第四回

iAoAkYg.png武田家をダイスンスーンするAARはぁじまぁるよー!

iAoAkYg.pngまず訂正が一つ

JY8Gjqx.png

iAoAkYg.png指揮官が存在する勢力がありました

iAoAkYg.png長尾以外にも蝦夷、蠣崎家、琉球、宗家、本願寺、関東東部の勢力にいます

iAoAkYg.png謹んで訂正申し上げます

M7fDswp.png

1552年1月。村上軍は雪深い甲斐国境を進んでいた。

昨年の戦によって国中が荒れており再び信濃での戦を義清は厭んだのだ。

rJ0Hqbg.png

iAoAkYg.pngンアッー!IC割れた〜

iAoAkYg.png原因は資源切れ。長野県は金銀銅(希少資源)で自足できない

iAoAkYg.png内陸国だから戦時中交易できるのは隣接勢力である今川、北条、長尾、神保、三木、斎藤のみ

iAoAkYg.pngそしてその全てが金銀銅が有り余ってはないから限界も早い

8BxplTY.png

iAoAkYg.pngなお武田も割れた模様。おそらく木材(エネルギー)切れ

iAoAkYg.pngこのMODでは黒川金山が再現されていないのか、甲斐を支配しても金銀銅は足りないから注意しよう

何としても晴信に先んじようと望んでの強行軍は多くの被害を出すが韮崎まで兵を進める。

甲斐侵攻の橋頭保を手に入れた義清は雪解けを待つことにした。

4月。満を持して村上軍は動くが武田も3か月の間に迎撃の態勢を整えていた。

sBERWwu.png

iAoAkYg.pngこのバツ印の画像の師団が強い方の歩兵師団

iAoAkYg.pngコイツが出始めたら民兵だと厳しくなるのでこっちも歩兵に生産を切り替えよう

iAoAkYg.png旅団をガチガチに着けて他国に差をつけるのも忘れずに

頑強な抵抗だったが傾いた戦況を覆せるものではなく7月16日に躑躅ヶ崎館がついに陥落する。

武田家本拠の失陥は南信濃で孤立する武田軍に影響し兵の離散が相次ぎ軍の体裁を維持できなくなった。

LHPaHgp.png

vBPG74F.png

iAoAkYg.pngAIの和平提案って大抵の場合は本気で和平する気ある?と聞きたくなる内容が多くない?

ここにきて晴信は和平を求めるが信濃への野心を捨てきれない内容に義清は激怒し総攻撃を開始する。

躑躅ヶ崎館の周りには討取った首級三千が次々に掛け並べられた。

武田氏の者は信繁・信廉ら弟達から板垣信憲、甘利信忠、穴山信友ら分家筋も、十にも満たない子供達まで首を晒された。

譜代家臣も飯富・秋山・小山田・小幡ら名だたる家の者の首も並び、生き長らえた者は黒川金山の労働者に落とされた。

iAoAkYg.pngこ↑こ↓志賀城の戦いにおける顛末のパクリ

晴信は友好関係にある今川義元を頼って駿河に落ち延びていった。

8月28日。戦国大名としての甲斐武田はこの時滅びた。

o4OgFph.png

iAoAkYg.pngあーさっぱりした

iAoAkYg.png甲斐武田は滅んだがまだ滅ぼさなければならん家があるから、もうちっとだけ続くんじゃ

hFJlE5w.png

4OyGrUp.png

NDRypmi.png

iAoAkYg.png景虎君、ノブヤボじみた挙動してる…

iAoAkYg.png今回はここまでです。ご閲覧ありがとうございました


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-12-08 (日) 10:33:27 (50d)