ロード・オブ・ザ・ペルシアにもどる

飛躍


逆レコンキスタ



れざ.png新年になりましたが、情勢に変化はありません。ポルトガルに上陸できてません。イタリアは持ちこたえてます。ドイツはソ連に押されてます

ペルシア神.pngドイツが押されているのはいつものこととして、イタリアがしぶといな

れざ.pngどういうことでしょうね? いつもなら、すでに北部は完全に失って青息吐息のはずですが

ペルシア神.pngま、イギリスにポルトガルを取られてはかなわんから、イタリアが強いのは歓迎すべきことだ

――5月2日

れざ.png第三次ファロ上陸作戦が失敗しました……

ペルシア神.pngいいかげんにしろ!

――5月10日

れざ.pngついに浸透強襲ドクトリンが完成しました!

浸透強襲完成.jpg

ペルシア神.png9か月もかかったんかい!

れざ.pngそれでも41年中にできたんだからいいじゃないですか。十分オーバーテクノロジーですよ

ペルシア神.pngこれで上陸が上手くいけばいいけどな

――5月20日

れざ.png第4次ファロ上陸作戦が失敗しました……

ペルシア神.pngコロス! やっぱこいつコロス!

れざ.pngま、まってください。今回は兵力を2倍以上用意してます。もう一回攻勢をかけますから―!

ペルシア神.png次に駄目だったら命はないと思えよ

――5月29日

れざ.png第5次ファロ上陸作戦を行います

ペルシア神.png今度こそ成功するんだろうな?

れざ.pngええ。なんだか知りませんが、敵がファロから兵力を引き抜いてくれたんで、今回は勝てるでしょう

ペルシア神.png敵さんもまさか、4回失敗した後さらに来るとはおもっとらんのだろうな……

れざ.pngでは、指揮を執ってきまーす

ペルシア神.pngま、せいぜいがんばれ
   :
   :
   :
   :
   :
ポルトガル南端、ファロ

一般兵.png(ポルトガル兵)首都防衛に1個師団回したせいで、ここの防衛線が手薄な気がするのですが、大丈夫なのでしょうか?

一般士官.png(ポルトガル士官)心配はいらん。つい1週間前に攻撃があったばかりだし、敵もまだ回復しきっておらんだろう

一般士官.pngそれに、敵の攻撃はもう4回も失敗している。次は恐らく、乾坤一擲でリスボンをねらうだろうというのが上層部の分析だ

一般兵.pngそうですか。なら安心ですね――――!!

一般士官.png?――どうした? 何か……

一般兵.pngて、敵襲です! ペルシア軍の輸送船が海岸に!

一般士官.pngな、なんだと! 防戦用意!

一般兵.png――駄目です! 弾幕が足りない!

一般士官.pngくそっ、よりにもよってこんな時に! 首都に増援をようせ――!

ドゴォォーーーン!

一般兵.pngしょ、少尉ーーーー!

一般兵.pngあ、あれは戦車? なんでペルシアが戦車なんか……
   :
   :
   :
   :
   :
れざ.pngお喜び下さい。ついにファロ上陸に成功しました!

ペルシア神.pngよし!

れざ.png戦車師団一個を含む4個師団が上陸に成功。さらに3個師団を増援として送り込みます

ペルシア神.png戦車師団? いつの間にそんなものを?

れざ.pngフランスから買ったんです

ペルシア神.png良くそんな高いもの買えたな。しかも最新型

れざ.pngそれがですね、フランスの政体がいつの間にか権威主義になってまして

権威主義フランス.jpg

ペルシア神.pngなんで?

れざ.png良くわかりませんが、選挙で右派が勝った影響じゃないですか?

れざ.pngまあ、おかげで若干レートが良くなったので、向こうの物資生産がマイナスになったときを狙って物資と石油を積んで買い取りました

れざ.png補充のためにかなりICを食いましたが、その価値はあると思いますよ

ペルシア神.pngだからって上陸作戦に使うか? 普通

れざ.png上陸直後に攻撃されると危険なので

ペルシア神.pngところで、上陸時のSSは?

