雌伏する世界

The United Nationsからの招待状-ソ連の場合

〜アメリカ合衆国ニューヨーク・連合国総本部〜

トルーマン.png先の大戦が終結して以降、自由主義と民主主義の旗を掲げてファシズム打倒に向け雌伏の時を過ごすこと早6年…(USA大統領)

トルーマン.pngドイツとの停戦発効後も枢軸陣営との最前線という地政学的要因から慢性的な緊張状態にあるイギリス。

ジョージ6世.png国民にかかる負担が増える一方で余は申し訳ない…(英国王)

トルーマン.png植民地へ亡命して抵抗を続けるも、本土失陥による国力の疲弊と軍事力の低下に加え、植民地の独立運動や自治運動を巡り新たな紛争の危機に直面するフランス、ベルギー、オランダ。

http://art13.photozou.jp/pub/565/3215565/photo/252260080_624.v1510499191.jpg

自由フランス

http://art29.photozou.jp/pub/565/3215565/photo/252260069_624.v1510499172.jpg

ベルギー

http://art21.photozou.jp/pub/565/3215565/photo/252260058_624.v1510499154.jpg

オランダ

algジョルジュ.pnghttp://art29.photozou.jp/pub/565/3215565/photo/252261250_org.v1510501621.png ルムンバ.png「「独立させて。」」」(アルジェリア、インドネシア、コンゴ)

ドゴール.pngレオポルド3世.pngヴィルヘルミナ.png(本土奪還するまでは)「「「ダメです。」」」(自由仏、ベルギー、オランダ)

トルーマン.pngさらにオーストラリアやニュージーランドといったオセアニア諸国では我々との同盟関係解消の機運が高まりつつある。

アレクサンダー・G・アークライト.pngバーナード・フライバーグ.png「「もう国民を遠い異国で死なせたくないんじゃ…」」(ANZAC勢)

トルーマン.png枢軸陣営との講和から6年たった今、同盟国の間では欧州奪還への希望を失いかけている…

ジョージ6世.png我が国と米国は同盟国の脱落を防ぐべくフリーフランス、ベルギー、オランダへの大規模支援を継続しているが…

ジョージ6世.png欧州での市場を失って以降、貴国も我が国も経済状態も芳しくない。この状態が続くようであれば国民から同盟国に対する支援の見直しを迫られるかもしれん。

トルーマン.pngこうしている間にもドイツはますます強大になりつつある。

ドゴール.pngそれどころかファシズムは枢軸陣営を飛び越えて中立国や同盟国の政治に影響を及ばせ始めており、全体主義は世界的流行の兆しを見せている始末だ。

名無し.png『実際に一部の国々ではファシズム流行イベントでスライダーが独裁や右派に傾くようになっている』(筆者)

ジョージ6世.pngファシズムの世界的拡大を防ぐためにも枢軸陣営の政治的、軍事的包囲網の早期形成が必要であるな…。

トルーマン.pngそこで私から一つ提案がある。

ジョージ6世.pngおッ!自由主義陣営の盟主殿から直々の提案とな!?

トルーマン.png……達に協力を打診する。

ジョージ6世.pngレオポルド3世.pngヴィルヘルミナ.pngドゴール.png「「「「エェェーーェェ―――――」」」」
 
 
 
〜ソヴィエト連邦オムスク・政府庁舎〜

モロトフ.png新年早々、帰省中に急な招集をかけてすまない。緊急閣議だ。

http://art21.photozou.jp/pub/565/3215565/photo/249337833_org.v1500198835.png「帰省中に」って言われてもね…

ジューコフ2.png我々の故郷はドイツの占領下ですから…(カルーガ出身)

暗黒トハ.png新年に帰省するも何もビターピースを迎えてからずっとオムスク官公庁の仮住まいなんだよなぁ…(スモレンスク出身)

モロトフ.pngすまない同志達…配慮が足りなかった。(ヴャトカ出身)しかし事は急を要する。話に入ろう。

http://art21.photozou.jp/pub/565/3215565/photo/249337833_org.v1500198835.png緊急閣議っていうから急いできたけど、何があったん?

