【Kaiserreichスウェーデン】王政廃止に伴う議論(後編)

▼国会開催

https://oi1171.photobucket.com/albums/r548/stalin1936/KRSU1943-1/KRSU1944_1/2019-04-02%2013.43.40_zps56hr7t0u.png

 
 

戦う自民党が中心の与党が成立して1ヶ月後、新政権において初の国会が開催された。
議題は複数用意されたが、代表的な法案をご紹介したいと思う。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

▼ノルウェー独立委員会法案

https://oi1171.photobucket.com/albums/r548/stalin1936/KRSU1943-1/KRSU1944_1/2019-04-03%2015.27.21_zpsuyzjhb55.png

 
 

最初の議題は「ノルウェー独立委員会の設置について」
ノルウェー及びフィンランド独立を掲げる社民党が提案。
同じくスウェーデン民族主義政党であるSNFPも賛成。
与党及び野党(共産主義同盟と北ローマ党)は反対という厳しい布陣に。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

https://oi1171.photobucket.com/albums/r548/stalin1936/KRSU1943-1/KRSU1944_1/2019-04-02%2013.43.49_zpsbupogcf2.png

 
 

SNFPは社民党と党是が異なるが、フィンランドを中立の壁として独立させる事のメリットも説く。
メタ的にも中立国の壁は10の要塞に勝るため、審議の価値はある。
ただし勢力圏に組み込まれる可能性があるため、絶えずフィンランドに関する影響力を維持しなければならないが…

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

https://oi1171.photobucket.com/albums/r548/stalin1936/KRSU1943-1/KRSU1944_1/2019-04-03%2015.38.10_zps4urayejd.png

 
 

最終的にノルウェー独立に関しては否決される。
法案の延期ではなく否決であるから、今後スウェーデンは与党が変わらない限りスカンディナヴィア国家としてかじを切っていくという事だろう。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

▼民主主義擁護省の設置法案

https://oi1171.photobucket.com/albums/r548/stalin1936/KRSU1943-1/KRSU1944_1/2019-04-03%209.50.37_zpsh50s2mzc.png

 
 

自民党ウルマン総裁の強い意向で設置の要望がある民主主義擁護省設立について。
早い話が小説、1984年の「愛情省」の様なものだろうと思うが、殴り合いしつつも何だかんだで民主主義を護持出来ている現在のスウェーデンを見ると、本当に抑止力として働く可能性もある…

SSがアップロード出来ないため場面は割愛するが、民主主義擁護省設置法案も否決。
まぁ自民独裁の布石となる可能性もあるため、当然と言えるか…(民主主義を信奉する政党が独裁するというのも面白いけど)

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

▼貴族院設置法案

https://oi1171.photobucket.com/albums/r548/stalin1936/KRSU1943-1/KRSU1944_2/2019-04-06%2012.19.38_zpsbnb5ircj.png

 
 

続いてはレジティマ派から、貴族院の設置法案が提出される。
レジティマ派は反動貴族が中心なので如何にも… といった法案ながら、詳細な条件を見る限りイギリス式貴族院の様だ。
世襲貴族ではなく一代貴族という点も高評価。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

https://oi1171.photobucket.com/albums/r548/stalin1936/KRSU1943-1/KRSU1944_2/2019-04-04%205.25.22_zps3ydgyppf.png

 
 

受け入れられるギリギリの条件…といったところだが、議会は当然猛反発。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

https://oi1171.photobucket.com/albums/r548/stalin1936/KRSU1943-1/KRSU1944_2/2019-04-04%205.26.10_zpsbu8xis9a.png

 
 

アンティオキア公*1ヨハン氏がギリギリの譲歩案を提示する最中、エベルトーネ公が不遜な態度を取ったせいで議会は殴り合いの乱闘騒ぎに。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

https://oi1171.photobucket.com/albums/r548/stalin1936/KRSU1943-1/KRSU1944_2/2019-04-04%205.26.53_zps4e4yncbv.png

 
 

https://oi1171.photobucket.com/albums/r548/stalin1936/KRSU1943-1/KRSU1944_2/2019-04-06%2012.25.16_zpsnbuwivqg.png

 
 

殴り合いの末、貴族院設置法案は否決される。
与党対野党といった様相を示したが、やはり与党の勢力は圧倒的だ。
北ローマ党も連立はしていないながらも与党と実質的な協力関係にあるため、圧倒的多数を占める保守派のレジティマ派全員が票を入れても覆らない。
民主主義は護られた!

