枢軸

WW2ニ

(問題あれば消します)

表え.jpg

方針

1939年1月1日暴漢に襲われ、山本五十六死す。

しかし死んだはずの山本は何故か三年前、1936年にタイムスリップしていた。
その世界では陸軍きっての秀才、東条英機大将との友好が深まっており、
山本は別世界の人間ながら海軍大臣と連合艦隊長官を兼任することになる。
山本五十六連合艦隊長官兼海軍大臣の指揮の下、我が国の対外方針を進めて行く。
陛下が望む単語は唯一つ“平和”
「戦争はいかん、平和が欲しい」
この言葉に突き動かされ、智将山本五十六は闘う。

米国との戦争は最早不可避。かくなる上は講和を目指すのみ。
勝利ではない、あくまで講和である。

更新報告

2010年

1月10日 キャラ紹介追加(大島、吉田、東郷の外交屋三人を追加。黒島説明文も)
1月16日 投票追加(領土請求内容)
2月11日 表絵up+総修正+キャラ紹介追加(小沢、杉山、草鹿、伊藤)
6月25日 皇国の夕暮れ一応、完成

皇国は何処へ行くか

零>1939皇国の暁

壱>1936皇国の夜明け

弐>1936皇国の朝暮

参>1937~1938皇国の兆し

肆>1938~1939皇国の目醒め

伍>1939~1940皇国の夕暮れ(一応、完成?)

録>1940~1941皇国の日射し(ただの白紙の様だ)


主人公

山本五十六.png山本五十六
日本人で唯一ドイツの剣章付き柏葉章騎士十字章を受賞した人物である。
空母の有効性に早々気付いた軍人であり、機動艦隊を考案した先進的視野を持った男だった。
第二次大戦時に唯一、日露戦争の経験を持った軍人でもある。
ハーヴァード大学、在米国駐在武官を得て中将に昇進。

人物紹介

東條英機.png東条英機
父親が軍人という、生粋の皇国軍人。
陸軍一のカミソリと言われ、部下への思いやりも厚いとの評判であった。

石原莞爾.png石原莞爾
満州事変の考案者。
史実では東条と折り合いが悪く、関東軍に飛ばされていた。
自著の中で原子爆弾の登場を予見する。
これからの戦争は航空機によって二次元から三次元へと移行する……等の革新的な戦術論を唱え、今でも信望する外国軍人は多いという。

米内光政.png米内光政
史実では海軍大臣を務め、海軍内では布袋様とのあだ名をつけられるほどの温厚家であった。
日独伊三国同盟締結においては強固に反対し、山本・井上・米内の三人で『海軍左派3羽烏』と呼ばれた。

井上さん.jpg井上成美
海軍学校の校長を務め、終戦時には最後の海軍大将として有名になった。
軍政面では比類なき才能を示し、米内海軍大臣の副官として貢献した。

南雲.jpg南雲忠一
生粋の水雷屋。
本来ならば軽巡に乗って駆逐艦を指揮すべき水雷屋畑の人物であったが、年功序列の為、真珠湾奇襲の機動艦隊司令を務めた。
世界初の機動艦隊はこの南雲中将率いる南雲機動艦隊である。

宇垣.jpg宇垣纏
開戦時には連合艦隊総参謀長、少将。
滅多に表情を変えないことから黄金仮面の異名がついた。
ドイツへの駐在武官経験がある。

無題.jpg黒島亀人
真珠湾奇襲の考案者。
奇異な行動と独特の思考から仙人参謀と呼ばれた。
極端なペラ屋(航空派)であり、鉄砲屋の宇垣との仲は良いものではなかったという。

伊藤.jpg伊藤整一
山本派として知られ、最後まで日米開戦に反対した人物である。
名の通り非常に誠実な人物だったとされ、なおかつ当時の軍令部部長が手の元に置きたがる程の識者でもあった。
駐米武官としてアメリカに滞在していた時、米軍随一の名将であったレイモンド・スプルーアンス少将と親交を結んだ。

小沢.jpg小沢冶三郎
開戦直前まで第一機動艦隊司令を育て上げ、日米戦の要となる機動艦隊の生みの親と呼ばれた。
レイテ沖海戦ではハルゼー大将率いる機動艦隊を釣り上げ、マッカーサー大将以下の輸送艦隊を丸裸にすることに成功している。
最後の聯合艦隊長官。

草鹿.jpg草鹿龍之介
水雷屋である南雲忠一大将に対し終始、航空畑からの助言を与えた人物であった。
黒島だけの産物とされるが、真珠湾奇襲の具体的艦隊運動等を立案したのは草鹿である。

杉山.jpg杉山元
陸軍大臣、参謀総長、教育総監の三長官を務め上げた二人の内の一人である。
中国大陸撤退からは絶対反対の姿勢を示しており、若手将官の意見に動かされ易かった為、操り人形とも称された。
なお対中国戦線において昭和天皇に一週間で終わるでしょう、と豪語したのは現在においても批判の的となっている。