れざ.png撮り忘れました

ペルシア神.pngorz

れざ.pngとにかく上陸には成功しました。あとは、指揮統制が回復し次第、北上していきます

――6月4日

れざ.pngファロの北にあるエヴォラへ進撃、これを占領

――6月13日

れざ.pngさらに北上を続け、グアルダにて敵軍を撃破

エヴォラ.jpg

――6月23日

れざ.png23日には完全にリスボンを包囲し、一斉に攻勢をかけております

リスボン包囲.jpg

ペルシア神.pngはやいな

れざ.pngもとからポルトガルには6個師団くらいしかいませんでしたから。上陸すれば余裕です

ペルシア神.pngオポルトから攻撃しているのが例の戦車師団か?

れざ.pngはい。陸軍では私の次に有能な、スキル2攻勢ドクトリン持ちのゴラム・レザ・パーラヴィー少将に預けてあります

ペルシア神.pngまさに虎の子か。しかし、これでポルトガルの命運も尽きたな

――リスボン ポルトガル政府庁舎内

名無し.png大統領、それに首相閣下。すでに敵軍が目前に迫っております! 脱出の用意を

カルモナ.jpg……

サラザール.jpgいかがいたしますか? 大統領

カルモナ.jpg……何と言うことだ。我が国が、異教徒どもに征服されるとは

カルモナ.jpg国民に、いや、我らの父祖達に対してとても申し訳が立たん……

サラザール.jpg心中お察しいたします

カルモナ.jpg――! 何を言うか! こうなったのも全て貴様のせいではないか! 貴様が海岸防衛を怠るから……

サラザール.jpgそれに関しては閣下にもお話して了解をいただいたはずですが?

カルモナ.jpgぬう……。いや、そもそもドイツに味方したのが間違いだったのだ。イギリスと同盟いや、中立でさえあればこんなことには……

カルモナ.jpgこれについて、首相兼外相として、一体どう責任を取るつもりなのかね!

サラザール.jpgそれは結果論にすぎませんな。あの時は他に選択肢はなかったでしょう

サラザール.jpgスペインが共和派に統一されて以来の、我が国へのアカどもや無政府主義者の浸透を防ぐためには、あの時ドイツと組むしかなかった

サラザール.jpgそれについても、貴方の了解はいただきました。いえ、むしろあなたも積極的に賛成したではありませんか

サラザール.jpg私の責任を問う前に、ご自分の国家元首としての責任を考えるべきでしょうな

カルモナ.jpgき、貴様ぁ、言わせておけば――!?

カルモナ.jpgな、なんだその銃は? 一体何をするつもりだ!

サラザール.jpgですから、責任を取っていただくのですよ。大統領閣下

カルモナ.jpgな、なんだと?

サラザール.jpg正直、あなたのような腑ぬけに付き合わされるのはもうこりごりでね

サラザール.jpgそれに、貴方に生きていられると、今後の私の活動に支障をきたす恐れがある

サラザール.jpg貴方には全ての罪を背負って死んでいただき、その後、私が連合に対するパルチザン活動の主導権を握り、救国の英雄となる

サラザール.jpgご安心ください。国民諸君には、「大統領は敗戦の責任を取って潔く自決された」と説明しておきますよ

カルモナ.jpgぐ、こ、この……おい、誰かこの大逆犯をひっとらえろ!

名無し.png……

サラザール.jpg無駄です。この際潔く覚悟を決めて頂きたい

カルモナ.jpgく、くそぉぉ! この裏切者どもがぁ!

サラザール.jpgふん。下らん。死ね、このタ○無し野郎がっ!

PAM!!

カルモナ.jpgあぐぁっ

カルモナ.jpgぽ、ポルトガルばんざ……い

どさっ

サラザール.jpgちっ。最期までうるさい野郎だ

サラザール.jpg――おい

名無し.pngは?

サラザール.jpgペルシア軍に降伏する旨を伝達しろ。……大統領名義でな

名無し.pngは、はい。了解しました……

サラザール.jpgふん。あんたは私に感謝すべきだな、大統領閣下

サラザール.jpg何せ、あんたはポルトガルが異教徒どもに支配される姿を見なくて済むんだから……
   :
   :
   :
   :
   :
れざ.png6月28日、ついにポルトガルを併合しました!

