完璧で幸福なハプスブルク

完璧で幸福なハプスブルク/爾後赤色政府ヲ対手トセズ

ザイス.png 英仏米を一度に敵に回そうってんだから正気の沙汰じゃねえな。

スンスンおじさん.png まあアメリカは弱体化されてるし何とかなるやろ(棒)

全ての権力を皇帝へ。全ての戦力を戦場へ。


シュレジエン領有問題

http://art37.photozou.jp/pub/340/2895340/photo/215338488_org.v1417602600.png

シュレジエンについては投票の結果過半数を獲得した「シュレジエン皇帝直轄領」案が採択された。

http://art37.photozou.jp/pub/340/2895340/photo/215338480_org.v1417602590.png

シュレジエンを独立させ、二重帝国とプロイセンの緩衝地帯にしてはどうか、という案もあったが、閣僚選定の難航と上下シレジア公領との統合問題が持ち上がり却下された。

http://art29.photozou.jp/pub/340/2895340/photo/215338495_org.v1417602610.png

KR Otto I.png 万歳!

1月5日、Jaroslav Heyrovsky、「縦深兵站組織」を開発。

ヤロスラフ・ヘイロフスキー。チェコはプラハ出身の分析科学者で1959年にノーベル化学賞を受賞している。
ポーラログラフィーという電気化学測定法における歴史的発明をしたらしいが専門外なのでよくわからない。
化学・管理・数学でスキル6はそれなりに使い出がありそうに見えるが数学ならノイマン先生が、化学管理ならICNやブダペスト化学工廠があったりして二重帝国では割と不遇。

開戦前夜

http://art21.photozou.jp/pub/340/2895340/photo/215338502_org.v1417602619.png

国境兵力では一見圧倒しているがこれはフランス・コミューンがその兵力のほとんどをイタリア国境に集結させているためであり現状の優位は見せかけである。
また旧ドイツ国境沿いの要塞をそのまま活用している為(破壊イベントがあるのかなと思ったが特になかった。そもそも未だにドイツからの占領地扱いだったりする。レベルは3-4)防衛力は極めて高い。
ぶっちゃけた話をすればロシア軍がいないと攻勢も防衛もままならないので開戦直後は戦車と自動車化歩兵による火消しで国境防衛を試みる。
ロシア軍到着後、装備とドクトリンで優越する二重帝国軍が中心になって非要塞地帯を中心に突破を図る。
人的資源の削り合いになってもIC、人的資源残量から考えて負ける要素はない(あまりやりたくないが)。

KR BohmErmolli.png ロシアがいないとどうにもならんなこれは‥‥

ロシア抜きでやるならあと2,3年は準備期間が必要だ。その間にアメリカが手をつけられなくなる可能性が高い。

ザイス.png 陸軍が少ないのが悪い(真顔)

二重帝国復興時に各国軍がまとめて消滅するのが悪い。


開戦

1月6日、帝国政府はフランス・コミューンに対し以下の受け入れを要求した。

1、ルクセンブルク大公国の即時復興とシャルロットの復位
2、二重帝国影響下におけるドイツ領邦の承認
3、ライン同盟およびバーデン=ヴェルテンブルクの要求する旧ドイツ帝国領の返還
4、アフリカンフランス(フランス国粋派)との講和及び将来的な合同を約する声明の発表
5、イタリア連邦に対する領有権主張の撤回及び国境軍事施設の撤去
6、スイスに対するジュネーブの返還
7、インターナショナルにおける国際社会主義の撤回
8、インターナショナルの段階的解消・解散

1、2は兎も角として3以降の条項はフランス・コミューンとして絶対に受け入れる訳にはいかなかった。
対独戦争での多くの血は勿論の事、社会主義建設のこれまでの努力を全て捨てされと言っているに等しい内容にフランス側は激怒、「論ずるに値せず」としてその要求を撥ねつけた。
オーストリア、ロシア両帝国は「平和を求める我が国の努力は彼らの傲慢な態度によって無に帰した」として即日フランス・コミューン政府に対して宣戦を布告した。

http://art37.photozou.jp/pub/340/2895340/photo/215338507_org.v1417602627.png

http://art37.photozou.jp/pub/340/2895340/photo/215338515_org.v1417602635.png

第二次世界大戦第二幕はこうして幕を開けたのである。

KR Otto I.pngシュシュニック.pngザイス.pngKR BohmErmolli.pngレーヴェンフェルス.pngメンスドルフ.pngガンバルゾー!ガンバルゾー!ガンバルゾー!ガンバルゾー!ガンバルゾー!ガンバルゾー!


