亜細亜に栄光を我が手でに戻る

1957年

1月3日

蘆田.pngさぁ、いつものいこうか。

蘆田.png世界地図・・・は変化のあったヨーロッパはだが、次のように変化している。
map5701.png
蘆田.pngソ連が遂に消滅し、第三次世界大戦は終結した。

片山.png諜報は、現状に変化ありません。
片山.png諸外国が我が国に諜報員を派遣する様子は相変わらずありません。

中澤.pngまず、陸上自衛隊です。

陸上自衛隊部隊構成所属状態
第一特殊作戦軍海兵隊3個師団東京(横須賀)配備済み
第二特殊作戦軍海兵隊3個師団東京(横須賀)配備済み
第三特殊作戦軍海兵隊3個師団東京(横須賀)未着手
第四特殊作戦軍海兵隊3個師団東京(横須賀)未着手
第一機動軍航空騎兵3個師団東京配備済み
第二機動軍航空騎兵3個師団東京未着手
第三機動軍航空騎兵3個師団東京未着手
第四機動軍航空騎兵3個師団東京未着手
第一機甲軍機甲3個師団東京配備済み
第一軍歩兵8個師団+司令部東京司令部のみ
第二軍歩兵8個師団+司令部東京司令部のみ
第三軍歩兵8個師団+司令部東京未配備
第四軍歩兵3個師団札幌未着手
第五軍歩兵3個師団沖縄未着手
第六軍歩兵3個師団鹿児島未着手
第七軍歩兵3個師団仙台未着手
第八軍歩兵3個師団名古屋未着手
第九軍歩兵3個師団東京未着手

中澤.png次に、航空自衛隊です。

航空自衛隊部隊構成所属状態
第一航空団第201航空隊東京配備済み
第202航空隊配備済み
第203航空隊配備済み
第204航空隊配備済み
第二航空団第101航空隊 'つるぎ'札幌配備済み
第102航空隊 '蒼'配備済み
第103航空隊配備済み
第104航空隊配備済み
第三航空団第301航空隊福岡配備済み
第302航空隊配備済み
第303航空隊配備済み
第304航空隊未配備
第305航空隊未配備
第306航空隊未配備
第307航空隊未配備
第308航空隊未配備
第四航空団第205航空隊札幌未着手
第206航空隊未着手
第207航空隊未着手
第208航空隊未着手
第五航空団第105航空隊東京未着手
第106航空隊未着手
第107航空隊未着手
第108航空隊未着手
第六航空団第309航空隊東京未着手
第310航空隊未着手
第311航空隊未着手
第312航空隊未着手
第七航空団第001航空隊東京未着手
庚計画24個特別航空隊東京未着手

中澤.pngさらに、海上自衛隊及び海上保安庁の編成です。
中澤.pngなお、諸般の事情により形式を変える事になりました。

海自部隊所属艦母港状態海自部隊所属艦母港状態海保部隊所属艦母港状態
第一艦隊CV1 しょうかく東京(横須賀)配備済み第四艦隊CV3 未命名広島(呉)建造中第八管区直轄PBBH1 ながと広島配備済み
CV2 ずいかく配備済みCV4 未命名建造中PCL1 すみだ配備済み
CA1 みょうこう配備済みCV5 未命名建造予定PDDH1 しまかぜ配備済み
CA2 あがつま配備済みCV6 未命名建造予定第九管区直轄PBC1 はっこうだ広島配備済み
CL1 おおよど配備済みCV7 未命名建造予定PG1 ミサイル艇1号配備済み
CL2 みみつ配備済みCV8 未命名建造予定PG2 ミサイル艇2号配備済み
DD1 あきつき配備済みBB1 未命名未着手第十一管区直轄PBBH2 さがみ配備済み
DD2 はつづき配備済みBB2 未命名未着手PCL2 くずりゅう配備済み
DD3 よいづき配備済みBB3 未命名未着手PDD2 ゆきかぜ配備済み
DD4 しもつき配備済みBB4 未命名未着手
LPH1 ねむろ配備済みCH1 未命名未着手
LPH2 おが配備済みCH2 未命名未着手
LPH3 おしか配備済みCH3 未命名未着手
LPH4 みうら配備済みCH4 未命名未着手
LPH5 いしろう配備済みCH5 未命名未着手
LPH6 たていし配備済みCH6 未命名未着手
LPH7 かわじり配備済みDDG1 未命名未着手
LPH8 なりゅう配備済みDDG2 未命名未着手
LPH9 かもだ配備済みDDG3 未命名未着手
LPH10 未命名未着手DDG4 未命名未着手
LPH11 未命名未着手DDG5 未命名未着手
LPH12 未命名未着手DDG6 未命名未着手
LPH13 未命名未着手第五艦隊CG1 未命名未着手
LPH14 未命名未着手CG2 未命名未着手
LPH15 未命名未着手CG3 未命名未着手
第二艦隊SSN1 おやしお札幌配備済みCG4 未命名未着手
SSN2 くろしお配備済みCH7 未命名未着手
SSN3 はやしお配備済みCH8 未命名未着手
SSN4 わかしお配備済みCH9 未命名未着手
SSN5 なつしお配備済みCH10 未命名未着手
SSN6 ふゆしお配備済みDDG7 未命名未着手
第三艦隊SSN7 未命名沖縄未着手DDG8 未命名未着手
SSN8 未命名未着手予備役予備艦隊
SSN9 未命名未着手LST1 しれとこ
SSN10 未命名未着手LST2 むろと
SSN11 未命名未着手LST3 あつみ
SSN12 未命名未着手