ポルトガル併合.jpg

ペルシア神.pngついにやったか! よくやった

れざ.pngいやあ、正直ここまで長くかかるとは思いませんでしたね

ペルシア神.pngほとんどお前の指揮のまずさだろうが

れざ.pngてへ☆

ペルシア神.png「てへ☆」じゃNEEEEEEEEEE!

れざ.pngま、まあ勝ったんだからいいじゃないですか。ほら、研究機関も増えましたよ

ポルトガル研究機関.jpg

ペルシア神.pngふむ、スキルは低いが、造船所と軍需工場があるのは嬉しいな

れざ.pngまた、ポルトガルを併合したことにより、ICも増えることになります

れざ.pngまだ工場が回復しきっていないですが、回復すれば基本IC15、実質19になります

ペルシア神.pngそうか。それにしても、イスラム国家がイベリア半島に存在するのは、中世以来のことだな

れざ.pngええ、これは快挙と言えるでしょうね。すでに他のイスラム国家でも、我が国の名声はウナギ登りです

ペルシア神.pngこれも偉大なるペルシア帝国復活への大きな一歩だな。いっそ、イスラム帝国復興でもやるか?

れざ.png流石にスペインは勘弁して下さい……

こうしてペルシアは、かつての植民地帝国であり、またレコンキスタ*1以来イスラムの仇敵であるポルトガルを併合した。
ヨーロッパ白人の植民地となっていたアジア諸国、特にムスリム達にとって、それは大きな喜びであり希望であった。
しかし、その陰では、新たに植民地とされたポルトガルの恨みを買い、また、欧州諸国からの警戒と反感を招くなど、決して手放しで喜べる状況ではなかったのである。
しかし、ペルシアはここで立ち止まるわけにはいかなかった。
大戦が終わるその前に、ヨーロッパ人からの反感を撥ね退けるだけの実力と実績を得なければならないのだから……

ヴァイキング作戦

――6月28日

れざ.pngポルトガルが片付いたところで、アンゴラの傀儡政権を解体しました

アンゴラ解放.jpg

アンゴラ神.jpgわーい。やったー!

ペルシア神.pngま、どうせ資源も師団もない国だ。面倒みる余裕もない故、勝手にやってもらおう

れざ.pngあと、領土拡張に伴って閣僚を変更しました。内務大臣を国外領IC+5%の温情深い紳士に。また参謀総長を人的資源+25%の集団戦科の人物にしました

れざ.png本当は国外IC+10%の有能な人格異常者にしたかったんですが……

ペルシア神.png人的資源−10%は痛すぎるからな

――6月30日

れざ.pngソ連がスロヴァキアを併合しました

ペルシア神.pngいよいよ枢軸も終わりに近づいてきたな

――7月20日

れざ.pngルーマニアが枢軸を離脱しソ連の属国になりました

ルーマニア寝返り.jpg

ペルシア神.png流石に国土の半分を侵食されていてはやむをえない判断だろうな

――7月25日

れざ.png防衛計画事前策定ドクトリンが完成しました

ペルシア神.pngふむ。あいかわらずドクトリンだけは世界最先端だな

れざ.pngええ。というわけで、こういうことをやって見ました

交渉.jpg

ペルシア神.pngなんじゃこりゃぁ。フランスに浸透強襲をやらせるのか?

れざ.pngこのままだと、ソ連が欧州を赤化しそうなので、もう少しフランスにも頑張ってもらおうかなと

れざ.pngで、次はこうして手に入れた改良型歩兵師団を研究させます

ペルシア神.pngもう41年も半年過ぎてるしな

れざ.pngところで、ポルトガル戦後の補充もあらかた終わりましたが、次ははどうします?

ペルシア神.pngうむ。では、全軍をブリテン島のスカパフローに移動させておけ

れざ.png? で、何をするんですか?

ペルシア神.png知れたことを。ノルウェーを占領するんだよ!