モロトフ.png1952年1月13日、アメリカ合衆国から連合国への協力を要請された。

http://art29.photozou.jp/pub/565/3215565/photo/252259970_624.v1510499027.jpg

1952年1月13日「The United Nationsへの参加-ソヴィエトの場合」
今日はソビエト連邦の新時代の幕開けです - アメリカ合衆国はアジアとアメリカの両大陸を反ファシズム勢力に統合させるために、
我が国に対して連合国に加わるよう正式に要請しました! 当事者の最高執行部は、我々の連合国の規約の遵守と我々が同盟に加わる
条件について議論するために招集されている。 私たちのイデオロギー的な違いにもかかわらず、ソヴィエトとアメリカ間の軍事協力
は、ナチスの世界的地位を大きく揺るがすだろう。
               
選択肢:]合国との協力関係を構築する。(アメリカ合衆国が我が国の独立を保証。相互軍事通行権の承認。米国との関係+30)
    加盟も協力も拒否する。(直ちに影響はない)

暗黒トハ.png自由主義陣営はよっぽど危機感があるのか、枢軸陣営を下すためには自陣営が掲げるイデオロギーとはかけ離れた政治的、社会的思想で動く共産陣営に協力を要請してくるとはね。

http://art21.photozou.jp/pub/565/3215565/photo/249337833_org.v1500198835.png恐らくこの提案を我が国にしてくるまで、同盟国の間で大分揉めただろうな。

モロトフ.png大方、今だ同盟国に莫大な支援を継続する米国が何とか説得してこの提案を押し通したんだろう。

ジューコフ2.pngそれでいかがいたしましょう?

暗黒トハ.png連合との協力を選択して得られるのはアメリカ合衆国からの独立保証と相互軍事通行許可だけか?

モロトフ.png現在連合側から提示されている条件はそれだけのようだ。

ジューコフ2.png現在提示されている条件では自由主義陣営へ協力するメリットはほとんどありませんね。

http://art21.photozou.jp/pub/565/3215565/photo/249337833_org.v1500198835.pngまぁ協力を選択しても我が国から連合国へ何かを提供するわけではないからな。向こうが出した条件も相応っちゃ相応だがな。

ジューコフ2.pngいずれにせよ我が国は単独で枢軸陣営を打倒する予定で準備を進めて来たました。自由主義陣営からの協力要請には必ずしも応える必要はないと私は思いますね。

暗黒トハ.pngそもそも枢軸陣営打倒後は戦後秩序をめぐって共産主義陣営は自由主義陣営と対立することになるだろう。奴らは将来的な仮想敵国群だ。

モロトフ.pngただし、この米国からの協力要請は次の大戦で連合国からのソ連への支援を引き出しやすくしてくれるかもしれない。

http://art21.photozou.jp/pub/565/3215565/photo/249337833_org.v1500198835.pngソヴィエトが枢軸と開戦した際に米国から軍事支援が受けられるとか?そんな保証はあるのかね?

モロトフ.png現状分からない。

名無し.png『FatherlandMODのイベントファイル覗いてもよくわからなかった。』(筆者)

http://art21.photozou.jp/pub/565/3215565/photo/249337833_org.v1500198835.pngコショコショ(エッ、マジかよ…)

名無し.png『イベント文を訳した感じ在りそうなんだけどな…ただ調査の副産物としてこの連合国への協力イベント、米国側の選択によってはソ連側に「連合国と軍事同盟を締結する」という3つ目の選択肢が与えられることもあるという事が分かった。今回はでなかったけどね。』

http://art21.photozou.jp/pub/565/3215565/photo/249337833_org.v1500198835.png(へぇ〜連合国に加盟して共闘するルートもあるのね。まぁ、それだと共産陣営を畳まなきゃならなくなるからその選択肢が出てきても絶対選ばんがね。)

名無し.png『あとこの協力イベント、1950年代に入るとシベリア民主共和国やロシア帝国にも発生するようになってたで。』

http://art21.photozou.jp/pub/565/3215565/photo/249337833_org.v1500198835.png(分離主義者の制圧を優先しておいて本当によかったゼ…)

モロトフ.png誰と話しているのかね?

http://art21.photozou.jp/pub/565/3215565/photo/249337833_org.v1500198835.png何でもないゾ!!

http://art21.photozou.jp/pub/565/3215565/photo/249337833_org.v1500198835.pngそれよりも国家元首・総書記・政府首班・外相であるお前さんの意見が聞きたいゾ!