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

▼レンドリース法

https://oi1171.photobucket.com/albums/r548/stalin1936/KRSU1943-1/KRSU1944_3/2019-04-04%205.28.16_zpsujobvgko.png

 
 

https://oi1171.photobucket.com/albums/r548/stalin1936/KRSU1943-1/KRSU1944_3/2019-04-02%2013.27.38_zpsi9ienual.png

 
 

続いて旧保守党のランズヴェルグ社長から反インターナショナル国家(実質的に協商を指す)に対し技術・物品支援を行うレンドリース法が発議され、これが可決される。
レンドリースが無償か、将来的な返済を求めるかで若干議場に不安な空気が流れたもののスムーズに決議が進む。
今回は殴り合いをせずに済みましたね…(珍しい)

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

▼原子力推進法案

https://oi1171.photobucket.com/albums/r548/stalin1936/KRSU1943-1/KRSU1944_4/2019-04-04%205.29.25_zps6nikgd41.png

 
 

自民党ウルマン総裁より「原子力によるスカンジナビア繁栄法」というレポートが配られ、原子力を中心とした国防政策を展開。
これに対する議論が始まる。
原子力発電等、新たなテクノロジーの利用に関してはアブラハム啓典盟約が推進しているため、原子力による国防そのものは受け入れられると思われるが…
ラドン水の利用を国民に強要し、国民の健康?を保とうという法案。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

https://oi1171.photobucket.com/albums/r548/stalin1936/KRSU1943-1/KRSU1944_4/2019-04-04%205.31.02_zpsnd8n2nes.png

 
 

…Falloutかな?
ラドン水について解説しておくと、早い話がラジウムを含有した水…という事です。
一口にラドン水といっても、現実にラジウムを含有した温泉がある以上即座に害になるとは言えないものの、まぁ当然否決される。
当たり前か。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

▼郷土防衛軍設立法案

https://oi1171.photobucket.com/albums/r548/stalin1936/KRSU1943-1/KRSU1944_5/2019-04-03%209.50.48_zpsproegji7.png

 
 

続いて、国民連盟よりノルウェー独立委員会法案の最中提案された郷土防衛軍法案について。
VictoriaMOD的には先に歩兵等を作っておき、「予備役状態」で戦力値1にしてキープ。
戦時は動員(補充)するといった形で再現可能。
または民兵を使っても良いと思われる。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

https://oi1171.photobucket.com/albums/r548/stalin1936/KRSU1943-1/KRSU1944_5/2019-04-04%205.36.46_zpsxyqfrfgs.png

 
 

連合王国が「3王国の連合」という関係で、各国独自の軍を持っていてもおかしくはない。
むしろ、各国の自主性を取り戻し中央政府を弱体化させるという意味では社民党やSNFPも賛同出来る法案であると言える。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

https://oi1171.photobucket.com/albums/r548/stalin1936/KRSU1943-1/KRSU1944_5/2019-04-04%205.38.06_zps9ibnvzvd.png

 
 

が、現与党が反共大連立という大義の元集まった為、それとは真逆の政策であるこの法案が通るかどうか…

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

https://oi1171.photobucket.com/albums/r548/stalin1936/KRSU1943-1/KRSU1944_5/3c13b890ec9cf3fc_zpstcyjucdo.jpg

