【Kaiserreichオマーン】初めての文明化

▼オマーンのれきし

http://i1346.photobucket.com/albums/p697/stalin1914/Oman1936/2016-08-24%2011.04.42_zpsopuqqzfx.png

 
 

…ワシ等はな、
今はこんな辺境の途上国になっちまったがな、
昔はオマーン海上帝国つったら知らんもんはおらんでな
ポルトガルを利用して成り上がってな、
オスマンに支配されたがな、それでも奴らの首根っこ掴んでガン飛ばしたらオスマンの連中も黙りこくってちまってよ
アラビアや東アフリカも支配する強国やったんや。
そんでな…イギリスが来て…

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

▼辺境オブ辺境

http://i1346.photobucket.com/albums/p697/stalin1914/Oman1936/2016-08-24%2011.05.57_zpsrxuxxxxu.png

 
 

という前史でした。
酔っ払ったオッサンが話すような、本当にあったかどうか怪しい武勇伝を持つオマーン国。
事実オマーンの武勇伝は確かに存在し、全盛期はインド洋沿岸の諸都市に移民を送りまくって交易ネットワークを構築。
EUでお馴染み交易中心地に商人を送りまくる商人砲をフル活用して稼ぎまくったという過去を持ちます。

 
 

何故(当時ですら)弱小国であったオマーンにそんな金があったかですが、
ポルトガルに護ってもらう事で軍事費を節約し、ポルトガルにマスカット港を整備してもらう事で交易の地盤を整え…
そして最後にポルトガルを追い出した事で美味しいとこ取りしたようです。畜生やんけ

オスマンが来てもそれは変わらず、本土が辺境なのを良い事にやりたい放題やってきましたが、
新しいご主人様のイギリスはそうはいきませんでした。
後は皆さんの知る通り、hoi2の時代では辺境オブ辺境に逆戻りしたわけです。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

http://i1346.photobucket.com/albums/p697/stalin1914/Oman1936/2016-08-24%2011.09.16_zps579qw9uv.png

 
 

とりあえず、騎兵なんて研究してる余裕はないので音速で歩兵に戻します。

KaiserreichMODではネパールですらIC10あるし、オマーンもテコ入れされてるんだよね!?
と期待した人を絶望に陥れるIC4(実行は3)
隣国ヒジャズのような陸続きの中核州増加イベントは無し。
数少ない中核4州のうち、2州が飛び地。
インフラ10のため初手工場は不可能。
そして頼みの綱の陸軍は充足10固定の騎兵。

 
 

なにこれ?ギャグ?

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

▼純白の技術ツリー

http://i1346.photobucket.com/albums/p697/stalin1914/Oman1936/2016-08-24%2011.06.08_zpslidtxktb.png

 
 

Kaiserreich1.7はDH Fullと同じく、研究ラインは最低でも2ライン確保されています。アリガタヤー
だが技術は野砲と農業を除いて真っ白なので、今後自分色に染めていく必要があります。
陸軍大国を目指すも、海洋帝国を目指すも調教次第!
素敵でしょう?

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

▼いっぱい子作りして、人口を増やしましょう

http://i1346.photobucket.com/albums/p697/stalin1914/Oman1936/2016-08-24%2011.20.41_zpsg4advwpm.png

 
 

このままでは何も出来ないので、工場を建てる予定の半島側2ステートのインフラを整備。
ちなみに人的資源は初期5、増加率0.01なので初手歩兵で拡張も無意味。
人的資源増加系の技術も元の数値が小さすぎて効果が無いので後回しにします。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

▼このAARの本当の目的

http://i1346.photobucket.com/albums/p697/stalin1914/Oman1936/2016-08-24%2022.53.53_zpsgox8mwjz.png

 
 

忘れる前に言っておくと、このAARはオマーン国が拡張するAARと言うより、DHKaiserreich1.7-Hotfixの協商がどれだけ暴れ馬なのか確認するためのテストプレイです。
そのため、筆者が元々プレイしていた1.5と変わった所があれば報告します。

全体を通して協商の優遇化。
拡張イベントのある国家のIC・人的の増強。
合衆国が勝利しやすくなった。

などなど、体感で解るだけでもこれだけあります。
アジア地域は全体的にICが盛られており、AOGはIC30台からIC53へ。
モンゴルは脅威の実行IC50を叩き出し、もはや中小国とは言えぬ調整となっています。

 
 

日本はIC130台。
カナダはIC100の大台に乗っています。
どうやって工業化したんだろう…?