モロトフ.png私は連合国との協力関係構築を新たにソ連の外交方針に加えたいと思う。この提案を受諾しよう。

暗黒トハ.png奴らがきちんと約束を順守する信用できる交渉相手だという保証はあるのかね?

名無し.png『ソ連がそれを言うのか(困惑)』

ジューコフ2.png安泰と思われたモロトフ=リッベントロップ協定…突然のバルバロッサ作戦…うッ頭が…

http://art21.photozou.jp/pub/565/3215565/photo/249337833_org.v1500198835.png本当に大丈夫か?前回の大戦で潜在的な仮想敵と不可侵結んだら突然侵攻されて国が滅亡寸前までいったんだけど。

モロトフ.pngソ連が平時、ないし枢軸と交戦中に連合国が我が国へ奇襲してくることを懸念しているのならそれは杞憂だ。

モロトフ.png連合国は世界最大最強の海軍及び空軍を保有しているとはいえ、彼らの陸上戦力は枢軸陣営の半分程度に過ぎない。それに大戦後に就任した連合国軍の首脳は有能らしくてね。彼らは自軍の準備が完了しないうちは絶対に宣戦してこない。

暗黒トハ.pngジューコフ2.pnghttp://art21.photozou.jp/pub/565/3215565/photo/249337833_org.v1500198835.png「「「えぇ〜ほんとでござるかぁ?」」」(東洋の某侍風)

モロトフ.pngもちろん、先の大戦の反省も兼ねて奇襲の予知と阻止には最大限の努力を払おう。

モロトフ.pngそれに、もし宣戦されたとしても世界最大かつ最強の陸上戦力を有するドイツ国防軍を単独で撃破できたのなら、ソ連が連合国の軍勢に苦戦するということはないだろう。

暗黒トハ.png当然、枢軸軍打破のためには陸軍へのしかるべき投資がなされるんでしょうなァ?

モロトフ.pngもちろんだ。生産開始は3月に入ってからだが、既に自動車化歩兵33師団分の装備生産を予約している。

http://art13.photozou.jp/pub/565/3215565/photo/252259996_624.v1510499065.jpg

※画像は1952年3月の物です

http://art21.photozou.jp/pub/565/3215565/photo/249337833_org.v1500198835.pngそれでも戦後、自由主義陣営が戦力を整えて我が国に挑戦してくることがあれば…?

モロトフ.pngその時は…

モロトフ.png「かかってこい! 相手になってやる!」

http://art21.photozou.jp/pub/565/3215565/photo/249337833_org.v1500198835.pngそこまで言うなら反対する理由はないな。

暗黒トハ.png俺も。

ジューコフ2.png私も。

モロトフ.pngそれではオムスクの駐ソ連・米国大使館に提案受諾の意を通達しておこう。

http://art21.photozou.jp/pub/565/3215565/photo/252259973_624.v1510499035.jpg

http://art21.photozou.jp/pub/565/3215565/photo/249337833_org.v1500198835.pngソヴィエトとアメリカの協調が少しでも長く続きますように。

中国内戦終結

モロトフ.png次に中国情勢についてだが、これに関しては既に諸君も聞いているだろう。

http://art21.photozou.jp/pub/565/3215565/photo/249337833_org.v1500198835.png去年から戦争の趨勢は決していたからね。

