確かに世界各国にファシスト的熱狂の空気が満ち、計画経済化が流行っている。そうした風潮の中で個人の自由は圧殺されている。我が国がなすべきことは、真のリベラリズムの光を灯し続けることである。決して(ヨーロッパの)戦争には関与せず、我が国内の民主主義を再活性化させ、さらに進化させること。これこそが人類の未来への貢献である。知的誠実さを追求し続け、希望の灯を絶やさない。それが我が国の取るべき道である*1

 
 

1959年

 
 

http://art5.photozou.jp/pub/729/3116729/photo/257323556_624.v1534420866.png

http://art1.photozou.jp/pub/729/3116729/photo/257323561_624.v1534420866.png

オーストリア軍は数ばかりの骨董品部隊しかいない。
彼らだけならば簡単だ。

 
 

http://art5.photozou.jp/pub/729/3116729/photo/257323567_624.v1534420866.png

だが、敵の装備は航空偵察からでは偽装工作により確認することができない。

http://art5.photozou.jp/pub/729/3116729/photo/257323573_624.v1534420866.png

http://art1.photozou.jp/pub/729/3116729/photo/257323581_624.v1534420866.png

http://art1.photozou.jp/pub/729/3116729/photo/257323586_624.v1534420870.png

ドイツ軍主力にまともにぶつかるとそれなりに被害が出ている。

 
 

http://art5.photozou.jp/pub/729/3116729/photo/257323594_624.v1534420870.png

http://art1.photozou.jp/pub/729/3116729/photo/257323596_624.v1534420870.png

ドイツ軍はポツダム前面で我々を撃退。

 
 

http://art5.photozou.jp/pub/729/3116729/photo/257323592_624.v1534420870.png

アフリカ戦線でも攻勢に出てきており、アフリカでは我々は撤退(こちらには転進という言葉は使われていない)を強いられている。

 
 

http://art1.photozou.jp/pub/729/3116729/photo/257323598_624.v1534420870.png

ウィリアム・ハルゼーが心臓発作で亡くなったらしい。
彼が南軍に寝返ったのはその劣悪な成績でもあちらなら出世できると考えたからだろうか?

 
 

http://art5.photozou.jp/pub/729/3116729/photo/257323599_624.v1534420870.png

http://art1.photozou.jp/pub/729/3116729/photo/257324479_624.v1534239992.png

フランス・イタリアにおける占領地行政において大規模な汚職が露見した。

これまで我々が一時的統治を行ってきた地域は経済的に立ち遅れた地域であり、汚職の危険性は少なかった。
ドイツやブリテン島でも同じことが起きかねないだろう。

 
 

http://art5.photozou.jp/pub/729/3116729/photo/257324482_624.v1534240000.png

ベルリンが陥落。

 
 

http://art1.photozou.jp/pub/729/3116729/photo/257324485_624.v1534240010.png

http://art5.photozou.jp/pub/729/3116729/photo/257324487_624.v1534240021.png

http://art5.photozou.jp/pub/729/3116729/photo/257324489_624.v1534240033.png

ノイルッピンも陥落し、ドイツ帝国の命運は尽きた。

 
 

http://art5.photozou.jp/pub/729/3116729/photo/257324493_624.v1534240043.png

http://art5.photozou.jp/pub/729/3116729/photo/257324494_624.v1534240053.png

http://art1.photozou.jp/pub/729/3116729/photo/257324498_624.v1534240064.png

http://art1.photozou.jp/pub/729/3116729/photo/257324499_624.v1534240074.png

http://art1.photozou.jp/pub/729/3116729/photo/257324503_624.v1534240084.png

http://art5.photozou.jp/pub/729/3116729/photo/257324505_624.v1534240094.png

http://art1.photozou.jp/pub/729/3116729/photo/257324508_624.v1534240104.png

ポーランドは正式には中欧同盟に加盟していないはずだが、そのようなことはお構いなしに我々に熾烈な攻撃を仕掛けてきているようだ。

 
 

http://art5.photozou.jp/pub/729/3116729/photo/257324509_624.v1534240115.png

ポーランド前面に到着した後快勝のニュースは聞かれなくなった。

 
 

http://art5.photozou.jp/pub/729/3116729/photo/257324514_624.v1534240125.png

http://art5.photozou.jp/pub/729/3116729/photo/257324516_624.v1534240136.png

ドイツ本土はほぼ全て陥落したというのに、中欧同盟諸国の抵抗は頑固である。

 
 

http://art5.photozou.jp/pub/729/3116729/photo/257324518_624.v1534240146.png

陸軍で初めて五つ星を獲得したマーシャル将軍が亡くなった。
対日戦争は海軍が苦戦していたが、陸軍を統括していた彼のおかげで終結出来たといえるだろう。

 
 

