【Kaiserreichカルリスタ】神、祖国、国王/「カルリスタ」について

◆カルリスタの歴史

 

カルリスタとは何か。
……ぶっちゃけて言えば「同志書記長の過去作を参照してください」で済むのだが、流石に丸投げというのもアレなのでその前史について少し解説しよう。

※筆者はスペイン史についてあまり詳しくないので、間違ってたらコメントで指摘してください。

 

http://art33.photozou.jp/pub/242/3185242/photo/240389105_org.jpg

ナポレオンの侵略――いわゆる半島戦争――以後、スペインの国土は荒れに荒れて、国家は混乱していた。
自由主義と伝統主義、教権主義と世俗主義、中央と地方など様々な対立軸によってスペイン国民は引き裂かれた状態にあった。

そんな中、国王フェルナンド7世の衰弱により、王位継承を巡るいざこざが生じ始める。

 

http://art25.photozou.jp/pub/242/3185242/photo/240389103_org.jpg
「彷徨える国王」フェルナンド7世。閣僚をコロコロ変えたり、憲法復活を要求した自由主義者を一度約束した後で処刑したりするなどやりたい放題であった。

スペイン王家であるボルボン家では、サリカ法典に則り女子の王位継承を認めてこなかった。
フェルナンド7世には男子がいなかったので、順当に行けば弟のモリナ伯カルロスが国王となるはずであった。

 

http://art33.photozou.jp/pub/242/3185242/photo/240389106_org.jpg
モリナ伯カルロス。カルリスタ誕生のきっかけとなった人物であり、カルリスタの王としては「カルロス5世」を称していた。

しかし、王妃マリア・クリスティーナに唆されたフェルナンド7世は1830年に王位継承法を改変、娘のイサベルが王位を継げるようにした。
そして、1833年にフェルナンド7世が死去し、スペイン王位はイサベルのものとなったのである。

 

http://art33.photozou.jp/pub/242/3185242/photo/240389098_org.jpg
イザベル2世。憲法改正によって初めての「スペイン女王(国王)」となった人物でもある*1

しかし、(当たり前だが)カルロスがこの王位継承にブチ切れた。
カルロスの王位継承はほぼ確実だったわけであり、フェルナンド7世(と王妃)による法の改変が無ければ、スペイン王になっていたのはカルロスだったはずなのだ。

こうして、ポルトガルに追放されていたカルロスはそこで自身の国王即位を宣言。
更に、スペイン北部のバスク地方でカルロスを支持する勢力が蜂起する。
長きに渡って続く内戦――カルリスタ戦争の幕開けである。

 

http://art41.photozou.jp/pub/242/3185242/photo/240389096_org.jpg
第一次カルリスタ戦争の地図。

 

http://art25.photozou.jp/pub/242/3185242/photo/240577734_org.jpg
ナバラにおけるカルリスタ軍。

上で述べたように、当時のスペインは様々な要因によってバラバラに分断されていた。
その中で、カルロス支持に回ったのは絶対王政、教会、フエロ*2を擁護する封建的・反動的な政治勢力であった。
本AARのタイトルにもなっている「神、祖国、国王*3」は、カルリスタという政治勢力を的確に表現した彼らの標語である。

一方、イサベル派は立憲君主制、世俗主義、中央集権などを掲げ、自由主義者やブルジョワジーを味方につけた。
カルリスタ戦争は事実上「近代性」と「反近代性」の戦いでもあったのである。

 

http://art41.photozou.jp/pub/242/3185242/photo/240389104_org.jpg
マエリャの戦いを描いた絵。この戦いはカルリスタが最後の勝利を収めた戦いとなった。

開戦当初のカルリスタはスペインの3分の1を支配下に置き、マドリード攻略が視野に入るほどの優勢を保っていた。
しかし、教会財産の徴収による財源の喪失や教会と軍の内部分裂によって次第に勢力が衰えていく。
そして、1839年にカルリスタ軍のラファエル・マロト将軍がマドリード政府に降伏したことにより、7年近く続いた第一次カルリスタ戦争は終わりを迎えた。

 

http://art41.photozou.jp/pub/242/3185242/photo/240389108_org.jpg
第三次カルリスタ戦争の地図。

その後もカルリスタはスペインにおける保守勢力として存続し続けた。
なお、カルロスの子孫達は1846年から1849年、1872年から1876年の2度にかけて蜂起したが、政府が貴族や教会の特権を弱めて保守派が弱体化したことにより、いずれも失敗に終わっている。

 
 
 
 

◆Kaiserreichにおけるスペイン

 

http://art25.photozou.jp/pub/242/3185242/photo/240427069_org.png

Kaiserreich世界における戦間期の各国の歴史は史実と多かれ少なかれ異なっているが、スペインもその例外ではない。

 

http://art41.photozou.jp/pub/242/3185242/photo/240411368_org.jpg
アルフォンソ13世。史実では選挙での王党派敗北を悟り亡命しているが、この世界では亡命も退位もせず国王の座に収まっている。