プロイセンくんのやる気

http://art29.photozou.jp/pub/340/2895340/photo/215338520_org.v1417602643.png

なお、碌に最前線に派遣されてこなかった模様。

ザイス.png 属国の屑がこの野郎‥‥


時間稼ぎ

http://art37.photozou.jp/pub/340/2895340/photo/215338529_org.v1417602652.png http://art37.photozou.jp/pub/340/2895340/photo/215338537_org.v1417602660.png

ロシア軍が来るまで兎に角戦車と自動車化師団を使って防衛線を展開する。

KR BohmErmolli.png オーストリアそのものに国土縦深はそれなりにあるが属国にはないからな。突破=死だ。

帝国のプライドとして属国は守り抜かねばならんので防衛は続く。


帝国防空隊の壊滅

http://art21.photozou.jp/pub/340/2895340/photo/215338543_org.v1417602668.png

ヴェネーディヒで帝国海軍の上空を護らせていた迎撃機隊が壊滅。

KR BohmErmolli.png ドクトリン研究も機体研究も装備更新も進んでないので残念でもなんでもなく当然。

KR Otto I.png 空母は大丈夫なのか?

制空隊や陸爆は飛んでくるんですけど海爆は来ないんですよね。結局決戦まで無傷でした。


トルコ共和国くん死す

http://art21.photozou.jp/pub/340/2895340/photo/215338554_org.v1417602676.png

オスマン帝国の武装蜂起は失敗、トルコ革命ルートは無事逝去した模様。

アブドゥルメジド2世.png (君主制維持)やったぜ。

共和政は滅びて、どうぞ。


ロシア軍の到着

http://art29.photozou.jp/pub/340/2895340/photo/215338561_org.v1417602684.png

自動車化歩兵による防衛に限界が見えつつあった1月21日、ロシア軍到着。
開戦から遅れること2週間である。十分早いけど。

シュシュニック.png これでかつる!

機動戦力を順番に後方に下げて指揮統制を回復しながらロシア軍を当てにした防衛線を張る。
24日にはデュッセルドルフとカールスルーエへの攻勢を防ぎきることに成功する。

http://art21.photozou.jp/pub/340/2895340/photo/215338573_org.v1417602693.png http://art29.photozou.jp/pub/340/2895340/photo/215338595_org.v1417602708.png

レーヴェンフェルス.png なんだこの損失は‥‥WW1かなにか?

そら(大国同士がタワーをぶつければ)そうなる(それなりの被害は出る)よ。


極東情勢

23日に日本が清の首都北京を制圧、28日に溥儀が南京への遷都を宣言。

http://art29.photozou.jp/pub/340/2895340/photo/215338582_org.v1417602701.png http://art37.photozou.jp/pub/340/2895340/photo/215338610_org.v1417602718.png

なお戦線は動かん模様。

1月27日、C-K-D、「基本型固定対空砲」を開発


死闘

http://art37.photozou.jp/pub/340/2895340/photo/215338623_org.v1417602725.png

要塞が無く配置も手薄だったコブレンツを攻撃したが案の定わらわらと周辺から増援が集まり指揮統制の無駄遣いにならないうちに撤退。
直後に手薄になったミュンスターを攻撃してきたが予備兵力のセルビア軍を投入してこれを弾き返す。

http://art37.photozou.jp/pub/340/2895340/photo/215338635_org.v1417602733.png

メンスドルフ.png 一進一退だな。

粘っていればチャンスは来る。特に防衛をかなりロシアに依存できるようになったのでオーストリア側の自由になる兵力が増えたのは大きい。

KR BohmErmolli.png 後はタイミングだな。

http://art37.photozou.jp/pub/340/2895340/photo/215338648_org.v1417602741.png

KR Otto I.png にしても損失が‥‥

耐えましょう。こちらも苦しいですがあちらはもっと苦しいはずです。

1月29日、ホルティ提督、「発展型商戦防衛ドクトリン」を開発
2月10日、テラー博士、「空母戦隊」を開発


突破成功

2月19日、ロシア軍を主体とした帝国連合軍はコブレンツ防衛線を突破、彼の地の制圧に成功。

http://art29.photozou.jp/pub/340/2895340/photo/215338657_org.v1417602748.png

ザイス.png やったぜ。

KR BohmErmolli.png なお8日後。

http://art29.photozou.jp/pub/340/2895340/photo/215338709_org.v1417602788.png

KR Otto I.png なんでや!

KR BohmErmolli.png 突出部が叩かれるのは古来から当然だから(震え声)

ただ相手の攻撃部隊に快速部隊がいなかったのでこの後砲兵なしの歩兵部隊が間に合い、ロシア軍の援軍が到着して結果的には橋頭保の確保に成功しました。
ここからマインツ等の南部仏軍を引っぺがして多方面攻撃し、徐々にフランスコミューンを切り崩していきます。
南部攻勢もだいぶぬるくなりました。

http://art29.photozou.jp/pub/340/2895340/photo/215338673_org.v1417602757.png

KR BohmErmolli.png どこがだ。

2月24日、Die Tiroler Kaiserjager Schule、「1940年型海兵師団」を開発


第一次ヴェネーディヒ沖海戦

2月26日、ヴェネーディヒ湾に停泊中のオーストリア帝国海軍をワーカーズ・ネイビーを名乗るイギリス連合海軍が空襲を仕掛けてきた為帝国海軍全軍を持ってこれを迎撃。

http://art21.photozou.jp/pub/340/2895340/photo/215338681_org.v1417602765.png

http://art37.photozou.jp/pub/340/2895340/photo/215338690_org.v1417602773.png

ザイス.png 港湾攻撃で指揮統制が0になるのを待つだけの簡単なお仕事。

11隻も空母持ってる上に将軍スキルも超絶優秀な相手に正攻法で勝てる訳ないだろ、いい加減にしろ(憤怒)

KR BohmErmolli.png (こっちはちゃんと装備更新してあった)海爆を飛ばしながらの丸1日の海戦の結果がこちら。

http://art21.photozou.jp/pub/340/2895340/photo/215338699_org.v1417602780.png

KR Otto I.png ああ^〜

シュシュニック.png Vやねん!オーストリア海軍!