 
 

https://oi1171.photobucket.com/albums/r548/stalin1936/KRSU1943-1/KRSU1944_5/2019-04-04%205.39.22_zpsi8a3lyyl.png

 
 

審議は寸差で否決。
明確に反対を打ち出したのは共産主義同盟と北ローマ党のみ。
賛同している筈のレジティマ派も意見が分かれるという混迷を極めた結果、否決となった様だ。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

▼王政廃止に関する議論

https://oi1171.photobucket.com/albums/r548/stalin1936/KRSU1943-1/KRSU1944_6/2019-04-04%205.41.22_zpsgjleqzim.png

 
 

と、ここまでは比較的平和に?議論が進んでいたものの、共産主義同盟から突如として賽が投げられる。
スカンディナヴィア連合王国の王政を廃止すべきという議題が上がったのだ。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

https://oi1171.photobucket.com/albums/r548/stalin1936/KRSU1943-1/KRSU1944_6/2019-04-04%205.42.01_zpsfzksgurd.png

 
 

https://oi1171.photobucket.com/albums/r548/stalin1936/KRSU1943-1/KRSU1944_6/2019-04-04%205.42.41_zpslorogilf.png

 
 

https://oi1171.photobucket.com/albums/r548/stalin1936/KRSU1943-1/KRSU1944_6/2019-04-04%205.42.19_zps4wvvs7ja.png

 
 

補足しておくと、スウェーデンにおける共和制の導入自体は史実に「グスタフ5世を最後に共和制に移行すべき」という議論も成されている。
当AARにおいても自民党や共産主義同盟等、共和制を掲げる政党も居たためこれだけで議場が荒れることは無い…
と思うのだが、連立時に「王政の護持」で一応の妥協を見た自民党が、突如共産主義同盟の支持を表明。
幹事長トルステンソン氏もウルマン総裁の発言を容認する態度を見せたことで、「与党が王政を廃止する動きを見せている」様に見えた。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

https://oi1171.photobucket.com/albums/r548/stalin1936/KRSU1943-1/KRSU1944_6/2019-04-04%205.41.47_zpsn9llkkkf.png

 
 

https://oi1171.photobucket.com/albums/r548/stalin1936/KRSU1943-1/KRSU1944_6/2019-04-04%205.43.12_zpsoqqu6xnv.png

 
 

野党連合の青・白・金はこぞって反対。
議会は真っ二つに割れる。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

https://oi1171.photobucket.com/albums/r548/stalin1936/KRSU1943-1/KRSU1944_6/2019-04-04%205.44.06_zps3xaptsnb.png

 
 

程なくして海賊党の私兵団が到着し、議場を封鎖。
国旗団(自民党の実力行使部隊)が到着し一戦を交える構え。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

▼国王の行動

https://oi1171.photobucket.com/albums/r548/stalin1936/KRSU1943-1/KRSU1944_6/2019-04-04%205.43.23_zpsghovemog.png

 
 

https://oi1171.photobucket.com/albums/r548/stalin1936/KRSU1943-1/KRSU1944_6/2019-04-04%205.44.21_zpss1cj8zjl.png

 
 

一方その頃、リクスダーゲンの混乱を聞いたグスタフ5世が憤りを顕にする。
1936年次のスウェーデンは高度な立憲君主制の国家であるが、グスタフ5世の治世のうち最初期には国王が政治に介入することもあった。
国王がまだ権限を有しており、更にグスタフ5世とウルマン氏の間で何らかの確執がある事で国王が激高。
近衛師団を率いて国会へ向かう事を許してしまう。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

▼強行採決

https://oi1171.photobucket.com/albums/r548/stalin1936/KRSU1943-1/KRSU1944_6/2019-04-04%205.43.48_zpsbbdbe22e.png

 
 

https://oi1171.photobucket.com/albums/r548/stalin1936/KRSU1943-1/KRSU1944_6/42c361ed9161eb21_zps7g7rfqrc.jpg

 
 