史実では経済危機や第三次リーフ戦争などの社会不安を受け、1923年にプリモ・デ・リベラ将軍がクーデターを敢行。
クーデターを黙認していたアルフォンソ13世の下、イタリアのファシズムをモデルとした政治体制が構築された。

 

http://art41.photozou.jp/pub/242/3185242/photo/240411360_org.jpg
プリモ・デ・リベラ将軍。アルフォンソ13世からは「余のムッソリーニ」と呼ばれていた。

その後、インフラ整備や貴族特権の制限といった諸改革が断行されるが、膨大な支出にスペインの基礎国力が耐え切れずペセタは下落し続ける。
結果、プリモ・デ・リベラは1930年に失脚、フランスへ亡命する。
Kaiserreich世界でのスペイン史も、この辺りまでは同じ流れを辿っている。

 

http://art33.photozou.jp/pub/242/3185242/photo/240411572_org.jpg
史実におけるスペイン自治右派連合(CEDA)党首ヒル・ロブレス。最大野党であったことを利用して第二共和政をかき回した。隣は皆さんお馴染みカウディーリョ。

しかし、ここからは史実と展開が異なってくる。
史実ではこの後短命な独裁政権が続いた後、31年に自治体選挙が実施され、左派が勝利したことにより第二共和政が成立する。

一方Kaiserreich世界では政権交代が上手く行ったらしく、右派の政治家ヒル・ロブレスが政府首班のまま独裁体制が継続することに。
こうして、スペインは王制を維持したまま1936年に突入することとなったのである。

 
 
 
 

◆スペイン政界の現状

 

ということでスペインの歴史を追ってきたわけだが、何が言いたかったかというと「スペインの社会対立はまだ解決していない」ということである。
今現在、スペインは3つの勢力によって大きく分断されている。

 

http://art33.photozou.jp/pub/242/3185242/photo/240413555_org.jpg

一つ目は(自称)正統政府。
継承権を持たないイサベル2世の子孫が君臨したままの誤った政府である。

 

http://art25.photozou.jp/pub/242/3185242/photo/240413547_org.jpg

ニつ目はCNT-FAI。
全国労働者連合(Confederación Nacional del Trabajo)とイベリア・アナキスト連盟(Federación Anarquista Ibérica)という2つの左翼組織の連合体である。
隣国フランスの影響を受け、生意気にも「労働者の権利拡大」などとぬかす愚かなサンディカリスト達だ。

 

http://art41.photozou.jp/pub/242/3185242/photo/239995116_org.jpg

そして、三つ目が我らカルリスタである。
カルロス5世の末裔であるスペイン国王アルフォンソ・カルロス陛下の支持者だ。

 

http://art33.photozou.jp/pub/242/3185242/photo/240389097_org.jpg
アルフォンソ・カルロス・デ・ボルボン=パルマ。カルリスタの王としては「アルフォンソ・カルロス1世」。ゲーム開始後すぐ死にます。

スペインを治めるに相応しいのは僭称者や薄汚いサンディカリストなどではない。
サリカ法典に基づく正統な継承権を有する、アルフォンソ・カルロス陛下こそがスペインの統治者であるべきなのだ!
長きに渡り分断されてきたスペインの社会を再びまとめるため、このスペインの地に正しいカトリック教国を築くためにも、我らカルリスタの勝利が必要である!

 
 
 
 

◆プレイに関して

 
 

▲プレイ環境

一応本AARでのプレイ環境について簡単に述べる。
基本は前作を最新版に更新しただけだが、今回新しいMODを導入したので紹介しておく。

 

http://art33.photozou.jp/pub/242/3185242/photo/240427081_org.png

それがこの「Improved Kaiserreich flag pack」である。
KRエジプトAARで使用されていたMODだが、結構細かいところも丁寧に変更されていたり*4して気に入ったので、採用させていただいた。
一番の理由はドイツの海軍旗を通常の国旗に直せるからだが。

 
 

▲ハビエル1世と愉快な仲間達

前作では大本営めいたキャラを出したが、今回は普通の人間を使っていく。

 

http://art25.photozou.jp/pub/242/3185242/photo/239995113_org.jpg ということで、余がフランシスコ・ハビエル・デ・ボルボン=パルマ、カルリスタの王「ハビエル1世」である。

http://art25.photozou.jp/pub/242/3185242/photo/239995113_org.jpg 叔父上には直系の男子がいなかったので、義理の甥である余がアルフォンソ・カルロス1世没後のカルリスタの王となった。

http://art25.photozou.jp/pub/242/3185242/photo/239995113_org.jpg 直系への継承ではなかったから、史実ではアルフォンソ13世の息子やハプスブルク=トスカーナ家の者達が王位を請求して分裂してしまったがな。

http://art25.photozou.jp/pub/242/3185242/photo/239995113_org.jpg また、史実でのこの頃の私はベルギー軍大佐になっていたり、フランスのレジスタンスに加わってゲシュタポに捕まったりしていたぞ。