その後ジブラルタルにピケ張ってブリテンからの援軍が来るまで適当に戦艦を虐めて遊びました。たのしかったです。

http://art29.photozou.jp/pub/340/2895340/photo/215338718_org.v1417602796.png http://art29.photozou.jp/pub/340/2895340/photo/215338732_org.v1417602804.png http://art21.photozou.jp/pub/340/2895340/photo/215338745_org.v1417602815.png http://art37.photozou.jp/pub/340/2895340/photo/215338762_org.v1417602825.png


コミューンの断末魔

http://art21.photozou.jp/pub/340/2895340/photo/215338771_org.v1417602835.png

KR Otto I.png 戦争中にも選挙をやるのか(困惑)

そらあちらは一応労働者の国を標榜してますし。選挙は何よりも大事でしょうさ。
3月25日に結果が出てよりによって無政府主義者共が勝ちましたとさ。
ちなみに結果が出る頃にはフランスの戦線は崩壊してます(ネタばれ)

http://art29.photozou.jp/pub/340/2895340/photo/215338939_org.v1417606019.png http://art21.photozou.jp/pub/340/2895340/photo/215338981_org.v1417603026.png

http://art29.photozou.jp/pub/340/2895340/photo/215339002_org.v1417603049.png

http://art29.photozou.jp/pub/340/2895340/photo/215339011_org.v1417603058.png

シュシュニック.png ひでえネタばれだなぁ。

メンスドルフ.png アナキストはヘタするとアカよりも危険なのでは?

とうとう自棄になったかフランス人。

http://art29.photozou.jp/pub/340/2895340/photo/215339023_org.v1417603069.png


第二次ヴェネーディヒ沖海戦

3月5日に懲りもせず今度は8隻の空母でヴェネーディヒを空襲してきたので指揮統制が空になったのを見計らって艦隊決戦。

KR BohmErmolli.png SSは?

スンスンおじさん.png 撮り忘れた(小声)

ザイス.png んだよお前よぉ(腹パン)

スンスンおじさん.png う、羽毛。

け、結果は撮ったから‥‥5日間に及ぶ海戦の結果は以下の通り。

http://art29.photozou.jp/pub/340/2895340/photo/215338796_org.v1417602855.png

http://art21.photozou.jp/pub/340/2895340/photo/215338809_org.v1417602866.png

KR Otto I.png ホルティとかいう帝国の英雄。

ホルティ.png (・´ー・`)

シュシュニック.png マリア・テレジア軍事勲章授与不可避。

空母2隻戦艦2隻でワーカーズネイビー壊滅させるのは正直出来過ぎ(まだ空母ちょっと残ってるけどね)
今年中に新型空母2隻が進水するので刺し違えてくれれば恩の字かな、位に思っていたんですが。
指揮していたカニンガムは軍法会議モノですね‥‥
例によってピケを張って援軍を監視しながら戦艦および水雷戦隊いじめをしました。楽しかったです。

http://art21.photozou.jp/pub/340/2895340/photo/215338820_org.v1417602873.png http://art29.photozou.jp/pub/340/2895340/photo/215338849_org.v1417602902.png http://art29.photozou.jp/pub/340/2895340/photo/215338893_org.v1417602945.png


マインツ攻防

3月6日、2週間近くにわたって攻撃を続けていたマインツがようやく落ちる。

http://art37.photozou.jp/pub/340/2895340/photo/215338782_org.v1417602845.png

スンスンおじさん.png ほんっとタフだな、DHの陸軍。
3月11日はザールブリュッケンも突破、フランスコミューンの防衛線がようやく綻び始める。

http://art29.photozou.jp/pub/340/2895340/photo/215338830_org.v1417602882.png


RAFってなに?ドイツ赤軍?

http://art37.photozou.jp/pub/340/2895340/photo/215338841_org.v1417602892.png

カナダはアカだったのか(棒)