れざ.pngの、ノルウェーですか? また随分と遠いところに目をつけましたね

ペルシア神.pngいや、現状では我が国が切り取れそうな領土はここしかない。ICもかなりあるし、なかなかおいしいぞ

れざ.pngしかし、相手は当然ドイツ様ですよね

ペルシア神.pngその通り。だが、今やソ連のスチームローラーに轢き転がされてるドイツなら、ノルウェーは手薄なはずだ

れざ.pngそうですか……。わかりました。移動させておきましょう

ペルシア神.pngうむ。くれぐれも、栄光のドイツ海軍には捕捉されないようにな

れざ.pngなにしろ海ドクはまっさらですからねえ……

――7月26日

れざ.pngハンガリーがソ連に併合されました

ペルシア神.png赤化の波は止まらんな

――8月5日

れざ.pngブルガリアが枢軸を離脱してソ連の属国になりました

ブルガリア寝返り.jpg

ペルシア神.pngくしの歯が抜けるようにとはまさにこのこと

――9月15日

れざ.pngいよいよノルウェー解放計画「ヴァイキング作戦」を開始します

ペルシア神.png何だそのベタ過ぎる作戦名は……

れざ.png他に思い付かなかったので。それに、海からの上陸作戦ですからぴったりだと思いますよ

れざ.png上陸地点はトロンハイムです

トロンハイム.jpg

ペルシア神.pngすっからかんだな

れざ.pngええ。偵察の結果ここにはドイツ軍がいなかったので。ノルウェーはほとんどのプロビが上陸可なのがうれしいですね

れざ.pngただ、ドイツ艦隊の哨戒ラインに引っ掛かるのを防ぐため、ここまで移動するのに北極海側を大きく迂回しました

ペルシア神.png輸送艦のみの丸裸の艦隊だ。慎重に過ぎるということもあるまい

――翌16日

れざ.png上陸が完了しました。付近に敵影なし……あっ!

ペルシア神.pngどうした?

れざ.pngドイツ海軍に捕捉されました! 全速離脱を図ります

ペルシア神.pngうわっ! はよ逃げろ

――翌17日

れざ.png結局逃げるまでに輸送艦2隻を喪失しました。他の艦も多くが大破ないし中破です

輸送艦撃沈.jpg

ペルシア神.png上陸後だったのが不幸中の幸いか

れざ.pngええ。ただ、しばらくは増援を送れません。上陸した機甲師団を含む6個師団で何とかしなければならないでしょう

ペルシア神.png後は向こうの駐留部隊が少ないのを祈るばかりだ

――9月26日

れざ.pngモイラーナに敵軍が現れました。しかし、攻撃してくる様子はありません

ペルシア神.png向こうも補給が滞りがちなのだろう

れざ.pngでしょうね。そういうわけで、トロンハイムに蓋をしつつ戦車師団でノルウェー南部を塗り絵しています

イメージ051tr.jpg

ペルシア神.pngこりゃ南部も完全にすっからかんだな。ヴァイキングと言うより、ほとんど空き巣だ

れざ.pngここまでくると、何で今まで誰も上陸してないのか気になりますね

――翌9月27日

れざ.png旧ノルウェー首都オスロを占領しました。IC7ゲットです

ペルシア神.png大変結構!

――10月20日

れざ.pngユーゴがソ連に併合されました……

ペルシア神.png謹んでご冥福をお祈りいたします

――10月26日

れざ.png改良型歩兵師団が完成しました。次は改良型建設技術を研究します

ペルシア神.pngま、まだ研究できてなかったのか……

――11月9日

れざ.pngモイラーナにいたドイツ歩兵2個師団を攻撃しました

モイラーナ.jpg

ペルシア神.pngドイツ様が、41年11月にもなって39年式歩兵……

れざ.png氷点下もあってかなり厳しい闘いでしたが、夜戦の有利と機甲師団のおかげで勝利しました

ペルシア神.png冬の北欧で浸透強襲はリアルチート

――11月16日

れざ.pngナルヴィクにドイツ軍を追い詰めていたところ、こんな知らせが

ギリシアの選択.jpg

ペルシア神.pngあー、ユーゴもブルガリアも死んだから、ギリシアが同盟の盟主になってたのね

れざ.pngしかし、ドイツが虫の息の今同盟しても、連合と交戦状態になる分死期を早めるだけという気も……

ペルシア神.png……いや、これは状況を考えればベストな選択だ

れざ.pngは?

