連合抜けるまで

まずは独裁に振っておく。理由は自力宣戦可能になるまでになりたいからである。このままの調子だと開戦は41年までになりそうである。まあ。もう工業力は60超確実だからどうでもいいが…

海外

暇つぶしにスペイン内戦を見ようとしたらもう終わっていた。
内戦終了.jpg
前回と比べるとその速さが分かる(1943年までやってた)。国粋派は枢軸に加盟することが多いのでジブラルタルが陥落の危機にある。まあインドとしてはどうでもいいことなのだが…

国内

国内では嬉しいことが二つ起きた。まずは『ファシスト禁止法案を否決するか否か』と問われて、否決して右派に振れたこと。もうひとつはこれである。
僥倖.jpg
勿論極右派に譲歩。その結果…
そして.jpg宣戦可能.jpg
自力で宣戦が可能な独裁インドの誕生である!!
当初の予定を一年前倒しで戦争が始められそうである。また閣僚画面を覗いてみるとIC+10%といういい男が居たので即採用した。
いい人が.jpg

連合抜ける直前

連合抜ける直前までODAと青写真を貰う。そして肝心の世界(ドイツ)はというと
おk.jpgおkおk.jpg
とここまでは良かったものの…
お。.jpg
クビにしなかったのか。よかったよかった。
あれ?.jpg
伍長閣下は強気っすね〜
って言ってる場合じゃない。最悪独ソ戦がすぐ始まってしまうかもしれない。そうなるとインドとドイツが(同盟しないが)ソ連を一緒に殴るということがやり難くなりそうである。もし早めに独ソ戦が起きてしまえば計画の大幅な練り直しをしなくてはいけない。

連合抜けた後

最後のODA.jpg
8月下旬にフランスがくれた最後のODA(上のSS)から数日後にインドは連合を抜けた
抜ける.jpgWW2.jpg
そしてその後すぐにWW2が予定通り開戦した。しかし当のインドは平和を今年いっぱいは満喫する予定でいる(軍隊いないから)ちなみにドイツがM-R協定をしなかった為に恐らくソ連の反独感情はピークだろう。早期に宣戦されても困るためソ連の研究機関に対する嫌がらせを忘れずにしていくことにした。
嫌がらせ.jpg
効果があるかは激しく疑問ではあるが

研究した技術月日
基本型山岳師団1月5日
基本型暗号作成機1月19日
改良型計算機3月16日
基本型歩兵師団5月3日
???10月4日
改良型軽戦車12月2日

進む→狂気の侵略戦争
戻る→インド工業化計画
番外編→コメント返信と…
トップ→華麗なる印


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2011-05-19 (木) 17:01:40 (2734d)