暗黒トハ.pngついに決着が着いたか。

モロトフ.png1952年1月15日、中国国民党は台湾へ撤退し中国共産党が大陸領土をほぼ統一した。

http://art29.photozou.jp/pub/565/3215565/photo/252260094_624.v1510499211.jpg

1952年1月15日、中華内戦終結。

名無し.png『台湾に撤退した中華民国が国名を「中華台北」へ改めてる…この世界の蒋介石は反攻大陸を完全に諦めてますね…』(筆者)

クズネツォフ.png国民党の台湾撤退後は双方海上戦力の欠如による侵攻手段の不在により両国の間で停戦が合意されたそうですね。

モロトフ.pngその後、国共内戦における共産党の事実上の勝利に伴い毛沢東主席は中華人民共和国の成立を宣言。現在、共産中国は世界各国に正式な国交の樹立を要請している。

http://art21.photozou.jp/pub/565/3215565/photo/249337833_org.v1500198835.pngじゃけん、ソ連も国民党政権とは断行して共産中国と正式な国交結びましょうね〜。

モロトフ.pngそれと過酷な内戦に勝利した毛沢東主席に祝電を。万が一、共産中国が敗北するようなことがあれば国共内戦への武力介入も検討していたが、これでアジア方面における軍事的不確定要素が取り除かれたおかげで兵力を欧州へ集中させることが出来る。

暗黒トハ.pngこれでアムール川とゴビ砂漠を挟んで中華民国軍と対峙せずに済むわけだ。

ジューコフ2.pngそれではシベリア・沿海州方面とモンゴル方面に展開していた守備隊を撤退させておきますね。

南アフリカ枢軸加盟

http://art21.photozou.jp/pub/565/3215565/photo/252260102_org.v1510499221.jpgはぁ〜ホンマ連合国の連中使えんわ(南アフリカ連邦首相)

http://art21.photozou.jp/pub/565/3215565/photo/252260102_org.v1510499221.jpg英米の連中、ナミビア反乱の鎮圧を手伝うとか言いながら南西アフリカの領土をほとんど奪っていった上に

http://art21.photozou.jp/pub/565/3215565/photo/252260102_org.v1510499221.jpg最近、”トルーマン.pngジョージ6世.pngさすがにアパルトヘイトは良くない†悔い改めて†”とかほざきおる…

http://art21.photozou.jp/pub/565/3215565/photo/252260102_org.v1510499221.jpg一体どの口が言ってんだが…まぁ言われたところで今の政策は辞めないけど今の連合国本当に嫌い…。

ヒトラー.pngなんだって!?連合国が嫌い!!!!

ヒムラー.png素晴らしい!

リッベントロップ.pngそんなあなたに枢軸陣営!

シャハト.png加盟すれば、枢軸諸国間の良好な経済協力!

マンシュタイン.pngドイツからの手厚い軍事支援!

ヒムラー.png白色人種を盟主とする共同体の保護!

ヒトラー.pngリッベントロップ.pngマンシュタイン.pngヒムラー.pngシャハト.png「「「「ファシストになって圧倒的成長!!!」」」」

ヒトラー.png出来る国家はぜひファシズムに。

http://art21.photozou.jp/pub/565/3215565/photo/252260102_org.v1510499221.jpgああ^〜いいっすね^〜

http://art29.photozou.jp/pub/565/3215565/photo/252259989_624.v1510499055.jpg

1952年1月26日、枢軸陣営加盟。南アフリカ連邦から南アフリカ共和国へ体制転換。

 
 
 
〜ソヴィエト連邦オムスク・政府庁舎〜

モロトフ.pngうわぁ〜こりゃ面倒くさいことになったな…。

http://art21.photozou.jp/pub/565/3215565/photo/249337833_org.v1500198835.png南アフリカが連合国を離脱して枢軸入りしちまったか。

暗黒トハ.pngこれにはさすがに連合諸国も頭を抱えただろうな。

ジューコフ2.png英国と米国はギリギリまで南アフリカへの説得を試みたらしいですけどね。

モロトフ.pngまぁあの国の政治的、社会的思想や人種観は枢軸諸国に近いものが多かったからね。しょうがないね。

http://art21.photozou.jp/pub/565/3215565/photo/249337833_org.v1500198835.pngこうなってしまえば枢軸陣営の打倒には海軍と空軍の力が必須になってくるな。

