ドイツの技術は世界一!

これまでのあらすじ

フランス制圧後、艦隊が半壊するもゼーレーヴェは成功。
カナダ攻撃のついでにアメリカも制圧。
ソ連陸軍はウクライナの大地に消えた。
これで主な敵は日本と愉快な仲間達のみとなった。
41年秋の国民党降伏後、新彊のみになったところで宣戦布告、連合入させて日本も世界大戦にご招待。
ついでにシャムにも宣戦布告して日本に始末させる。
イタリアは適当なところで食べた。

戦略

SWE・CAN・TRAをさっさと独立させて青写真供給元にする。
日本本土を速やかに制圧し(浸透強襲開発前が望ましい)、工場建設を始める。
できるだけ早い段階で日本とイギリスを再独立させ、青写真分業体制を確立させる。
アメリカ南部に工場を作り、43年人造石油技術開発後CSA独立。これで近代電撃戦とプラスチックの青写真も安心。
期待するのはSWEは山岳兵、戦車、空ドク。TRAは歩兵、歩兵用火砲いくつか。CANはレーダー、海ドク、空挺、巡洋戦艦、ロケット組立ライン等々。

この期間のダイジェスト

VS大東亜共栄圏

http://art44.photozou.jp/pub/915/669915/photo/42945419_org.png

イジェフスクは正直チート研究機関

http://art40.photozou.jp/pub/915/669915/photo/42945428_org.png

陸ドクルート選択強制はプレイヤーチートに入るのだろうか

http://art23.photozou.jp/pub/915/669915/photo/42945433_org.png

ここからが本当の戦いだ!(技術開発的に)

http://art34.photozou.jp/pub/915/669915/photo/42945442_org.png

青写真奪取年表

42年

02.07ヴィ改良型中戦車
03.13改良型軽空母
08.01護衛空母任務
09.06改良型海兵

43年

05.16改良型電子コンピューター

属国からの青写真供与

42年

CAN航空船団防衛発展型巡洋戦艦発展型デシメートル波レーダー改良型合成石油工場
SWE下級部隊向け近接航空支援発展型駆逐艦改良型重戦車-
TRA発展型歩兵前線車両修理--
UKR改良型ロケット砲先鋒司令部緊急機動部隊-

43年

CAN基本型センチメートル波レーダー大規模攻撃ロケット組立ライン---
SWE爆撃機エース発展型軽巡洋艦発展型山岳兵発展型軽戦車発展型中戦車発展型近接航空支援機
TRA発展型野砲発展型ロケット砲発展型対戦車準現代型歩兵--
UKR国民突撃-----

技術開発年表

日付は開始日
日付が飛んでいるところは研究し忘れ

歩兵 火砲 航空機 艦船 産業 陸ドク 海ドク 空ドク 秘密兵器

42年

2.21.ハイゼンベルク核燃料分析→7.14.ジーメンス発展型デシメートル波レーダー→9.7.モーゼル改良型海兵→11.5.モーゼル発展型歩兵→12.18.オペル前線車両修理
2.17.クルップ改良型中戦車→4.17.→4.23.ゲーリング回転木馬爆撃→7.13.フォッケウルフ戦略ロケット→10.27.クルップ改良型重戦車→12.23.フォッケウルフ発展型迎撃機
1.16.マン基本型自走ロケット砲→3.8.ウーデット浸透爆撃→6.7.ウーデット航空船団防衛→8.2.デーニッツ護衛空母任務→10.28.ファルベン改良型合成石油工場→12.29.発展型合成石油工場
1.3.ツーゼ発展型暗号解読→5.8.海軍造船所超大型戦艦→7.7.海軍造船所改良型軽空母→9.1.グデーリアン先鋒司令部→11.15.グデーリアン緊急機動部隊
3.3.シュペルレ攻勢ファイターボックス→6.2.シュペルレ防勢ファイターボックス→8.19.ウーデット下級部隊向け近接航空支援→9.28.海軍造船所発展型駆逐艦→11.16.シュペルレ大量破壊

43年

2.3.ウーデット爆撃機エース→3.9.ユンカース発展型海軍爆撃機→7.15.海軍造船所発展型軽巡洋艦→8.27.グデーリアン大規模攻撃→11.14.レーダー海上要塞
4.12.フォッケウルフ発展型戦闘機→7.30.ウーデット重点爆撃→10.22.ウーデット航空予備兵力
4.10.マンシュタイン実験用原子炉→7.21.マンシュタイン原子炉の実用化→10.27.ラインメタル発展型野砲→12.2.ラインメタル発展型ロケット砲
1.21.ハインケル発展型戦術爆撃機→5.20.ツーゼ改良型電子コンピューター→8.2.ラインメタル発展型対戦車→9.7.シュペルレ航空無敵艦隊→11.29.モーゼル発展型機械化歩兵
1.30.メッサーシュミット発展型護衛戦闘機→5.29.ハインケル発展型輸送機→9.22.クルップ発展型軽戦車→10.27.ハインケル発展型近接航空支援機

この期間の研究開発について

属国からの青写真も増えて軌道に乗ってきた。核研究やV2研究で遅れる分も余裕で取り戻せる。
空ドクを優先しているのはウーデットが43年で居なくなるのと、日・英に引き継がせるため。
日本戦が終わる辺りからICはどうでも良くなるので大臣は研究ボーナス持ちに変更。
情報大臣と統合参謀総長は固定。軍需大臣はちょこちょこ交代。大抵航空・産業・秘密兵器だが。
核研究は2〜3段階研究→原子炉まとめて建設のサイクルで行う方針。
研究時間的には研究と生産を1段階ずつすすめるべきなのだろうが、原子力発電までさっさと終わらせておかないと秘密兵器の核関係がオープンにならない。
少々のロスは我慢。
カナダの41年AIは秘密兵器以外全て研究するという訳の分からないもので、しかもレーダーと海ドクの優先度が高くなっている。
ロケット試験系の技術を優先して提供してやればロケット組立ラインまでやってくれる優等生。
無駄にスキル8も2つあるので高スキルによるゴリ押しもしてくれる。
但し、放置しておくとひたすら核研究をする困ったちゃん。うまく誘導してやらないと。
43年に航空機系を優先したのは日本のため。日本には海系をやってもらいたいので時間のかかるものはこちらで済ませる。
属国を独立させるときに、ドクトリンの分岐点でやらせたい方向をこちらが研究している状態(近代電撃戦や浸透強襲)だと任意にAIの研究方向を決められるのを利用してCSAには近代電撃戦をやらせる。
日・英・米も44年に研究させる技術を減らすために近代電撃戦に進ませる。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-07-23 (金) 14:26:19 (3399d)