1948年

人海戦術論者

http://art1.photozou.jp/pub/729/3116729/photo/257934319_org.v1537187160.png

労働力がほしいので閣僚を人海戦術論者に変更。

さよならイギリス軍

http://art1.photozou.jp/pub/729/3116729/photo/257934380_624.v1537187272.png

http://art5.photozou.jp/pub/729/3116729/photo/257934383_org.v1537187282.png

http://art1.photozou.jp/pub/729/3116729/photo/257980108_org.v1537440628.png

http://art1.photozou.jp/pub/729/3116729/photo/257980110_org.v1537440636.png

http://art5.photozou.jp/pub/729/3116729/photo/257980113_org.v1537440644.png

何度殲滅されれば気が済むのか。

貴重な11個師団と時間が失われる。

05111948

世界大戦の時のように欧州を貫く塹壕線を築き上げる
最新の技術を持ってすれば空挺部隊だけでも可能なはずだ
だが、空挺降下だけで化け物を排除することは難しい
どうにかして欧州方面から敵の主力を誘引することはできないものだろうか

最後の切り札

http://art1.photozou.jp/pub/729/3116729/photo/257980118_624.v1537440651.png

これは温存。というか有効な使い道を最後まで思いつかなかった。

06301948

新型兵器の小型化に成功した
これなら汚染は少なく、効率的に化け物どもを殺せるはずだ
上もこれで考えを変えるに違いない

この研究を始めてから体のだるさはひどくなっているが、ここで立ち止まるわけにはいかない
この兵器が人類を救うまで、僕が頑張るしかないんだ

単純作業

http://art5.photozou.jp/pub/729/3116729/photo/257980119_624.v1537440659.png

http://art1.photozou.jp/pub/729/3116729/photo/257980126_624.v1537440667.png

http://art1.photozou.jp/pub/729/3116729/photo/257980132_624.v1537440676.png

http://art1.photozou.jp/pub/729/3116729/photo/257980135_624.v1537440684.png

http://art5.photozou.jp/pub/729/3116729/photo/257980140_624.v1537440692.png

http://art1.photozou.jp/pub/729/3116729/photo/257980143_624.v1537440700.png

http://art1.photozou.jp/pub/729/3116729/photo/257980147_624.v1537440708.png

http://art1.photozou.jp/pub/729/3116729/photo/257980151_624.v1537440717.png

http://art1.photozou.jp/pub/729/3116729/photo/257980154_624.v1537440725.png

http://art1.photozou.jp/pub/729/3116729/photo/257980157_624.v1537440733.png

これだけ時間をかけて20個師団も殲滅できていない。

大統領選挙

http://art5.photozou.jp/pub/729/3116729/photo/257980160_624.v1537440741.png

閣僚を戻さねばならないのでまた不満度が上がる…

技術研究の刺激

http://art5.photozou.jp/pub/729/3116729/photo/257980167_624.v1537440758.png

http://art5.photozou.jp/pub/729/3116729/photo/257980172_org.v1537440765.png

丁度良くイベント発動。
ついに研究速度が180%を超える。
ナザリックにはこれでも遠く及ばないが。

11141948

新型爆弾の火力支援なしには戦線突破は不可能だ
だが大統領をはじめとする文民どもは医学的安全の保証がないという理由でこの方針を受け入れようとはしない
馬鹿らしい

マンハッタン計画関係者に犠牲者が多いことはとっくに知っている、この前も研究者が一人ほぼ確実に放射能が原因で死んだ
だが、この兵器の副作用で全人類の99%が死んでも、1%さえ残れば人類は生き延びることができる
アメリカ大陸が陥落すればそれが人類最後の日だ
犠牲を恐れては何も始まらない
反対者がなんだ、奴らを世界大戦の時のように叩き潰せばそれで十分だ
 
 

11241948

技術の絶望的不足から宇宙移民船「ニュー・アテネ」の計画は本日をもって凍結された
副産物として実用レベルの弾道ミサイルが完成したのは大きな収穫だが、肝心の目標…他星系における人類の生存には遠く及ばないまま今日に至った