採決強行。
王政廃止に関する法案が採決され、王政検討委員会が創設される*2
繰り返すが、共和制への移行そのものは史実でも議論されており、ここまで荒れない筈。
だが、議場が一触即発となってしまった事、連合王国が目下フランスとの戦争に備えて総力戦体制を整えつつある事が原因と思われる。
国王に介入されたくないのは解るが、権力の集中を急ぎすぎているのでは。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

https://oi1171.photobucket.com/albums/r548/stalin1936/KRSU1943-1/KRSU1944_7/2019-04-04%205.46.51_zps42btf74g.png

 
 

そんな中、国王が議場に乱入。
議会の解散を宣言し採決を強制的に無効にしようとする。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

https://oi1171.photobucket.com/albums/r548/stalin1936/KRSU1943-1/KRSU1944_7/2019-04-04%205.46.51_zps42btf74g.png

 
 

https://oi1171.photobucket.com/albums/r548/stalin1936/KRSU1943-1/KRSU1944_7/2019-04-04%205.48.00_zpsdxjtwzpu.png

 
 

グスタフ5世と個人的に確執があるウルマン総裁が議員達を焚き付けて更に煽る。
負けじとグスタフ5世も政党の権利を停止。
この瞬間、AAR上の全ての読者の権利は停止し、プレイヤーの独裁状態となる。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

https://oi1171.photobucket.com/albums/r548/stalin1936/KRSU1943-1/KRSU1944_6/2019-04-04%205.44.34_zpsl5ogrzwl.png

 
 

https://oi1171.photobucket.com/albums/r548/stalin1936/KRSU1943-1/KRSU1944_7/2019-04-04%205.46.37_zpsbh99eikz.png

 
 

国旗団と国王の乱入に反応したレジティマ派の大物が動員を決定。
国王はあくまで国難を前に争うべきではないと説きたかっただけだが、既に議場は収拾不可能な状態に陥っており、
各政党の実力行使部隊が乱入する有様となる。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

▼騒乱状態

https://oi1171.photobucket.com/albums/r548/stalin1936/KRSU1943-1/KRSU1944_7/2019-04-04%205.55.46_zpsuienlo2q.png

 
 

https://oi1171.photobucket.com/albums/r548/stalin1936/KRSU1943-1/KRSU1944_7/2019-04-04%205.48.30_zpszl1yuzjy.png

 
 

https://oi1171.photobucket.com/albums/r548/stalin1936/KRSU1943-1/KRSU1944_7/2019-04-04%205.55.09_zpsym45e0fz.png

 
 

共和派は国王を、王党派は国王を確保して一旦撤退し、収拾を付けようとするが乱闘状態のため上手く行かず。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

https://oi1171.photobucket.com/albums/r548/stalin1936/KRSU1943-1/KRSU1944_7/2019-04-04%205.49.11_zpsk2puxuhw.png

 
 

国王の宣言の意図が伝わっておらず、国王が強権を行使しただけと捉えられ共和派一党は暴走状態に。
三部会って… 今20世紀ですよ…?

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

▼燃える国会

https://oi1171.photobucket.com/albums/r548/stalin1936/KRSU1943-1/KRSU1944_8/2019-04-04%205.57.00_zpsizsqr8y5.png

 
 

グスタフ5世も何とか収拾を付けようとするが、暴走した共和派は放水を開始。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

https://oi1171.photobucket.com/albums/r548/stalin1936/KRSU1943-1/KRSU1944_8/2019-04-04%205.59.01_zpsni9gwpoi.png

 
 

共産主義同盟の党員が国会議事堂に放火。
バリケードを突破した国旗団が乱入しもはや収拾は不可能となる。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

https://oi1171.photobucket.com/albums/r548/stalin1936/KRSU1943-1/KRSU1944_8/2019-04-04%206.00.03_zpsyzbkxbcr.png

 
 

https://oi1171.photobucket.com/albums/r548/stalin1936/KRSU1943-1/KRSU1944_8/2019-04-04%206.00.30_zpsd64hw5bb.png