 

http://art41.photozou.jp/pub/242/3185242/photo/239995111_org.jpg カルリスタ政府首班のマヌエル・ファル・コンデです。

http://art41.photozou.jp/pub/242/3185242/photo/239995111_org.jpg 二次大戦前のカルリスタ運動の指導者をやってました、一応爵位も持ってます。

http://art41.photozou.jp/pub/242/3185242/photo/239995111_org.jpg 他に有名そうな政治家がいないんで、内政全般担当します。

 

http://art41.photozou.jp/pub/242/3185242/photo/240389099_org.jpg 陸軍総司令官、エミリオ・モラ・ビダルだ。

http://art41.photozou.jp/pub/242/3185242/photo/240389099_org.jpg 史実では国粋派の初期指導者を務めていた。すぐにフランコの奴に取って代わられたが。

http://art41.photozou.jp/pub/242/3185242/photo/240389099_org.jpg 今回は軍隊関連全般を担当させてもらう。

http://art41.photozou.jp/pub/242/3185242/photo/239995111_org.jpg あれ、参謀総長のケイポ・デ・リャーノ将軍→http://art33.photozou.jp/pub/242/3185242/photo/240389101_org.jpgではないんですか?

http://art41.photozou.jp/pub/242/3185242/photo/239995113_org.jpg ケイポ・デ・リャーノ将軍は史実で反王制クーデターに参加した経歴があるらしいので外した。

http://art25.photozou.jp/pub/242/3185242/photo/239995113_org.jpg それに彼は人海戦術論者だが、機を見て機動論者のモラ将軍に交代してもらおうと思っているのでな。

http://art33.photozou.jp/pub/242/3185242/photo/240389101_org.jpg 辛い

 
 

▲1936年中の過ごし方

観戦期間はスイスで行くのが伝統的手法というものだ -- 2016-08-20 (土) 09:54:41
-ジュネーブ要求しなきゃ(使命感) -- フランスコミューン? 2016-08-20 (土) 10:04:55
--やれるもんならやってみろや -- ドイツ? 2016-08-20 (土) 10:05:37
--嫌です… -- スイス? 2016-08-20 (土) 10:38:40
-地中海ブロック会員候補のクロアチアで生き残る努力をして、どうぞ -- 2016-08-20 (土) 11:18:46
-フラコミ→ドイツと入って電撃同士の熱いぶつかり合いをだな -- 2016-08-20 (土) 17:21:02
-KRでのんびり観戦できる国家なんてあるんですかね・・・ -- 2016-08-23 (火) 14:50:21
--国土を要求されたり宣戦布告されるイベントがない国ならコロンビアとかですかね・・・ -- 2016-08-23 (火) 16:03:08
内戦に備えて、カルリスタの勢力が根強い地域に、蜂起の為の武器の準備や工場を建設するようにしなきゃ(使命感) -- スペイン王国各省庁に潜入しているカルリスタのスパイ? 2016-08-22 (月) 01:13:25
-人為的介入をしていると叩かれるぞ。ランダムの結果から始まるから見ている側も納得するんだ -- 2016-08-23 (火) 21:25:22
第1話の投稿はもう少し後になりそうです、申し訳ナイス! 内戦までですが、.好撻ぅ鵑妊ルリスタ領土強化▲好撻ぅ鵑貌るがその間工場建造は縛るJ鵡餡箸粘兩錣里い困譴良いでしょうか?ご要望があれば参考にさせていただきます -- 作者? 2016-08-24 (水) 00:15:30
-やっぱりスイスで観戦するのが伝統的手法だと思いますよ。 -- 2016-08-24 (水) 00:19:06
--ただKRの場合、観戦向きの国家というのがあまり・・・(スイスも戦争に巻き込まれるというか、世界大戦のきっかけになったりする) -- 2016-08-24 (水) 00:34:05
-観戦の場合は(38年まで)イベントが無いブータンか南アを使用する予定です -- 作者? 2016-08-24 (水) 00:35:31
--南アはゲーリングが本国が止めろって言ってるのに無視してポルトガル植民地を攻撃した時に宣戦イベがあるのでインドが統一されるまでイベントがないブータンでいいんじゃないですかね -- 2016-08-24 (水) 06:49:21
-い離好撻ぅ鵑貌って全ての領土に均等に工場を建てるは駄目ですか! -- 2016-08-24 (水) 01:22:33
-マダガスカルにならないように々場建ててもええんちゃう? -- 2016-08-24 (水) 08:13:40
-ゥ▲侫螢に均一に工場を建てるという選択肢 -- 2016-08-28 (日) 12:21:41
スペイン王国政府の弾圧に反発してる感を出すために、△いいと思います。 -- 2016-08-24 (水) 01:45:37
まぁ、△箸が無難ですかね。あと20世紀に宗教国家とかウッソだろオマエwww -- ダゴン秘密教団? 2016-08-24 (水) 02:50:32
-本当に笑える -- 教団「光」? 2016-08-24 (水) 12:37:06
-せやな -- 黒いファラオ? 2016-08-24 (水) 20:46:50
-この世界のラブクラフトやブロックは作家してるんだろうか? -- 2016-08-24 (水) 20:58:37
あっそうだ(唐突)、スペイン王国で普通に消費財ガン振りして内戦回避して選挙でカルリスタに変態すればええんちゃう?カリストと違って内戦関係イベ以外はスリープされないし -- 2016-08-24 (水) 07:15:43
-それでいいと思う(小並感) -- 2016-08-24 (水) 11:49:50
--そうだよ(便乗) -- 2016-08-24 (水) 17:11:45
-ふざけんな!(声だけ迫真)内戦してこそスペインだと思います! -- 2016-08-25 (木) 10:13:12
-今まで主義主張で争ってた両陣営が内戦回避の劇的和解という展開は胸熱でいいと思います! -- 2016-08-25 (木) 12:38:56
-ご都合主義などいらぬ!殺しあえ! -- 2016-08-26 (金) 11:30:33
--hoiプレイヤーは争う事しか考えないのか(当然) -- 2016-08-29 (月) 08:42:17
-無神論者共と同じ国にいられるわけないんだよなぁ……皆殺して、どうぞ -- 2016-08-26 (金) 23:57:59