中澤.png第三次防衛力整備計画の進捗状況はこのようになっております。

所属部隊使途配備完了
海上CV3〜8主力艦60年11月中
BB1〜4主力艦-
CG1〜4準主力艦-
CH1〜10随伴艦-
DDG1〜8随伴艦-
LPH10〜15兵員輸送-
SSN7〜12海中任務-
航空4個迎撃隊制空権確保-
4個戦闘隊制空権確保-
8個CAS隊本土防衛58年4月中
4個対艦攻撃隊本土防衛-
1個戦略爆撃隊特殊任務-
特殊飛行隊24特殊任務-
陸上海兵隊6個師団防衛・反攻-
航空騎兵9個師団防衛・反攻-
歩兵42個師団防衛・戦線維持-
3個司令部防衛統制57年5月中
海保PPG3〜14哨戒-

中澤.png最後に庚計画の方ですが、現在7軒目が完成しています。

蘆田.pngよろしい。来るべき四度目の大戦に備えた雌伏の時となるだろうな。

閑話休題

蘆田.pngいきなり執筆のペースが落ちたようだが。
中の人.png月曜は追試があったんだ。あと、MADDEN2004とか、永夜抄とか、BF1942FHSWとか・・・
蘆田.pngせめてそういうことは完結させてからやってくれんか。

4月6日

木村.pngファシスト党禁止法案が議会に上がりましたが。
蘆田.png否決しておいてくれ。

5月1日

木村.png本年のスライダーもまた独裁制ですか?
蘆田.pngうむ。
木村.pngこれで、我が国は権威主義者となりました。遂に独裁制です。
蘆田.png戦時に向けた体制だな。仕方ないだろう。
木村.pngまた、内閣が大幅に入れ替わっています。
蘆田.pngまあ、仕方ないな。

岸.png総理大臣は私岸がつとめる事になった。三人連続で裏工作の達人のようだが。
岸.pngどうやら不肖の孫が(以下自粛
岡村.png情報担当は久々に内閣復帰した岡村です。
載仁.png統合参謀及び陸軍も返り咲きの私が担当する。
後藤.png内務大臣は初期内閣以来の登場ですが、私後藤があてられます。
後藤.pngなお、軍需大臣は高橋大先生にまたお願いする事となりました。
岸.pngまた、新顔は次のふたりだ。
芳澤.png外務大臣芳澤です。
塚原.png空自総司令塚原です。

&ref(): The style ref(filename,pagename) is ambiguous and become obsolete. Please try ref(pagename/filename);

岸.pngとりあえず、この新体制で従来の路線通り行く事になる。

6月1日

後藤.png庚計画の施設建設が完了しました。
岸.pngよし。では、その分のICも戦力整備に当てられるな。

6月6日

岸.png軍需大臣交代の不満度が収まったため、内務大臣を交代させた。
飯村.png後任の飯村です。

9月7日

岸.pngさて、とりあえずまた兵力を欧州・・・・そうだな。バルセロナ方面に送ってくれ。
載仁.pngまた一体何をなさるつもりで?
岸.pngまぁ、そのときになったら話すさ。
岸.pngあと、某半島国家への工作活動を。
岡村.png了解しました。