モロトフ.png海軍及び空軍強化用の予算を最高会議で申請しておくか。

クズネツォフ.pnghttp://art5.photozou.jp/pub/565/3215565/photo/250172423_org.v1502903566.jpg「「やったぜ!」」

ヒトラー総統、死亡

ヒトラー.pngハァ〜〜(書類見ながら)

ヒトラー.png占領地での反乱やらバルカン諸国共の紛争やらめんどくせぇ…

ヒトラー.pngこうなるくらいならバルカンの連中もスラブや共産主義者達と一緒にウラル山脈の向こう側へ追放しときゃよかったぜ。

スターリン.png欧州新秩序体制下の元、民族境界線のさらなる再編が必要のようだな。

ヒトラー.pngああ、まったくだな畜生……。

ヒトラー.png今日はもう疲れた、少し自室で休む。

スターリン.pngそれじゃお休みなさい。
 
 
 
 
 
 
〜????????〜
 
 
 
 
 
ヒトラー.pngZzzzz…zzzz……

スターリン.png

ヒトラー.png………………(チラ)

スターリン.png

ヒトラー.png!?!?!?!?!?

ヒトラー.png貴様ッ!なぜベルリンにいるんだ!?

スターリン.pngここがベルリン?なんのこったよ?(外を指さしながら)

http://art29.photozou.jp/pub/565/3215565/photo/252260045_624.v1510499135.jpg

The 地獄

ヒトラー.pngアレ、もしかして…

ヒトラー.pngワシ、死んでる―――――!!!!!!

スターリン.pngそうだよ()
 
  
 
 
〜ソヴィエト連邦オムスク・政府庁舎〜

http://art21.photozou.jp/pub/565/3215565/photo/249337833_org.v1500198835.png ジューコフ2.png暗黒トハ.png「「「ヒトラーが死亡しただって!!!!!」」」

モロトフ.pngあぁ…間違いない。ベルリンの総統官邸からもヒトラー総統が逝去したと公式声明が出された。

http://art21.photozou.jp/pub/565/3215565/photo/249337833_org.v1500198835.pngそれで、ヒトラーはどうして死んだんだ?

モロトフ.png情報が錯綜していて現段階で死因は特定できていない。

暗黒トハ.png死因は確実に寿命や病気の類では無いだろうな……一番可能性が高いのは暗殺か。

ジューコフ2.pngところでヒトラー亡き今、ドイツは一体誰が率いているんでしょうか?

モロトフ.pngヒトラーの死亡後、ドイツ政府は国家社会主義ドイツ労働者党の幹部らによる臨時集団指導体制へ移行したようだ。

http://art21.photozou.jp/pub/565/3215565/photo/252259981_624.v1510499045.jpg

1952年1月16日、ヒトラー死亡。

http://art21.photozou.jp/pub/565/3215565/photo/249337833_org.v1500198835.png新たな総統が正式に指名されるまではこの状態が続くみたいだな。

ジューコフ2.pngこの様子だとこれから総統の座を巡ってベルリンに権力闘争と粛清の嵐が吹き荒れるでしょうね…

モロトフ.pngドイツの次期総統を巡る問題は枢軸のみならず連合と共産を含む各陣営の世界戦略に大きな影響を与えるだろう。ベルリンの政治情勢は特に注視しておこう。

総統の居ぬ間に…

ジューコフ2.pngヒトラー総統の死亡によるドイツでの社会的大混乱により、東方領土の占領体制も不安定化しているようですね…。

モロトフ.png新しい指導部が正式に決定するまでこの混乱は終結しそうにないな。

http://art21.photozou.jp/pub/565/3215565/photo/249337833_org.v1500198835.png折角だから現地のパルチザンに資金提供でもしようかね。

暗黒トハ.pngパルチザンの支援も大事だがいっそこの機会を使えばドイツ占領下の領土の一部を取り返せるんじゃない?

