亜細亜に栄光を我が手でに戻る

1963年

1月1日

岸.pngさて、年初のまとめ。

芳澤.png世界情勢ですが、激動のあったヨーロッパは下の地図のようになっています。
map6301.png
芳澤.pngスペインからの占領地没収で外交官が両国間を飛び回り、既に過労状態です。
芳澤.pngまた、独立による不満度上昇が馬鹿にならないため、東欧新秩序の構築はまだかかりそうです。

岡村.png諜報は、継続して工作活動を行っています。
岡村.pngなお、諸外国が我が国に諜報員を派遣する様子は相変わらずありません。

載仁.png第三次防衛力整備計画は、紆余曲折を経て完了しております。

岸.png今年中にベトナムを解放できればよいのだがな。

6月1日

芳澤.png戦後処理ほぼ終了しました。
岸.pngそろそろ開戦出来そうか?
載仁.pngそれについてですが、ドイツが陸上戦力をある程度揃えるまでは見合わせるべきかと。
岸.pngなるほど。
芳澤.pngなお、サルデーニャ島はイタリアに返還させました。
芳澤.pngこれにより、イタリアは基礎IC80を回復しました。
芳澤.pngまた、ドイツのICが218/156と我が国に迫る勢いです。

亜細亜に栄光を我が手で 1964年


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2008-09-28 (日) 20:06:00 (3401d)