イラクAAR 十字軍への復讐…〜だがクウェートは我が一州〜

説明しよう!

ヤッターマンねえ…リメイク版ですか。懐かしいです、というか昔のほうのヤッターマンはおしおきとビックリドッキリメカしか見てませんでしたが。笑
そんな予断はおいといて説明しよう

連合国の一員イラクは設計図を貰いつつ確実にICを増大していった。しかーし連合も一枚岩ではなかった!!イスラム諸国の同盟脱退の連続!そして英帝国の瓦解!!中国共産党の国共内戦勝利による共産圏との冷静バランスの崩壊!!!アメリカの一国原爆独占!!!!イラクの明日はどっちだ!!!????

さて要は

連合国の一員として力を蓄える←いまここ
     ↓
中東戦争とともに連合脱退!!
     ↓
イスラム諸国と大同盟!!!!
     ↓
イスラム諸国を武力で纏める!
     ↓
米ソ決戦全面核戦争に乗じてローマ進軍
     ↓
   幸せな世界

すばらしいプランです。完璧です。ロレンスも大喜びです。

両陣営の瓦解

おいおい中国国共内戦が終わったからって…

1貞操のない中国.JPG

5中.JPG
6国.JPG

なにこれ?新しいテロ?
他のAAR でも同じようなことがおこってるようなのでさらっと無視

だが連合も例外ではない

2貞操のないウルグアイ.JPG

あまり関係なさそうですがウルウアイですか。国民皆兵国家ですか。何であそこだけ何時もやたら軍隊がいるんでしょうか?

その他状況

4アバダン!.JPG

工作機械が完成したのか石油量が増える。

7エジプト様 ナセルはアラブの大統領!.JPG

やったぞ友好度200

イラクAAR 十字軍への復讐…〜中東戦争勃発と消えた写真〜


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2008-09-28 (日) 20:05:00 (3922d)