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

▼オマーン国際貿易会社(直球)

http://i1346.photobucket.com/albums/p697/stalin1914/Oman1936/2016-08-24%2011.07.20_zps0vwv3kob.png

 
 

このままでは塹壕も掘れないし工場も作れないので、オマーン国際
貿易会社に初期型建設技術を。
マスカット港(研究機関なのか?)に輸送船の研究を依頼します。

なお、この2つの研究機関がオマーン国の全研究機関なので大切に酷使する必要があります。

ちなみに、首都マスカットの由来は諸説あるようです。

アラビア語のmoscha(膨れ上がった皮
「停泊地」もしくは「錨を下ろす場所」
古代ペルシア語のmuscat(強い香り
アラビア語の「落ちる場所」[8][9][10]「山が海に落ちるところ」オールド・マスカットの背後にある岩山が海に面していることに由来する
アラビア語の「隠れる

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

▼うーんこの

http://i1346.photobucket.com/albums/p697/stalin1914/Oman1936/2016-08-24%2011.07.27_zpsmaitvzwo.png

 
 

閣僚とスライダー。
ずらっと並ぶ君主の顔ぶれ。
中世かな?

 
 

オマーン国は残念ながらオスマン帝国の属国のため、当面自由な外交は出来ません。
親に外泊を禁止された女学生のように、悲しい目で虚空を見つめるサイード・イブン・ティムール陛下。
そう考えると、彼が女学生のように見えてくるでしょう。

見えてこないならMODを入れて写真を挿げ替えましょうね。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

▼恐ろしき協商の尖兵、デリー

http://i1346.photobucket.com/albums/p697/stalin1914/Oman1936/2016-08-24%2011.15.38_zpsqv3wgzry.png

 
 

開始直後、有無をいわさずアフガンに侵攻し領土を毟り取るデリー。
イベント割譲ではなく一応宣戦していた所を見ると、協商のテコ入れは相当なレベルと見た(1.5までは山岳で粘られてそれなりにグダってたし)

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

http://i1346.photobucket.com/albums/p697/stalin1914/Oman1936/2016-08-24%2011.33.50_zpsimxwa2hw.png

 
 

血に飢えた野獣、デリーは返す刃でネパールに侵攻。
即刻併合&属国化・中核回収という人入りを疑うようなスタートダッシュに近隣国は戦々恐々としているでしょう。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

▼反抗期

http://i1346.photobucket.com/albums/p697/stalin1914/Oman1936/2016-08-24%2011.15.02_zpszkpcw0ed.png

 
 

同じクラスのエジプト君が愚痴大会するから来いよと言ってきた。
お誘いに乗って彼の家に上がり込み、親(オスマン)の頭が硬いだの古臭いだの散々愚痴を言って盛り上がった。
エジプトを始めとするカイロ-リヤド-テヘラン枢軸陣営とは元々仲が良く、断ってもイキナリ攻め込まれる事は無いが参加しておく。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

▼破産寸前

http://i1346.photobucket.com/albums/p697/stalin1914/Oman1936/2016-08-24%2011.30.53_zpsz6msvaux.png

 
 

オマーン国は輸出品目が貧弱で、金がすぐ無くなるため積極的にディシジョンで国債を発行する。
えー?お金無いの? じゃあお金もっと刷ろうよー
って感覚で連発する。
生産効率が下がるが大丈夫。元のICが4しか無い上属国なので使っても使わなくてもIC3止まり。
エネルギーの備蓄が0になったままだが、資源割れしても属国のためIC3から変動しないため、無視してインフラを建造し続ける。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

▼独り立ちの時

http://i1346.photobucket.com/albums/p697/stalin1914/Oman1936/2016-08-24%2011.38.29_zpsuh6r8zmh.png

 
 

http://i1346.photobucket.com/albums/p697/stalin1914/Oman1936/2016-08-24%2011.39.57_zpsjtjlbmya.png

 
 

http://i1346.photobucket.com/albums/p697/stalin1914/Oman1936/2016-08-24%2011.40.05_zpsavhb1v4s.png

