ブラジル 初めてのHoI2

年始報告

G:今年こそ状況を打開するぞ。
K:はーい。……はいいんですが、年始報告、ちょっと気が重くて……。
G:どした?
K:まあ、見てもらったほうが早いですね。これです。

エネルギー金属希少資源石油物資資金労働力TCIC
1950197033352598428361613992832163271032308/296141/110
1951938952384434418953435642515111289257/300143/105

G:……減ったなぁ。
K:際限ないクーデター攻勢かけて、その資金確保の為にも躊躇なくばら撒きましたから……。
G:そうやってイギリスにクーデター仕掛ける資金を引っ張ってる相手がフランスとアイルランドってーのも皮肉だがな。
K:確かに……。さて、次は軍備です。

陸軍随伴旅団航空
46年式司令部3個師団基本型迎撃機3個航空隊
47年式歩兵24個師団砲兵発展型迎撃機1個航空隊
47年式歩兵18個師団超音速ターボジェット戦闘機8個航空隊
47年式山岳兵21個師団砲兵改良型ジェット戦術爆撃機16個航空隊
47年式海兵兵3個師団砲兵改良型ジェット海軍爆撃機4個航空隊
47年式空挺兵3個師団砲兵準現代型輸送機3個航空隊
航空騎兵3個師団装甲車
47年式自動車化兵8個師団自走砲
47年式機械化兵4個師団自走砲
46年式守備隊45個師団
海軍艦種
USS ウェストヴァージニア基本型戦艦
USS コロラド基本型戦艦
NRB バイア第一次大戦型軽巡洋艦
NRB リオグランデドスル第一次大戦型軽巡洋艦
輸送艦輸送艦12

G:航空機は一応予定数を確保。後は守備隊が微減、と。
K:流石に物資負担が馬鹿にならなくなってきましたからね。今後も様子を見ながら徐々に切り詰める予定です。
G:内務大臣を恐怖公*1から有能な人格異常者*2に変えたり、陸軍参謀総長を銃とバター理論*3に変えたりしてはいるんだが、それでも苦しいからなぁ。
K:かといって今後を考えると、主戦力は減らせませんし。
G:うむー……。

1951政体スライダー.JPG

K:常備軍に一つです。
G:なんかイベントで徴兵制に寄ったんだったか……。スマン、思いだせん。

トリック:アルゼンチンは2度死ぬ

G:さて、奇策を打つとしよう。
K:は? 何をする気ですか?
G:こうする。

1951アルゼンチン独立.JPG

K:な、なにをー!?
G:占領下にある国で一番でかいからなぁ。ほら、好戦性が34まで下がった。
K:あうあう、旧アルゼンチン領から守備隊を引き上げてるから何をするのかと思ったら。……でもこれからどうするんです?
G:当然、アメリカに同盟を打診するさ。これでようやく目が出てきたし。
K:21%*4ですか……えいや!

1951大アメリカ同盟.JPG

K:あれま、一発成功。
G:うし、これで技術開発も楽になるぜ。
K:イギリスにもなんとか対抗できそうですね。
G:さて、それじゃ。

1951アルゼンチンに宣戦布告.JPG

G:さくっと潰そうか。
K:お、鬼がいる……。

1951アルゼンチンは2度死ぬ.JPG

G:広いから少々めんどくさかったが、まあ兵隊いないしな。一ヶ月で再占領だ。
K:……プレイヤーチートって言いませんか、これ……。
G:言うかもしれんが、まあ見逃してもらおう(苦笑)。……っと、フォークランド諸島がアメリカに取られてるな。
K:買い戻しておきます。……ああ、また物資が……。

海を挟んだ奇妙な戦争

K:たたた、大変です!
G:どうした、メガマックを買い損ねたか?
K:定番のボケはどうでもいーです! ソ連、中国共産党が相次いで日本に宣戦布告!
G:なにぃっ!! ……ってちょっと待て。
K:はい。
G:……確か、日本って連合国だよな?
K:はい、そうです。
G:……うわー、第三次世界大戦かよ。
K:はぁ、私も最初はそう思ったんですが……。
G:が?
K:この地図をどうぞ。

