鉱石が御入用なら我が国も提供が可能です。

hit.jpg ・・・そうだったな、正直北海を自由に通行できる貴国の商船隊は有難い存在だ。貴国のおかげでアメリカが連合側に立って参戦する自体も回避できているしな。

pe.jpg 事前に航行海域を通告しているわけですから連合国商船と間違えて攻撃するのは勘弁してくださいよ?

hit.jpg その点に関しては全潜水艦に徹底させておる。万一我が国の潜水艦が損害を与えてしまった場合には十分な補償を約束しよう。

pe.jpg 後米国の商船についても・・・

hit.jpg ・・・正直連合共産へのレンドリースは頭が痛い問題だ。しかし米国が対枢軸参戦する事態を考えれば許容せざるを得ぬ。

pe.jpg よろしくお願いします。

モスクワ

ys.jpg イベリアの蝙蝠の手下がわざわざモスクワまで出向いてきたか、用件は一体なんだ?

pe.jpg 例のアルトマルク号の件との絡みでお願いがありまして。

ys.jpg あの件に関しては我が国も情勢の経過を注意深く見守っておる。

pe.jpg 英独双方がノルウェーに侵攻準備していたことも?

ys.jpg ああ情報部から報告があがってきている

pe.jpg ノルウェーに関しては我が国が保証占領することで話がつきました。がその結果、周辺諸国たとえばスカンジナビア諸国の動向が問題でして・・・放置した場合危機感から他の枢軸もしくは連合加盟の可能性まであります。もし枢軸加盟したところで決定的な要素にはなりえないでしょうが大祖国戦争が長引くのは必死でしょうな。

ys.jpg むう・・・確かに現状北欧方面に第二戦線を構築するほどの余裕はないな。

ys.jpg で・・・それを踏まえた上で提案があるのだろう?

pe.jpg ええ、大祖国戦争がやや貴国優勢とはいえいまだ膠着している状況下で独逸が戦局打開のためにバルト三国侵攻やフィンランドスウェーデンを巻き込んでカレリア方面に新たな戦線を出現させた場合、困ったことになるのではありませんか?

ys.jpg 最終的に我が国の勝利は動かないだろう、だがもしそうなった場合一時的にそちらの方面を深く食い破られる可能性はあるな。そちら方面に兵力を抽出した場合、主正面も薄くなってしまう。

pe.jpg 我が国はこれ以上の大戦の戦火が拡大することを望んでおりません。従ってバルト三国および北欧諸国の一時占領侵攻を黙認していただきたい。

ys.jpg バルト三国までとは欲が深すぎるのではないか?

pe.jpg しかし貴国も北欧に第二戦線が出来たりしなければ時間がかかっても勝利は動かないでしょう?

ys.jpg それは疑いない。

pe.jpg もし北欧諸国、バルト三国の保証占領を認めて頂けるなら見返りに43年以降に対枢軸参戦を御約束いたしましょう。帝政時代ロシア領だった地域についての扱いは大祖国戦争の終結後にまた改めて。

ys.jpg そのあたりの領有については妥協する気はない。

pe.jpg そこについては占領ラインの一部調整で手をうちませんか?

ys.jpg (今ポルトガルはともかく米国を敵に回すのは得策ではないな)

ys.jpg ふん・・・いいだろう。まあまずは貴国軍がまともに侵攻できるのかが問題だがな、はっはっはっはっは

pe.jpg ・・・その点に関しては実績をもってその答えとさせていただきますよ。

ys.jpg ああ、期待せずに待っている。

4月 オスロ

no1.jpg 英独両国とも何も言って来ないな・・・

no2.jpg どちらも目の前の戦線だけで手一杯ですからな。我が国にまでちょっかいを出す余裕などありませんよ。

no3.jpg 無事に嵐をやり過ごせたようだな。

no1.jpg 下手に抗議して態度を硬化かせては薮蛇ですし

unknown.jpg 大変です ナルヴィク沖クリスチャンセン沖オスロ沖にポルトガル艦隊が出現いたしました。

no2.jpg なんだとっ

no3.jpg 何でポルトガルが・・・

no2.jpg すぐにポルトガル大使を呼べ!!

unknown.jpg いえ・・・既にポルトガルの使者が面会を求めているんですが・・・

no2.jpg すぐ連れて来い!