http://art1.photozou.jp/pub/729/3116729/photo/257324521_624.v1534240157.png

http://art1.photozou.jp/pub/729/3116729/photo/257324522_624.v1534240166.png

http://art5.photozou.jp/pub/729/3116729/photo/257324525_624.v1534240177.png

http://art5.photozou.jp/pub/729/3116729/photo/257324527_624.v1534240187.png

http://art1.photozou.jp/pub/729/3116729/photo/257325304_624.v1534245198.png

http://art1.photozou.jp/pub/729/3116729/photo/257325306_624.v1534245206.png

http://art1.photozou.jp/pub/729/3116729/photo/257325308_624.v1534245214.png

中欧同盟国の戦線を突破するため、オデッサからクロアチアに大規模な転進が行われたらしい。

 
 

http://art5.photozou.jp/pub/729/3116729/photo/257325310_624.v1534245222.png

http://art5.photozou.jp/pub/729/3116729/photo/257325313_624.v1534245238.png

http://art1.photozou.jp/pub/729/3116729/photo/257325314_624.v1534245246.png

http://art1.photozou.jp/pub/729/3116729/photo/257325315_624.v1534245254.png

http://art1.photozou.jp/pub/729/3116729/photo/257325316_624.v1534245262.png

http://art1.photozou.jp/pub/729/3116729/photo/257325317_624.v1534245270.png

クロアチアは降伏したことを考えるとこの作戦は成功と言えるのではないか。

 
 

http://art5.photozou.jp/pub/729/3116729/photo/257325319_624.v1534245278.png

http://art5.photozou.jp/pub/729/3116729/photo/257325322_624.v1534245286.png

http://art5.photozou.jp/pub/729/3116729/photo/257325325_624.v1534245293.png

http://art1.photozou.jp/pub/729/3116729/photo/257325329_624.v1534245302.png

http://art1.photozou.jp/pub/729/3116729/photo/257325332_624.v1534245310.png

http://art1.photozou.jp/pub/729/3116729/photo/257325335_624.v1534245318.png

http://art1.photozou.jp/pub/729/3116729/photo/257325338_624.v1534245325.png

http://art1.photozou.jp/pub/729/3116729/photo/257325340_624.v1534245333.png

http://art1.photozou.jp/pub/729/3116729/photo/257325342_624.v1534245341.png

http://art1.photozou.jp/pub/729/3116729/photo/257325344_624.v1534245348.png

http://art5.photozou.jp/pub/729/3116729/photo/257325970_624.v1534247241.png

http://art1.photozou.jp/pub/729/3116729/photo/257325973_624.v1534247251.png

http://art5.photozou.jp/pub/729/3116729/photo/257325977_624.v1534247261.png

http://art5.photozou.jp/pub/729/3116729/photo/257325981_624.v1534247271.png

http://art1.photozou.jp/pub/729/3116729/photo/257325984_624.v1534247281.png

 
 

1960年

http://art1.photozou.jp/pub/729/3116729/photo/257325987_624.v1534247291.png

http://art1.photozou.jp/pub/729/3116729/photo/257325989_624.v1534247301.png

ウィーンへの攻撃が始まる。

 
 

http://art5.photozou.jp/pub/729/3116729/photo/257325992_624.v1534247311.png

http://art5.photozou.jp/pub/729/3116729/photo/257325995_624.v1534247321.png

頑強な抵抗が行われたがウィーンは解放された。

 
 

http://art5.photozou.jp/pub/729/3116729/photo/257325998_624.v1534247332.png

オーストリアは無条件降伏した。欧州の戦況は好転する一方だが、アフリカではドイツ傀儡のエチオピア政権が誕生しており、手放しで喜べる状況ではない。

 
 

http://art5.photozou.jp/pub/729/3116729/photo/257326000_624.v1534247343.png

http://art5.photozou.jp/pub/729/3116729/photo/257326003_624.v1534247353.png

宗主国が消滅したことで慌てたハプスブルク帝国軍は後方警戒が間に合っていないらしい。
様々な都市が一日に解放されたというニュースが入ってくる。

 
 

http://art5.photozou.jp/pub/729/3116729/photo/257326005_624.v1534247363.png

http://art5.photozou.jp/pub/729/3116729/photo/257326009_624.v1534247374.png

http://art5.photozou.jp/pub/729/3116729/photo/257326014_624.v1534247385.png

http://art1.photozou.jp/pub/729/3116729/photo/257326018_624.v1534247395.png

http://art5.photozou.jp/pub/729/3116729/photo/257326026_624.v1534247405.png

ハンガリーは態勢を立て直すこともできず降伏した。

 
 

http://art5.photozou.jp/pub/729/3116729/photo/257326030_624.v1534247416.png

旧フランスにおける復興事業で大規模な汚職が明るみになった。私の知人も数名かかわっているようだ…
解放地が拡大することは喜ばしいが、このようなスキャンダルも増えていくのだろう。