ペルシア神.png考えても見ろ。このままではギリシアはソ連に併合されることは間違いない

ペルシア神.pngそうなれば、自由を奪われるのはもちろんのこと、旧敵国の国民としてギリシア人はことごとくシベリア送りにされかねん

ペルシア神.pngしかしだ、もしここで連合と交戦状態になれば、あるいはイギリスあたりの連合国に併合してもらえるかも知れんだろう。例え国自体の寿命は縮まってもな

れざ.pngなるほど。もはや国家の存続は不可能となれば、せめて国民の生命だけでも……ですか

ペルシア神.pngまさしく苦渋の決断だな

れざ.png確かに立派な覚悟ではありますが、中小国の悲哀を感じずにはいられませんね

――11月26日

れざ.pngノルウェー南部のロロスでドイツ軍捕虜の暴動が発生! ロロスの支配権を奪われました! 

ロロス蜂起.jpg

ペルシア神.pngなんだと! くそっ、なんたることだ。すぐに鎮圧しろ!

れざ.png了解しました。すぐさま部隊を振り向けます

ペルシア神.png……しかし、よもや旧連合国内でパルチザンが発生するとはな

れざ.png暴動には一部のノルウェー市民も加わっているようです

れざ.pngどうやら、何者かが捕虜や市民を扇動したと見るべきでしょうね……

ペルシア神.pngうむ。我が国はキリスト教国から見れば異教徒だ。占領地の市民からの反発は避けえないだろう

れざ.pngしかし、一体誰がこんなことを……
   :
   :
   :
   :
   
――旧ポルトガル首都リスボン パルチザンのアジト内

名無し.png臨時大統領閣下、ロロスでのパルチザン支援は成功しました。ペルシア軍は慌てふためいております

サラザール.jpgくくくっ……、ポルトガルでの蜂起は守備隊に防がれたが、ノルウェーでは成功だ

サラザール.jpg継続して、ノルウェーのパルチザンに武器と資金の供与を続けろ。市民への工作もな

サラザール.jpgペルシアめ、今に見ていろ。そのうち必ず貴様らを引きずり落としてやるからな……
陰の実力者.jpg
   
   :
   :
   :

今、歓びの時

――12月9日

れざ.png暴動も治まり、ノルウェーのICが回復してきました

れざ.pngその結果、基本ICが18になったので、内務大臣を温情深い紳士から、有能な人格異常者に変更

大臣変更.jpg

れざ.pngその結果基本IC20、実質23になり……

研究ライン増加.jpg

れざ.png見事、研究ラインが2本になりました!

ペルシア神.pngおおおおお!! ついにキタ━━━ヽ(ヽ(゚ヽ(゚∀ヽ(゚∀゚ヽ(゚∀゚)ノ゚∀゚)ノ∀゚)ノ゚)ノ)ノ━━━!!!!

れざ.pngいやあ、ここまで長かったですねえ……

ペルシア神.png全くだ。これでやっと、小国から中堅国家並にはなれたかな?

れざ.pngでは、喜びにうち震えつつ、二本目の研究ラインで発展型計算機を研究します

かくして、ペルシアの悲願と言える研究ラインの増加は成った。
それは、ペルシアという国家が弱小国の地位を脱却し、国際社会における確固たる存在となったことを象徴する出来事であった。
とはいえ、その存在はいまだ大国に比べてはるかに脆弱であり、また、飛躍的な伸長を遂げたが故に、その支配は極めて不安定である。
戦争が終わりを迎える中、新たな領土をいかに統治するか、そして、いかに外征により受けた傷を修復し、国力を充実させられるかが、大きな課題となるはずだ。
――しかし、この時すでに、国際情勢には新たな嵐が巻き起こりつつあったのである。

ロード・オブ・ザ・ペルシア ――雌伏――に続く
ロード・オブ・ザ・ペルシアにもどる


*1 ポルトガル語ではルコンキシュタ

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2008-09-28 (日) 20:06:00 (4042d)