9月22日夕刻

岡村.pngイタリアへの工作に成功、同国ではクーデターが起こりムッソリーニ氏を中心としたイタリア社会共和国が建国されました。
岸.png素晴らしい・・・・というか、奴は生きていたのか。

ev5702.png

岡村.pngそのようです。支援した諜報員も直前までその情報を知らなかったようですが。
岸.pngまあいい。芳澤、ムッソリーニにつないでくれ。

ムッソリーニ.pngChao! こちらパスタリストランテ・デ・イタリア オーナーのムッソリーニ。
ムッソリーニ.png出前のご用命は世界標準時10時からとなっておりますが・・・
岸.png御機嫌いかがかな、ムッソリーニ氏。
ムッソリーニ.pngこれはこれは、岸氏か。今回は我々の政権復活にご協力頂き大変感謝している。
岸.png心からお祝いのことばを述べさせてもらおう。それにしても、君が生きていたとは驚きだよ。
ムッソリーニ.pngまぁ、それは大人の事情*1とでもしておいてくれないか。で、今日はどういう御用向きで?
岸.png率直に言おう。君の国を我が同盟に歓迎したい。
ムッソリーニ.pngそれはそれはありがたい。
岸.png但し、我が国は不当な支配からの解放をモットーとしていてだな。君の国にもそれは当てはまる。
岸.pngつまり、先の戦争で獲得した北部バルカン地域に独立を与えて欲しい。
ムッソリーニ.png・・・それは受け入れられない。
ムッソリーニ.pngかの地域は、我々が血を流して共産主義者と戦った代償として手に入れた地域だ。
ムッソリーニ.pngそこを何の理由もなく独立させる事など国家の体面として不可能なのだ。
岸.pngそうか・・・。残念だ。
岸.pngときに、スペインがどういう経緯で現状に至ったかご存じか?
ムッソリーニ.pngやはり、そういう事か。
岸.pngええ。追って正式な形で宣戦布告するでしょうが、そういう方針なら戦争は避けられないと考えて欲しい。
ムッソリーニ.pngクーデター政権である我々に連合国の援助はない、という事か。
岸.pngですな。それでは御機嫌よう。

芳澤.pngやはりそういう事ですか。
岸.pngまぁな。
芳澤.pngこのままクーデター→連合離脱→戦争で各個撃破していく、と。
岸.pngその通りだ。
岸.pngまあ、予定より早く工作が上手くいったので艦隊がまだ到着していない。
岸.png正式な宣戦布告は月末になるだろう。
載仁.pngでは、それまでに作戦を検討致します。
岸.pngうむ。

9月28日 作戦検討会

芳澤.png各外交面の準備が整いました。
載仁.pngまた、艦隊・航空隊ともに準備が整いましたので、ここに日伊戦争の第一次作戦検討を行いたいと思います。

岸.pngでは、まず情報部から、彼我の戦力を纏めて報告してくれ。
岡村.pngわかりました。ただし、政権転覆で諜報員がいなくなったため、イタリアに関しては1週間前のデータとなります。
岡村.pngまた、我が国に関しては例によって投入戦力のみとしてありますが、この件に関してはまず各司令官から。
嶋田.png海上戦力は、スペイン戦と同様に第九管区直轄船は本土防衛のため投入しません。
塚原.png航空戦力は、今回敵が爆撃隊を多く保有するとの情報があるため第一・第二航空団を派遣します。
塚原.pngCAS8個航空隊からなる第三航空団は11月中旬に配備される予定ですので、場合によっては投入する用意があります。
載仁.png陸上戦力は、輸送可能規模の問題もあり前回同様海兵隊6個師団と、今回は加えて機甲3個師団を投入します。
載仁.pngなお、安全のため上陸作戦では、機甲師団は第二陣上陸分とします。また、今回は西・独両国の陸上兵力を借り受ける予定です。
岡村.pngでは、下の表をご覧ください。

歩兵機甲戦闘機軍団爆撃機軍団戦艦空母巡戦補助艦
イタリア51111150090
味方日本632022027
スペイン1834000023
東ドイツ837420002
アルバニア40010000

岡村.png各司令からの見立てをお願いします。
嶋田.png海上においては、悪天候下での戦艦との遭遇に不安が残りますが、他の要素は問題ないと考えます。
嶋田.pngまた、海保から借りたながととさがみがいるため、戦艦にも対応しうるでしょう。
塚原.png航空戦力は此方が圧倒的に優勢と考えます。
載仁.png陸上戦力も、後方の戦力まで考えれば充分であり、唯一の問題は兵員輸送と考えます。
載仁.pngですが、イタリア本国内では部隊の移動に時間がかかるためある程度の輸送時間は稼げるでしょう。