KR BohmErmolli.png 目を覚ませ。


ストラスブール包囲戦

http://art37.photozou.jp/pub/340/2895340/photo/215338860_org.v1417602913.png

手薄な後背地を自動車化師団で回りこみ、3月14日、フライブルクとストラスブールに包囲を形成。

KR BohmErmolli.png 自動車化師団の追い越し殲滅も含めて40個師団近くは喰ってやった。

何度か両地で激戦をしながら同19日には包囲下師団の撃滅を完了。

http://art21.photozou.jp/pub/340/2895340/photo/215338871_org.v1417602923.png

http://art29.photozou.jp/pub/340/2895340/photo/215338882_org.v1417602935.png

http://art37.photozou.jp/pub/340/2895340/photo/215338917_org.v1417602967.png

フランスは南部戦線の主導権を完全に失った。

http://art21.photozou.jp/pub/340/2895340/photo/215338949_org.v1417606028.png

3月19日の戦局図

http://art21.photozou.jp/pub/340/2895340/photo/215338971_org.v1417603017.png


ケルン突破戦

ストラスブールでの包囲形成とほぼ同時期に機動戦力とセルビア軍を総動員して(というよりロシアが攻勢かけていたのでそれに相乗りした)ケルンの突破を図っていたが15日にこれに成功。

http://art37.photozou.jp/pub/340/2895340/photo/215338907_org.v1417602957.png

自動車化師団と騎兵師団の脚の速さに物を言わせ半壊した北部軍を指揮統制の続く限り追いかけて行く。
17日にアーヘン。

http://art21.photozou.jp/pub/340/2895340/photo/215338929_org.v1417602977.png

19日にリエージュ。

http://art37.photozou.jp/pub/340/2895340/photo/215338961_org.v1417606031.png

23日にナミュール。

http://art21.photozou.jp/pub/340/2895340/photo/215338990_org.v1417603039.png

ここで後続の歩兵師団が追いつき始め、機動部隊も息切れしていた為進軍を停止。
西ドイツを抜け、次の戦場はフランドル=ワロンだ。

KR Otto I.png やっぱ機動部隊は強いな‥‥

KR BohmErmolli.png 戦車を混ぜた自動車化師団の損害を恐れぬ無停止進軍はやられたらこれほど恐ろしいものはないでしょう。

スターリン.png (^^)

グルジア親父は帰って、どうぞ。

3月23日、帝国海軍工廠、「準現代型軽空母」を開発


イタリア戦線

ドゥーチェ.png オーストリアもこっちこないし、フランスもやってたしうちでも選挙やるお!

http://art37.photozou.jp/pub/340/2895340/photo/215339031_org.v1417603079.png

KR BohmErmolli.png はいちょっとおじゃましますよ。

http://art21.photozou.jp/pub/340/2895340/photo/215339040_org.v1417603088.png

全くの偶然だがイタリアの選挙の翌日に上陸が完了した。
ただ新設の12個師団を寄せ集めただけのイタリア派遣軍は上陸時の指揮統制の激減もあっていささか分が悪く、援軍到着まで基本的には守勢を強いられることになる。

ドゥーチェ.png いたりあつおい!

ザイス.png ただの作者の戦略ミスだよ。

うるせえ(震え声)

因みに選挙結果はこんな感じ。

http://art29.photozou.jp/pub/340/2895340/photo/215339047_org.v1417603098.png http://art37.photozou.jp/pub/340/2895340/photo/215339069_org.v1417603128.png http://art29.photozou.jp/pub/340/2895340/photo/215339086_org.v1417603149.png http://art37.photozou.jp/pub/340/2895340/photo/215339114_org.v1417603180.png


仏赤軍の崩壊

4月6日には南仏への突破口となるベルフォールとフランスの突出部となっていたアーロンを制圧、いよいよフランス国内の要塞線も厚みを無くし始める。

http://art29.photozou.jp/pub/340/2895340/photo/215339055_org.v1417603108.png http://art37.photozou.jp/pub/340/2895340/photo/215339062_org.v1417603118.png

9日にはショーモンを突破し、南部においてはフランスの敗北が決定的となりつつなる中、北部でもフランドル地方の攻略を開始。

http://art21.photozou.jp/pub/340/2895340/photo/215339095_org.v1417603160.png

騎兵を走らせ12日に包囲を形成。

http://art37.photozou.jp/pub/340/2895340/photo/215339121_org.v1417603191.png

KR BohmErmolli.png なお海上補給のお陰で大した意味はなかった模様。

スンスンおじさん.png 道理で固いと思ったよ畜生!

それでも一歩一歩攻略を進め最終的に26日に抵抗を続けるカレーを落とし、北部戦線もほぼその役目を終えた。

http://art29.photozou.jp/pub/340/2895340/photo/215339137_org.v1417603211.png http://art29.photozou.jp/pub/340/2895340/photo/215339142_org.v1417603220.png http://art29.photozou.jp/pub/340/2895340/photo/215339159_org.v1417603241.png http://art21.photozou.jp/pub/340/2895340/photo/215339178_org.v1417603263.png

4月5日、トラップ大佐、「海軍消耗」を開発


タラント湾海戦

カニンガム艦隊が完全に壊滅するまでイギリスからは援軍が来なかった。
イギリス海軍は艦隊保全の為引きこもりを選択したと判断した為、護衛をつけた上でのイタリア上陸も行われたのだが‥‥

KR Otto I.png タラントで襲われた、と。

ホルティニキが何とか沈没なしで切り抜けてくれたで(震え声)

http://art29.photozou.jp/pub/340/2895340/photo/215339077_org.v1417603139.png

ホルティ.png (・´ー・`)

相手に空母がいる中よくもまあ一隻大破で免れたものである。

KR Otto I.png 勲章2個目不可避。

その後いつものようにヴェネーディヒに引きこもるといつものように爆撃をして指揮統制値を0にしていつものように迎撃しようとしたら。。。

ザイス.png 逃げられただぁ?

