【Kaiserreichスウェーデン】決別

▼編集方式の変更について

長らくお待たせしてしまい申し訳御座いません。
長期間の連載に伴い、様々な問題が発生したため編集方式を下記の様に切り替える事に致しました。

(1)掲示板の分離
(2)連載方式の変更
(3)政党イベントの再定義

 
 
 
 
 
 

▽(1)掲示板の分離

掲示板画像数の制限突破とアップローダーの画像超過により過去スレが消失しつつあります。
そのため、更新方法を下記図式の通りに変更しました

 
 

6月4日以降は「イベント掲示板」と「打ち合わせ掲示板」の2つを使用してAARを更新致します。
https://rara.jp/hoi2vicmodaar2/
(打ち合わせ掲示板)
https://rara.jp/vic3/
(イベント掲示板)

 
 

打ち合わせ掲示板:政党スレ/雑談スレといったイベント以外のスレッド
イベント掲示板:イベントのみ
という役割分担を行い、イベント掲示板にURL一覧を掲載する事でイベントを追いやすくしました。

 
 
 
 
 
 

▽(2)連載方式の変更

また、イベント掲載方式も下記のように変更致します。

 
 

「イベント掲示板のURL」
「ダイジェスト(イベントの概要解説)」
「1〜3枚程のスクリーンショット」

 
 
 
 

https://i1171.photobucket.com/albums/r548/stalin1936/KRSU1948_4/660c402928fa6a6ea100f71fb60266f7_1004443076_zpsph8ry9aw.jpg

 
 

スクリーンショットの量が非常に多く、photobaqetの容量問題が出てきているため、止むを得ずスクリーンショットを削減する意味でURL紹介形式に変更致します。
今後は、政党専用の活動サイトのようなものも用意してAAR本体と各政党の分離を進め、「AAR本編と支持する政党だけ見たい」といった要望にも答えていくつもりです。
※AAR途上で連載形式を何度も変更したくはないので、政党サイト等は次回以降からの採用となります。

▽(3)政党イベントの再定義

イベントの1つ1つの密度が上がっており、登場人物も連載開始当初に比べ増え政党党首もすべてを把握する事が困難な状況が続いております。
そのため、今後政党イベントは「密度に関わらずhoi2のイベントと同じく概要のみの紹介」と致します。
密度の高いイベントを追い続けてAARそのものが長引いてしまう→完結まで時間がかかり過ぎてしまい読者・作者共に疲弊するという事態を防ぐためにこのような措置を取らせて頂きます。

何れの修正も、当初の予測よりAARが大きくなった事が原因で発生致しました。
この度は作者の準備と能力の不足により、読者の方々にご迷惑をお掛けしてしまう事に深くお詫びを申し上げます。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

▼BWF・SNFPの衝突と「最後のヴァーサ運動戦士」ヒムレーの死

BWFの路線転換、イングリッド・シーグフリード、労働者重視の新綱領を発表する
https://rara.jp/hoi2vicmodaar/page8713

 
 
 
 

https://i1171.photobucket.com/albums/r548/stalin1936/KRSU1948_4/2019-08-16%2022.34.47_zpsvtyvxx6f.png

 
 

https://i1171.photobucket.com/albums/r548/stalin1936/KRSU1948_4/2019-08-16%2022.35.03_zpsxrmrj8ls.png

 
 

BWFの新方針が発表される。
北欧国粋主義と言える方針だが、1950年も近くなって優生学か…
それにしても、スウェーデンの政治結社は重武装し過ぎである。その中でもBWFは際立って攻撃的だ。
本当に反乱を起こせそうである。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

「ある老人の手紙」シュワルツ、BWFのユーリア・ラームにイングリッドとの決別を促す
https://rara.jp/hoi2vicmodaar/page6172

 
 

https://i1171.photobucket.com/albums/r548/stalin1936/KRSU1948_4/2019-08-16%2022.43.14_zpsgkv1s5mo.png

 
 

これまで呉越同舟で活動を共にしてきたシュワルツがBWFを非難する。
彼らが最も憎む「共産主義者」という単語を入れた辺り、SNFPはBWFと手を切りたいという意思が見て取れる。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

▼BWFのイングリッド・シーグフリード、SNFPとの抗争を宣言

アルベルト・ヒムレーの後悔
BWFとSNFP、抗争状態に突入する
https://rara.jp/hoi2vicmodaar/page9578
https://rara.jp/hoi2vicmodaar/page9330
https://rara.jp/hoi2vicmodaar/page9603

 
 
 
 

https://i1171.photobucket.com/albums/r548/stalin1936/KRSU1948_4/2019-08-16%2022.45.06_zps8cfzlpxl.png

 
 

https://i1171.photobucket.com/albums/r548/stalin1936/KRSU1948_4/2019-08-16%2022.48.31_zpswoqbgjwk.png

 
 

https://i1171.photobucket.com/albums/r548/stalin1936/KRSU1948_4/2019-08-16%2022.48.40_zps21fsjurw.png

 
 

これに対し、BWF首脳陣は全面的に応戦すると宣言。
売られた喧嘩は買う。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

https://i1171.photobucket.com/albums/r548/stalin1936/KRSU1948_4/2019-08-16%2022.52.48_zpseq5bqyr9.png