1951ファニーウォー.JPG

G:ヨーロッパの地図だな、これがどうかしたか?
K:えーと、ですね。まず黄色がドイツ、その下のピンクはスイス、でその下の青はアメリカ。これはいいですね?
G:そうだな。それで?
K:えーっと……実はこの戦争で、ドイツの立場が中立でして……。
G:……あ、てことは。
K:はい。ヨーロッパは中立国で分断されてます。
G:……アジアは?
K:逆にお尋ねしますが、日本に上陸できると思います?
G:おもわねぇ。
K:そういうことです。
G:……ファニーウォーにしかならんってことか……。
K:アメリカが抜けたのが変な風に転がってますね。
G:欧州情勢は複雑怪奇。
K:勝手に退任フラグを立てないで下さい。

K:おや。
G:どうした?
K:はい、4月30日に、国民党がブータンを併合しました。
G:は? ……あ、中国統一戦線か。
K:そうですね。国民党も連合国と戦争状態です。ソ連とは組んでないみたいですが。
G:ややこしいなぁ。欧州よりよっぽど複雑じゃねぇか。
K:否定はしませんが。

全てを取り戻す戦いへ

1951オランダクーデター.JPG

G:……とうとう、か。
K:はい、8月26日、オランダでクーデターが発生しました!
G:よし、すぐに宣戦布告だ!
K:はい、クラサオ島及びパラマリボはすぐにでも占領できます!
G:グアムに向かわせた軍はどうなってる?
K:すいません、出航させたのがこの間なんで、まだ到着まで時間がかかります。
G:長期戦になったら面倒だからな。パタヴィアを押さえたら楽になりそうだが……''
K:一応、一週間たったら講和を打診してみます。
G:頼む。

G:で、どうだった?
K:クラサオパラマリボを占領した状態で、クラサオパラマリボロッテルダムの割譲で打診してみましたが、駄目でした。
G:これって戦勝点−スコアが確率なんかね? まあ、もうちょっとやってみるか。
K:はい。

1951パタヴィア攻略戦.JPG

K:9月20日、輸送艦がパタヴィアに到着、上陸戦を仕掛けます!
G:守ってるのは現地民兵一個師団か。敵じゃないな。
K:はい、3時間の戦闘の末、撃破。9月22日にはパタヴィアを占領しました!
G:よし、もう一度講和を打診しろ!
K:はい! ……駄目でした!
G:うぉい!?
K:いやー、欲張って「アムステルダム以外全部寄越せ」って言ったのが駄目でしたかね。
G:当たり前だ! こんの、ドアホー!(ゴン!)
K:ぎにゃーっ!?

G:ったく、一週間たったら、クラサオパラマリボパタヴィアでもう一度打診だ。
K:あい……あ、あれ?
G:今度はなんだ?
K:はぁ、その……「併合」できるんですが……。
G:なんと!? よし、すぐ併合だ!
K:は、はいっ!

G:ラッキーっちゃラッキーだが、なんでだ? ……ってまあ、理由は一つか。
K:ですねぇ。

1951オランダ併合.JPG

G:やっぱりか。
K:いつの間に上陸したんでしょう……。
G:……あー、それでアムステルダムは買い取れそうか?
K:無理ですねー。
G:……しょうがない、オランダにはこのままで我慢してもらおう。
K:それにしてもまさか、ヨーロッパに領土を持つとは思いませんでした。
G:俺もだよ。

環太平洋同盟?