どういう風に正規空母軽空母ガン積み艦隊の索敵網を抜けたのかは知らんがベネーディヒ沖を脱出される。

ホルティ.png (・ω<)

無駄かなぁ、と思いながらも相手が隠密移動を使っている事を期待してアメ公の駆逐艦をぼこりながらジブラルタル沖で待ち伏せてると

http://art21.photozou.jp/pub/340/2895340/photo/215339103_org.v1417603170.png

KR Otto I.png (完全勝利した二重帝国皇帝くん.UC)

釣れましたー。
その後もスエズを回ればいいのに馬鹿正直にジブラルタルに突っ込んでくるワーカーズ・ネイビー(空母なし)をお料理するお仕事をしました。たのしかったです。

http://art21.photozou.jp/pub/340/2895340/photo/215339129_org.v1417603201.png


パリ包囲

4月23日、エヴルーまで到達した帝国騎兵隊は快進撃を続ける南部軍と連携してのパリ包囲が可能と判断し進撃を開始。

http://art29.photozou.jp/pub/340/2895340/photo/215339152_org.v1417603231.png

25日、特に妨害もなくあっけなくパリ包囲に成功する。

http://art21.photozou.jp/pub/340/2895340/photo/215339169_org.v1417603253.png

KR BohmErmolli.png 勝ったな。

スンスンおじさん.png ああ。

27日にはパリ市街を完全に包囲下に置き他地域の攻略を進めることになる。
同日、首都解囲を目指していたと思われる軍を足止め攻撃していた部隊がそのまま解囲軍を撃破してしまった。

レーヴェンフェルス.png グランダルメも終了か‥‥

http://art29.photozou.jp/pub/340/2895340/photo/215339193_org.v1417606025.png

http://art21.photozou.jp/pub/340/2895340/photo/215339201_org.v1417606029.png

スンスンおじさん.png 「首都包囲はプレチだろ」という批判もあるかもしれませんがそういったプレチの一切を初めから封じられていたAOD出身の個人的意見としては「使えるものは使う」というスタンスで行きたいと思います。

まあセルビアの統帥権取ってるし今更感はある。


南イタリアを血に染めて

ある程度指揮統制が回復したイタリア上陸軍はイタリア社会主義共和国を標榜するアカどもを殲滅する為の行動に移る。

http://art29.photozou.jp/pub/340/2895340/photo/215339184_org.v1417606029.png

http://art29.photozou.jp/pub/340/2895340/photo/215339207_org.v1417606062.png

http://art29.photozou.jp/pub/340/2895340/photo/215339219_org.v1417606023.png

途中中央同盟軍の海軍が何故か通りかかって海峡封鎖中の帝国空母にスコアを献上するといった微笑ましいハプニングを交えつつ

http://art29.photozou.jp/pub/340/2895340/photo/215339213_org.v1417606014.png

作戦はメッシーナ海峡を我が軍の師団が渡り終える前に輸送艦を沈め損ねたアイルランド軍が投入されて失敗。

ホルティ.png (・ω<)やっちった☆

あのさぁ‥‥


パリ攻防

5月6日、パリは無防備都市宣言を出さず、降伏の意思はないと判断された。
卑劣な社会主義者共は貴重な文化遺産たるパリそのものを破壊してでも自らの政治生命が惜しいらしい。
やむを得ずオーストリア帝国軍はパリへの攻撃を開始した。

http://art29.photozou.jp/pub/340/2895340/photo/215339226_org.v1417606023.png

一週間後の5月13日、エッフェル塔に帝国旗が掲げられパリの組織的抵抗は終了した。

http://art29.photozou.jp/pub/340/2895340/photo/215339239_org.v1417603355.png

パリの文化財の多くは灰燼に帰し、皇帝は深く御心を痛められたという。

5月9日、ブダペスト技術学校、「ベテラン戦闘機乗りの主導」を開発


南仏の抵抗

5月9日、ヴァランス、ブール=ガン=ブレスに包囲していたフランス兵が降伏したとロシアから連絡。

http://art21.photozou.jp/pub/340/2895340/photo/215339233_org.v1417606061.png

南仏は最早色塗りと化していた。


マルタ作戦

http://art37.photozou.jp/pub/340/2895340/photo/215339249_org.v1417603366.png

フランスはドイツ帝国のマルタを制圧しており、ここをゲリラ根拠地にする恐れがあった。
そこで帝国軍は彼の地の制圧を決定した。

KR Otto I.png ゲーム的にはVP回収だな。

メメタァ

なお作戦は5月19日にはフランス軍の抵抗なく完了している。

5月19日、シュコダ社、「改良型中戦車」を開発
5月20日、ホルティ提督、「大規模航空攻撃」を開発


フランス併g

その後明らかに嫌がらせのイギリスのロリアン上陸を退け、

http://art21.photozou.jp/pub/340/2895340/photo/215339256_org.v1417603376.png

シュシュニック.png なんせ上陸後数時間で船に乗って帰っていったからな

フランス本土のVPを全て制圧。満を持して併合‥‥

paradox.png だめです。

えっ。

paradox.png こ↑こ↓

http://art21.photozou.jp/pub/340/2895340/photo/215339263_org.v1417603386.png

KR Otto I.png あのさぁ‥‥

かくしてフランスコミューン併合はお預けとなった。いや、いいんだけどね、別に‥‥


イタリア処理

マルタの部隊をシチリア上陸に転用し、

http://art37.photozou.jp/pub/340/2895340/photo/215339269_org.v1417603398.png

上陸との二面作戦でさっさとパレルモを落とし、

http://art37.photozou.jp/pub/340/2895340/photo/215339276_org.v1417603408.png http://art37.photozou.jp/pub/340/2895340/photo/215339284_org.v1417603418.png