OshimaHiroshi.jpg大島浩
昭和期日本の陸軍軍人、最終階級は陸軍中将。
第二次世界大戦前から駐ドイツ特命全権大使を務め、日独伊三国同盟締結の立役者としても知られる。

Shigeru_Yoshida_suit.jpg吉田茂
駐米、英の経験を持つ外交官。
ふくよかな風貌と、葉巻をこよなく愛したことから「和製チャーチル」とも呼ばれた。

東郷茂徳.jpg東郷茂徳
欧亜局長や駐ドイツ大使及び駐ソ連大使を歴任、東條内閣で外務大臣兼拓務大臣として入閣して日米交渉にあたり日米開戦回避に努めた。

プレイ環境

・日本語版AOD1.04
・難易度普通
・攻撃性普通
・基本チートらめぇ
・統帥権美味しいです
・脳内妄想補完の為、時折チートを使用(現在一回)
・オマケにおけるネタというスパイス 

ストーリーの為の使用チート

・日中戦争講和後、中国国民党とサンマさんの同盟解除
(日満同盟に加えさせる為)

過去投票結果

一回目

作者がへたれなので1938年に宣戦布告したいんですが(ry
いつごろがいいんでしょうか……
あまりhoiを始めてから時が経っておりませんので先輩方ッ!
是非とも、アドバイスを!

選択肢 得票数 得票率 投票
1938 56 75.7%
1941 9 12.2%
1944 9 12.2%
その他
投票総数 74


二回目

さて、困った……
勉強の合間の休憩プレイで何度も何度も対米戦をプレイしているのですが……(べ、別に三時間もやってないんだからね!)
めらめらと領土欲が(ry
困った時の皆様頼り
もしよければ……お助け下さい

選択肢 得票数 得票率 投票
我が国に領土侵略の意図は無い 79 54.5%
正当なる領土請求(グアム島) 36 24.8%
地に這いつくばれ!(米帝併合を目指す) 18 12.4%
明治天皇の遺産(ハワイ共和国建国) 7 4.8%
未来への一手(99年通行許可要求) 2 1.4%
領土割譲要求(戦略的価値のある島を請求) 2 1.4%
覇権の集中が悪政を生むのだ(カリフォルニア独立) 1 0.7%
その他(コメに書いて頂ければ加えます) 0 0.0%
その他
投票総数 145

三回目

選択肢 得票数 得票率 投票
有り 91 94.8%
無し 5 5.2%
その他
投票総数 96

謝罪

当愚作AARがwikiの皆様にaarの技量以外の、悪ふざけというあまりに幼稚な点でご迷惑をおかけした事を謝辞させて頂きます。
指摘して頂きました点で全く弁解の余地は無く、私がwikiの利用方法を間違えていたというのは明らかであります。
読みやすく、を意図したものが自らの領域に引きこもり、知らない方へ嫌悪感を抱かせた事の罪はwikiの品位を貶めた事と同様、非常に重い物だと感じました。
現在完成率60%程度、少し時期を開けて最新章を更新するつもりですがその際に改め謝罪させて頂きます。
ネオへの移行という助言を頂きましたが、hoi2を購入したのはこのaarwikiで素晴らしいaar達(英国王の黒さに戦慄を覚えたものでした)を読み、
是非私もここで書かせて頂きたい! という迷惑極まりない欲望が一番の理由でありました。
自分勝手だと承知しておりますが、出来ればこのまま本wikiで書かせて頂きたら嬉しいです。(拙い文章で失礼致しました
また他の作者様達のaar更新情報をコメント欄における論議で埋めてしまった事、不快に感じられた方が多いと思われます……。
ご迷惑をおかけし申し訳ありませんでした。


注意

夜に編集した場合、文がおかしいかも
初めてですのでコメントして頂けるとモチベーションが上が(ry

コメントお願いしますッ

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • どんな俳優を当てて下さるのか期待期待です -- 作者 2011-06-27 (月) 20:29:17
  • 戦藻録・・・内容は学生には難しいかも(言いまわし的に)  -- キャベツの人 2011-06-27 (月) 21:59:17
  • 更新マダー? -- 2011-10-16 (日) 17:10:55
  • とてもわかりやすく、面白い・・・こりゃぁたまげたぁー -- DHシリーズ作者 2011-10-19 (水) 07:59:07
  • このaar凄く面白いです。 -- 横山上等兵 2012-02-03 (金) 16:37:11
  • 更新して欲しいものだ -- 2012-03-24 (土) 15:39:22
  • ハワイトハウス・・・アイゼンハワー将軍は混乱なさっているようだw -- 2012-03-24 (土) 17:21:22
  • 好きな作品だけに戻ってきてほしいなぁ・・・ -- 2012-11-11 (日) 16:33:42
  • 更新いつー? -- ぴーまん 2013-08-29 (木) 22:06:03
  • 作者失踪 -- 2013-09-29 (日) 12:31:20
お名前:

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-03-27 (金) 11:24:12