 
 

https://oi1171.photobucket.com/albums/r548/stalin1936/KRSU1943-1/KRSU1944_8/2019-04-04%205.56.46_zpsixqkd7lc.png

 
 

放水乱闘の騒ぎの最中、国家が燃えている事に気が付き、各党が撤退を開始。
国王は放水で伸び切っており、ストックホルム郊外の小屋に連れ去られる事となった。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

https://oi1171.photobucket.com/albums/r548/stalin1936/KRSU1943-1/KRSU1944_8/2019-04-04%206.00.45_zpsjevrsqpq.png

 
 

国家が物理的に炎上している事、政党の権限が停止され全ての政党が違法状態となっている事から、国家の臨時休会が宣言される。
王政廃止に関する議論は停止。
スウェーデンの民主主義は遂に停止する。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

▼議員講堂にて

https://oi1171.photobucket.com/albums/r548/stalin1936/KRSU1943-1/KRSU1944_8/2019-04-04%206.01.11_zpsnn6hx9za.png

 
 

https://oi1171.photobucket.com/albums/r548/stalin1936/KRSU1943-1/KRSU1944_8/2019-04-04%206.01.19_zpsa7ra4ndg.png

 
 

この混乱からいち早く復帰した各党の党首は、議員講堂で断片的な情報を整理していた。
社民党の意見の様に、「連合王国国王グスタフ1世」は廃位するが「スウェーデン」のグスタフ5世は残す。という選択肢もあるので、王政廃止派といっても「スウェーデンも含めて廃止するのか」が重要なポイントとなるだろう。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

▼第一次国王暗殺未遂

https://oi1171.photobucket.com/albums/r548/stalin1936/KRSU1943-1/KRSU1944_9/2019-04-04%208.36.08_zpsvviec1cb.png

 
 

共和派が混乱から立ち直ろうとする最中、国王を連れた一団が避難場所に到着した。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

https://oi1171.photobucket.com/albums/r548/stalin1936/KRSU1943-1/KRSU1944_9/2019-04-04%208.36.20_zpsgemr5xaq.png

 
 

この度の騒動において鎮圧に現れた軍がノルウェー人部隊*3だった事も影響し、ノルウェー人の軍隊が首都を駐留するという事態に首都の住民はショックを覚えたことだろう。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

https://oi1171.photobucket.com/albums/r548/stalin1936/KRSU1943-1/KRSU1944_9/2019-04-04%208.36.29_zpss7gk5lub.png

 
 

https://oi1171.photobucket.com/albums/r548/stalin1936/KRSU1943-1/KRSU1944_9/2019-04-04%208.36.42_zpso5s6ai6z.png

 
 

心中穏やかではないグスタフ5世は軍の動員を決定。
主力軍団はロシアとの国境地帯に居るため、トルコから帰還して動員解除状態であるベルゲンの12個師団で政党と戦う姿勢を見せる。
が、トワニング少将に拒否され言葉を失う。

一方、グスタフ5世都落ちの報を聞きつけたのかAB社社長が駆けつけ王政維持の為に力を貸すと意思表明。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

https://oi1171.photobucket.com/albums/r548/stalin1936/KRSU1943-1/KRSU1944_9/2019-04-04%208.36.53_zpsvswjdeku.png

 
 

突如としてSNFP所属の旧ヴァーサ部隊が国王に銃口を向ける。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

https://oi1171.photobucket.com/albums/r548/stalin1936/KRSU1943-1/KRSU1944_9/2019-04-04%208.37.27_zpsaj5xppik.png

 
 

https://oi1171.photobucket.com/albums/r548/stalin1936/KRSU1943-1/KRSU1944_9/2019-04-04%208.37.38_zpsyhe7zsfb.png

 
 