イタリア社会主義共和国閉店のお知らせ。

http://art29.photozou.jp/pub/340/2895340/photo/215339294_org.v1417603428.png http://art37.photozou.jp/pub/340/2895340/photo/215339304_org.v1417603438.png

パッセロ岬での謎観艦式を終え、

http://art37.photozou.jp/pub/340/2895340/photo/215339313_org.v1417603449.png http://art37.photozou.jp/pub/340/2895340/photo/215339323_org.v1417603460.png http://art21.photozou.jp/pub/340/2895340/photo/215339333_org.v1417603471.png

KR Otto I.png イタリア統一&統治の時間だああああああああああああああああああああああ

http://art29.photozou.jp/pub/340/2895340/photo/215339338_org.v1417603481.png

http://art29.photozou.jp/pub/340/2895340/photo/215339347_org.v1417603491.png

KRpiusxii.png

畏くも教皇猊下におかせられましては帝国皇帝オットー1世による南イタリアの皇帝領としての寄進を是とされ、
更には世界的脅威である社会主義勢力との戦いに全キリスト教徒が参戦すべきであるという旨の教皇勅書を発布されました。

世俗的権威に宗教的権威が合わさり最強に見える。

KR Otto I.png 実際最強なんだよなぁ。欧州皇帝名乗らなきゃ(使命感)

KRpiusxii.png すいません、アンツィオ返してもらえませんか。

http://art29.photozou.jp/pub/340/2895340/photo/215339360_org.v1417603511.png

KR Otto I.png あ、いいっすよ(快諾)

innitzer.png すいません、ヴェネツィア‥‥

ザイス.png あ゛?

innitzer.png すいませんすいませんごめんなさいごめんなさいごめんなさい

http://art29.photozou.jp/pub/340/2895340/photo/215339353_org.v1417603500.png


ヴィルヘルム2世の死

6月5日、ドイツ皇帝ヴィルヘルム2世はアフリカの地でその波乱万丈の生涯を終えた。
血を吐き、血涙を流しながら最後までオーストリア、ロシア、フランス、イギリスへの恨み事を重ねながらの憤死であったと伝えられる。

http://art37.photozou.jp/pub/340/2895340/photo/215339371_org.v1417603521.png

ドイツ皇帝は皇太子たるヴィルヘルムがヴィルヘルム3世を名乗り9日に戴冠、ドイツ皇帝位に着いた。
同日、教皇庁は南イタリアの併合とリソルジメントを正式に宣言、第二次統一イタリアは教皇によって導かれることとなった。

http://art29.photozou.jp/pub/340/2895340/photo/215339391_org.v1417603553.png

http://art29.photozou.jp/pub/340/2895340/photo/215339377_org.v1417603532.png

KR Otto I.png アフリカで戴冠か‥‥ヴィルヘルムも気の毒にな。

シュシュニック.png その立場に追いやったのは我々ですがな。

レーヴェンフェルス.png じゃけんアフリカ征服して可哀想なヴィルヘルム3世をドイツに返してあげましょうね〜

どっちにしろシュトラッサーなんぞを首相に付けてる間は和解なんぞ不可能だ。

ザイス.png そもそもプロイセンがもう復興してるしな。


フランス戦、イタリア戦の戦訓

フランス戦の戦訓としては

1、多方面攻撃は万能ではなく兵力集中が時に優越すること
2、要塞はその防御が薄い時に機動勢力によって破砕することで無力化が可能であること
3、自由兵力がロシアに比して恵まれていない我々は積極的に包囲殲滅を活用すべきであること
4、機動力による敵の撹乱は積極的に活用すべき戦術であること
5、その際の歩兵兵力による移動速度の差を戦術面に組み込めばより望ましい

イタリア戦の戦訓は

1、上陸攻撃は少数で行ってもその後の揚陸は可能な限り戦力を集中する必要があること
2、多方面上陸にAIは容易に対応し得ないこと
3、兵力の集中運用である程度指揮統制はカバーできること