このまま全面衝突かと思いきや、元NRSNSヒムレーより手紙が届く。
所謂校舎裏呼び出し。
だまし討ちもあり得る状況だが、ユーリアはこの会談に出向く事を決意。

 
 

https://i1171.photobucket.com/albums/r548/stalin1936/KRSU1948_4/2019-08-16%2023.02.39_zpsxyko6zsa.png

 
 

https://i1171.photobucket.com/albums/r548/stalin1936/KRSU1948_4/2019-08-16%2023.02.47_zpsotnmmyed.png

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

公開会談、ハンソンの穏健化で党を離脱した同盟タカ派党員により襲撃を受ける
元ヴァーサ党幹部・SNFP顧問アルベルト・ヒムレー、ユーリア・ラームを庇い死亡する
ヒムレー、死に際して、ラーム暗殺の犯人が自分であったことをユーリアに告白する
https://rara.jp/hoi2vicmodaar/page3686
https://rara.jp/hoi2vicmodaar/page10001

 
 
 
 

https://i1171.photobucket.com/albums/r548/stalin1936/KRSU1948_4/2019-08-16%2023.03.40_zpsb8nw8dif.png

 
 

https://i1171.photobucket.com/albums/r548/stalin1936/KRSU1948_4/2019-08-16%2023.03.53_zps9wlwayit.png

 
 
 
 

ヒムレー、死後に全ての事実を手紙にてユーリアに伝える
「Death of Last One」アルベルト・ヒムレーの葬儀とユーリア・ラームの出奔
https://rara.jp/hoi2vicmodaar/page10259
https://rara.jp/hoi2vicmodaar/page9578
https://rara.jp/hoi2vicmodaar/page10259
https://rara.jp/hoi2vicmodaar/page10777
https://rara.jp/hoi2vicmodaar/page10206

 
 

ヴァーサ党崩壊直後のラーム殺害の犯人がヒムレーその人であった事を知らされる。
動揺するユーリア。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

▼国家総力戦体制

https://i1171.photobucket.com/albums/r548/stalin1936/KRSU1948_4/2019-08-16%2022.53.46_zpsbsrhconx.png

 
 

https://i1171.photobucket.com/albums/r548/stalin1936/KRSU1948_4/2019-08-16%2022.53.56_zpsc7bbay4i.png

 
 

公開会談の前にウルマンがやってきて、戦時体制に入るから協力しろと申し出た。
狂人の癖にやることはちゃんとやるのか。

そしてイングリッドが右派代表として演説をする事に。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

▼民主同盟の成立と反戦派の焦燥

アルフレド・シュワルツの「権威的民主主義」から「社会保守主義」への転換の決断、SNFPの焦燥
https://rara.jp/hoi2vicmodaar/page8935

 
 
 
 

https://i1171.photobucket.com/albums/r548/stalin1936/KRSU1948_4/2019-08-17%2015.41.24_zpspmajk3bc.png

 
 

SNFP支持のスウェーデン退役軍人同盟の成立、主にホルストに粛清され解職された旧主流派軍人の団体
https://rara.jp/hoi2vicmodaar/page9302

 
 
 
 

https://i1171.photobucket.com/albums/r548/stalin1936/KRSU1948_4/2019-08-17%2015.42.16_zpsgt6kk4oy.png

 
 

https://i1171.photobucket.com/albums/r548/stalin1936/KRSU1948_4/2019-08-17%2015.42.44_zpsekpdhvay.png

 
 

退役軍人。正確には退役「させられた」軍人たちが集会を開き退役軍人同盟なる政治結社の設立を宣言。
なぜ彼らが不満を持っているかだが、元を辿れば1936年選挙で成立した人民連合政権時に遡る事ができる。

 
 
 
 

https://drive.google.com/drive/folders/1-czgfGOjRgnYVxXkt3kJHuS6uaKYn8n8?usp=sharing
※人物相関図に関しては上記リンク内に格納しておりますので自由に閲覧出来ます

 
 
 
 

ヴァーサとの内戦寸前の状態で政権を握ったホルスト首相は、暴走する軍部と政党を切り離さなければならないと考えた。
だが、そのまま粛清に及んでは内戦回避の条項に抵触し、大反発を招いてしまう。
そのため直接的な手法で粛清する事を避け、閑職に追い込んだり精神的な揺さぶりを掛けたりして有力軍人を退職に追い込んでいった。
ホルストは革命家だがリアリストでもある。目的達成のためなら手段は問わない。たとえ極右と連立しようとも…
こうして、あらゆる手段を講じて目的を達成していったのだ。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

▼民主同盟の成立

 
 
 
 
 

SNFPと社民党の連立協議
https://rara.jp/hoi2vicmodaar/page9311
https://rara.jp/hoi2vicmodaar/page6939
https://rara.jp/hoi2vicmodaar/page9061
https://rara.jp/hoi2vicmodaar/page9512
https://rara.jp/hoi2vicmodaar/page6939

 
 
 
 

https://i1171.photobucket.com/albums/r548/stalin1936/KRSU1948_4/2019-08-17%2016.15.30_zps2bbp04ip.png

