どう頑張っても地味

 地味すぎる1年をカバーしようと苦肉の作で思いついた文体変更もあえなく却下されたので、諦めて普通に書くことにします。
面白すぎる「前略我々だ!」がUPされたりしたからさらに影薄いよね。 (´・ω・`)
さ、たいしたイベントもなかったから駆け足で終わらせるよ!

よくわかる(?)イタリア・ユーゴ関係

 プレイの中身が薄いので、1937年は少しまじめに歴史のお話を織り交ぜつつ進めましょうか。
さて、史実でドゥーチェはドイツと表面上仲良くしていたものの、「地中海沿岸はイタリアの勢力圏」と考えていたので、
ドイツがハンガリーやルーマニアなどを自国陣営に取り込んでいくのを結構苦々しく感じていました。
一方で隣国のユーゴスラビアも、親仏のスタンスを取っていたものの、ドイツのラインラント進駐に対する無策振りから少々フランス不信に陥っていました。
要は、なにかドイツと揉め事起こしてもフランス無視決め込む気じゃないだろうな?ってことですね。
今の日本で言えば、中ロと喧嘩してもアメリカ来てくれないんじゃない?と不安を抱くような感じでしょうか。
そこでユーゴは、いままでフランスに一途だったものの、独伊といった従来あまり仲がよくなかった国とも関係改善を図るように方針転換します。
クルップの投資を受け入れたりした(ゼニカ製鉄所はクルップによるもの)のもその一環ですね。
そしてイタリアとも関係改善を図り、不可侵条約を結んで国境の安定化を図ります。

108862534_org.v1321371888.jpg

 史実ではイタリアはユーゴと不可侵条約を締結し、その後の同盟締結交渉へと進んだ(実際には締結されず)わけですが、今回は端からユーゴは美味しく頂く予定なので気にしません。
むしろスライダータカ派移動ご馳走様でしたの勢いで締結拒絶。
ドゥーチェやる気満々だね!

 ちなみに、史実の話をもう少しすると、不可侵条約の締結でユーゴとの関係はとりあえず改善。
その後更に関係を深化させてアルバニア併合に対する黙認を取り付けるわけです。
今回は初っ端からその芽を摘んだのでアルバニア併合イベントはもう起こりません(だったはず)。
バニラではその辺り完全に無視されていますが、その辺りのイタリア=ユーゴ関係の変遷はなかなかに面白いものだったりします。
特にイタリアがクロアチア過激派のウスタシャを支援していたことを考えると、こういった方針転換は結構大きなエポックだったと思うのですが…
MODの同梱テキストに参考資料一覧は入れてあるので、興味のある方は一読してみてはどうでしょう。
ちなみに、史料から使えそうなものを片っ端からイベント化してるような感じなので、別にドイツを早く負けさせようとか、逆に強化しようとかそういう意図はまったくありませんw
歴史に介入するのはあくまでプレイヤーであり、MOD作者は手段は提供してもレールを敷くものではないと考えていますので。

駆け足1937

さて、ユーゴとの不可侵イベントを拒否ったら、今年はイタリアに特に大きなイベントはありません。
世界的にも大きなイベントといえば日華事変程度のものです。

108862550_org.v1321371888.jpg

前回は日本がいい子だったので日華事変は起こらず、中国は統一に向けて動き出していましたが、今回は予定調和のごとく事変勃発です。
正直イタリアの国力では極東まで進出は余り考えにくいので、割とどうでもよかったりしますw
このまま1937年も工業力整備と部隊整備だけで終了かと思っていたら、ランダムイベント発生。
みなさんおなじみの大臣の暴走です。

108862524_org.v1321371888.jpg

って、粛清対象がまさかのドゥーチェwww
今回ムッソリーニに止めを刺すのはドイツ軍でも連合軍でもなく、まさかの6年早いファシスト大評議会の決断だったとは!
107485853_org.v1321195234.jpg国民不満度が高まるのは困るから、仕方ないけどここはドゥーチェに退場してもらうしかないニャー。「黙れ!」っと。
107089725_org.v1320592234.jpg黙るのは お ま え だ。カラビニエリ(国家憲兵)、連行!
ということで、なんとかドゥーチェの退場は阻止することができましたとさ。

 折角画面に出ているので、生産キューの解説をしておきますね。
重点効果を高める(AODでは一箇所にICを建設すればするほどIC効率が高まる)ため、
北部要衝のミラノ・ヴェネツィアに重点的にインフラ・ICを整備しています。
1.04では首都のインフラ効率が全軍への補給効率を左右するため、ローマにもインフラを整備。
インフラ効率が高まると資源効率とIC効率も上がるので、ローマにもICを整備しています。

 また、初期配置部隊を4個航空団編成に再編した場合、迎撃6・爆撃6・攻撃機3という中途半端な数字になるので、
迎撃2(既に生産完了)・爆撃2・攻撃機1を追加して全機種で4個航空団編成を実現できるようにしています。
余力があれば戦闘機航空団も1個編成しておきたいところですが、今の時点では叶わぬ願いですね。

 一応現時点では部隊生産は上記の航空部隊のみで終了させて、来年は部隊の補充と改良を終わらせたいところです。
補充と改良に必要なICは合計で240超… 来年中に終わるんでしょうか。
皮算用としては1938年で部隊更新完了、1939年から拡大開始を目論んでいるのですが…
そんな感じで次回 1938年イタリア外交の行方 に続きます。
来年もまた地味になるよ!

1936 始まりはやっぱりエチオピア← TOP →1938 イタリア外交の行方


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2011-11-16 (水) 01:53:46 (2925d)