暗黒トハ.pngこのイベントを見てくれ。

http://art13.photozou.jp/pub/565/3215565/photo/252260028_624.v1510499104.jpg

1952年5月23日「興味深いチャンス」
 ヒトラー総統の死亡後、ドイツ国内は政治的、社会的な大混乱に陥った。その為、現在ドイツは東方の占領地を維持する能力を欠いています。
もしかしたらこの機会を使ってドイツに征服されていたロシア地域の一部を奪取することが出来るかも知れません。
               
選択肢:\非やってみよう!
    △修譴聾明な選択とはいいがたい…

モロトフ.pngもしかして戦争せずに秘かに領土の一部をランダムで回復できるのか?

ジューコフ2.pngどうやらそうみたいですね。

http://art21.photozou.jp/pub/565/3215565/photo/249337833_org.v1500198835.png物は試しだ。やってみよう。(,鯀択)

暗黒トハ.pngさーてどこの領土が帰ってくるのかな!!!
 
 
 
 
 
 
〜数日後〜
 
 
 
 
 
 
ジューコフ2.png秘かにドイツ占領地の奪還を試みた結果、我が国の領土は1プロビも増えず、その代わりにロコット共和国と東方占領地委員会が東方の占領地を奪取する結果に終わりました。(半ギレ)

http://art29.photozou.jp/pub/565/3215565/photo/252260087_624.v1510499201.jpg

1952年6月13日、秘密工作の結果。

http://art21.photozou.jp/pub/565/3215565/photo/249337833_org.v1500198835.png我が国に復帰領土無し?うせやろ?はーつっかえ!

名無し.png『Fatherlandmodの別のプレイ動画ではソ連にもある程度領土が復帰してたんだけどな…今回は運が悪かったのかな?』(筆者)

暗黒トハ.pngしかもロシア領の大半を持って行ったロコット共和国ってなにもんだよ!

http://art21.photozou.jp/pub/565/3215565/photo/249337833_org.v1500198835.pngおまけにそのよう分からん国家、ロシア領奪取後に国名をロコット共和国から”Russian National States”に変えおったで。なんて訳せばいいねん!

名無し.png『ロシア国民州かな?』

http://art29.photozou.jp/pub/565/3215565/photo/252260074_624.v1510499182.jpg

ロコット共和国、Russian National Stateに変貌。

モロトフ.pngロコット共和国は先の大戦中、ドイツ軍がブリャンスク一帯へ進駐してきた時に、ドイツ軍に寝返り対独協力を行ったブロニスラフ・カミンスキー(武装親衛隊の一部隊、「カミンスキー旅団」の指揮官)とその友人であったコンスタンティン・ヴォスコボイニクが戦中、ドイツに申し出て成立した「ロコット自治区」が戦後に改組されて成立した国家らしい。

ジューコフ2.pngあくまで推測ですが、もしかしたらソ連による占領地の奪還をドイツが自身の属国に東方占領地の管理を一時的に移譲することで防いだのかもしれませんね。

暗黒トハ.png大混乱に陥っていてもさすがドイツだ。その強固な牙城を崩すにはやはり軍事力しかないらしいな。

セルビア‐クロアチア戦争

モロトフ.pngあと我々が占領地奪還工作の失敗に憤慨している間、セルビアとクロアチアが戦争状態に突入した。

http://art29.photozou.jp/pub/565/3215565/photo/252260020_624.v1510499094.jpg

1952年5月22日、セルビア-クロアチア開戦

http://art21.photozou.jp/pub/565/3215565/photo/249337833_org.v1500198835.pngドイツの構築した欧州新秩序体制も「バルカンの火薬庫」を抑え込むのは不可能だったらしいな。

ジューコフ2.pngというか戦後の欧州ではこれで3度目の地域紛争ですよ…(トランシルバニア紛争、スイス侵攻戦、New→セルビア-クロアチア戦争)

暗黒トハ.pngそもそもセルビアとクロアチアは何で揉めたんだ?

http://art21.photozou.jp/pub/565/3215565/photo/249337833_org.v1500198835.pngあそこは火種が多すぎてどの問題が発火点になったのか全く見当もつかん。

ジューコフ2.png一番可能性が高いのはクロアチア内部の民族問題に対するセルビアの過干渉とかですかね?