 
 

オス
マン帝国領内にてクルド人勢力が蜂起。
この騒動に乗じ、オマーン国もオスマンの軛を脱する事に成功する。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

http://i1346.photobucket.com/albums/p697/stalin1914/Oman1936/2016-08-24%2011.38.56_zps6rubqtgw.png

 
 

なお、1.7ではクルド蜂起に乗じてカイロ-リヤド-テヘラン枢軸の攻撃も一斉に行われるようになり、
更に追い打ちを掛けるようにオスマン帝国領内の非中核州でパルチザンが一斉蜂起する。
…開発はオスマンに恨みでもあるの?

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

▼幸せな分割をされて終了

http://i1346.photobucket.com/albums/p697/stalin1914/Oman1936/2016-08-24%2011.46.50_zpscbxlqwss.png

 
 

オスマン帝国は僅か1週間程度で敗北した。
凄まじい早さで降伏したが、バグダッドとダマスカスを失ったら降伏イベントが発動するとかそんな処理なんだろうか?
あっという間にトルコ共和国化して歴史の表舞台から姿を消した。

Kaiserreich1.7…恐ろしいMOD…
なお、この状態でもIC64あるので、トルコ共和国プレイでも問題なければプレイ継続は十分可能。
むしろ頭痛の種だったアラブ地域を切り離して安定化しているのではないか

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

▼イケメン化したエドワード兄貴

http://i1346.photobucket.com/albums/p697/stalin1914/Oman1936/2016-08-24%2011.51.37_zps0vu7wqgz.png

 
 

さて、新たな宿主を探さなければ…
オマーン国は列強国の保護が無ければ生きていけないか弱い乙女なのです。
そんなわけで脛を齧らせてくれる相手を物色していたら…
丁度いい色男を発見した。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

▼また新規国家か壊れるなぁ…

http://i1346.photobucket.com/albums/p697/stalin1914/Oman1936/2016-08-24%2011.50.26_zpsy62x0ra7.png

 
 

一瞬、ハイデラバードが独立というダイヤログが出た後、すぐに国旗が変わりテランガーナ・コミューンなる国家に変体した。
ハイデラバード… Vicかな?
まぁ、どの道滅ぼすべきアカのクソだということに変わりはないのだが。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

http://i1346.photobucket.com/albums/p697/stalin1914/Oman1936/2016-08-24%2011.53.42_zpsbuutvknj.png

 
 

一方、ドイツ版英領インド(失笑)なる中部アフリカもカリスト共に汚染されていた。
これは1.5でも見かけた展開だが、非常に稀なルートだったことは覚えている。
タマタマなんだろうか?

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

▼予想と違う

http://i1346.photobucket.com/albums/p697/stalin1914/Oman1936/2016-08-24%2011.48.16_zpsesurozso.png

 
 

合衆国が勝ちやすいなんて堂々と書いたものの、結果を見るとPSA大勝利に終わっている。
なんだこれは… たまげたなぁ…

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

▼素敵!抱いて!

http://i1346.photobucket.com/albums/p697/stalin1914/Oman1936/2016-08-24%2011.58.22_zps5igap5zh.png

 
 

1.5だとIC不足でカリストのおやつと化していたデリーだが、
今バージョンだと全く臆すること無くカリストに立ち向かっている。
今までは積極的に動かなかった上、力負けしていたが果たして…?

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

http://i1346.photobucket.com/albums/p697/stalin1914/Oman1936/2016-08-24%2012.04.26_zpshfuzsdhi.png

 
 

んほぉぉぉぉぉぉ!!!
しゅごい!!デリー様しゅごいぃぃぃぃぃ!!!
まぁ、今回カナダやカリブ連邦等がかなり活発に兵を派遣するようになっているため、インド統一戦争は協商入りしてるデリーが有利なのかもしれない。
(1.5はバールティア・コミューンが圧倒的優位だった)
一番最初のバージョンに先祖返りしたみたいですね…

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

▼協商というサークルに入って間もなく、優しい先輩に飲み会に誘われました♪

http://i1346.photobucket.com/albums/p697/stalin1914/Oman1936/2016-08-24%2012.00.04_zps9midjqkt.png

 
 