 
 

https://i1171.photobucket.com/albums/r548/stalin1936/KRSU1948_4/2019-08-17%2016.15.53_zpswpeaab7y.png

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

「民主同盟」の成立
https://rara.jp/hoi2vicmodaar/page9558
https://rara.jp/hoi2vicmodaar/page9302

 
 
 
 

https://i1171.photobucket.com/albums/r548/stalin1936/KRSU1948_4/2019-08-17%2016.12.58_zpspkkqojge.png

 
 

支持が伸びず行き詰まるSNFP。
閣外協力により事実上与党化した北ローマ党の様に閣外協力という手もあるが… 現与党が「北欧連合王国体制」「戦時体制構築」「国家総力戦体制」という正反対のイデオロギーであるため迎合出来ず苦しむ。
そこで、右派左派の垣根を超え社民党と連立する事で新たな勢力「民主同盟」が結成された。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

https://i1171.photobucket.com/albums/r548/stalin1936/KRSU1948_4/SNFP203_zpsvwsvdcum.jpg

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

▼民主同盟、反戦大演説会

https://rara.jp/hoi2vicmodaar/page10492

 
 
 
 

https://i1171.photobucket.com/albums/r548/stalin1936/KRSU1948_4/2019-08-17%2016.43.21_zpsrgbo5egb.png

 
 

https://i1171.photobucket.com/albums/r548/stalin1936/KRSU1948_4/2019-08-17%2016.43.47_zps5qgiqjin.png

 
 

社民党党首、反戦主義者としての矜持
https://rara.jp/hoi2vicmodaar/page10519

 
 
 
 

https://i1171.photobucket.com/albums/r548/stalin1936/KRSU1948_4/2019-08-17%2018.19.37_zpsy4dsypuk.png

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

▼シュワルツ、開戦に当たって

https://rara.jp/hoi2vicmodaar/page10259

 
 
 
 

https://i1171.photobucket.com/albums/r548/stalin1936/KRSU1948_4/2019-08-17%2018.22.23_zpslki0ed6u.png

 
 

https://i1171.photobucket.com/albums/r548/stalin1936/KRSU1948_4/2019-08-17%2018.23.24_zpso65sl7zl.png

 
 

SNFPは方針を大きく切り替え、より民主的に。
最大の問題であった孤立主義で組む相手が居ない問題に対し、社民党との連立で新たな勢力を形成する。

 
 

https://i1171.photobucket.com/albums/r548/stalin1936/KRSU1948_4/EAFVsqMU8AAEqSu_orig_zpslof1ruxn.jpg

 
 

「民主同盟」と名付けられたこの同盟は、連合王国(ビョークルンド体制)の抱える多くの問題に切り込み、より分権主義な政権を作る事で国防と地方自治を両立させようとした。
実際にスウェーデンはフィンランド国内の問題に多大なコストを支払っているため、社民党の支持が伸びつつある状況であった。
SNFPが社民党の掲げる「ノルディック・アライアンス」構想を支持した事で、政府に対するカウンター勢力として支持を受けられるポジションを手に入れた。
もっとも、旧ヴァーサ系党員を抱えているSNFPが民主主義政党に転換した事で内部離反者が続出した可能性もあるが…

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

▼レジティマ派の崩壊

レジティマ派に対する政府の調査
https://rara.jp/hoi2vicmodaar/page8864
https://rara.jp/hoi2vicmodaar/page6678

 
 
 
 

https://i1171.photobucket.com/albums/r548/stalin1936/KRSU1948_4/2019-08-17%2023.12.34_zpsnakfwfzw.png

 
 

https://i1171.photobucket.com/albums/r548/stalin1936/KRSU1948_4/2019-08-17%2023.13.45_zpsccuiykih.png

 
 

「厄草」と銘打たれた薬物が蔓延し、その裏にレジティマ派が関わっているという報告が上がる(またコイツ等か…)
流石にこれは政府も見過ごせず、レジティマ派排除の方針を固める。
一方でレジティマ派側も派閥争いで内部崩壊が進んでいるとの報告。
放っといても自滅しそうだが、レジティマ派は特性上構成員一人ひとりが(色んな意味で)行動力があり厄介だ。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

▼BWFイングリッド、リンドホルム伯爵に狙われるウメオ子爵に身の危険を忠告する

イングリッド、ウメオ子爵令嬢クリスティーナに、いざという時助かる方法を教える
https://rara.jp/hoi2vicmodaar/page8713
https://rara.jp/hoi2vicmodaar/page9512

 
 
 
 

https://i1171.photobucket.com/albums/r548/stalin1936/KRSU1948_4/2019-08-17%2023.30.01_zpsai2rkt9r.png

 
 

https://i1171.photobucket.com/albums/r548/stalin1936/KRSU1948_4/2019-08-17%2023.30.18_zpshmvxc0y5.png

これらをまとめてかろうじて政党として機能させているウメオ子爵ヨハンが消されたら本当に崩壊するだろう…

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

レジティマ派の消滅とスウェーデンの新貴族主義
https://rara.jp/hoi2vicmodaar/page11026

 
 
