新米政治委員の世界革命録

新米政治委員の世界革命録 導入〜1936

最近、友人からHoi2を勧められてドハマリした作者が革命的勤労精神から作り上げたAARです。
初AARですので、同志諸氏は暖かく見守ってくださると幸いです。
また、Hoi2 AODの日本語化を製作してくれた方々への感謝をココに

1936年01月 状況確認

このたび、唯のノーメン・クラツーラから栄えある政治委員に名を連ねた新米政治委員の目に飛び込んできたのは真っ赤な世界

画像(パルチ領土)

ソヴィエト連邦といえば共産主義!共産主義といえば赤!!

そんなイデオロギー的優越とは別に、この赤い大地はパルチ発生率を示したもの

その原因たる国民不満度は驚きの15%

同志諸氏はご存知でしょうが、(Hoi2 AODにおいては)国民不満度が国内パルチザン発生率をも左右し、さらに国民の勤労意識(実質I)でさえ上下しうるという

http://i288.photobucket.com/albums/ll167/frkv2t34/_zpsebwsihaz.jpg

この事態に書記長閣下は、寛大にもウォッカ(消費財)の配給量増加で対処する寛大さ!!

http://i288.photobucket.com/albums/ll167/frkv2t34/193601_1_zpstjpve1t2.jpg

これならば資本主義に染まりし同胞達も、同志的紐帯を取り戻してくれるでしょう。
(なお後日NKVDからシベリア旅行のお知らせがありますのでお楽しみに

生産活動に関しては、ソヴィエト首脳部より発表された5ヵ年計画が実行される模様

まず、偉大なる書記長閣下の先天的直感とセンスにより決定された一部地域へのインフラ整備を実施

さらに国境守備の為に、守備兵と山岳歩兵と司令部の教育強化(生産各1ライン)が発表されました。

http://i288.photobucket.com/albums/ll167/frkv2t34/_zpsdscakjvy.jpg

外交では、世界革命主義の拡散の為に介入主義を推進

本来ならば(大粛清後を見据えて)指揮統制を強化できる常備軍の推進を図りたいのですが、ICの事情により介入主義推進を優先

技術に関しては、人民の為に産業研究を強化(基本型工作機械と機械化農業と人口統計調査を実行)

さらに新米政治委員の進言がいれられ、駆逐戦車と重戦車の研究も推進

これら新兵器により、我が赤軍は更なる強化を遂げるでしょう

陸軍ドクトリンについては人海戦術の研究が進行
(海軍?空軍?あぁ奴等ならシベリアだよ)

そして、政治局より各軍団にはモスクワ近郊での閲兵式が告知され、移動が開始されました。

諜報に関しては(不安定な国内事情と)汚らわしき資本主義からの謀略を防ぐ為に国内にNKVDを重点配置

http://i288.photobucket.com/albums/ll167/frkv2t34/_zpsdscakjvy.jpg

貿易に関しては、偉大なる書記長閣下の優しさから、汚らわしきファシスト共の脅威に怯える国々への援助を行う方針が告知されました

http://i288.photobucket.com/albums/ll167/frkv2t34/1936_zpsq5fcigtn.jpg

1936年03月

春の閲兵式を前に赤軍の集結が完了し、軍団の再配備が発表

http://i288.photobucket.com/albums/ll167/frkv2t34/19360301_zpsw2tyymyi.jpg

再編成の結果

区分軍団数師団数
歩兵師団20歩兵99
司令部7司令部1騎兵5歩兵1
機械化師団5軽戦車自動車化歩兵71
山岳歩兵師団10山岳歩兵11

といった編成が発表

各軍団は補充は十分だが、その装備は未だ前大戦初期型...

しかし、「装備の差異は思想的優越により凌駕しうる」というのが政治局の考え

たとえ戦時になったとしても、我等栄えある赤軍ならばイデオロギー的優越で資本家の豚どもを蹴散らすのは自明でしょう

1936年05月

ようやく国内の不穏分子排除が完了したので、一部地域に工場の建設を実施

(AODでは工場建設は悪手と聞きますが、)祖国のさらなる研究活性化(10ライン研究)も含めた5ヵ年計画推進の為に8箇所での工場建設が開始されました。

http://i288.photobucket.com/albums/ll167/frkv2t34/193605401_zpsohy3erse.jpg

1936年07月

ヨーロッパでスペイン内戦が勃発

偉大なる同志書記長閣下は、醜悪なファシズムに立ち向かう共和派に対し支援を決意されました。

http://i288.photobucket.com/albums/ll167/frkv2t34/19360701_zpsj2xl0ble.jpg

http://i288.photobucket.com/albums/ll167/frkv2t34/19360701_zpsd8mdkbsf.jpg

http://i288.photobucket.com/albums/ll167/frkv2t34/19360701_zpsyluz5wrq.jpg

1936年12月

プロレタリアート的闘争力によりバリカダ工場設計局のスキルが向上

同志書記長閣下はその模範的労働姿勢を讃えられました。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-02-21 (土) 05:22:34 (1726d)