人類は地球を守りきるか、さもなければこの星と共に心中するかのどちらかしかなくなった
何としてもあの化け物を倒さなければならない

貿易協定失効

http://art5.photozou.jp/pub/729/3116729/photo/257980174_624.v1537440773.png

http://art5.photozou.jp/pub/729/3116729/photo/257984315_624.v1537453000.png

http://art1.photozou.jp/pub/729/3116729/photo/257984316_org.v1537453008.png

ここまで続くのは日米同盟ルートでもない限りなさそう。

12241948

これまでの偵察によると敵の軍事系統は極度に集権化されており、化け物は全て首都からの命令によってのみ動いているらしい
つまり首都を包囲し、完全に内と外との連携を遮断すれば敵の膨大な軍隊は無力化できる可能性がある

空挺部隊に言わせれば敵部隊さえいなければ空挺効果後一日で世界大戦時に匹敵する塹壕線を築けるらしい
しかし、欧州にいる大量の敵を誘引する方法などあるだろうか…

統計

http://art1.photozou.jp/pub/729/3116729/photo/257984319_624.v1537453016.png|http://art1.photozou.jp/pub/729/3116729/photo/257984323_624.v1537453025.png

http://art1.photozou.jp/pub/729/3116729/photo/257984325_624.v1537453033.png|http://art1.photozou.jp/pub/729/3116729/photo/257984328_624.v1537453041.png

http://art5.photozou.jp/pub/729/3116729/photo/257984331_624.v1537453050.png|http://art5.photozou.jp/pub/729/3116729/photo/257984334_624.v1537453058.png

http://art1.photozou.jp/pub/729/3116729/photo/257984338_624.v1537453067.png|http://art5.photozou.jp/pub/729/3116729/photo/257984340_624.v1537453075.png

http://art1.photozou.jp/pub/729/3116729/photo/257984343_624.v1537453084.png|http://art1.photozou.jp/pub/729/3116729/photo/257984347_624.v1537453093.png

制海権は完全にナザリック側である。

http://art5.photozou.jp/pub/729/3116729/photo/257984351_624.v1537453102.png

ついにナザリックは3000個師団到達。

 
 
 

無理。

1949年

ホンジュラスクーデター

http://art5.photozou.jp/pub/729/3116729/photo/257984354_624.v1537453109.png

中南米ではよくある出来事のクーデターもこの世界では末期的混乱に見えてくる。

01061949

インド南部で見られたように我々が一定の戦力を派遣した地域に敵は数倍の戦力を差し向けてくる
敵の戦力は人類に換算して3000個師団程度
1500師団を陽動に用いることができれば、敵の全軍とは言わないまでも大半を拘束できるだろう
合衆国にそれだけの兵力はなければそれを支える工業力もない

つくづく連合軍の壊滅が恨めしい
装備はともかく、彼らを脱出させることに成功していれば陽動には使えたろうに

さいごのあがき

http://art5.photozou.jp/pub/729/3116729/photo/257984358_624.v1537453117.png

http://art1.photozou.jp/pub/729/3116729/photo/257984362_624.v1537453127.png

http://art5.photozou.jp/pub/729/3116729/photo/257984365_624.v1537453135.png

http://art1.photozou.jp/pub/729/3116729/photo/257984371_624.v1537453144.png

事実上最後の抵抗である。

http://art5.photozou.jp/pub/729/3116729/photo/257984373_624.v1537453152.png

山岳兵も燃料切れで弱体化しているのがうれしい。

http://art1.photozou.jp/pub/729/3116729/photo/257984377_org.v1537453160.png

http://art1.photozou.jp/pub/729/3116729/photo/257985038_624.v1537455366.png

増援の殲滅はならず…

 
 

http://art5.photozou.jp/pub/729/3116729/photo/257985041_624.v1537455374.png

よくよく考えるとこれで殲滅に成功していても敵全軍の内1%も削れない。

http://art5.photozou.jp/pub/729/3116729/photo/257985045_624.v1537455394.png

http://art1.photozou.jp/pub/729/3116729/photo/257985047_624.v1537455404.png

01221949

敵は常に我々との最前線に到着するよう召喚魔法を発動させてくるが、召喚魔法にはラグがある
つまり、召喚魔法が発現する前に戦線を一挙に押し上げれば、敵を包囲することができる