 
 

https://i1171.photobucket.com/albums/r548/stalin1936/KRSU1948_4/2019-08-18%200.00.07_zpsbajq6rm9.png

 
 

レジティマ派の内部抗争により、レジティマ派に所属していた無所属議員が続々と離党していった。
これによりレジティマ派の勢力を形成していた数の優位が失われ、レジティマ派は急速に弱体化・解体されていった。
ただし、その結果として残された19世紀的哀愁はスウェーデンの文化に一定の影響を及ぼしたそうだ。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

▼「フィンランドのマッカーサー」

ビョークルンドとキドランド、タウンゼント中将についての報告を受ける
https://rara.jp/hoi2vicmodaar/page10192

 
 
 
 

https://i1171.photobucket.com/albums/r548/stalin1936/KRSU1948_4/2019-08-18%200.05.09_zpsmuqfxomm.png

 
 

この頃、連合王国軍においてフィンランド系軍人のタウンゼント将中将がピックアップされる。
総力戦体制を整えつつある連合王国内では、有能な軍人は引く手あまたである。
ホルスト首相時代に有力な軍人をあら方退役に追い込み軍を安定化させたのは良いが、逆に軍の弱体化に繋がってしまった。
結果として、スカンディナヴィア軍(連合王国軍)では、北極戦争後に版図に入りホルストの粛清を免れたフィンランド系軍人の影響力が大きくなっていた。

タウンゼントは、その中でも最も有力な軍人として評価されているのである。
ただし、素行には少々問題があるようだ…

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

▼世論調査

https://rara.jp/hoi2vicmodaar/page10295
https://rara.jp/hoi2vicmodaar/page10342

 
 
 
 

https://i1171.photobucket.com/albums/r548/stalin1936/KRSU1948_4/6c858d6232257157b42fc1183cefb6e0_1004414539_zpsjdg5yv9l.jpg

 
 

https://i1171.photobucket.com/albums/r548/stalin1936/KRSU1948_4/152c63c57f140f42098e22daaf5ecd2d_1004414528_zpsgkuowayw.jpg

 
 

世論調査の結果。
レジティマ派の勢力が大幅に減退。
自民党も与党の宿命か支持を大幅に落とす。
その分の支持をノルド労農党が集める形となった。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

▼レジティマ派の瓦解

https://i1171.photobucket.com/albums/r548/stalin1936/KRSU1948_4/2019-05-29%2023.48.43_zps5tvr2gvi.png

 
 

https://i1171.photobucket.com/albums/r548/stalin1936/KRSU1948_4/2019-05-29%2023.48.53_zpsv7dtynkj.png

 
 

https://i1171.photobucket.com/albums/r548/stalin1936/KRSU1948_4/2019-05-29%2023.51.40_zpssppesvid.png

 
 

レジティマ派が分裂しても反動すぎて他の政党に吸収されないとは思うが…
キルナ男爵は世論調査の結果を受けてノルド労農党に取り入ろうとする。
イデオロギー的に真逆もいいとこなんですが…

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

▼連合国王戴冠式と同時多発テロ、東方動乱と「フィンランド国王」

https://i1171.photobucket.com/albums/r548/stalin1936/KRSU1948_4/be4ed357be33f85ad061315b6706582b_1004458094_zpslfss96fo.jpg

 
 

【これまでのあらすじ】

国会炎上事件に端を発する国民投票の結果……
前首相・外相であるベルティ・ビョークルンドがベルティア1世としてスカンジナビア連合国王に即位することとなり、国民はこれを歓喜の声で迎えた。

また、同時に行われた投票の結果、
スウェーデン・ノルウェーは既存の王家を維持するもののベルティア1世の下に置かれることとなり、
フィンランドは不人気な国王モーリッツ1世が廃位され、連合王国傘下の共和国に移行した。
戴冠式まであと数週、スカンジナビアとインターナショナル陣営との対立関係は極度に達し、対英仏開戦は秒読みとみられていた。

スウェーデン本国では、左派政党でありながら反インターナショナルを掲げる労農運動のフェリシア・ウリヤノフが、政争続く国内を対英仏で取りまとめるため、策動を始める。
フェリシアの行動をきっかけに、左右の反政府の両極として国内不安の原因となっていた、
共産主義者同盟のカールハンソンとBWFのイングリッド・シーグフリードが揃って穏健路線に舵を切り、にわかに城内平和の機運が高まった。

城内平和は成り、連合国王ベルティア1世・首相ウルマンの指導の元、もはや国内に不安要素は無いと思われていた。
しかし、フィンランドでは民族主義者「ラプア運動」と共産主義者が揃って蠢動をはじめていた……
 
 
 
 
 
 

