ブラジル 初めてのHoI2

年始報告

G:さて、いよいよ最後だ。
K:大一番が待ってます。気合い入れていきましょう!
G:うむ、取りあえず年次報告頼む。
K:はーい。……と言いたい所なんですが。
G:どうした?
K:はぁ、実は中の人もそーとーてんぱってたみたいで。1月16日のデータしか残ってないんです。
G:うおーい。
K:なので、ちょっと後回しにさせていただきます。話がそこまで進んだらということで。

第二次ゼーレヴェー作戦

K:諸君、私はせn(ぼごっ)
G:馬鹿言ってる場合か。
K:ぉぉぉぉぉ……ちょ、いま凄い鈍い音しましたよ!?
G:いらんこと言い出すからだ。それよりも現状を説明しろ。
K:は、はい。えーっと。

1953対英開戦.jpg

K:1月5日、イギリスに宣戦布告をしました!
G:英本土上陸作戦というわけだ。成算は?
K:本土はがらがらっぽいので、上陸さえできればなんとかなるかと。
G:で、それは大丈夫なのか?
K:アムステルダムから空挺降下で上陸地点を確保しますんで、後はなけなしの主力艦を盾に、なんとか後続を揚げる時間を稼ぐ予定です。第一波さえ揚げられれば、その頃にはアメリカの主力艦隊も到着してるでしょうから、なんとでもなるかと。
G:そう期待したいよ。ところで、併合までやるのか?
K:ジブラルタルを占領できる目処が立ちませんからねぇ。適当な所で講和する予定です。上手くいけば英本土を蚕食したい所ですが。
G:希望的観測はいいが、あんまり余計な色気は出すなよ?
K:はぁ、まあ了解です。

1953ノリッジ上陸.jpg

G:で、どうだ戦況は?
K:はい、1月5日に空挺部隊がノリッジを占領。7日には後続部隊9個師団を揚陸し、橋頭堡を確保しました!
G:よし、よくやった。速やかに残りの師団も英本土に上陸させろ。
K:……えー、それなんですが。

1953艦隊打撃.jpg

K:ここまでのロイヤルネイビーとの交戦で、コロラドが大破。ウェストヴァージニアも小破しています。
G:うげ……他の艦は?
K:一応軽巡2隻、駆逐艦6個艦隊は殆ど無傷で残ってますが。
G:……しゃーない、無理はさせるが、コロラドはドッグ入りさせて、残りの艦で護衛をさせながら上陸作戦続行だ。
K:了解しました。なんとか上手いこと立ち回って見ます。

帝国の本領

K:えーっと、いいニュースと悪いニュースがあるんですが。
G:いい方から聞こうか。
K:はい、我が方はついに大英帝国の首都、ロンドンを占領しました!
G:おおっ! そうか……なんだか感無量だなぁ。
K:そうですねぇ。ここまでこられるとは。
G:……で、悪いニュースってのは。
K:はい、それがですね。

1953物量差.jpg

K:ご覧の通り、サンダーランドに126個師団のタワーが現れました。
G:ぶはっ!? ど、どっから湧いて出たんだ!?*1
K:さぁ……。そうそう、スパイの報告と合わせて鑑みるに、ほぼイギリス全軍ですね、コレ。
G:えー……ちなみにこっちの戦力は?
K:山岳兵6個、空挺兵、海兵各3個、歩兵12個の計24個師団です。
G:……ほぼ5倍かよ。
K:英国の本土急襲を警戒して師団を本土に残してたのが裏目に出ましたね……どうします?
G:……なんとか南部を切り取りつつ、クユニ川とジョージタウンの割譲という最低ラインで交渉するしかねぇだろうな。
K:そうですね。ま、なんとか敵の侵攻を遅延させてみます。
G:すまん、苦しい戦いになるが、頼む。
K:まー、負け戦は得意ですから。交渉が纏まるまで凌ぎきって見せますよ。

K:さて、それじゃこの辺で年始報告を。
G:さっきのがちょうど1月15日の状況なんだよな。
K:はい、というわけで以下が1月16日の状態となります。

エネルギー金属希少資源石油物資資金労働力TCIC
195217598330285511368410872948437141483301/294140/110
195327946528298391380126842114857781683340/284135/113

G:ロンドン取ったせいか、エネルギーが急増してるな。
K:まあ、物資欠乏に悩まされることは当面ないでしょうね。……実際には、輸送艦の不足の方が致命的なんですが。
G:……マジか。
K:あれ、海外進出する場合はホントいくらあっても足りませんね。
G:次回以降の教訓だな。
K:ですねぇ。さて、次は軍備です。