岸.pngご苦労。では、具体的な作戦案を参謀長、お願いする。

載仁.pngまず、下の地図をご覧ください。沿岸兵力はここしばらく数が一定しないため、参考程度に見てください。

map5702.png

載仁.pngごらんの通り、上陸地点はフィレンツェに決定しました。
載仁.pngこれは、飛行場及び軍港の確保、南北分断、首都制圧の三要素から考えた結果最善と考えられるためです。
載仁.png上陸及びその後のある程度戦力確保までは、前回のオビエド上陸作戦と同様です。
載仁.png今回は、その後第一機甲軍及びスペイン軍一部を輸送し、橋頭堡の確保を盤石にします。
載仁.pngその後、航空隊をフィレンツェに移送、また一部兵力を東進しリミニを攻略、南北を分断します。
載仁.pngここまでを以て前半部分とし、その後ローマを可能であれば攻略、その時点までを第一次作戦とし、「餓鬼道草紙作戦」と呼称します。

岸.pngご苦労。一つ質問だが、アルバニア戦線はどうする気だ?あそこはイタリアと国境を接していたと思うが。
載仁.png既にアルバニア軍の統帥権は獲得しており、国境付近に配備しモスタル付近で食い止める予定です。
岸.pngよし。それでは、10月1日をもって公式に宣戦布告し、作戦を始動せよ。
芳澤.png載仁.png了解しました。

10月1日正午

芳澤.png宣戦布告完了しました。
岸.pngでは、餓鬼道草紙作戦、始動!

10月3日2100

嶋田.pngリグリア海でイタリアの水雷隊と交戦し、駆逐艦2を撃沈しました。

10月4日1200

載仁.pngフィレンツェを無血占領しました。
岸.pngなんと。あの国は海岸防衛という事を知らんのだろうか*2

10月6日1200

岡村.png情報部より連絡です。航空隊附属偵察部の報告によると、イタリア本土に陸上戦力は殆どいないようです。
岸.png一体どこにいるんだ?

10月6日2300

嶋田.pngリグリア海でイタリアの水雷隊と交戦し、駆逐艦2を撃沈しました。

10月7日0400

塚原.pngリミニ上空で第一航空団が敵3個迎撃航空隊の迎撃を受け・・・

ev5703.png

載仁.pngこれはひどい
岸.pngなぁ、昂新涎盖,辰堂診技術だ?
塚原.png43年技術ですな。ジェット化はおろか、ロケット化すらされてません
岸.pngイタリアって一応先進国だよな・・・

塚原.pngなお、この航空戦の結果どうやらこの迎撃3個航空団は全滅し、我が方は4個航空隊で戦力計16の損害に留まりました。

10月10日1000

載仁.pngリミニ・ローマを制圧、第一次作戦は成功裏に終わりました。
岸.pngよし部隊移送が終わり次第第二次作戦をやろう。

10月17日0300

嶋田.png緊急入電! リグリア海で第一艦隊及び海保所管船隊が敵の主力と思しき艦隊と接敵!
嶋田.png構成は、カラッチョロ級戦艦(況)2、チェザーレ級戦艦(祁)2、戦艦イタリア(厳)を中核とし、CA2CA2、CL2CL1、その他DD4SS2からなる大艦隊です。

岸.pngチェザーレ級ってのは何だ?
嶋田.png実では存在しなかったリットリオ級の前の型です。
岸.png戦艦戦力の概要を。
中の人.pngカラッチョロ級は、イタリア最初の超弩級戦艦として4隻が建造予定でしたが全て中止された艦です。
中の人.png40口径38サンチ連装砲4基を搭載した34000トン級戦艦という事くらいしかデータがありません。
中の人.pngチェザーレ級は、実在しなかった艦ですから想像で語る他ありませんが、リットリオを考えるに45口径38サンチ連装4基の40000トンクラスではないでしょうか。
中の人.pngなお、史実ではリットリオ級二番艦であったヴィットリオ・ヴェネトはこの級の二番艦となっています。
中の人.pngリットリオ級は、言わずと知れたイタリア最強の戦艦です。
中の人.png速度30kt、50口38サンチ3連装砲3基を搭載した46000トン級戦艦です。
中の人.png対するながと級は、我が国が誇る世界最大クラスの戦艦です。
中の人.png速度25.6kt、45口51サンチ3連装砲3基を搭載した68000トン級戦艦です*3
中の人.png舷側には16度傾斜の420mm、甲板には200mmの装甲を施しており、実用距離でこれを打ち抜ける砲は存在しません。
中の人.pngイタリア戦艦の中で、近距離での貫徹力に定評のある最強のリットリオですら、舷側を打ち抜くには10000m以内、甲板は36000以遠必要と、どうやっても太刀打ちできません。
中の人.pngなお、ながとの主砲は舷側だろうと甲板だろうと全域においてリットリオの装甲を貫徹可能です。
岸.png詳しすぎだ。とりあえず、負ける要素はないと。
中の人.pngはい。もっとも、空母による攻撃で全てが終わる可能性がたかいですがね。