 
 

http://art5.photozou.jp/pub/729/3116729/photo/257326034_624.v1534247425.png

http://art1.photozou.jp/pub/729/3116729/photo/257326042_624.v1534247436.png

http://art1.photozou.jp/pub/729/3116729/photo/257327084_624.v1534250161.png

http://art1.photozou.jp/pub/729/3116729/photo/257327084_624.v1534250161.png

http://art5.photozou.jp/pub/729/3116729/photo/257327098_624.v1534250181.png

http://art1.photozou.jp/pub/729/3116729/photo/257327107_624.v1534250192.png

http://art1.photozou.jp/pub/729/3116729/photo/257327107_624.v1534250192.png

ポーランドも降伏。

 
 

http://art5.photozou.jp/pub/729/3116729/photo/257327122_624.v1534250213.png

一大攻勢作戦が発動された。
これが成功した暁には中欧同盟国は再起不能になるだろう。

 
 

http://art1.photozou.jp/pub/729/3116729/photo/257327129_624.v1534250223.png

http://art5.photozou.jp/pub/729/3116729/photo/257327136_624.v1534250234.png

http://art5.photozou.jp/pub/729/3116729/photo/257327142_624.v1534250244.png

http://art1.photozou.jp/pub/729/3116729/photo/257327151_624.v1534250254.png

http://art1.photozou.jp/pub/729/3116729/photo/257327156_624.v1534250264.png

http://art5.photozou.jp/pub/729/3116729/photo/257327162_624.v1534250274.png

http://art1.photozou.jp/pub/729/3116729/photo/257327170_624.v1534250285.png

欧州からは解放のニュースばかりが、アフリカからは敗北のニュースばかりが入ってくる。

 
 

http://art1.photozou.jp/pub/729/3116729/photo/257327177_624.v1534250296.png

http://art1.photozou.jp/pub/729/3116729/photo/257327181_624.v1534250306.png

http://art1.photozou.jp/pub/729/3116729/photo/257327189_624.v1534250316.png

http://art1.photozou.jp/pub/729/3116729/photo/257327196_624.v1534250327.png

http://art1.photozou.jp/pub/729/3116729/photo/257327204_624.v1534250337.png

http://art5.photozou.jp/pub/729/3116729/photo/257327210_624.v1534250347.png

http://art5.photozou.jp/pub/729/3116729/photo/257327218_624.v1534255225.png

ブリテン島では第二戦線が形成されていたらしい。
報道規制があったからか急な話だが、おそらくロンドンの組合主義政権も同じだろう。

 
 

http://art1.photozou.jp/pub/729/3116729/photo/257328099_624.v1534252771.png

ブリテン島攻略の際、ダモクレス計画の中心地を最優先にしなかったことで一部から批判が上がっている。

 
 

http://art1.photozou.jp/pub/729/3116729/photo/257328103_624.v1534252782.png

http://art1.photozou.jp/pub/729/3116729/photo/257328106_624.v1534252791.png

http://art5.photozou.jp/pub/729/3116729/photo/257328110_624.v1534252802.png

http://art1.photozou.jp/pub/729/3116729/photo/257328113_624.v1534252811.png

http://art5.photozou.jp/pub/729/3116729/photo/257328116_624.v1534252822.png

http://art1.photozou.jp/pub/729/3116729/photo/257328119_624.v1534252832.png

http://art5.photozou.jp/pub/729/3116729/photo/257328121_624.v1534252842.png

ブリテンの解放は進んでいるが、マルタなど一部地域では頑強な抵抗が続いている*2

 
 

http://art5.photozou.jp/pub/729/3116729/photo/257328087_624.v1534252732.png

http://art5.photozou.jp/pub/729/3116729/photo/257328091_624.v1534252740.png

http://art5.photozou.jp/pub/729/3116729/photo/257328095_624.v1534252750.png

http://art1.photozou.jp/pub/729/3116729/photo/257328096_624.v1534252761.png

http://art5.photozou.jp/pub/729/3116729/photo/257328125_624.v1534252853.png

http://art1.photozou.jp/pub/729/3116729/photo/257328129_624.v1534252863.png

http://art5.photozou.jp/pub/729/3116729/photo/257328132_624.v1534252873.png

ユトランド半島攻略作戦は順調に成功したらしい。
情勢を不利と判断したドイツは首脳陣をダルエスサラームにひそかに脱出させたようだ。

 
 