ヴァーサ残党は国王を国会に連れ戻し、自党に有利な発言を引き出し国王を傀儡にしようと画策している?*4
それに対し正義感からAB社の社長が国王を奪還しようと銃を抜く。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

https://oi1171.photobucket.com/albums/r548/stalin1936/KRSU1943-1/KRSU1944_9/2019-04-04%208.37.51_zpsb86ylsnt.png

 
 

錯乱したグスタフ5世が射殺命令を下し、ヴァーサ残党が社長に発砲。
国王が連れ去られてしまう。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

▼第二次国王暗殺未遂

https://oi1171.photobucket.com/albums/r548/stalin1936/KRSU1943-1/KRSU1944_10/2019-04-04%206.05.46_zpsc4yquhdu.png

 
 

一夜開ける。
共和派(と騒動に関わっていない政党)は、焼け落ちた議事堂の一角に集まりどう収拾を付けるのか議論を始める。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

https://oi1171.photobucket.com/albums/r548/stalin1936/KRSU1943-1/KRSU1944_10/2019-04-04%206.07.24_zpstfeijlvf.png

 
 

https://oi1171.photobucket.com/albums/r548/stalin1936/KRSU1943-1/KRSU1944_10/2019-04-04%206.07.45_zpsfvxmnvlm.png

 
 

ところが、現在国王の権限で結社の自由は制限されている。
つまり、国会そのものが違法な状態であり、もしも国王が軍を動員すれば全ての政党に解体を強要することも出来るという状況だと社民党党首、そして人民連合のハイデマー議員が警告。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

https://oi1171.photobucket.com/albums/r548/stalin1936/KRSU1943-1/KRSU1944_10/2019-04-04%206.08.35_zpsvjlq6bdk.png

 
 

https://oi1171.photobucket.com/albums/r548/stalin1936/KRSU1943-1/KRSU1944_10/2019-04-04%206.08.21_zpsi35lehm2.png

 
 

国王の意図が「一旦議論を停止させるため」であったとしても、その行為そのものが軽率であった事は否定できない。
各党は国王との和解を最終地点とするため「議会解散宣言は聞き間違いだった」という無理やりな理由で軟着陸しようとするが、もし国王がその気であったら内戦状態に陥る。
国王が勝つか、共和派が勝つか。
もはや戻れない地点まで来てしまった様だ。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

https://oi1171.photobucket.com/albums/r548/stalin1936/KRSU1943-1/KRSU1944_10/2019-04-04%206.08.59_zpsnrnjbqdf.png

 
 

https://oi1171.photobucket.com/albums/r548/stalin1936/KRSU1943-1/KRSU1944_10/2019-04-04%206.09.28_zps2y7t0yb8.png

 
 

国王が行方不明となった事に何の疑問も抱かなかったのはこの状況だし仕方がないかと…
王党派のシュワルツ氏も、個人的に(共和制移行へ乗り気ではない)ビョークルンド氏に呼びかけ、急進派を説得しようと持ちかける。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

https://oi1171.photobucket.com/albums/r548/stalin1936/KRSU1943-1/KRSU1944_10/2019-04-04%206.10.08_zpsbhqrxydz.png

 
 

https://oi1171.photobucket.com/albums/r548/stalin1936/KRSU1943-1/KRSU1944_10/2019-04-04%206.10.27_zps0ypzmr9z.png

 
 

そんな中、ヴァーサ残党が国王を引き連れ国会に現れる。
彼らは国王を引き連れると、そこで自害してしまった。
取り残される国王。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

https://oi1171.photobucket.com/albums/r548/stalin1936/KRSU1943-1/KRSU1944_10/2019-04-04%206.11.08_zpswmfeqhlx.png

 
 

眼の前の集団自決を見て、意識を失ってしまった様だ。
ちなみに現時点で御年86歳である。無理もない。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

https://oi1171.photobucket.com/albums/r548/stalin1936/KRSU1943-1/KRSU1944_10/2019-04-04%206.09.52_zpscnbysw4b.png

 
 