敵が我々の戦力がある場所に過剰に戦力を集中するのは既にインドでも確かめられている

これを応用すれば、1000個師団程度という我々の寡兵をもってしても欧州にいる敵の大軍を丸ごと引き寄せることもできるかもしれない
これを実行するためには戦闘正面を狭くできる細長い半島地域が必要だ
それはユーラシア・アフリカには…一つだけあるな
ここはジャングルだし、化け物とはいえど大軍が突破するには難しそうだ

守護者討伐

http://art1.photozou.jp/pub/729/3116729/photo/257985052_624.v1537455424.png

http://art5.photozou.jp/pub/729/3116729/photo/257985054_624.v1537455434.png

http://art1.photozou.jp/pub/729/3116729/photo/257985055_624.v1537455445.png

一個師団しかいないが、守護者がいるなら戦果としては悪くない。

http://art1.photozou.jp/pub/729/3116729/photo/257985059_624.v1537455456.png

http://art5.photozou.jp/pub/729/3116729/photo/257985061_624.v1537455466.png

燃料は消費しないみたいだ。手ごわい。

http://art1.photozou.jp/pub/729/3116729/photo/257985065_624.v1537455487.png

何とか殲滅に成功。

http://art1.photozou.jp/pub/729/3116729/photo/257985070_624.v1537455508.png

しかしユニークユニットが一つ消えても物量で押せるのがナザリックである。
というかユニークユニットを全部滅ぼしても…

http://art5.photozou.jp/pub/729/3116729/photo/257985072_624.v1537455518.png

04011949

インド南部で行われた複数回の反攻作戦
そしてマレー半島で行われた空挺作戦
これらで得られたデータに基づいて立案された、敵主力部隊陽動作戦、及びこれと呼応する敵根拠地制圧作戦が裁可された

正直私自身にとっても、この希望的観測と楽観論を前提としたこの作戦が許可されたのは謎だ
政府も支持率の低下から藁にもすがりたい思いなのだろうか

敵に少しでも学習能力があったら全軍が壊滅する
だが、通常戦力での対策は統合参謀本部がどれだけ頭をひねってもこれ以上のものは導きだせなかった

核兵器が使えないなら、これでいくしかない
 
 

04201949

インド南部への攻勢作戦が無期限延期されると伝えられた
まだ敵はこちらの戦術に対応できていないし、我々にも今はこれ以外打つ手がないはずなのに
新型兵器の投入が決定されたということか?

新型輸送機配備。

http://art1.photozou.jp/pub/729/3116729/photo/257985074_org.v1537455527.png

1年前倒しで開発完了。地球連邦が設立されていれば必要ないが、他国のプロビに空港が建設できない現状では空挺の距離が広がるのは非常に大きい。
これでイギリスから欧州の大部分に空挺ができるようになる。

これ以上泥沼の消耗戦を続けていても意味はない。
こんな戦い方をしても絶対に勝ち目はない。ナザリックは数個師団ごときの損失をいくらでも埋め合わせられるのだから。

彼らに勝つためには首都包囲によって全師団を補給切れに追い込むしかない。

http://art5.photozou.jp/pub/729/3116729/photo/257985079_624.v1537455548.png

インド南部から撤退。
乾坤一擲、欧州上陸を狙う。

大西洋沿岸のどこかに一つでも穴があればそこを突破して首都包囲できるはず…

04251949

国民の不満は極致に達している
無理もない、これだけ経済統制を長期にわたって行われそれでほとんど反攻作戦が行えていないのだから
だが化け物が存在しないとするカルト教団の伸長をこれ以上見過ごすわけにはいかない
何らかの対処を行うべきであろう
 
 

05011949

ブリテン島への転進?
詳細は伏せられている
まさか、彼らがついに上陸した…?