これらより、ドイツがやらかしたせいで無駄に兵力が貯まっているイギリス本土上陸後の作戦を以下の様に策定、実行した。


海驢作戦

6月12日、ドーバー海峡の制海権を確保したうえで、三地点への同時上陸作戦を行う。

http://art21.photozou.jp/pub/340/2895340/photo/215340028_org.v1417604213.png

http://art29.photozou.jp/pub/340/2895340/photo/215340042_org.v1417604223.png

このうちポーツマスは囮。敵の周辺部隊を引きつけてくれればそれでよし。
ノリッジ、ドーバーが本命。場合によってはドーバーだけでも可。

http://art37.photozou.jp/pub/340/2895340/photo/215340056_org.v1417604234.png

上陸地点の守備師団は数時間で戦闘能力を喪失、予想に反しノリッジへの上陸が真っ先に成功してしまった。

http://art37.photozou.jp/pub/340/2895340/photo/215340064_org.v1417604244.png

その後ドーバーも制圧。ポーツマスは予定通りイングランド南部の歩兵部隊を引きつけてくれている。
18日に攻略を断念。これはもう致し方なし。

http://art21.photozou.jp/pub/340/2895340/photo/215340076_org.v1417604254.png

その後ドーバーを放棄、ノリッジに全戦力を集中させる。

http://art29.photozou.jp/pub/340/2895340/photo/215340088_org.v1417604263.png

なお、ドーバー海峡を封鎖し損ねて3個山岳師団が壊滅した模様。

KR Otto I.png やらかし過ぎィ!!

こ、このあと被害をなるべく少なくする戦いをしますから(震え声)

6月21日、C-K-D、「周辺防衛ドクトリン」を開発


英国本土戦

7月2日、ロンドン、ポーツマスを機動戦力と歩兵戦力を指揮限界気にせず突っ込んで突破、ドーバーの6個師団を4日に殲滅。

http://art21.photozou.jp/pub/340/2895340/photo/215340099_org.v1417604274.png http://art29.photozou.jp/pub/340/2895340/photo/215340110_org.v1417604283.png

その後ポーツマスを維持しながらロンドン、ノリッジを放棄。

シュシュニック.png えっ。

放棄。

http://art37.photozou.jp/pub/340/2895340/photo/215340127_org.v1417604295.png http://art29.photozou.jp/pub/340/2895340/photo/215340137_org.v1417604304.png

ロンドンが制圧されるのを待ちつつ11日にブリストルを制圧、プリマスの敵を包囲、3個師団を殲滅。

http://art29.photozou.jp/pub/340/2895340/photo/215340151_org.v1417604314.png

http://art21.photozou.jp/pub/340/2895340/photo/215340164_org.v1417604323.png

7月8日、帝国海軍工廠、「現代型駆逐艦」を開発
7月11日、ノイマン博士、「改良型暗号解読機」を開発


イベリア戦線の構築

去年末からやばそうだったカルリスタが7月16日ついにイベリア・アナーキスト連盟に降伏。

http://art29.photozou.jp/pub/340/2895340/photo/215340173_org.v1417604333.png

KR Otto I.png カルリスタ負けたか(´・ω・`)

KR BohmErmolli.png それよりも重大事ですよ陛下。イベリアがアカに染まったということは‥‥

18日にイベリア・アナーキスト連盟がインターナショナルに正式参加、第二次世界大戦へ参戦。

http://art21.photozou.jp/pub/340/2895340/photo/215340185_org.v1417604343.png

KR BohmErmolli.png 暫くはピレネーラインで押しとどめられる。本格的な反攻はロシア軍やイギリス遠征軍が帰って来てからだな。

KRvladimirromanov.png またすか(^^;)

すまんな、本当にすまん。
因みにイベリア・アナーキスト連盟では王党派は処断、カルリスタは許された模様。


イギリス人を減らせ、もっと減らせ

プリモスを明け渡しながらロンドン、ドーバーポケットの敵を押しつぶす。

http://art21.photozou.jp/pub/340/2895340/photo/215340196_org.v1417604353.png

http://art29.photozou.jp/pub/340/2895340/photo/215340203_org.v1417604363.png

ブリテン島のみの人的資源で陸軍15個師団程度溶かされると流石にしり込みしたのか余り攻勢に出てくれなくなる。
取り敢えずプリモスで4個師団殲滅。

http://art29.photozou.jp/pub/340/2895340/photo/215340216_org.v1417604374.png

7月23日、C-K-D、「前線飛行任務ドクトリン」を開発
8月1日、Avaitik、「1940年空母航空隊」を開発


人の(なるべく)死なない戦争

機動包囲のラインを徐々に押し上げながら北上していく。
20個師団消してやったら流石に静かなものである。リンカーンの8個師団は馬鹿じゃあるまいか。

KR BohmErmolli.png 首都解囲しようとしてるだけだろ。

その前に踏んでやんよww

http://art37.photozou.jp/pub/340/2895340/photo/215340234_org.v1417604383.png

8月13日、C-K-D、「初期型探査レーダー応用」を開発


ワーカーズ・ネイビー、壊滅。そして

http://art29.photozou.jp/pub/340/2895340/photo/215340248_org.v1417604393.png

本土が美しい白に染まっていく中、ワーカーズ・ネイビー最後の空母がひっそりとその生涯を閉じた。

パパっと本土制圧して、終わりっ!