ビョークルンドの養子、アレクシス・ニュースロット=ビョークルンド少佐の帰還
https://rara.jp/hoi2vicmodaar/page9909
ビョークルンド、戴冠式を控えてフィンランド大統領リュティと面会する。リュティ、ラプア運動の危険性を訴える
https://rara.jp/hoi2vicmodaar/page9702
https://rara.jp/hoi2vicmodaar/page6678
ニュースロット、国旗団のアッカーマンと密会
https://rara.jp/hoi2vicmodaar/page9702
ニュースロット、エプレボリ伯爵と面会、中佐に昇進し「近衛嚮導市民連隊」の指揮官として対フィンランド治安戦を任される
https://rara.jp/hoi2vicmodaar/page10206
フィンランド廃王モーリッツ(ヴォルフガング・フォン・ヘッセン)はラプア運動を憎み、仮名を名乗ってスカンジナビア連合王国に接近
https://rara.jp/hoi2vicmodaar/page3298 (10231-10264)
フィンランド共産党ヴィロライネン書記長、指導者クーシネンを追放、思想的に真逆なラプア運動と手を結ぶ
https://rara.jp/hoi2vicmodaar/page10318
謎の「観光団体」、ストックホルムを視察する
https://rara.jp/hoi2vicmodaar/page10322
https://rara.jp/hoi2vicmodaar/page10192

 
 
 
 
 

https://i1171.photobucket.com/albums/r548/stalin1936/KRSU1948_4/2019-09-07%2014.20.29_zps79j2wqzv.png

 
 

https://i1171.photobucket.com/albums/r548/stalin1936/KRSU1948_4/2019-09-07%2014.20.08_zpsc1uaxtcl.png

 
 

https://i1171.photobucket.com/albums/r548/stalin1936/KRSU1948_4/2019-09-07%2018.14.02_zpsodqyxkbz.png

 
 

この頃、連合王国内に組み込まれていたフィンランドではラプア運動が根強く残り、この運動を快く思わない連合王国との間で対立が起こっていた。
保守派である地主層や独立を目指す層と、インターナショナルに加盟してソ連やフランスから援助を得ようとするフィンランド共産党の2勢力が祖国独立という共通の目的を前に結託。
…したかに見えたが実際にはフィンランド共産党のヴィロライネンがコソラを拘束して両陣営を操っているという。

この右派左派連合の武装組織は「フィンランド国民軍」として活動を始め、ソ連国境地帯から西を目指す軍勢となる。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

▼連合国王ベルティア1世の「戴冠式」

 
 

https://i1171.photobucket.com/albums/r548/stalin1936/KRSU1948_4/2019-09-07%2014.28.16_zpsbhtlxaoe.png

 
 

https://i1171.photobucket.com/albums/r548/stalin1936/KRSU1948_4/2019-09-07%2014.28.46_zps45l1re1g.png

 
 

https://i1171.photobucket.com/albums/r548/stalin1936/KRSU1948_4/2019-09-07%2014.28.52_zpsbhqwsxfa.png

 
 

https://i1171.photobucket.com/albums/r548/stalin1936/KRSU1948_4/2019-09-07%2014.28.57_zpshisilbd2.png

 
 

https://i1171.photobucket.com/albums/r548/stalin1936/KRSU1948_4/2019-09-07%2014.29.05_zpsyrerbfws.png

 
 

https://i1171.photobucket.com/albums/r548/stalin1936/KRSU1948_4/2019-09-07%2014.29.18_zps8satnjpg.png

 
 

https://i1171.photobucket.com/albums/r548/stalin1936/KRSU1948_4/2019-09-07%2014.29.32_zpskdbj5j6g.png

 
 

https://i1171.photobucket.com/albums/r548/stalin1936/KRSU1948_4/2019-09-07%2014.29.40_zpswp7rlqz4.png

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

連合国構成国三か国の元首によって戴冠が行われるが、戴冠式は突如ラプア運動に襲撃される。
フィンランドの民族主義者達が遥々ノルウェーまでやってきてテロを起こす。
ベルティア1世、絶体絶命の危機。

 
 

https://i1171.photobucket.com/albums/r548/stalin1936/KRSU1948_4/2019-09-07%2014.29.52_zpse4rrhjf4.png

 
 

https://i1171.photobucket.com/albums/r548/stalin1936/KRSU1948_4/2019-09-07%2014.31.00_zpsrblmqhtz.png

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

▼「国王」モーリッツの死

フィンランド廃王モーリッツ、ビョークルンドをかばい獅子奮迅の活躍を見せるが、胸を撃たれ「国王」として死す
モーリッツ、遺言として兄フィリップ・フォン・ヘッセン(ヴァイノ1世)のフィンランド国王戴冠とヘッセン選帝侯国の再興を希望する
https://rara.jp/hoi2vicmodaar/page10531
https://rara.jp/hoi2vicmodaar/page10598
https://rara.jp/hoi2vicmodaar/page10658

 
 
 
 

https://i1171.photobucket.com/albums/r548/stalin1936/KRSU1948_4/2019-09-07%2014.26.18_zpsekkoakeu.png

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

▼反スカンディナヴィアテロ

「同時多発テロ」
https://rara.jp/hoi2vicmodaar/page10322 (10571-10709)
https://rara.jp/hoi2vicmodaar/page8749 (10580-10680)
https://rara.jp/hoi2vicmodaar/page9345 (10684-10700)
https://rara.jp/hoi2vicmodaar/page10192 (10567-10702)

ラプア運動とフィンランド共産党、混乱の隙をつきフィンランド・ロシア国境地帯を占領する
https://rara.jp/hoi2vicmodaar/page10318 (10521-10763)
https://rara.jp/hoi2vicmodaar/page6156 (10712)