36年の記憶がフラッシュバックするホルスト前首相。
その最中、一人の兵士がグスタフ5世へ突進した。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

https://oi1171.photobucket.com/albums/r548/stalin1936/KRSU1943-1/KRSU1944_10/2019-04-04%206.11.16_zpsqpobslyv.png

 
 

国王の暗殺が決行される。
とっさにホルスト前首相が庇ったものの、兵士は半狂乱となり国王を亡き者にしようとする。
大逆者はハンソン党首がとっさに射殺。
(サンディカリストに護られる国王って…)

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

https://oi1171.photobucket.com/albums/r548/stalin1936/KRSU1943-1/KRSU1944_10/2019-04-04%206.11.48_zpsfqah6j6j.png

 
 

https://oi1171.photobucket.com/albums/r548/stalin1936/KRSU1943-1/KRSU1944_10/2019-04-04%206.12.09_zpsi6ctmris.png

 
 

ホルスト前首相の傷は致命傷とはならなかったが負傷してしまう。
パルメ議長は解散権を行使して再度国会を停止。戒厳令を求める声が上がり、国王を護らんとする議員が取り囲む。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

https://oi1171.photobucket.com/albums/r548/stalin1936/KRSU1943-1/KRSU1944_10/2019-04-04%206.12.47_zps1cpu5mwp.png

 
 

共産主義同盟党首ハンソン氏はこの暗殺計画に関わっていなかった模様。
自民党にて戒厳令が敷かれ、スウェーデン各地に軍の駐留が開始される。
国王との和解が成立していない段階で戒厳令を敷いた事で、各政党は国王に対し反乱を企ている状態となる。
現在、「国王の解散命令に従わず独自の議会を作り、軍を動かして国土を実効支配する集団」がスウェーデンならびに連合王国を統治している状態である。

もはや、国王が恩赦を与えるしか軟着陸する方法がないと思うが…

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

▼共和制に関する議論

https://oi1171.photobucket.com/albums/r548/stalin1936/KRSU1943-1/KRSU1944_11/2019-04-04%206.15.14_zpszgapq45u.png

 
 

https://oi1171.photobucket.com/albums/r548/stalin1936/KRSU1943-1/KRSU1944_11/2019-04-04%206.16.10_zpslrzhpibk.png

 
 

https://oi1171.photobucket.com/albums/r548/stalin1936/KRSU1943-1/KRSU1944_10/a5f3d6fe5bda454f_zpsaupjupve.jpg

 
 

国会再建を行う間、シティの教会を臨時の国会議事堂とする法案が可決。
教会とのコネクションを持つアブラハム啓典盟約党首が許可を得る形で、シティにある教会にて臨時国会が開催された。
教会に訪れた国民が見守る中、この国の制度を変える重要な審議が成される。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

https://oi1171.photobucket.com/albums/r548/stalin1936/KRSU1943-1/KRSU1944_11/2019-04-04%207.26.29_zpsjwm6s6ox.png

 
 

https://oi1171.photobucket.com/albums/r548/stalin1936/KRSU1943-1/KRSU1944_11/2019-04-04%207.26.39_zpsmfkamz2n.png

 
 

各党が王政に関する各々の見解を述べる。
国民が王政の早急な廃止を望んでいない事もあり、「スウェーデン国王グスタフ5世」の廃位は考えていない政党が多数といった所。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

https://oi1171.photobucket.com/albums/r548/stalin1936/KRSU1943-1/KRSU1944_11/2019-04-04%207.19.46_zpstojnrbxt.png

 
 

https://oi1171.photobucket.com/albums/r548/stalin1936/KRSU1943-1/KRSU1944_11/2019-04-04%207.19.37_zpsl1d6fjsd.png

 
 

しかし、スウェーデンを含む3王国の上に立つ「連合王国国王」に関しては、ベルナドッテ王朝ではなく独自の王を立てるべきだという意見が多い。
前首相・ビョークルンド氏を擁立する動きがある。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

https://oi1171.photobucket.com/albums/r548/stalin1936/KRSU1943-1/KRSU1944_11/2019-04-04%207.27.01_zpsda9tla0a.png