05021949

インドにおける作戦は敵に十分な損害を与えられるまでには至らなかった

――お父さん
私達はここまでのようです

技術研究の刺激

http://art1.photozou.jp/pub/729/3116729/photo/258002324_624.v1537584157.png

もはやこれ以上開発して意味のある技術などないがそれでもうれしい。

http://art1.photozou.jp/pub/729/3116729/photo/258002327_624.v1537584165.png

http://art5.photozou.jp/pub/729/3116729/photo/258002329_624.v1537584173.png

06131949

信徒が集めたこの情報さえ明るみに出せば現政府の権威は地に落ちるだろう
「人類救済プロジェクト」という神を騙るかのようなプロジェクト…いやこれは手記で見て知っていたが

その中の「フィラデルフィア」計画
「空間転移技術を応用し、地球の公転エネルギーを用いて敵本拠地に爆撃を行う」

こんなものまで手を付けるとは思わなかった
この情報によると1年以内に実用化されるようだが、こんなものを実戦に使ったら巻き添えで地球の生態系も破壊される

実物を見ていないからこれも旧世界と同じく実在はしないのかもしれない
だが、これが仮に本物だった場合、52年の選挙で自分が大統領になる前にこの世界が滅んでしまう!

こんな当たり前の事実を指摘する人間すら、今の政府にはいないのか?
詰めが甘かった

政府はさらに憲法修正第二条で認められている自衛の権利を無視し、武装集団の蜂起というでっち上げの名目で我々を潰そうとしている
もう選挙まで待つわけにはいかない、我々が蹶起しなければ「化け物」とやらが本当であろうとなかろうと地球は終わりだ

大丈夫、自分は主人公のはずなのだから、最後に勝つのは我々のはずだ
 
 

06271949

「オーバーロード」作戦?
 この名前を付けた人は皮肉屋に違いない
 
 

08281949

武装蜂起計画はかろうじて未然に防ぐことができた
だが治安は加速度的に悪化している
教祖が死亡した結果、教団は壊滅するどころかさらに過激化し、西海岸を中心に勢力を増している
教団の資金源となっていた「栄養剤」は全土に拡散し、取り締まりが追い付かない状態だ

アフロ・ユーラシアの解放がなされない場合、我々は自滅する
だが10年前に行われた連合国の総攻撃で彼らに全く歯が立たなかったように、旧世界解放の見込みは薄い

講和ができればそれが一番だが、連合国の決定としては徹底抗戦の方針のままだ
同盟全体での講和は不可能だろう
単独講和…卑怯者と言われても仕方ないが、合衆国を守るためには汚名を被る覚悟はできている
 
 

11111949

政府高官にまで敵との内通が発覚した
取り調べでは国を売るのではなく、単独講和を望もうとしただけとしらを切っている
敗北主義者が

万一単独講和を行えたところで彼らが矛を収めるわけもない
先にイギリスや日本が滅ぼされその後我々に矛先が向くだけだ
しかし、「旧世界の解放がなされない場合、我々は自滅する」というのはもっともだ
次の選挙前にこの戦争を終わらせなければ、共和党政権になるどころか最大で国民の三割が支持者ともいわれる教団にこの国が乗っ取られかねない
選挙か教団、どちらかを止めねばならない

大規模海戦

http://art1.photozou.jp/pub/729/3116729/photo/258002332_624.v1537584184.png

こちらにも被害が出るが敵空母二隻を撃沈。

http://art5.photozou.jp/pub/729/3116729/photo/258002335_624.v1537599671.png

http://art1.photozou.jp/pub/729/3116729/photo/258002339_624.v1537584204.png

http://art5.photozou.jp/pub/729/3116729/photo/258002343_624.v1537584215.png

ドーバーを偵察。

http://art1.photozou.jp/pub/729/3116729/photo/258002346_624.v1537584225.png|http://art1.photozou.jp/pub/729/3116729/photo/258002348_624.v1537584236.png

http://art5.photozou.jp/pub/729/3116729/photo/258002370_624.v1537584289.png|http://art1.photozou.jp/pub/729/3116729/photo/258002374_624.v1537584299.png

http://art1.photozou.jp/pub/729/3116729/photo/258002380_624.v1537584310.png|http://art1.photozou.jp/pub/729/3116729/photo/258002386_624.v1537584320.png

http://art5.photozou.jp/pub/729/3116729/photo/258002391_624.v1537584331.png|http://art5.photozou.jp/pub/729/3116729/photo/258002398_624.v1537584341.png

http://art1.photozou.jp/pub/729/3116729/photo/258002404_624.v1537584352.png|http://art1.photozou.jp/pub/729/3116729/photo/258011038_624.v1537622837.png