陸軍随伴旅団航空
46年式司令部3個師団改良型迎撃機3個航空隊
47年式歩兵24個師団砲兵発展型迎撃機1個航空隊
47年式歩兵18個師団超音速ターボジェット戦闘機8個航空隊
51年式山岳兵9個師団砲兵改良型ジェット戦術爆撃機16個航空隊
47年式山岳兵12個師団砲兵改良型ジェット海軍爆撃機4個航空隊
51年式海兵兵3個師団砲兵現代型輸送機3個航空隊
47年式空挺兵3個師団砲兵
航空騎兵3個師団装甲車
51年式自動車化兵8個師団自走砲
47年式機械化兵4個師団自走砲
46年式守備隊41個師団
46年式守備隊2個師団憲兵
海軍艦種
NRB ミナスジェイラス現代型戦艦
NRB サンパウロ現代型戦艦
NRB サンタカタリナ現代型戦艦
NRB エスピリトサント現代型戦艦
USS ウェストヴァージニア基本型戦艦
USS コロラド基本型戦艦
USS ヴィックスバーグ現代型軽巡洋艦
駆逐艦現代型駆逐艦
輸送艦輸送艦12

K:現代型戦艦が4隻就航してますが、なにぶん1月15日にロールアウトしたばっかりなんで、戦力として数えられません。
G:この辺、やっぱ序盤から計画的に整備していかないときついな。
K:当初は海戦なんて全く考えてませんでしたからね……。
G:行き当たりばったりで最後まで首を絞めた感じだな。

「二週間戦争」

1953ブラックプール戦.jpg

K:8型というと、発展型主力戦車ですかねー。
G:頭痛くなってくるな。しかも指揮官がスキル5ってなんだそりゃ。
K:こっちは対戦車装備は一個もないですからね。いやはや、キツイキツイ。
G:もうホント、準備不足で自分の首絞めてるよな……。

K:とか言ってる内に、リヴァプール、シェフィールドの部隊が相次いで敗走しました。
G:うおぉぉぉい!? 大丈夫かよ!?
K:ノリッジとバーミンガムで防衛ラインを引き直します。まあ、取りあえずは次の交渉の結果次第……。

1953和平成立.jpg

G:おおっ!
K:1月22日、イギリスはクユニ川及びジョージタウンの割譲で、我々との講和に同意しました!
G:……と、いうことは。
K:はい! 当初の目的……南米大陸完全制覇を成し遂げました!
G:やった……やったぞ!
K:今夜は宴会ですねっ!
G:おうさ! 潰れるまで飲むぞ!
K:わーい! おごりっ、おごりっ!
G:マテコラ。

蛇足の延長戦

G:……しかし、ヒマだな。
K:いやあの、いきなりなんです?
G:だって、最大の目標は達成しちゃったじゃないか。
K:そうですねぇ。
G:一応、ポルトガルから東ティモールを取り返そうかと工作も仕掛けてたが……。
K:ものの見事に失敗しまくりましたからねぇ。
G:というわけで、そっちは諦めよう。
K:では、このまま終戦までのんびりと。
G:それも芸がないな。
K:じゃあどうするんです?
G:……シリアとの停戦期間、切れてたよな。
K:……ま、まさか。
G:くくく、今ならアメリカが同盟国だから、そこを足がかりにパレスチナ侵攻は可能だ。
K:……えーっと、マジですか?
G:マジだ、中東に新秩序を打ち立てに行くぞ。
K:はためーわくな……。

G:さて、そんな訳で9月23日、レバノンに宣戦布告した。
K:……画像は?
G:「貼るだけ容量の無駄」とは中の人談。勝てるのは決まり切ってるしな。
K:うわーい。
G:まあ、10月11日には完全制圧だ。
K:併合は……?
G:しない。まあシリアをどうにかしてからだな。
K:はぁ……とまれ、10月11日にはシリアに宣戦布告しました。
G:その後、順調にエルサレムまで占領地を拡大し……。

1953イスラエル再建.jpg

K:10月30日、シリアを併合。そして同日、イスラエルが再建されました!……ってこれ、火種を再度ばらまいただけでは……。
G:まあ、そこら辺は……こうする。
K:……えーっと、マジですか?
G:マジマジ。
K:えー、11月1日、今度はヨルダンに宣戦布告です。
G:で、同日レバノンを併合した。
K:そして、12月22日、ヨルダンを併合。
G:その後、この地域の占領地を全てイスラエルに割譲し、結果。

1953大イスラエル.jpg

G:パレスチナにこの通り、巨大な「イスラエル」が。
K:って、エジプト、トルコ、サウジアラビア、ソ連と接してますが……むっちゃ気まずくないですか、この国?
G:逆に考えるんだ、それらの国の緩衝地帯になってると考えるんだ。
K:……イヤマア、ある意味間違ってないんですが。

戦い済んで

G:さて、長かったこのAARも、いよいよ終わりだ。
K:では、最後に国際情勢を見てみましょうか。

1953ヨーロッパ.jpg

G:アメリカの飛び地がなぁ。
K:オランダ占領してる我々も他人のことは言えませんが。
G:そしてパレスチナには大イスラエルが。
K:つくづく微妙なコトになってますね……。