pe.jpg これはこれはノルウェー首脳の皆様方お揃いで、ご機嫌いかがですか?

no1.jpg 機嫌がいい訳あるかっ!!いったいどういうことだ!!

pe.jpg その件についてはサラザール首相より親書を預かっております。

no1.jpg よこせっ(バッ)

sa.jpg ノルウェー政府の諸君ご機嫌はいかがかな。

sa.jpg この度我がポルトガルは貴国を保証占領することとなった。理由はいわなくてもわかるだろう?

sa.jpg 何?わからない?

sa.jpg 仕方がない。先日のアルトマルク号の一件といえば察しがついたかな?

sa.jpg あの事件に対する処置で帰国は最悪の判断をし、英独をはじめとする世界中から信頼を完全に失った。

sa.jpg 本来なら今ごろはノルウェー国内で連合国と枢軸国が戦闘を繰り広げていたのだよ。

sa.jpg だが、我が国は戦火のこれ以上の拡大を望まず、両陣営と交渉を行った。その結果我が国が保証占領し、中立地帯とすることで妥協が成立した。

sa.jpg 貴国を支援してくれる陣営は存在しない。とっととあきらめることだ。

no1.jpg この蝙蝠野郎が!!

pe.jpg 誉め言葉と受け取っておきましょう。

pe.jpg そうそうこれは首相の受け売りなんですが

pe.jpg 蝙蝠にもそれなりの才能が必要なんだそうですよ。でも、あなた方には蝙蝠の才能すらない、ただの豚ですね。

no1.jpg とっとと出て行け!!

その後数日間、
ノルウェー政府はあらゆる勢力に支援を求めたが色よい返事はまったくもらえなかった。
他の北欧三国*10も世論の沸騰や一部に支援の動きがあったものの火の粉が降りかかるのを恐れて政府は中立を宣言することとなった。

ノルウェー占領後ポルトガルはフィンランド続いてバルト同盟に宣戦布告、これを占領する。

連合枢軸共産各陣営は事前の根回しとそれ以上に米国の対自陣営参戦を避けるためこれを黙認した。

ワシントンの秘密会合2

pasanbo.jpg はっはっは。ポルトガルも以外に頑張るねえ

&ref(): File not found: "pasnaimu.jpg" at page "碧き蝙蝠の植民地戦争 前編"; 我が国は何もせずとも新たに市場が獲得できるわけだ。

pasanbo.jpg うむ、

panaimu.jpg ポルトガルへの支援総額が更に膨らんでいますが。

pagaimu.jpg ポルトガルは我が国の援助がなければやってはいけん。首根っこはしっかり押さえている。

ford.jpg 先の大戦以降現代戦は戦争当事国は軍事支出が膨大になりすぎてとても収支があわないからねえ

panaimu.jpg 戦争に勝ちそうなほうに貸し付けて戦後資金回収を図るのが一番おいしいということですな

pagaimu.jpg ポルトガルは戦後債務返済のために必死で占領地から投資分を回収しようとするだろうが占領地の住民の反発は必至です。

pagaimu.jpg そして占領地では我が国の商品が市場を席巻することになる。

panaimu.jpg 恨まれるのはポルトガル、儲かるのは我が国と、じつにおいしい話だ。

pagaimu.jpg 精々ポルトガルには蟻の如く働いてもらうとしよう

pajyoho.jpg ポルトガルが蟻なら我が国はキリギリスというところですか

pasanbo.jpg しかし童話と違って我が国はちゃんと稼ぐために手はうってある。童話のように冬に餓死するようなことはありえんよ。

ford.jpg ・・・・・・まあそうですな


*1 中の人の独断と偏見
*2 チートコマンド
*3 実話 次の文参照
*4 史実道理の民主党ルーズベルト体制
*5 ポルトガル公式発表、実際はサラザール首相の手による陰謀。もちろん作者の脳内設定、念のため
*6 この章を記述するにあたってこのページの内容を参考にしています
*7 この時点でのイギリス政府首班
*8 交戦国の非武装商船に対しては、乗員の安全を確保した上でのみ、拿捕や沈没処分が認められているらしい。
*9 レンドリースのこと
*10 スウェーデン、デンマーク、フィンランド

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2008-09-28 (日) 20:08:00 (4008d)