http://art5.photozou.jp/pub/729/3116729/photo/257328135_624.v1534252883.png

http://art1.photozou.jp/pub/729/3116729/photo/257328138_624.v1534252893.png

http://art1.photozou.jp/pub/729/3116729/photo/257328142_624.v1534252903.png

http://art5.photozou.jp/pub/729/3116729/photo/257328149_624.v1534252923.png

http://art5.photozou.jp/pub/729/3116729/photo/257330905_624.v1534261116.png

http://art5.photozou.jp/pub/729/3116729/photo/257330907_624.v1534261124.png

ロンドンの防衛線は堅固だが、既にブリテン島の過半は解放されつつある。

 
 

http://art1.photozou.jp/pub/729/3116729/photo/257330910_624.v1534261134.png

二度目の攻勢作戦でマルタは解放。

 
 

http://art1.photozou.jp/pub/729/3116729/photo/257330915_624.v1534261144.png

http://art5.photozou.jp/pub/729/3116729/photo/257330917_624.v1534261154.png

http://art1.photozou.jp/pub/729/3116729/photo/257330921_org.v1534261165.png

http://art1.photozou.jp/pub/729/3116729/photo/257330925_624.v1534261175.png

大規模なロンドン市街戦の後、ロンドン組合主義政権は消滅した。

 
 

欧州はほぼ全てが解放された。

 
 

http://art5.photozou.jp/pub/729/3116729/photo/257330928_624.v1534261185.png

http://art5.photozou.jp/pub/729/3116729/photo/257314930_624.v1534381362.png

だが、その東には中欧同盟諸国全軍以上の兵力を一国で抱えるソビエト・ロシアが控えている…

 
 
 
 
 
 
"Avoid popularity if you would have peace." – Abraham Lincoln
 
平和を求めるならば人気を避けなければならない。―エイブラハム・リンカーン
 
 
 
 
 

コメント欄

ドイツ=オーストリア=ハンガリー三重帝国だ!(苦し紛れ) -- 2018-12-24 (月) 02:42:41

名無し2.pngオーストリアは全く役に立っていないのでドイツ=ハンガリー二重帝国のほうがあっている気がします。

 
 

我々はこれより全ての君主主義を過去にする、今、この時が、歴史の転換点である -- アメリカ軍人の演説?2018-12-24 (月) 11:52:19
特定の一族にのみ国家元首を独占させる世襲君主制は厳密に問い詰めると民主主義とは相容れない政治制度だからね。やっぱり共和主義が一番や。 -- 聴衆者の一人? 2018-12-28 (金) 00:35:58

名無し2.pngアメリカ合衆国憲法第四条四節には"The United States shall guarantee, to every State in this Union, a republican form of government, and shall protect each of them against invasion; and, on application of the Legislature, or of the Executive, (when the Legislature cannot be convened) against domestic violence."とありますからね。

名無し2.pngただオランダ王国は抹殺対象ではありませんので最後まで生き残ります。抹殺も少しは考えたのですが多分ここを潰してしまったら世界征服するまで止まらなくなりますし世界征服はRPとちょっとそぐわないような気がしましたので。

 
 

バルカンに閉じ込めたのにオーストリアバイパス開通で逃げられるか・・・バルカンは陽動でよかったのか巨大な包囲網として殲滅したほうが良かったのか悩む -- 2018-12-24 (月) 23:52:11

名無し2.pngどちらにせよ撃滅したので問題ないです。逃がした師団の数などこの後戦うソ連軍の前では誤差の範囲内です。

 
 

アメリカ人滅茶苦茶減ってるだろこれ -- 2018-12-25 (火) 13:08:54
心に鋼のFreedom of spirit があればそれは誰であろうとアメリカ人だから(ガンギマリ) -- 2018-12-26 (水) 05:42:07
新しい「アメリカ人」で補充してるからダイジョーブダヨ!(ガンギマリ) -- 2018-12-26 (水) 19:49:53

名無し2.png人種改良なんてものを行わなくても増やせるのがアメリカ人の強みです。

名無し2.png人的資源が大量に手に入るシナリオだと無駄遣いしてしまうのであまりよくないですね。

 
 

≪kaiserreichアメリカ合衆国≫星条旗よ永遠なれ/The Red Badge of Courageへ進む

≪kaiserreichアメリカ合衆国≫星条旗よ永遠なれ/All For Libertyへ戻る

≪kaiserreichアメリカ合衆国≫星条旗よ永遠なれ


*1 ハーバート フーバー (著)、ジョージ・H. ナッシュ (編)、渡辺 惣樹 (訳)『裏切られた自由:(上)フーバー大統領が語る第二次世界大戦の隠された歴史とその後遺症』草思社、2017年、29頁。
*2 上陸戦ルールを忘れており大量突撃した結果無駄な犠牲を出してしまっている

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-01-05 (土) 23:15:35 (228d)