【Kaiserreich日本】今後のAAR方針について

▼まえがき

毎度同じようなAARを購読頂きありがとうございます。
私自身、AAR(特にKaiserreich)が大好きでもっと増えないかと願っていました。

書き始めたきっかけも、KaiserreichAARが中々に増えないので自分で量産を始めたわけなんですが。
最近は他の方のKaiserreichAARが増えてくれて嬉しい限りです。

もっと増えてくれ!

▼次回より追加予定の要素

今回の日本AARでは、実験要素として「投票機能を利用した議会制民主主義の再現」を実施してみました。
結果はなかなか好評だったと思われたので、より明確に読者の方がAARに干渉出来るよう、法則性を作りたいと思います。

以下が、今後のAARに反映予定の要素です

 
 
 
 

1_政体により、投票の可否を決定する。
2_政党要素の導入。
3_上記を判断した上で、AARの行動指針を変更する。

 
 
 
 

どの要素もAARを盛り上げるための追加要素です。
この要素に制限されて面白くなくなっては本末転倒なので、
あくまでAAR優先しつつ下記の制限を順守します。

▼政体による選挙

 
 
 
 
 

日本AARで実施した政策の投票ですが、これを以下の政体の時に限り実行します。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

_____________
▽自由経済派・社会自由派

政党の存在 : 多数

総選挙 : 数年に一度実施(AARの展開により変更)
議会の決定 : 絶対
軍備制限 : 有
制限の数 : 政党に依存
工場拡張 : 無制限
宣戦布告の可否 : 可否は政党に依存+投票により決定

その他:コメント欄から意見を積極的に導入する
_____________

 
 
 
 

_____________
▽社会保守派・社会民主派

政党の存在 : 多数

総選挙 : 数年に一度実施(AARの展開により変更)
議会の決定 : 絶対
軍備制限 : 有
制限の数 : 政党に依存
工場拡張 : 政党に依存
宣戦布告の可否 : 可否は政党に依存

その他:無
_____________

 
 
 
 

_____________
▽権威的民主主義(専制独裁)・急進的社会主義

政党の存在 : 多数(ただしプレイヤーの決定により禁止とすることを可能とする)

総選挙 : 数年に一度実施(プレイヤーの宣言により解散・停止が可能)
議会の決定 : プレイヤーの判断により無視することが可能
軍備制限 : 政党とプレイヤーに依存
制限の数 : 政党とプレイヤーに依存
工場拡張 : 政党とプレイヤーに依存
宣戦布告の可否 : プレイヤーの判断により可能

その他:投票イベントはするが絶対ではない。可能な限り意向を汲み取る。
_____________

 
 
 
 

_____________
▽ファシズム・レーニン主義(サンディカリスム)

政党の存在 : 少数(一党独裁へ移行可能)

総選挙 : プレイヤーが宣言により実施
議会の決定 : プレイヤーの判断により無視することが可能
軍備制限 : 無制限
制限の数 : 政党とプレイヤーに依存
工場拡張 : 政党とプレイヤーに依存
宣戦布告の可否 : プレイヤーの判断により可能

その他:政党・選挙共にAARを盛り上げる要素という位置づけ。
_____________

 
 
 
 

_____________
▽国家社会主義・スターリン主義

政党の存在 : 一党独裁

総選挙 : 無し(展開によっては行う可能性あり)
議会の決定 : 権限なし
軍備制限 : 無制限
制限の数 : 無制限
工場拡張 : プレイヤーに依存
宣戦布告の可否 : 無制限

その他:政党・選挙共にAARを盛り上げる要素という位置づけ。
_____________

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

▼政党要素

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

日本AARではコメント欄で様々な政策や方針をもった意見を頂きました。
行動指針が明確化されていると面白みが増すと思います。
以下は、国家運営の最初期や総選挙時に提示される政党の一例です。

 
 

↓↓↓↓↓

 
 

=====================
▽グルジア保守党

行動方針:現状維持
政策方針:自衛戦力の養成
マニュフェスト:39年までに歩兵6個師団増強

仮想敵:東ローマ帝国
友好国:アルメニア
対外拡張:拡張に否定的
植民地:獲得に否定的

陸軍:歩兵6個師団増強
海軍:拡張予定無し
空軍:拡張予定無し

工業化:39年までに実行IC40 

=====================

 
 
 
 

=====================
▽山岳派

行動方針:対外戦争
政策方針:アナトリア全域での覇権を確立
マニュフェスト:東ローマ帝国をアナトリア半島から駆逐する

仮想敵:東ローマ帝国
友好国:ペルシア
対外拡張:小アジア方面
植民地:獲得に否定的

陸軍:歩兵114514 戦車364364 合計889464
海軍:拡張予定無し
空軍:拡張予定無し

工業化:39年までに実行IC4545

=====================

 
 
 
 
 
 
 

#tvote("山岳派へ投票する[64]","保守党へ投票する[26]","無記票[20]")

等など・・・
投票により、最も票を得た政党の行動方針を実際のプレイでも実行します。
なお、途中で解散したり活動禁止された場合は民主制なら無難な暫定政権が選挙まで運営するという脳内設定で行きます。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

▼各AARで定められた縛りと規制緩和

 
 
 
 

各AARでは、国家の特色やAARの方針に沿った縛りが設けられています。
例として、正規空母の制限等の保有戦力制限。
他には序盤速攻の禁止など、行動規制に関わる縛り等です。

これらは、人間がAIに対抗するシングルプレイで陥りがちなプレイヤーチートを制限し、出来るだけ拮抗する状態を維持することを目的に設けています。
知っての通り、DDAの対AI戦では大規模な機甲軍やCAS/術爆を用意し、AIホイホイを作れば小国でも際限ない拡張が出来ます。

しかし、展開によってはその縛りが適さない場合もあるかと思います。
折角政党システムを設けていることですし、選挙によって縛りの規制緩和が行えるようにしたいと思います。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

▼AARへの反映

 
 
 
 
 
 

実際にどのように反映されるかはその時執筆しているAARによります。
あくまでAARのいち要素にすぎないので、それで展開が鈍るなら意図的に無視することも考えます。

 
 
 
 

この方針について、ご意見があれば執筆中のAARコメント欄にてご意見を受付ます。
建設的な意見・批判なら大歓迎ですが、AARやwiki荒れるような事は控えていただければと思います。

それでは次回のAARにてお会いしましょう。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

【Kaiserreich日本】協商国は砕けないに戻る
【Kaiserreichカルリスタ】我ら、教皇第一の下僕に進む

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2013-10-13 (日) 02:30:54 (1654d)