http://art1.photozou.jp/pub/729/3116729/photo/258011041_624.v1537622845.png|http://art5.photozou.jp/pub/729/3116729/photo/258011044_624.v1537622856.png

http://art1.photozou.jp/pub/729/3116729/photo/258011047_624.v1537622867.png

やはり敵の「大西洋の壁」は相当なものだ。
沿岸上陸可能な地点どころかすべてのプロヴィンスに複数師団が配備されている。

核で沿岸を焼き払えば上陸はできるだろうけれど、それではルガーノまで到達できない。
沿岸からルガーノまでの全てのプロヴィンスを核で焼き払うと同時に空挺を落とせば一時的にルガーノが包囲出来るが、残りのプロヴィンスから援軍がやってきて解囲されておしまい。
ヨーロッパ全土を核で焼きつくせればなんとかできるが、Fullでは核兵器の生産速度が大幅に低下しており、核の大量投入すら不可能である。
ついでに言うとFullではプロヴィンスが増加しており、そういう意味でも1プロヴィンス単位にしか攻撃できない核兵器は弱体化している。

インド南部上陸時にナザリックのタワーが建設されていたが、あの場所に核を投下しても効果は限られる。
どこかで述べた気もするが、DH1.04の仕様では核兵器で師団を消滅させきることが出来ない。3000個師団の内1000個師団に深刻なダメージを与えられたとしても、これらを殲滅しきらなければナザリックのICと人的で短期の内に補充されてしまう。
そして、ナザリックの更なる増援を防ぎつつ殲滅しきる手段は合衆国にはない。


つまり、詰み、である。
ルガーノを弾道ミサイルで攻撃し続ければこれ以上の核攻撃はなく、仮にナザリックによる上陸作戦がどこかにおこなわれても補給が切れているため海に追い落とすことはできる。
しかし、通常の手段をもって欧州上陸も、アジアやアフリカで戦線を形成することも不可能である。

この世界の人類可住圏はオセアニアだけとなり、ブリテン島は永久に爆撃を受け続けるエアストリップ・ワンと化すのだろう。




希望者がいるようならセーブデータをアップします。どうか人類をこの地獄の運命から救い出してください。

コメント返信

インドの少数部隊でも手こずっているからシンガポール殲滅無理じゃね?少なくとも解囲される前に指揮統制削れる十分な近接航空支援機が要る用意出来たらそれで殲滅できるけど -- 2019-02-04 (月) 16:06:32

名無し2.pngFullkaiは複合戦術ドクトリン仕様で指揮統制がめちゃくちゃ高いので空軍がかなりいないと厳しいです。

http://art1.photozou.jp/pub/729/3116729/photo/260145565_org.v1549530424.png

名無し2.pngナザリックに入ってユニットの指揮統制みたらこんな感じでした。この環境では阻止攻撃無双とは言えないと思います。

 
 

アインズ様抜きで転移しても多少の犠牲は出るが世界征服できるらしいのでダメみたいですね>元ネタ世界の人類 -- 2019-02-04 (月) 16:51:19
あの世界の住人はユ虐のゆっくりみたいな連中だからね -- 2019-02-04 (月) 17:29:33
水戸黄門に出てくる悪代官とその手下どものような奴らなのか -- 2019-02-06 (水) 20:44:01

名無し2.pngここはじんるいたちのみつけたゆっくりぷれいすだよ!だからこくさいほうをまもらないごみくずどもはゆっくりせずにでていってね!すぐでいいよ!

 
 

占領地に空港立てるのはどうだろうか?指揮統制の問題で厳しいか? -- 2019-02-03 (日) 16:03:32

違うそうじゃないシンガポールの上のエリアの解囲する部隊を狙うんだ、占領地に空港立てて陸地を隔離すれば輸送艦作らないナザリック軍を壊滅できそう -- 2019-02-03 (日) 16:06:44

名無し2.png限りなく正解に近いです。占領地(一時預かり)においても空港は建設可能ですし、そこから空挺を投下することは可能です。今回開発された1950年型輸送機をもってすれば解囲しにきた数百個師団をさらに包囲することも可能でしょう。