 
 

https://oi1171.photobucket.com/albums/r548/stalin1936/KRSU1943-1/KRSU1944_11/2019-04-04%207.27.17_zpsenpa9cdj.png

 
 

共産主義同盟だけが、明確に王政を否定。
共和制への移行を打ち出している。
他党が国民に配慮しスウェーデン王国のベルナドッテ朝は存続させようとする中、共和派の票を一気に取り込むつもりだ。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

https://oi1171.photobucket.com/albums/r548/stalin1936/KRSU1943-1/KRSU1944_11/2019-04-04%207.28.30_zpswclsvznl.png

 
 

https://oi1171.photobucket.com/albums/r548/stalin1936/KRSU1943-1/KRSU1944_11/2019-04-04%207.28.14_zpszrnyvw5e.png

 
 

これらの案をまとめ、国民投票を行って王政を残すか、共和制に移行すべきか国民に問う形となるようだ。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

https://oi1171.photobucket.com/albums/r548/stalin1936/KRSU1943-1/KRSU1944_11/2019-04-04%207.28.56_zpsriqacmyi.png

 
 

https://oi1171.photobucket.com/albums/r548/stalin1936/KRSU1943-1/KRSU1944_11/c11b10212be73851785c417d7232655b_1004368555_zps1u5dkg6e.jpg

 
 

国民投票を行うにあたり、議会で「グスタフ5世の処遇及び連合王国元首に関する審議」が協議され、連合王国国王グスタフの退位が可決される。
国王不在のまま進んだこの法案によって、連合王国国王を新たに決める事になった。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

https://oi1171.photobucket.com/albums/r548/stalin1936/KRSU1943-1/KRSU1944_11/2019-04-04%207.19.59_zpsgbi5d1ub.png

 
 

レジティマ派幹部で意見が割れていたが、正式に「ベルティ・ビョークルンド男爵を連合王国国王に迎える」という意見で統一された。
なお、ビョークルンド氏はこの間立ったまま失神していたという。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

▼最後の王党派

https://oi1171.photobucket.com/albums/r548/stalin1936/KRSU1943-1/KRSU1944_11/2019-04-04%207.20.39_zpsogdvjdod.png

 
 

与野党がスカンディナヴィア体制と連合王国体制を迎合する中、SNFPは純粋なスウェーデン国家を望む最後の政党になりつつあった。
党首シュワルツ氏は「スカンディナヴィアからスウェーデンを離脱させる」という逆の発想でスウェーデンを独立させようと奔走する事になる。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

https://oi1171.photobucket.com/albums/r548/stalin1936/KRSU1943-1/KRSU1944_11/2019-04-04%207.20.55_zpso8jwnfx4.png

 
 

国家人民主義がスウェーデン民族主義最後の砦となるとは…

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

▼国民投票へ

 
 
 
 
 
 

以上の協議を持って、
「連合王国国王の処遇」及び「共和制への移行」について、国民の判断を委ねるという事になった。
協議を纏めて下さった読者様、この場を借りてお礼を申し上げます。

 
 

投票所へは、下記リンクをご利用下さいませ。

 
 
 
 

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSdifKoNUb_tHWhyJ-8yAMk2Z3RrVBJDCwdOGDd66nx4S_gVUA/viewform

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

【Kaiserreichスウェーデン】国民投票結果?へ進む
【Kaiserreichスウェーデン】バルト海は再びスウェーデンの海となるかに戻る

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

*1 現在は称号のみ
*2 と思う。この場での審議継続は困難だし…
*3 実際に最も近くで動ける軍隊がオスロの騎兵師団
*4 この辺は本当に混乱していて、各自のRPに対応する形となったのでどう転ぶのか解らなかった。

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-04-06 (土) 16:28:36 (80d)