暗黒トハ.pngユーゴスラビア復活も目論む地下組織の工作で戦争を焚きつかれたとかいう噂もあるぜ。

モロトフ.pngまぁあとは今回の紛争でドイツがどちらに味方をするか気になるところだな。

ドイツ新指導部発足

〜ドイツ第三帝国ベルリン・総統官邸〜

http://art21.photozou.jp/pub/565/3215565/photo/252260011_org.v1510499084.jpg「1952年4月3日、今ここにドイツ国民総意の元、新しい政権が樹立された。」

http://art21.photozou.jp/pub/565/3215565/photo/252260011_org.v1510499084.jpg偉大なヒトラー総統の築き上げた国家社会主義運動にもとづき、この私”ジョセフ・ゲッベルス”を総統の座へと導いてくれた全ドイツ国民に感謝申し上げる。

http://art21.photozou.jp/pub/565/3215565/photo/252260011_org.v1510499084.jpg諸君は!ドイツ民族は!ヒトラー総統の天才的戦略指導のもとゲルマン諸民族の持つ労働、勤勉、決然さ、不屈さ、頑強さをもって苛烈な大戦に勝利し、今の欧州を統べる新秩序を己の力で築き上げてきた。

http://art21.photozou.jp/pub/565/3215565/photo/252260011_org.v1510499084.jpg私は誓おう。

http://art21.photozou.jp/pub/565/3215565/photo/252260011_org.v1510499084.jpg決して虚言を弄したり、誤魔化したりはしない。今までと同じようにこれからも、総統は諸君らと共に前進し続ける事を!

http://art21.photozou.jp/pub/565/3215565/photo/252260011_org.v1510499084.jpgただただ諸君らの為に、ドイツのさらなる繁栄と良き未来の為に行動することを!

http://art21.photozou.jp/pub/565/3215565/photo/252260003_624.v1510499075.jpg

1952年4月3日、ゲッベルス政権発足。

 
 
 
〜ソヴィエト連邦オムスク・政府庁舎〜

モロトフ.pngドイツの新総統にはナチスの政権掌握と体制維持に辣腕を発揮し、「プロパガンダの天才」「小さなドクトル」と称されたあのゲッベルスが選ばれたようだな。

http://art21.photozou.jp/pub/565/3215565/photo/249337833_org.v1500198835.pngゲッベルスか…お得意のプロパガンダを使って国民啓蒙省から自身への支持と反ゲッペルス派への攻撃を促してライバル達を蹴落としてきたんやろうな。

モロトフ.pngしかし、幾らプロパガンダや宣伝が上手くともゲッベルスの政治手腕は未だ未知数だ。奴の舵取りによっては反ゲッペルス派の復権もありうる。

暗黒トハ.png何でもいいけどよ。ゲッペルスはソヴィエトがナチスを滅ぼす様を見届ける羽目になったドイツ第三帝国最後の総統って認識でOK?

http://art21.photozou.jp/pub/565/3215565/photo/249337833_org.v1500198835.pngその認識でOK。

モロトフ.pngまぁ誰が政権を取ろうとナチスを葬り去るというソヴィエトの使命は変わらんけどね。

ジューコフ2.png出来る事ならその様子をヒトラーにも見せつけてやりたかったですね…

http://art21.photozou.jp/pub/565/3215565/photo/249337833_org.v1500198835.pngあぁまったくだぜ。