1953中近東.jpg

G:なんでか日本の飛び地があったりする。
K:イヤイヤ、頑張りすぎでしょう……。
G:ここが連合国の反攻拠点になるのかな。
K:イギリスが連合に復帰してますからねぇ。とは言え、ロイヤルネイビーはがたがたですが。
G:アメリカ大西洋艦隊にフルボッコにされてたからな……。

1953東南アジア.jpg

G:東ティモールを取り返せなかったのが唯一心残りだな。
K:過ぎたことは諦めましょう。後、フィリピンはどうなるんでしょうね?
G:日本の一部として繁栄していくんじゃないか? 台湾と同じで。
K:……あー、その可能性は高いかも。

1953南米.jpg

G:……こうしてみると。
K:達成感が湧いてきますね。
G:いやー、ホントにやったんだなぁ。
K:中の人、まず無理だと思ってたんですけどねー。
G:ま、初回プレイの人間でも何とかなる程度には、ブラジルはポテンシャルの高い国だったからな。
K:立地が良くて、アメリカに喧嘩売る展開にならない限りは、まず自分より弱い相手としか戦いませんからねー。
G:それだけに、次は米帝を轢くことに誘惑が……。
K:あー、次にしましょう、次に(苦笑
G:そうだな、それじゃ、最後に研究だ。

主項目副項目技術研究機関
装甲主力戦車発展型主力戦車NMC
装甲固定式対空兵器現代型固定式対空砲コルデイロ・デ・ファリアス
航空近接航空支援機基本型近接航空支援機CCNA
航空迎撃機ターボジェット迎撃機IPT
航空迎撃機改良型ターボジェット迎撃機IPT
航空迎撃機超音速迎撃機IPT
艦船超大型戦艦超大型戦艦イラ・ダス・コブラス海軍工廠
艦船超大型戦艦改良型超大型戦艦イラ・ダス・コブラス海軍工廠
艦船潜水艦短距離潜水艦NMC
艦船潜水艦中距離用潜水艦NMC
艦船潜水艦長距離用潜水艦イラ・ダス・コブラス海軍工廠
産業レーダー基本型dm波レーダーCCNC
産業レーダー改良型dm波レーダーCCNC
産業レーダー発展型dm波レーダーCCNC
産業レーダー基本型cm波レーダーCCNC
秘密兵器基本型ロケット迎撃機カッシオ・ニムス社
秘密兵器原子力巡洋艦主機エンリケ・ラーゲ機構
秘密兵器地対空ミサイルCCNA
空ドク急降下爆撃ネロ・モラ
空ドク直接地上支援ネロ・モラ
空ドクベテラン爆撃手の主導ネロ・モラ

G:実に蛇足だな(苦笑
K:まー、主要研究は一通り終わってましたから。

G:さて、これで「初めてのHoI2」、目出度く終了と相成ったわけだ。
K:ここまでお付き合い下さった皆様、本当にありがとうございました。
G:見事に当初の目的を完遂できて、中の人も感無量だそうだ。
K:これも偏に皆様のご声援のおかげです。
G:まあ、次をやるかどうかは未定だが、見かけたらまた応援してやって欲しい。
K:それではまた会う時まで、Adeus(さようなら)!

コメントコーナー

S:このコーナーも最後ッスねぇ。
R:違います。
S:ゑ?
R:この最終回についたコメントへのレスを1回だけやります。なので、もう一回だけ出番があります。
S:そ、そうッスか。
R:どっちかと言うと、我々はそっちが本番……だといいなぁ、という感じです。
S:えー、できればコメントよろしく、ということッス。

初GCなのに安定したプレイだな。お見事。とはいえいくら上手くても、メキシコで米帝轢いて世界征服は、結構難度あるんで、2回目のGCとしてはちょっときついかも

R:お褒めの言葉、恐縮です。中の人は所謂「データッキー」なので、とにかく色々な情報をかき集めながらプレイしていましたから、そのおかげでしょう。
S:ちなみに、メキシコッスけど……。
R:ええ、ちょっと確認してみたらしいのですが、かなり条件としては厳しいようですね。
S:まあそんな訳で、まだ考え中らしいッス。

「友邦」の「邦」はそれだけで「国」って意味なんで、「友好国」といっても「友邦国」とは言わないんだぜっと。

S:……えーっと、その先に血の付いたピックのようなものは……。
R:戈、と言います。
S:いやそういうことじゃなく……。
R:ふふふ……。最後まで、恥さらしな人には……お仕置きが、必要だと、思いませんか?
S:ノーコメントでお願いするッス。……あー、ご指摘感謝ッス。当該箇所は修正させて頂いたッス。
R:それでは一旦、筆を置かせていただきましょう。
S:たくさんのコメント、どうもありがとうございましたッス!


*1 イギリスでクーデターが発生し、同盟が切れたときに再配置状態になった部隊がこのタイミングで現れたものと思われます。

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2008-09-28 (日) 20:07:00 (4033d)