1stプレイを終えての反省会―2009年 11月7日 

さて。まずは、今回最大の誤算であるところの、第2次上海事変イベントの発生トリガーを調べてみよう。

――極東統合ver34b(DD用)、イベントファイル内のTrautman's maneuver.txtより抜粋――

	trigger = {
		control = { province = 1235 data = CHI } AAR作注:国民党が南京を所持
		OR = {
			event = 21   
			event = 59906 
		}    AAR作注:バニラ盧溝橋or極東盧溝橋が発生している 
		OR = {
			event = 55703  
			lost_national = { country = CSX value = 65 }
			NOT = { exists = CSX }
			war = { country = CHI country = JAP }
		}    AAR作注:国民党の山西併合イベント(非同盟状態ver)が発生しているor
	}        山西が国土の65%を失っているor山西が存在しないor国民党と日本が戦争状態にある

つまり、盧溝橋イベント後、民国が南京を所持しており、かつ、上記4つのいずれかを満たせば上海事変が起こるということになるわけか。

えーと、シナリオ開始時の状態は↓で(赤丸はVP)

地図02.png

北側3つのプロビはイベントで国土から外れるから、残り14箇所。内65%を失陥だから、恐らく、9箇所取られると上海事変のフラグが立つ、ということになるのかな。
そして、山西が消えることでもフラグが立つと。
なるほど。そうなると、最善手はこうだ。

山西から奪うプロビ数を8箇所までに抑えながら戦い、一番移動に手間のかかるVPプロビを奪取できる日に合わせ、残る全VPを一気に奪い取り、即座に併合。
山西が消えることでも上海事変は発生するから、国民党と日本は開戦。けれど、山西が存在しない以上、清と国民党は戦争状態に突入することはない。
後は、全軍を対日戦に振り向けつつ、日本と国民党が大陸で食い合いを始めるのを祈る。という手順になるか。

うん、これならいけそうだな。次はこれで行ってみよう。



もうひとつ。ロシアとの同盟も考えたけれど、大きな難点があるため却下することにした。

まず、清国復興イベント発生までは日本の属国であるため、事前に友好度を上げておくことが出来ない。
そのため、現実的に同盟を結べるレベルまで友好度が上がるのは、早くても38年にはなるだろう。
しかもそれだけの工作資金を素早く入手出来るとは限らない。物資輸出で資金を得るにしても、実効IC40程度じゃ限度がある。

そして、清日講和イベントのトリガーは以下のようになっている。

	trigger = {
		war = { country = U11 country = JAP }  注:清日が戦争状態
               random = 50 # 50% chance every 5 days    5日ごとに5割の確率で発生
		control = { province = 1202 data = U11 }   清が大連を占領
		control = { province = 1322 data = U11 }   清が台湾の3プロビを占領
		control = { province = 1323 data = U11 }   
		control = { province = 1324 data = U11 }   
		lost_national = { country = JAP value = 70 } 日本が国土の7割を失っている
	}

見てのとおり、釜山を落とせば発生する翳る旭日・国民党verと違って、台湾を落とさなければ、日本と講和できないのだ。
必然的に、聯合艦隊とある程度戦える海軍を研究・育成しなければならないわけで、
対日戦は長期化する可能性が極めて高い。まあ空挺で落とす手もあるが、研究に時間がかかるのに変わりはない。
そしてロシア帝国は、最速でソ連の冬戦争終了直後・40年初頭にもソ連に宣戦されてしまう可能性がある。
つまり、下手にロシアと同盟を結んでしまうと、対日戦にケリがつく前に、対ソ戦まで始まってしまうかもしれないのだ。

またそれ以外にも、ロシア帝国MODにはいくつものルートがあるのだけれど、その中には、露独関係悪化に伴う露日同盟ルートがあって、
イベント連鎖の結果、日本との関係が意味不明なことになる――複数MOD併用の弊害がまともに出てしまう可能性まである。
満州がAIなら、清国復興イベントはまず発生しないので、無視してかまわないんだけどね。

まあ要するに、色々と危なすぎるので、ロシアとの同盟は避けたほうが無難じゃないか、と思う次第だ。



とりあえず今のところは、日本との戦いが終わるまでは、どことも同盟を結ばずに行って、対日戦終了後の世界情勢を見ながら、どこと組むかを考えよう、という予定だ。
早々に米清同盟なんてのも可能っぽいけれど、それはそれで難易度下がりすぎるでしょ?