名無し2.pngしかし、1.04以降のルール「補給切れの部隊であっても統制値は回復する」ここを忘れてはいけません。敵の数百個師団を殲滅するには超長期にわたって包囲を維持し弱体化するのを待たねばなりませんが、ここで重要なのがナザリックの総兵力です。

名無し2.pngナザリックの総兵力は3000個師団以上。こちらの戦力は前線に揃えられるのは800〜900個師団が精々です。仮にシンガポールの数個師団を包囲するためにジョホールに900個師団を配備すると、クワンタンとクアラルンプールにあわせて1500個師団程度がやってきます。

名無し2.pngここで、ソンクラーとアロースターに空挺を投下することで「解囲する部隊」を包囲することは可能です。しかしその場合、スラートターニーにまた1000個師団程度がやってきます。大軍をソンクラーとアロースターに投入することでさらなる「解囲する部隊」からの攻撃を防ぐことはできます。

名無し2.pngしかしそうするとジョホールを守る戦力が足りなくなります。中途半端な戦力ではたとえ補給切れであってもナザリックタワーに攻撃されて踏みつぶされます。ジョホールを放棄しソンクラーとアロースターで「解囲する部隊」のタワーを包囲し、スラートターニーの「さらなる解囲する部隊」から守り抜くことはおそらく可能です。

名無し2.pngここで問題となるのが劣悪なインフラです。ソンクラーとアロースター、ここに大軍を展開すると補給切れほどではないにせよものすごい勢いで消耗していきます。クアンタンとクアラルンプールの補給切れのタワーが壊滅する前にこちら側の残った人的資源のほとんどが失われます。この作戦は複数回は使えないでしょう。

名無し2.png早期にタワーに核を落とせば…という考えもありますが、ソンクラーとアロースターからシンガポールまで突き進むためには核兵器を複数発使用する必要があります。

名無し2.pngイポーとコタバル(大体ここには敵がいるので空挺できない)に攻撃を加えるとクワンタンとクアラルンプールから少しづつ敵がやってきます。これを突破するためには一定量やってくるたびに核兵器を使用しなければなりません。ジョホールが陥落している場合、シンガポールを奪還するまでにさらにまた核兵器を使用しなければなりません。Fullの核兵器生産速度では一回やっただけで核兵器の残弾が心もとなくなります。

名無し2.pngあと、多分輸送船と勘違いなさっているのだと思いますが、「輸送艦」はナザリックも作ります。

名無し2.png輸送船はつくらないので海上輸送はほとんどしませんが、かわりに大量に作り上げた輸送機で空中補給をやってくることがあります。迎撃機で追い払うことはできますが、輸送機には護衛戦闘機が配備されているらしく大量に作らないとこちらの空軍が消耗し、そのすきをついて防空網を突破してタワーに補給してきたりします。

名無し2.pngこうなると包囲戦で不利になるのは地形による人的資源消耗に耐えられないこちら側です。拡大動員、総動員まで行い人的資源を確保する手段はありますが、TCがすでにぎりぎりであり、そこまでやってTCが維持できるかは疑問です。旧大陸が制圧されたこの状況では希少資源が厳しくこれ以上の工業力拡大も見込めません。

名無し2.pngもし「ナザリック」相手に勝とうと思うならここの「解囲する部隊」を殲滅、壊滅させようとは思わないことです。
名無し2.png寡兵をもって少しでも多くの部隊をアジアの泥沼に引きずり込むこと、これだけを考えねばなりません。

 
 

元ネタの世界の人類に対抗手段・・・運良くアインズ様に気に入られるか属国になるくらいかなぁ -- 2019-02-06 (水) 22:37:06

名無し2.pngダメみたいですね

 
 

饗庭淵(敬称略)ってどこかで聞いたことあると思えば黒先輩とかpixivでよく胸のアレ系書いてる人か

名無し2.pngそうです。ちなみに人類滅亡後のPinocchiaは黒先輩の続編にあたるみたいなのであの世界の人類は全滅したみたいですね…

 
 

怒りのオーバーロードAARへ進む

作戦名「オーバーロード」/繰り返される上陸、繰り返される撤退 下に戻る

作戦名「オーバーロード」


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-02-08 (金) 22:28:01 (11d)