モロトフ.pngヒトラー大総統につきましては地獄からその様子を眺めていただくことにしようか。

セルビア‐クロアチア戦争終結

モロトフ.pngドイツが安定を取り戻したところでこっちの紛争も方が着いたようだな。

http://art21.photozou.jp/pub/565/3215565/photo/249337833_org.v1500198835.pngセルビア-クロアチア戦争はクロアチアがセルビアを併合する形で終わったのか…

http://art29.photozou.jp/pub/565/3215565/photo/252260032_624.v1510499113.jpg

1952年7月9日、セルビア-クロアチア戦争終結。

ジューコフ2.pngそうですか…他国の事情とはいえ、出来りゃ双方痛み分けという形で講和して欲しかったな…

http://art21.photozou.jp/pub/565/3215565/photo/249337833_org.v1500198835.pngというかこれクロアチア占領下のセルビアで何が起こっているのかあまり考えたくないな…

暗黒トハ.png早く開放しに行かなきゃ(使命感)

汎アラブ主義の躍進

〜エジプト首都カイロ・タハリール広場〜

http://art5.photozou.jp/pub/565/3215565/photo/250172417_org.v1502903541.jpgアラブ世界が独立を取り戻し始めてから数年あまり…アラブの復権は再び頓挫の兆しを見せている。

http://art5.photozou.jp/pub/565/3215565/photo/250172417_org.v1502903541.jpg先のスエズ戦争での敗北を初め、自由主義や全体主義諸国による内政干渉、分断工作、資源搾取……

http://art5.photozou.jp/pub/565/3215565/photo/250172417_org.v1502903541.jpg敵は我々が血のにじむような努力によって取り戻した祖国に対し、今再び暴虐の矛を突き立てようとしている。

http://art5.photozou.jp/pub/565/3215565/photo/250172417_org.v1502903541.jpg我々は取り戻さなくてはいけない。我々はもう二度と奪われるわけにはいかない。

http://art5.photozou.jp/pub/565/3215565/photo/250172417_org.v1502903541.jpg人を、土地を、資源を、そしてなにより祖国と誇りを守り抜かねばならない!

http://art5.photozou.jp/pub/565/3215565/photo/250172417_org.v1502903541.jpgそのためには、アラブ諸民族の連帯と人民民主主義革命を目指す「汎アラブ主義」の元でアラブ世界は団結せねばならないのだ!

http://art5.photozou.jp/pub/565/3215565/photo/250172417_org.v1502903541.jpgエジプトとシリアの兄弟たちよ!!今こそ共に汎アラブ主義の旗を掲げ革命を成し遂げようではないか!!!

http://art29.photozou.jp/pub/565/3215565/photo/252260039_624.v1510499123.jpg

1952年8月20日、エジプト-シリア合邦。

http://art13.photozou.jp/pub/565/3215565/photo/252260052_624.v1510499145.jpg

同日、「アラブ連合共和国」が成立。

http://art5.photozou.jp/pub/565/3215565/photo/250172417_org.v1502903541.jpgアラブ連合共和国万歳!
 
 
 
〜ソヴィエト連邦オムスク・政府庁舎〜

http://art21.photozou.jp/pub/565/3215565/photo/249337833_org.v1500198835.pngこれは熱盛。(確信)

暗黒トハ.png失われたものを取り戻す戦いを始めたのはソ連だけではなかったんだな。

ジューコフ2.pngエジプトはナーセル大統領の元、スエズ戦争の敗北から順調に立ち直っているようですね。

モロトフ.png我が国も負けてはいられんな。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

とあるボルシェビキたちの歓談

〜ソヴィエト連邦オムスク・政府庁舎の一室にて〜

http://art21.photozou.jp/pub/565/3215565/photo/249337833_org.v1500198835.png今年は米国の対ソ協力要請やドイツのヒトラー逝去にすっかり話題を持っていかれちまったな。

モロトフ.pngああ。だが来年はソ連が世界をあっと言わせる番だ。

http://art21.photozou.jp/pub/565/3215565/photo/249337833_org.v1500198835.pngついに”アレ”が復活するのか!

モロトフ.pngすでに開催都市の策定と招待状の手配は完了している。

http://art21.photozou.jp/pub/565/3215565/photo/249337833_org.v1500198835.png 万国の労働者よ!刮目せよ!

モロトフ.png諸君らは歴史の目撃者となるのだ。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-11-18 (土) 22:56:49 (26d)