 
 
 
 
 
 
 

https://i1171.photobucket.com/albums/r548/stalin1936/KRSU1948_4/2019-09-07%2014.21.08_zpsyntzxpux.png

 
 

同時にフィンランドで反政府組織が次々蜂起。
ソ連を刺激しないよう国境地帯に軍を置いていなかった事を利用して蜂起し、国境警備隊を蹴散らして西に進軍を開始。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

▼共和国「首相」

「フィンランド国王」ヴァイノ1世の旗の元、連合王国支持のフィンランド人が戦争支持デモを行う
フィンランド人の有力将官・タウンゼント中将、フィンランド人のナショナリズムを煽り、志願兵を募る
ウメオ子爵とエプレボリ伯爵、ヴァイノ1世と交渉する
ヴァイノ1世、「フィンランド共和国首相」フィリップ・フォン・ヘッセンの地位を交渉で得る。
ヴァイノ1世=フォン・ヘッセン、義勇軍を率いてフィンランドとの国境・トルニオに進出する
https://rara.jp/hoi2vicmodaar/page10687
https://rara.jp/hoi2vicmodaar/page6678

 
 

https://i1171.photobucket.com/albums/r548/stalin1936/KRSU1948_4/2019-09-07%2018.51.11_zps3opjq8rn.png

 
 

https://i1171.photobucket.com/albums/r548/stalin1936/KRSU1948_4/2019-09-07%2018.52.08_zpstoza5ccf.png

 
 

https://i1171.photobucket.com/albums/r548/stalin1936/KRSU1948_4/EDRE48iWsAAGjxR_orig_zpsbbl149j1.jpg

 
 

https://i1171.photobucket.com/albums/r548/stalin1936/KRSU1948_4/EDRE49RWwAAKkhs_orig_zpsbokw2va5.jpg

 
 

https://i1171.photobucket.com/albums/r548/stalin1936/KRSU1948_4/EDRE49JX4AASQy7_orig_zpsujv2cpcd.jpg

 
 

“フィンランド共和国首相”ヴァイノ1世、王党派を率いて国境の街トルニオに立つ。
フィンランドに展開中のスカンディナヴィア軍とはまた異なる、フィンランド共和国の正規軍と合流して北部の街トルニオからフィンランド鎮定を図る。

エプレボリ伯爵中将、外務大臣に任命され、外交問題に対する全権を押し付けられる
https://rara.jp/hoi2vicmodaar/page10265

https://i1171.photobucket.com/albums/r548/stalin1936/KRSU1948_4/2019-09-07%2019.06.02_zpsv8xxuwti.png

 
 

がんばって。やくめでしょ。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

▼スウェーデン国王グスタフ1世の崩御

https://rara.jp/hoi2vicmodaar/page10861

https://i1171.photobucket.com/albums/r548/stalin1936/KRSU1948_4/2019-09-07%2019.07.21_zpslsyyrvi2.png

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

▼フォン・ヘッセン、フィンランドの留守をマンネルヘイム元帥に託す

https://rara.jp/hoi2vicmodaar2/page122

 
 

https://i1171.photobucket.com/albums/r548/stalin1936/KRSU1948_4/2019-09-07%2019.14.20_zps0tttrsds.png

 
 

https://i1171.photobucket.com/albums/r548/stalin1936/KRSU1948_4/2019-09-07%2019.13.39_zpsqnyt33sd.png

 
 

https://i1171.photobucket.com/albums/r548/stalin1936/KRSU1948_4/2019-09-07%2019.11.05_zpsh7sem5bg.png

 
 

https://i1171.photobucket.com/albums/r548/stalin1936/KRSU1948_4/EBuWwwFVAAA7KiU_orig_zpsuby4dfsu.jpg

 
 

この時点でフィンランドには4勢力が存在しており、
軍としてはスカンディナヴィア軍・フィンランド共和国軍・フィンランド国民軍の他、ヴァーサ市周辺に展開する沿岸スヴェーア社会共和国軍も活動し混沌としていた。
スカンディナヴィア軍とフィンランド共和国軍は共闘関係にあり、補給を受けるものの、武装蜂起したヴィロライネンのフィンランド国民軍や沿岸スヴェーア軍は独自勢力のため補給を受けず、
補給物資を都市から調達していた。

内戦が長引けばフィンランド人の反スカンディナヴィア意識は益々強くなる事が予想される。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

▼フォン・ヘッセン、ウルマン首相・イングリッド・伯爵中将と面会する

 
 
 
 

スウェーデン王グスタフ6世指揮による、ノルウェー系、フィン系、アラブ系、その他を中心とするスカンジナビア連合軍に、フィンランド共和国政府軍と超民族的な左派系義勇軍を加えた軍による沿岸ヴァーサ共和国鎮圧が決定する
https://rara.jp/hoi2vicmodaar2/page373
https://rara.jp/hoi2vicmodaar2/page122

 
 

https://i1171.photobucket.com/albums/r548/stalin1936/KRSU1948_4/2019-09-07%2019.24.53_zpsb9zrbnb0.png

