【Kaiserreichスウェーデン】1944年選挙結果

▼世論調査結果

http://i1171.photobucket.com/albums/r548/stalin1936/KRSU1944S/2019-03-19%2018.25.42_zpsyusxdcst.png

 
 

http://i1171.photobucket.com/albums/r548/stalin1936/KRSU1944S/2019-03-19%2018.25.13_zps4tyndlhb.png

 
 

http://i1171.photobucket.com/albums/r548/stalin1936/KRSU1944S/2019-03-19%2018.25.19_zpsujdrohtd.png

 
 

http://i1171.photobucket.com/albums/r548/stalin1936/KRSU1944S/2019-03-19%2018.25.24_zpsofcnzaeu.png

 
 

http://i1171.photobucket.com/albums/r548/stalin1936/KRSU1944S/2019-03-19%2018.25.29_zpssvnemige.png

お待たせ致しました。
1944年選挙の結果を発表致します。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

▼投票結果一覧

http://i1171.photobucket.com/albums/r548/stalin1936/KRSU1944S/2019-03-19%2018.25.42_zpsyusxdcst.png

 
 

[青・白・金] (45)
・レジティマ:36
・海賊:4
・国家人民党:5

[反共大連立](47)
・人民:7
・自民:12
・協調:9
・国民連盟:9
・盟約10

[単独]
・同盟:22 
・社民:11  
・北ローマ:6

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

▼投票結果詳細

https://docs.google.com/spreadsheets/d/14lGMg2ImHW7Wz8yY0uCLxMttFLR-o4VG3yYr_x1w-jo/edit#gid=57869058

 
 

回答の詳細については上記URLを御覧下さいませ。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

▼反共大同盟側の分析

http://i1171.photobucket.com/albums/r548/stalin1936/KRSU1944S/U1944_zps3szp9xig.png

 
 

統計を見る限り、与党側となった反共大同盟支持層は2層に別れている。
1つは人民連合と自民党を中心としたタカ派。
支持層は労働者階級および中産階級で、挙国一致体制に賛同する市民が多く投票した様だ。
また、自民党は公約である王政の廃止について言及している為、支持層も共和主義者が多いと見られる。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

http://i1171.photobucket.com/albums/r548/stalin1936/KRSU1944S/U1944_2_zpsbcr1lo7u.png

 
 

次に、ハト派側である民主主義陣営。
こちらは旧三党連合支持層がそのまま投票したものであり、当然のことながら現与党の政策を支持する者が多い。
支持層は殆どが穏健な中産階級といった所。
戦前の国境線に戻すという意見が多いことから、中小企業の幹部クラスといったある程度の地位にある人間が投票したのかも知れない。
ちなみに反共大同盟支持者のうち、派閥支持層の2/3はハト派という事は覚えておくべきだろう。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

▼青・白・金側の分析

http://i1171.photobucket.com/albums/r548/stalin1936/KRSU1944S/2019-03-19%2017.59.07_zpsavqdt3ac.png

 
 

3党の連立から成る青・白・金のうち、海賊党は富裕層の支持が殆どを占めるといった解りやすい結果に。
まぁあれだけ帝国主義を大々的に公表していれば当然と言えば当然か…
一方、SNFP(家人民党)は支持率を下げてしまった。
投票の内訳は興味深く、王政廃止論者が半数を占めるといった結果を見せる。
SNFPの元の支持層は孤立主義の民族主義者であった筈だが…
離合集散の結果、組織の変貌を避けられなかったか、支持層のバラツキが気になってしまった。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

http://i1171.photobucket.com/albums/r548/stalin1936/KRSU1944S/2019-03-19%2018.07.09_zpsvqvzbulf.png

 
 

続いて、圧倒的な支持率を見せるレジティマ派。
単独最多の議席数を確保しているが、支持層は労働者階級から富裕層まで幅広い。
労働者階級は何を思ってこの派閥に投票しているのだろう…
前回選挙で強かった派閥は失速するのが常だが、レジティマ派は勢いはそのまま、新たに労働者階級の支持も獲得している。
なんなんだこれは…

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

▼単独政党

http://i1171.photobucket.com/albums/r548/stalin1936/KRSU1944S/2019-03-19%2018.09.55_zpsql5zrcno.png

 
 

続いて、前回選挙から大きく支持を伸ばした社民党の支持分析。
大多数は中産階級。連合王国制度廃止を望む層が中心だが、一方で王政廃止論者や連合王国制度を支持する層も投票している。
前回選挙では「連合王国制度廃止を望むが、スウェーデンの王政は継続を望む」という層が投票していた事を考えると、開戦派に回った人民連合や連立によって孤立主義を捨てたSNFPの支持層を抱き込んだ形となるか。
与党には成れなかったものの、36年から一貫して武装中立主義を打ち出す社民党の政策に一定の支持層は形成されている模様。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

http://i1171.photobucket.com/albums/r548/stalin1936/KRSU1944S/2019-03-19%2018.14.00_zps8unx5ojm.png

 
 

共産主義者同盟は、同系統の政党では最多となる単独22票を獲得。
欧州がサンディカリスム一色に染まる中、従来他党に投票していた層が親フランス外交を求めて投票した形となるか。
ただしコメントを見る限り世界革命を望む層も投票しているため、「フランス側について平和を保とう」という層ばかりかと言うとそうでもない。
より穏健な社会主義者は社民党か、穏健化してほぼ労働党と化した人民連合に投票したと思われる。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

http://i1171.photobucket.com/albums/r548/stalin1936/KRSU1944S/2019-03-19%2018.17.50_zpsfffqiyts.png

 
 

最後は北ローマ党。
残念ながら票数は獲得出来なかったが、支持層のコメントは一貫としているので固定票と思われる。
コメント欄には分割案・統一案が半々といった状況の為、党としての戦後ヴィジョンの構築が足らなかった可能性もある。
北ローマ帝国として直轄領とするのか、欧州を戦前の状態に戻して勢力圏に組み込むのか…
今後の戦略が期待される。
支持層はほぼ中産階級。
どんな利益を期待して投票したのかは謎であるが、生活が安定しつつある現在、冒険心で拡張主義政党に投票した可能性も捨てきれない。
なかなか興味深い結果である。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

▼1944年以降へ

 
 
 
 
 
 

以上をもって、1944年選挙を終了とします。
今後は少々の調整時間を経て、実際のプレイに移ります。
今暫くお待ち下さいませ。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

【Kaiserreichスウェーデン】王政廃止に伴う議論(前編)?へ進む
【Kaiserreichスウェーデン】バルト海は再びスウェーデンの海となるかに戻る

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-03-19 (火) 18:44:58 (180d)