嶋田.png0700、敵艦隊が逃走しました。戦果損害を纏めたいと思います。

沈没大破中破小破
戦艦ヴィットリオ・ヴェネト戦艦イタリア重巡シピオーネ・アフリカーノ
戦艦ジューリオ・チェザーレ軽巡1
戦艦ドゥイリオ
重巡アッティリオ・レゴロ
駆逐1
潜水1
沈没大破中破小破
DD2はつづきPDD2ゆきかぜLPH6たていし
PDD1しまかぜ

嶋田.pngこちらの損害も軽微とは言いかねるため、一度全艦修理に回す必要があるかと。
岸.pngしかたない。
載仁.pngなお、その結果戦力輸送が滞るため、二次作戦はしばらく延期となります。

10月30日1700

塚原.pngサレルノ湾上空で第一・第二航空団が敵祁審し廓撃機13個航空隊を迎撃し、12個航空隊を3時間で壊滅せしめました。
塚原.png当方の損害は8個航空隊で戦力計5です。
岸.pngまた超旧式機か。とんだワンサイドゲームだ。

12月1日 作戦検討会

載仁.png各戦力が配置につきましたので、ここに日伊戦争の第二次作戦検討を行いたいと思います。

岸.pngでは、まず情報部から、彼我の戦力を纏めて報告してくれ。
岡村.pngわかりました。
岡村.pngまた、我が国に関しては例によって投入戦力のみとしてあります。
載仁.png陸上戦力は、東独軍から騎兵4機甲3歩兵11個師団を借り受けております。スペインはどうやらアルバニア戦線に援軍を送っている模様です。
塚原.png航空戦力は、東独のCASがイタリア軍を蹂躙している模様です。
岡村.pngでは、下の表をご覧ください。

歩兵機甲戦闘機軍団爆撃機軍団戦艦空母巡戦補助艦
イタリア4411620079
味方日本6(+15)3(+3)2022011
スペイン1634000023
東ドイツ83(-15)7(-3)420003
アルバニア40010000

岸.pngスペイン海軍は壊滅状態か。
岡村.png先の戦争で我が国が大部分の主力艦を沈めましたから。

岡村.png各司令からの見立てなどをお願いします。
嶋田.png海上においては、すでに大勢は決したと言えるでしょう。
塚原.png航空戦力は此方が圧倒的に優勢と考えます。既に大量の対艦攻撃機を撃墜し、航空隊約30を壊滅せしめたようです。
塚原.pngなお、第三・第七航空団が配備完了したため、実戦経験を積ませるためにも投入したいと考えます。
載仁.png陸上戦力は、南北の分断にも成功したことから、充分な数が配備できたと考えます。

岸.pngご苦労。では、具体的な作戦案を参謀長、お願いする。

載仁.pngまず、下の地図をご覧ください。なお、サルデーニャをスペインが奪取した模様です。

map5703.png

載仁.png第一に、アルバニアの戦線は予定より一つ下がりポドゴリツァに張る事となりました。
載仁.pngこれは、ごらんのようにイタリアが計15師団のタワーを築いているための措置です。
載仁.png図の見方は過去と同様です。今回は黄緑が前半作戦、黄色が後半作戦です。
載仁.png南部に関してはごらんの通りで、特に述べる事は無いので説明は割愛します。
載仁.png北部では、まず前半としてフェラーラの軍港を迅速に制圧します。
載仁.png後半で、暫定首都のミラノを攻略、ジェノヴァ方面の敵兵力を包囲する予定です。
載仁.pngその他海上・航空戦力は記述の通りです。
載仁.png上記を以て第二次作戦として、「業風閃影斬作戦」と呼称します。

岸.pngよろしい。アルバニア防衛ラインがもし抜かれた場合はどうする?
載仁.png現状では、その場合第一艦隊をドイツへ至急回航、追加戦力の補充を行います。
載仁.pngその間、海上保安庁所管船隊は火力支援を行います。
岸.pngなるほど。ではその通り進めてくれ。

12月2日1200

塚原.png第七航空団が対空砲で大きな被害を受けています。
塚原.png対空砲Lv10の地区に3回爆撃を行ったところ、戦力の6割を削られたようです。
塚原.pngしばらく戦力回復に当たります。

亜細亜に栄光を我が手で 1958年


*1 MOD的に、その時点で存在しない国まで手を回す気が起きなかったとも言う
*2 現状日本もそうだがそこは突っ込まない
*3 大妄想:意外と51サンチ24ノットだと大きくならない

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2008-09-28 (日) 20:06:00 (3401d)