http://art29.photozou.jp/pub/340/2895340/photo/215340262_org.v1417604403.png

http://art21.photozou.jp/pub/340/2895340/photo/215340277_org.v1417604414.png

http://art29.photozou.jp/pub/340/2895340/photo/215340293_org.v1417604424.png

http://art21.photozou.jp/pub/340/2895340/photo/215340304_org.v1417604434.png

9月4日、ステアー社、「1942年型歩兵師団」を開発
9月8日、Osterreuchische Saurerwerke AG、「改良型デシメートル波早期警戒レーダー基地」を開発


イベリア戦線

9月に入るとロシア軍も到着し始めたので適当に進軍する。

http://art21.photozou.jp/pub/340/2895340/photo/215340317_org.v1417604443.png

ザイス.png イベリアはおやつ感覚。

延々内戦やってて民兵が主体の軍に負けるわけがないんだよなぁ。


新鋭空母の命名

ドイツ、フランス、イタリア、イギリス、そして今スペインで大勝利を挙げつつある帝国軍にまた明るいニュースが飛び込んできました。
一時期工事の中止を余儀なくされていましたが新型空母が遂に進水、ヴェネーディヒでの訓練航海の後、海軍の英雄、ホルティ元帥率いる帝国艦隊に所属の見込みです。
新鋭空母はオーストリアの英雄、シュターレンベルク、ラウドンの名が付けられました。

http://art37.photozou.jp/pub/340/2895340/photo/215340333_org.v1417604453.png

スンスンおじさん.png 命名ご協力に心より感謝申し上げます。

なお、イベリアのアカによってジブラルタルが制圧されている為地中海から出れん模様()

KR Otto I.png そんなの踏みつぶせばいいだろ!


アイルランド?あったね、そんな国も

http://art37.photozou.jp/pub/340/2895340/photo/215340344_org.v1417604464.png

http://art37.photozou.jp/pub/340/2895340/photo/215340361_org.v1417604473.png

9月24日に併合。

デ・ヴァレラ.png えっひどくない。

うるせえ、SS取ってやっただけありがたいと思え。

KR BohmErmolli.png なんかワーカーズネイビーっぽい輸送艦を鹵獲したのでありがたく使わせてもらおう。

http://art37.photozou.jp/pub/340/2895340/photo/215340374_org.v1417604483.png

9月24日、理論的大躍進発生、「自走式地雷」「遠隔操作戦車」の開発が可能に
10月3日、オイゲン公、「編隊戦闘ドクトリン」を開発
同日、ペルーがエクアドルを併合。なんか戦争やってたらしいけど知るかっ!
10月4日、レンドリック将軍、「連隊規模の戦闘チーム」を開発
10月8日、Die Tiroler Kaiserjager Schule、「1942年型山岳師団」を開発


巻きで!

後はもう大したイベント起きてないから巻きで行くぞゴルァ!

http://art29.photozou.jp/pub/340/2895340/photo/215340385_org.v1417604494.png

10月15日、第二次イタリア統一、南イタリアが中核州化。言っとくがヴェネーディヒは絶対に返さねえからな。

KRpiusxii.png (;ω;)

11月5日、レンドリック将軍、「分散戦闘ドクトリン」を開発
11月10日、国粋派フランス領のギアナで反乱。同日、南部スペインに上陸。

http://art29.photozou.jp/pub/340/2895340/photo/215340418_org.v1417604516.png

http://art29.photozou.jp/pub/340/2895340/photo/215340401_org.v1417604505.png

なお3日で併合された模様。よわい(確信)

http://art21.photozou.jp/pub/340/2895340/photo/215340433_org.v1417604525.png

シュシュニック.png もう支援国家アメリカしかないしな‥‥

11月12日、オイゲン公、「偵察戦闘ドクトリン」を開発
11月15日、Osterreuchische Saurerwerke AG、「初期航空レーダー応用」を開発
11月23日、タイでラーマ7世死去

http://art37.photozou.jp/pub/340/2895340/photo/215340451_org.v1417604537.png

11月28日、エクアドルがペルーの属国として独立

http://art37.photozou.jp/pub/340/2895340/photo/215340461_org.v1417604547.png


イベリアは再びハプスブルクの手に

はい、ひっこーし!ひっこーし!さっさとひっこーし、しばくぞ!

http://art21.photozou.jp/pub/340/2895340/photo/215340476_org.v1417604557.png

12月7日に併合。

http://art37.photozou.jp/pub/340/2895340/photo/215340490_org.v1417604567.png


欧州ほぼ制覇

http://art29.photozou.jp/pub/340/2895340/photo/215340500_org.v1417604577.png

オランダとスイスが邪魔やな(野獣の眼光)

ザイス.png おいやっちまおうぜ!

メンスドルフ.png やっちゃいますか!?

シュシュニック.png やっちゃいましょうよ!


各地の様子

http://art37.photozou.jp/pub/340/2895340/photo/215340513_org.v1417604587.png

http://art21.photozou.jp/pub/340/2895340/photo/215340526_org.v1417604597.png

何気にカナダが押し返してますね‥‥たまげたなぁ‥‥


pre:完璧で幸福なハプスブルク/Osterreichische Kaiserhymne
top:完璧で幸福なハプスブルク
next:完璧で幸福なハプスブルク/新植民地作戦


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2014-12-03 (水) 21:09:51 (1657d)