自立したオマーン国も、安全保障の観点から今話題の協商国に加盟することに決定。
協商はいつの間にかアイルランドやらポルトガルやらを取り込み、寄せ集め連合と化していた。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

http://i1346.photobucket.com/albums/p697/stalin1914/Oman1936/2016-08-24%2012.04.37_zpsqnfjvpq3.png

 
 

1.5だと上陸AIの稚拙さもあって協商(笑)だったが、今バージョンはかなりアグレッシブに動いてくれる上、
積極的に陸軍を作ってくれるので上陸→殲滅で兵を悪戯に失う事も無くなった。(それでもカナダはインドで20個師団は失っている)
これは…本格的に協商の時代来てるのか…?

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

▼拡張の時

http://i1346.photobucket.com/albums/p697/stalin1914/Oman1936/2016-08-24%2012.05.29_zpsjtxg72oj.png

 
 

こうしては居られない!
オマーンも、世界各国で活発に行われている紛争に介入するだけの軍事力を持たなければ!
工場なんか作ってる時間はない!

と歩兵と輸送艦を生産ラインに入れるも、IC4では配備は4年後に…
助けてカナダえもん!

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

http://i1346.photobucket.com/albums/p697/stalin1914/Oman1936/2016-08-24%2011.53.02_zps7u92fcdr.png

 
 

http://i1346.photobucket.com/albums/p697/stalin1914/Oman1936/B3D5CEBDB2E8C1FCC3D6A4ADBEEC_A5B5A5A4A1BCA5C9A1A6A5A4A5D6A5F3A1A6A5C6A5A3A5E2A1BCA5EB2E706E67_zpsr0ghih5b.png だからさー、金無いんだったら売れないっての

 

http://i1346.photobucket.com/albums/p697/stalin1914/Oman1936/B3D5CEBDB2E8C1FCC3D6A4ADBEEC_A5B5A5A4A1BCA5C9A1A6A5A4A5D6A5F3A1A6A5C6A5A3A5E2A1BCA5EB2E706E67_zpsr0ghih5b.png 貴国の産物なんだっけ? コーヒーと…ナツメヤシだっけ…?

 

http://i1346.photobucket.com/albums/p697/stalin1914/Oman1936/B3D5CEBDB2E8C1FCC3D6A4ADBEEC_A5B5A5A4A1BCA5C9A1A6A5A4A5D6A5F3A1A6A5C6A5A3A5E2A1BCA5EB2E706E67_zpsr0ghih5b.png 駆逐艦買えるだけの量揃ったら教えて下さいね^^^;;;

 

サイード・イブン・ティモール.png ふええ…><

 

http://i1346.photobucket.com/albums/p697/stalin1914/Oman1936/B3D5CEBDB2E8C1FCC3D6A4ADBEEC_A5B5A5A4A1BCA5C9A1A6A5A4A5D6A5F3A1A6A5C6A5A3A5E2A1BCA5EB2E706E67_zpsr0ghih5b.png 貴国は保護国なんだから、海軍力なんて要らないと思いますよ

 

http://i1346.photobucket.com/albums/p697/stalin1914/Oman1936/B3D5CEBDB2E8C1FCC3D6A4ADBEEC_A5B5A5A4A1BCA5C9A1A6A5A4A5D6A5F3A1A6A5C6A5A3A5E2A1BCA5EB2E706E67_zpsr0ghih5b.png 貴国は我が国が責任を持って保護するので、軍艦は必要ありません

 

サイード・イブン・ティモール.png (ぷくー)

 

サイード・イブン・ティモール.png もういいです >< 自力で超弩級戦艦作ってみせます!

 

http://i1346.photobucket.com/albums/p697/stalin1914/Oman1936/B3D5CEBDB2E8C1FCC3D6A4ADBEEC_A5B5A5A4A1BCA5C9A1A6A5A4A5D6A5F3A1A6A5C6A5A3A5E2A1BCA5EB2E706E67_zpsr0ghih5b.png はっはっはっ! コイツは驚いた!機械部品も満足に作れない国がイキナリ超弩級戦艦か!

 

サイード・イブン・ティモール.png できらぁ!!

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

【Kaiserreichオマーン】処女航海へ進む
【Kaiserreichオマーン】拡張の時に戻る

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-08-25 (木) 00:39:20 (1176d)