 
 

https://i1171.photobucket.com/albums/r548/stalin1936/KRSU1948_4/2019-09-07%2019.25.29_zpsxuikfywu.png

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

伯爵中将、旧軍主流派・退役軍人同盟の代表たるSNFP副党首・リッケルト中将に、スウェーデン義勇軍派遣の打診を行う
退役軍人同盟、現政権への反発から義勇兵派遣を却下する
https://rara.jp/hoi2vicmodaar2/page76
https://rara.jp/hoi2vicmodaar2/page437
https://rara.jp/hoi2vicmodaar2/page529
https://rara.jp/hoi2vicmodaar2/page17

 
 

https://i1171.photobucket.com/albums/r548/stalin1936/KRSU1948_4/2019-09-07%2022.52.16_zpsbjqt5oc9.png

 
 

右派左派問わず、フィンランド内戦の早期終結のため共闘戦線が結成される。
BWF非主流派から構築される沿岸共和国軍はBWFから討伐宣言を受けて古巣に帰ることは不可能となる。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

▼欧州大戦と核兵器、タウンゼント将軍顛末

 
 
 
 

【これまでのあらすじ】

スカンジナビアが政争に明け暮れている中、欧州大陸では、英仏のインターナショナル陣営がドイツ・ロシアを次々撃破し、欧州を恐怖に陥れていた。
北方を統一したスカンジナビアと、大陸を支配したインターナショナル陣営との激突は時間の問題とみられていた。

労農運動フェリシア・ウリヤノフの働きかけにより、左派野党領袖の共産主義者同盟のカール・ハンソンは城内平和・反インターナショナル路線に舵を切った。
同時期、自民党ウルマン首相の要請で、右派野党領袖のBWFイングリッド・シーグフリードも政府への協力に舵を切る。
ベルティ・ビョークルンドの戴冠により、当面の内政における憂いを解消した政府はついに対インターナショナル宣戦布告を行うのであった……。
 
 
 
 

開戦寸前・ビョークルンドは義子ニュースロットと面会
https://rara.jp/hoi2vicmodaar/page10192
ウルマン首相、右派BWFに宣戦布告への協力を依頼する

https://rara.jp/hoi2vicmodaar/page9578
ウルマン首相、左派共産主義者同盟へ宣戦布告への協力を依頼する

https://rara.jp/hoi2vicmodaar/page9566 (10469-10479)
「開戦に際しての三つの演説」「フィンブルの冬、再び」
https://rara.jp/hoi2vicmodaar/page10480

 
 
 
 
 
 

https://i1171.photobucket.com/albums/r548/stalin1936/KRSU1948_4/2019-05-29%2022.34.10_zpsil6tsv15.png

 
 

https://i1171.photobucket.com/albums/r548/stalin1936/KRSU1948_4/2019-05-29%2022.34.18_zpsbdrkrheb.png

 
 

https://i1171.photobucket.com/albums/r548/stalin1936/KRSU1948_4/2019-05-29%2022.34.31_zpsib3stb0b.png

 
 

https://i1171.photobucket.com/albums/r548/stalin1936/KRSU1948_4/2019-05-29%2022.34.40_zpshwhvahsn.png

 
 

https://i1171.photobucket.com/albums/r548/stalin1936/KRSU1948_4/2019-05-29%2022.34.50_zpsytvllhem.png

 
 

https://i1171.photobucket.com/albums/r548/stalin1936/KRSU1948_4/2019-05-29%2022.35.01_zpsj109bdjo.png

 
 

フィンランド情勢が混沌を極める中、国内に向け開戦演説を実施。
演説が完了すると同時にフランスへ宣戦を布告。
デンマークへ展開した軍は一斉に上陸を開始した。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

▼軍事大臣たる盟約党首、「新型爆弾」の試作について報告する

https://rara.jp/hoi2vicmodaar/page10861

 
 

https://i1171.photobucket.com/albums/r548/stalin1936/KRSU1948_4/2019-09-08%200.04.32_zpsonazwgts.png

 
 

極秘裏に開発された”新型爆弾”が実戦投入可能となる・
どの段階で導入試験を行っていたのかは謎に包まれているが、国家最重要機密という事もあり開戦ギリギリまで秘匿する必要があった。
実際に使われるかどうかは…

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

▼フィンランド情勢オリエンテーション

 
 
 
 

https://i1171.photobucket.com/albums/r548/stalin1936/KRSU1948_4/SNFP204_zps20qbdogu.jpg

 
 

https://i1171.photobucket.com/albums/r548/stalin1936/KRSU1948_4/2019-09-23%2019.36.10_zpsppjxezmi.png

 
 

https://i1171.photobucket.com/albums/r548/stalin1936/KRSU1948_4/2019-09-23%2019.36.36_zpsapoxafcj.png

 
 

https://i1171.photobucket.com/albums/r548/stalin1936/KRSU1948_4/2019-09-23%2019.38.03_zpsn5in1ip1.png

 
 

https://i1171.photobucket.com/albums/r548/stalin1936/KRSU1948_4/2019-09-23%2019.38.25_zpsk6avdzpt.png

 
 