1937 リスタート



おまけ―ロシア帝国MODの個人的感想と考察

アナスタシア.PNG Добрый день! ロシア帝国MODの主役、皇女アナスタシアよ。

アナスタシア.PNG ここから先は、私がロシア帝国MODについて色々と解説していく、おまけコーナーになるわ。

アナスタシア.PNG この作者は、他にも色んなMODを入れてプレイしているのだけれど、適宜それぞれのMODについて、こういう解説感想コーナーを入れていくつもりみたいね。

アナスタシア.PNG ま、今更DD準拠でMOD解説されても困るかもしれないけど、大目に見てあげて頂戴な。


アナスタシア.PNG まずはロシア帝国の初期領土を貼っておくわね。

初期ロシア.png

アナスタシア.PNG 見てのとおり、悲惨なことになっているわ。文字通りのシベリア送りね。沿海州まで日本に奪われてしまっているし。

アナスタシア.PNG 初期の軍隊も、僅かに歩兵2 山岳3 司令部1 戦術爆2 駆逐・輸送が3ずつ これだけよ。

アナスタシア.PNG もうあれね、かつての栄光もへったくれもないわ、って感じね。司令部が残っているのだけが救いかしら。

アナスタシア.PNG 上で書かれているけれど、最速で40年の頭には対ソ戦が始まってしまうから、あまりのんびりとしていられる立地じゃないわね。資源も石油以外はまるで出ないわ。

アナスタシア.PNG でも、かといって難易度が高いか、といったらそうでもないのよね。実は。

アナスタシア.PNG だって、相手は40年前後の赤軍なのよ? 戦闘能力に盛大なマイナス補正が掛かっているから、弱いの何の。

アナスタシア.PNG 1個師団の戦車が、2個師団の騎兵に蹴散らされてしまう、なんてのは割と良くある光景ね。

アナスタシア.PNG 作者が最近プレイしたときには、騎兵50個師団と戦術爆20個編隊を39年内に編成しておいて……

40年ロシア.png

アナスタシア.PNG まあ、こうなったわ。

アナスタシア.PNG シベリアの大地をこっちへ向かって、のこのこ歩いてくる赤軍を、次々爆撃で吹き飛ばしながら西進していたら、拍子抜けするくらいあっさりとソ連消滅しちゃったってわけ。

アナスタシア.PNG 空軍と陸軍の連携を色々試してみるには、絶好のロケーションじゃないかしらね? 対空砲はほとんど設置されて無いし、迎撃機も滅多に飛んでこないしね。

アナスタシア.PNG むしろロシアよりも、ソ連プレイの方が熱いかもしれないわ。36年速攻ロシア併合は無し、という条件付きでだけれど。

アナスタシア.PNG 前門のドイツ単独でも割と苦労するのに、そこに後門の我がロシアだもの。下手したらそこに日本も絡んでくるわ。ね、熱いと思わない?

アナスタシア.PNG ロシア帝国MODについては、既にAARも書かれているわ。--極北の帝国

アナスタシア.PNG あちらでは早期日露同盟ルートを辿っているみたいだけれど、他にも様々なルートがあるの。

アナスタシア.PNG 露独同盟ルート・連合からの支援ルート・日本から沿海州を返還してもらうルートなんてのもあるわ。もちろん、どこの支援も受けずに進めることも出来るしね。

アナスタシア.PNG ルート入りするタイミングも様々で、良くここまでイベント連鎖を整理したなと感心するわ。その分、他MODとの親和性は低くなっているけれどもね。

アナスタシア.PNG 研究班・将軍も質量共に揃っているし、初心者から上級者まで色んなシチュエーションで楽しめる、って感じかしら。

アナスタシア.PNG あと、このAARでは、極東35年シナリオに少し手を加えて、ロシア帝国が最初から存在する、って状態で開始しているわ。

アナスタシア.PNG おかげで満州の防衛が、バニラ状態よりずっと難しくなってしまっているけれど、それも仕様ってことね。

アナスタシア.PNG さ、それじゃ、蛇足はこのあたりにしておくわ。

アナスタシア.PNG あなたも、良ければ私の顔を見に来てね。じゃ、До свидания!

MODダウンロード
datawiki ロシア帝国MODのページ
MODwiki ロシア帝国MODのページ


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2009-11-10 (火) 19:26:48 (3507d)