英雄アフリカより来たりて(1940)

大戦勃発

1940年1月17日、ついにアルザス・ロレーヌ問題がこじれてドイツと偽フランスが開戦。

Image78.jpg

あ、あれ?イタリア統一戦争は?ねーねーイタリア統一戦争は?
……どうやら国土回復イベントに必須のコルシカ島は後でイタリアを殴って奪い取るしかないようです。
もちろんフランスを奪還できればの話ですが。

ともあれついにWW2が始まってしまいました。

Image79.jpg

大戦勃発して程なくイギリスも参戦。
西欧vs中欧の全面戦争といった構図でしょうか。
とりあえず偽フランスにはある程度頑張って欲しいものです。



WW2開始から約半月遅れでカナダがイギリスに宣戦布告。

Image80.jpg

これで協商国も大戦参加。
そして早速カナダ軍やカリブ連邦の航空隊が人様の土地へ続々上がりこんできて物資を消費してくれやがります。
うぜぇ……

大戦が始まったとはいえ特にすることもなく、人様の物資で飛び回る協商陣営の航空隊をボンヤリ眺めていると
イベリアでの戦争がついにアカの勝利で終結。

Image81.jpg

どうやらポルトガルは本土の領土を全部失陥するとイベントで併合されちゃうようです。カワイソス……

イベリア半島が統一されても、やっぱりやることなくてヒマだなぁと思っていると……

Image82.jpg

ギャース南部に上陸されたぁぁぁぁぁ!!
またまたモンロヴィアの危険が危ないです。ヤバいです。
即座に軍の主力をゴソッと南部へ戦略再配置して火消しに取り掛かります。

Image83.jpg

フランスのエースであるドゴールさん率いる戦車隊。
彼らの活躍もあって、なんとか初期消火に成功しました。

まったく油断もスキもあったもんじゃないなぁ……

欧州反攻

相変わらず協商陣営の航空隊はフランスの物資を浪費して、スペイン領内へあんまり意味の無い戦略爆撃をせっせと行なっています。
そんな無駄メシ食らいどもを死んだ魚のような目で眺めていると……

Image84.jpg

……あれ?イベリア半島ガラ空きじゃね?
……これひょっとしてチャンスじゃね?

というわけで、急遽上陸作戦に着手します。
輸送船は今までコツコツと同盟国にたかって13隻溜め込んであるので問題なし。
上陸させる戦力は……せっせと生産し続けた10個戦車師団。

絶え間ない機動と素早い速度。これこそが、かのナポレオンが作り上げた大陸軍(グラン・ダルメ)の真髄。
大陸軍(グラン・ダルメ)の本懐は機動戦にこそあるのです。
そして、機動戦に必須である「速度」が最も優れているのは戦車。
偉大なるナポレオンの正統な後継者である我々にとって、軍の中枢に据えるべき兵科は戦車以外に有り得ないのです。



まぁ、何せ人的資源が雀の涙で歩兵師団の量産なんか到底無理なんだから仕方ありません。
戦車なら生産するのに必要な人的資源は安く、補充に必要な人的資源も少なく、堅いので損害も低く抑えられると一粒で三度美味しいお得ぶり。
これはもう戦車を量産するしかないでしょう。数が揃えられないのは苦しいですが……

ついでに言えば、改良が間に合わなくて戦車師団はほぼ全て初期型、
出来立てホヤホヤの師団に至っては第一次大戦型と内幕は実に寂しいものです。

Image85.jpg

そんなオンボロ戦車隊ですが、開戦四ヶ月目にしてついに欧州上陸達成。
予想通りイベリア半島はガラ空きです。

Image86.jpg

ペタン兄貴マドリード入城ばんじゃーい。
ヒャッハースペインの備蓄資源ゲットだぜぇー!!

さすがにスペインの首都が陥落したとあってはアカどもも黙ってはいられないようで、
ようやく三々五々とイベリア半島にアカどもの兵隊が駆けつけてきました。

Image87.jpg

あれっ、ジャック・ドリオこんなとこで何やってんだ?
まぁ元々フランス共産党の大物だったんだから、ある意味納まるべきとこに納まってるとは言えますが……
でもイベリアにこんなしょっぱい兵力持たされて飛ばされているってことは、どうやら出世できていないようですね。カワイソス

半島戦争

イベリア半島での戦いは圧倒的にフランスが優勢。
歩兵や民兵がチョコチョコやってきたって戦車の相手になんかなりゃしません。

Image88.jpg

上陸から一月少々でイベリア半島は美しい純白に染め上げられています。
いやぁ美しい。

Image89.jpg

ペタン兄貴inジブラルタル
物量差と空軍の阻止攻撃のおかげで楽勝楽勝。

Image90.jpg

これでアカどもの艦隊は地中海に入ってこれなくなりました。ざまぁみろヒャホーイ

Image91.jpg

いつの間にか偽フランスがベルギーを制圧し、ライン川の渡河に成功しています。
これは実にいい展開。これならフランス全土の奪還も可能かも?
……とはいえ、こちらは「雪+山岳」のダブルパンチで青息吐息。じぇんじぇん前へ進めません。

グラン・ダルメがピレネー山脈でにっちもさっちもいかなくなっている頃、バルカン半島では長々と続いていたバルカン紛争がようやく終結。

Image93.jpg

結局ブルガリアも、バルカン負け組連盟も仲良く地上から消え去ってしまいました。
嗚呼諸行無常。

Image94.jpg

もうどうリアクションしていいかわかんないくらいカオスな東欧。
ハンガリーは何を目指そうとしているのでしょう。東ローマ?

で、バルカンが片付いて手持ち無沙汰になった旧オーストリア帝国軍団が纏めて中欧連合に加入。

Image95.jpg

……これはヤバいです。
ピレネーでグズグズしてる場合じゃありません。

ドイツ野郎と愉快な仲間たちより先に独仏国境にたどり着かねば……

次のページへ


目次へ戻る


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2009-03-29 (日) 05:36:06 (3734d)