1951ペルシア併合.JPG

K:10月15日、ペルシアが落ちました。
G:アジアの方は結構激戦だな。それはそれとして、あっちの工作はどうだ?
K:順調ですよ。徐々に成功率も上がってますので、まあ年内には。
G:そうか。

K:さて、飛んで12月29日ですが。
G:ぎりぎりだな。まあ年内は年内か。
K:間に合ったからよしとしてください。

1951インドネシアと同盟.JPG

K:我々の同盟に、インドネシアが加わりました!
G:年が明けたら交渉して、パタヴィアを返してやろう。

K:さて、1951年は終わりです。
G:正直、オランダを併合できるとは思わんかったな。アメリカ様様か。
K:最大の難関が待ち構えてますが……頑張りましょう!
G:だなぁ。それじゃ、研究リストを頼む。
K:はーい。

主項目副項目技術研究機関
歩兵山岳兵現代型山岳師団コルデイロ・デ・ファリアス
歩兵歩兵エリート歩兵師団コルデイロ・デ・ファリアス
歩兵空挺兵現代型空挺師団コルデイロ・デ・ファリアス
歩兵海兵現代型海兵師団コルデイロ・デ・ファリアス
装甲中戦車発展型中戦車NMC
装甲重戦車基本型重戦車CCNA
航空護衛戦闘機超音速護衛戦闘機IPT
航空輸送機現代型輸送機IPT
艦船駆逐艦準現代型駆逐艦イラ・ダス・コブラス海軍工廠
艦船駆逐艦現代型駆逐艦イラ・ダス・コブラス海軍工廠
艦船軽巡洋艦初期型軽巡洋艦イラ・ダス・コブラス海軍工廠
艦船軽巡洋艦基本型軽巡洋艦イラ・ダス・コブラス海軍工廠
艦船軽巡洋艦改良型軽巡洋艦NMC
艦船重巡洋艦初期型重巡洋艦イラ・ダス・コブラス海軍工廠
産業生産技術ロケット組立ラインIPT
産業ロケット技術飛行ロケットIPT
産業人造石油現代型石油合成プラントエンリケ・ラーゲ機構
産業核技術同位元素分離施設コルデイロ・デ・ファリアス
産業核技術核燃料分析ネロ・モラ
産業核技術実験用原子炉IPT
秘密兵器飛行爆弾CCNA
海ドク艦載機ネロ・モラ
海ドク洋上航空基地エンリケ・ラーゲ機構

G:核の研究も大分進んだか。
K:原子炉は1基作ってますが……正直、何基もは作れなさそうな気配です。
G:小国にIC50はきっついからなぁ。
K:後はまあ、艦艇の研究も進みましたんで、ボチボチ。
G:せめて1個艦隊分はイギリス戦までに揃えたいが……。
K:足ります?
G:いや、どっちにしろアメリカ頼み。まあ1個艦隊あれば色々使い道もあるかな、と。
K:……なるほど。

コメントコーナー

R:先日、中の人がカオスチャットに顔を出したそうです。
S:ほうほう。
R:戻ってきた時は、何やら草臥れた様子でしたが。
S:……何があったんスか。
R:さぁ?

あれ、イスカリオテと熱心党はちがくね?
適当に振ったヘルシングネタにこんなにきっちり返されるとは・・・ 「俺もおまえらも 全く以って度し難いコピペ厨(ウォーモンガー)だな」

R:一応漫画は読んだことはあるのですが、手元にはありません。あのネタの元はネットで拾ったものです。
S:まあウォーモンガーなのはどっちの意味でも否定しない、とか言ってたッスが。
R:ともあれ、残り2年。最後までよろしくお付き合いください。
S:では、またッス!

初HoI2 1952 沈黙する新大陸に続く


*1 国外IC+15%、消費財要求+10%
*2 国外IC+10%、人的資源-10%
*3 物資消費-15%
*4 ちなみに、アルゼンチンを独立させる前の好戦性は51。好戦性1につき−2%という某氏の調査結果を信頼するなら、独立前の同盟締結確率は−13%ということになります。同一国と戦争中の補正があれば、なんとかなるかも?

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2008-09-28 (日) 20:07:00 (3922d)