内戦までのプレイ方針に関して多くの方々から様々な意見をいただき大変恐縮である。
さて、肝心のプレイ方針だが……

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

http://art41.photozou.jp/pub/242/3185242/photo/240427071_org.png

本AARでは、スペイン王国に入り、内戦勃発後にカルリスタへ入ることとする。
DDA時代からイベント内容がちょくちょく変わっているため、それらの紹介をしておきたいのが理由の一つだ。
あと観戦プレイだと後からスペインのイベントSSを撮らないといけないので面倒。

 

http://art25.photozou.jp/pub/242/3185242/photo/240427075_org.png

また、生産計画については工場の建設を解禁し、内戦までの間工場を1回だけ作ることとする。

http://art25.photozou.jp/pub/242/3185242/photo/239995113_org.jpg 観戦して♡

http://art41.photozou.jp/pub/242/3185242/photo/239995111_org.jpg 嫌です……

http://art25.photozou.jp/pub/242/3185242/photo/239995113_org.jpg 何で?(殺意)

一応テストで内戦終了後までやってみたのだが、フラコミを相手にしなければならないと考えれば国力がいくらあっても足りそうもない。
そのような状態で、僅かとはいえ序盤の増強が無いというのは非常にキツい。

というわけなので、工場建設も解禁させていただくこととした。
ただし、建てるプロヴィンスに関してはカルリスタの初期領土に含まれない箇所を選んでいる。

 

http://art33.photozou.jp/pub/242/3185242/photo/240427078_org.png

最後に軍隊だが、パルチが発生しない限りは動かさないこととする。
やろうと思えば全軍をカルリスタ初期領土に移動させてそれらの部隊を吸収、数の差で押し切るということもできるが、それではAARとして全く面白くない。
よって、カルリスタ初期領土の上にいる部隊も含め、全軍をその場に留めて三国の国力バランスを図るつもりである。

取り敢えず、これでプレチ的行為ではないということにさせて星井。

http://art41.photozou.jp/pub/242/3185242/photo/239995111_org.jpg 選挙からの平和的権力移行という提案も来てますけど……

http://art25.photozou.jp/pub/242/3185242/photo/239995113_org.jpg 面白くないので無し。

http://art41.photozou.jp/pub/242/3185242/photo/239995111_org.jpg アッハイ

 
 
 
 

【Kaiserreichカルリスタ】神、祖国、国王 次回へ→正しい者は七たび倒れても、また起きあがる

 
 
 
 

*1 それまでスペインの王は「カスティーリャ、レオン、アラゴン〜〜等の君主」という風に名乗っていた。
*2 スペインにおける地方特権。当時のバスク地方は様々なフエロを有していた。
*3 ここにフエロを付け加えることもこともあったらしい、というかそちらが一般的だったっぽい。
*4 ユニオンジャックから北アイルランドのクロスが外されているなど。

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-09-01 (木) 02:07:15 (1019d)