アルフベン局長とメランダル主任によるフィンランド情勢の分析。
後述する沿岸共和国政権も含めて全地域で不安定化が進んでおり、
長期化するとソ連の介入だけでなく、ラプア側を民衆が支持してフィンランド独立戦争に発展する可能性がある。
現政権は早期に鎮圧するためスウェーデン国王グスタフ6世を名目上の総司令官として平定軍(フィンランド派遣総軍)を派遣。

 
 

フィンランド派遣総軍(スカンディナヴィア軍)
スカンディナヴィア東部方面軍
フィンランド共和国軍

vs

フィンランド国民政府軍

Vs

沿岸共和国軍

 
 

という三つ巴の状況を呈している。
中でも沿岸共和国はスウェーデン人至上主義を掲げるファシズム的な勢力であり、
現地でラプア主義者と判断したフィンランド人を拘束・殺害しているという情報も入っている事から、長期化すると
スウェーデンとフィンランドの間に完全な溝が形成されてしまう。
それだけは絶対に避けなければいけない…

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

▼沿岸共和国建国宣言

 
 
 
 

【これまでのあらすじ】
旧ヴァーサ党幹部最後の生き残りであったヒムレー暗殺後、BWF指導者ユーリア・ラームが出奔したことで、BWFの指導権は一時的にイングリッド・シーグフリードが掌握することとなった。
かねてよりイングリッドと不仲であったBWF戦闘部隊司令官グスタフ・ヘッグスはこの動きに反発。もはやBWFに己の居場所がないことを悟る。
ベックスは己の理想を生き残らせることが出来る新天地を築くことを決意、戦乱のフィンランドに狙いを定め、己の指揮下にある武装勢力の大半を率いてBWFを離脱した……

 
 
 
 

https://i1171.photobucket.com/albums/r548/stalin1936/KRSU1948_4/3303912105a08e54a976c0a391f2e6b7_1004441868_zpsq07dffwb.png
https://i1171.photobucket.com/albums/r548/stalin1936/KRSU1948_4/5dde5624bd1fdebeb0b29c2287adb217_1004441870_zpste66yn3c.png

 
 

BWF戦闘部隊指揮官グスタフ・ベックス、フィンランドへの進出を画策し部下を募集する
共産主義者アズナボリ、共産主義者同盟の穏健化で居場所を失い、ベックスの元に参じる
https://rara.jp/hoi2vicmodaar/page10713
ベックスとアズナボリ、フィンランド西岸に上陸する
https://rara.jp/hoi2vicmodaar/page10756
ベックス、フィンランド西岸オスターボッテンを占領し、フィンランド人住民を追放する。
https://rara.jp/hoi2vicmodaar/page10318
ベックス、エスターボッテンはヴァーサ市にて「沿岸スヴェーア社会共和国」の独立を宣言する
アズナボリ、フィンランド人の収容を開始する
フォン・ヘッセン、「沿岸スヴェーア社会共和国」を反政府武装勢力として糾弾の演説を行う、ベックスは反論の演説を行う
SNFPシュワルツ党首と右派文化人ヨアキム・ミルド、ヴァーサ市を視察する
https://rara.jp/hoi2vicmodaar/page11121
https://rara.jp/hoi2vicmodaar/page11381

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

https://i1171.photobucket.com/albums/r548/stalin1936/KRSU1948_4/2019-10-06%2021.54.37_zpspmvgl91o.png

 
 

https://i1171.photobucket.com/albums/r548/stalin1936/KRSU1948_4/2019-10-06%2021.54.43_zpsnwjcu5cj.png

 
 

https://i1171.photobucket.com/albums/r548/stalin1936/KRSU1948_4/2019-10-06%2021.56.06_zpsnx49cyke.png

 
 

https://i1171.photobucket.com/albums/r548/stalin1936/KRSU1948_4/2019-10-06%2022.00.35_zpsd5ku7lwh.png

 
 

内戦の混乱によって不安定化したヴァーサ市に上陸したベックス司令官は、
当地を実効支配し軍事政権を作り上げようとする。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

https://i1171.photobucket.com/albums/r548/stalin1936/KRSU1948_4/2019-10-06%2021.57.41_zpsxkiuwbqt.png

 
 

https://i1171.photobucket.com/albums/r548/stalin1936/KRSU1948_4/2019-10-06%2021.55.40_zps3qnpfjee.png

 
 

ラプア運動の支持者達による苛烈な弾圧もあり、
自衛意識が高まって沿岸共和国が受け入れられたそうだが…一方でこの運動はフィンランドとスウェーデンの関係を引き裂くものだという批判もあり、
支配も一枚岩とは言えない状況であった。
当政権は軍事色が極めて強く、批判には武力で対抗するという武断的な姿勢が、現地住民に魅力的に映ったのだろう。
だが、スカンディナヴィアの統合を進める政府はこの運動を快く思わず、討伐軍が派遣されることとなる…

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

【Kaiserreichスウェーデン】戦争と平和へ進む
【Kaiserreichスウェーデン】バルト海は再びスウェーデンの海となるかに戻る

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

※SNFP通信および人物相関図、リンク集の掲載の許可を頂き有難うございます。大変助けになりました。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-10-07 (月) 01:08:36 (7d)