KRフランス・コミューン シーシュポスの神話

隠し砦の三悪人

1943年1月、パリ市内に存在する閉鎖的な空間にて

この空間に集まっている人間は三人。
一人は"石膏王"アンドレ・ブルトン

https://blog-imgs-131.fc2.com/n/a/k/nakinagaramojiwouru/202001180447590ba.jpg

彼は芸術家である。
現在、フランスで起きている前衛芸術運動の最前線に位置するシュルレアリストの一人である。
彼が単なる前衛芸術家から現在のフランスコミューン内における建設を一手に担うようになったのかについては、複雑な経緯が存在している。

そもそも彼は単なる芸術家の一人に過ぎない。
それも彼は文筆家である。ただ彼個人のみであればそのまま生きていくことも出来なかったであろうが、時代は彼にそれを許さなかった

「石膏の入手先がない!」

時はフランス南北戦争の真っ只中にあって、様々な物資が軍用に転用されるような状態。
彫刻や、或いは彼等の産み出す立体的なアートには石膏を含む多数の資材が必要となる。

そこで彼、アンドレ・ブルトンはフランスに当時存在していた全ての勢力に声をかけ、何とか資材を手に入れないかと頭を下げて回ったのだ。

彼等の前衛芸術を嫌うジャコバンはそれを拒否した。
ソレリアンはより強烈だった。彼等を撃ち殺しかねん勢いだった。
トラヴァイユール達はその意志は尊重したいと言われたが、結局何も出てこなかった。

唯一、アナーキスト達だけが彼の主張を受け入れた。
アナーキストの兵士、闘士の中には前衛芸術を好む人間も多く、また好むとまでは行かなくとも芸術自体に理解を示す人々が一定数存在した。

彼等シュルレアリストがアナーキストと結託した末に、
木工材その他の資源。また工具を集積するための機関が作られた。

その名は、「ナジャ」

はじめはただ、自分達の創作に必要なもののみを取り扱っていた「ナジャ」であるが、
南北戦争の終結と休戦に伴い、民間における建設材の需要の高まりとともに
「ナジャ」は成功を続け、
やがて「ナジャ」はフランスの建設最大手となり、
アンドレ・ブルトンは「建設王」と呼ばれるようにまでなったのである。
現在のフランスコミューン内閣において軍需相を務めている。

もう一人の男は「アンリ・ロル=タンギ」

https://blog-imgs-128.fc2.com/n/a/k/nakinagaramojiwouru/henri-rol-tanguy-ac3610e7-1626-4b47-ba61-085c96ea8a5-resize-750.jpeg

通称・革命と結婚した男。
アナーキスト閥の軍を率いる男だ。

そして最後の一人は

https://blog-imgs-128.fc2.com/n/a/k/nakinagaramojiwouru/22177001526.jpg

カミュ.png僕、というわけさ。

対ロシア戦闘計画

カミュ.png
この面々が呼びつけられたのは他でもない、我がアナーキスト閥における対ロシア戦の目標策定、ひいては今後の世界に対する展望について大いに話し合いと思ったわけだ。

さて。
もし仮に、サヴィンコフ・ロシアと戦争をするにはどれだけの軍事力が必要か。
タンギ。教えてくれ。

タンギュイ.png
彼等はひどく弱体だ。
だだっ広い国土を守るだけの兵力を彼等は有していない。
もし仮に我々がルーマニアや、或いはかつてのオーストリアのような
大国と言えない国家であったなら、
それは大いに苦戦することであろうが、
我々はもはや世界に並ぶもののない大陸軍国家である。
1〜2年もあれば、容易に彼等の右から左へ、緑のロシアから赤のロシアへ生まれ変わらせることが可能であろう。

カミュ.png
次に、ブルトン閣下。軍需相になったあなたの意見をお聞かせ願いたい。

ブルトン.png
軍需物資については何の問題もない。
経済政策についても1936年度以降から続けている労働者階級優遇策がそのまま人口増に繋がっている上、工業力も十分にある。

しかし、問題も存在する。
現在の我が国は総力戦体制である。全ての物資は戦争に放り込むために作られる。
我々は銃を、戦車を、戦闘機を、潜水艦を、戦艦を、空母をさえ作ることが出来るようになった。
しかし、民需工場は全くと言っていいほど少ない。
これは由々しき問題であろう。

1939年にアルザス・ロレーヌを巡って起こった世界大戦は我が国を五年もの間、大戦争に引きずりこんだ。
そして我が国は言ってしまえば、あの屈辱的な敗戦から、フランス南北戦争……そして現在に至るまで、経済力の半分以上を軍事に傾けている。

このままでは我々は先軍的な国家となり、この膨れ上がったフランス軍を、我々政治家がコントロール出来なくなる可能性がある。

カミュ.png
しかし、革命は必要だ。それこそ世界中に。そうではないかね?

ブルトン.png
閣下は夢を見ておいででいらっしゃる。

タンギュイ.png
……

カミュ.png
喜び給え、諸君。
私はジャコバンやソレリアン共の言う永続戦争。世界革命などという空に浮いた風船の如き理想に与する気はこれっぽっちもない。

故に。
私はアナーキストと外務省、そしてトラヴァイユールを代表して、こう宣言したい。

「対ロシア革命戦争をもって、我々の戦いは終わりとする」のだ!

1943年国会答弁におけるアルベール・カミュ議員の演説

カミュ.png
諸君!
親愛なる同志諸君!
我々はこの欧州を舞台に踊り続けた。
革命という美しくも荘厳なる概念が我々をこの大いなる遊戯へと誘った。
しかし、遊戯には終わりが存在する。
遊戯<ゲーム>にはエンディングが存在するのだ。

それは今や目前まで迫っている。
我々が驚異を感じるのはあの独裁者ボリス・サヴィンコフに率いられたロシア。ただそれのみである!
アルジェのほとりで輝かしい我らを遠目に見つめる『かつてのフランス人』など見る必要もない。
我々は輝かしい国家を作り上げたのだ。
革命と人民とその幸福に満ち溢れた国家。
フランス・コミューンである!

革命の美しき理想のために、我々と、諸君らと、そして我が国に生まれた労働者達は皆この巨大な岩を頂点にまで登り上げようとしている。

あと一息だ。

悪魔になど邪魔をさせるものか!
我々はシーシュポスの如く岩を押して、押して、押して、押し続けて!
来る理想郷をこの世界に産み出すのだ!

対ロシア戦争こそが、我々の終着点である!

フランス万歳。
革命万歳。
民衆の勝利万歳!
約束された勝利万歳!!!

他派閥による反意の表明

第一:ジャコバンらによる反撃
ジャコバン派リーダー。現海軍大将であるマルセル・ディートは発言する。

ディート.png
世界革命こそ我々の使命ではないのか!
そして、それを実行し得るのは我々をおいて他にはない!
諸君らは人類の進歩に対して遡行しようと試みている!

第一の弾劾に対する答弁
現外務大臣。ジャン・ポール・サルトルの答弁

サルトル.png

我々は既に反動的な体制でもって民衆を虐げてきたドイツ帝国をヨーロッパから追い出し
ハプスブルク家の支配するオーストリア・ハンガリーを我々の占領下においた。
もし仮に我々がロシアを飛び越し、アジアやアフリカ……或いは新大陸に
革命の輸出を行おうとすれば、我々はカナダ艦隊や未だ残存するドイツ艦隊を
相手どって戦うこととなる。
これは明確に我が海軍の作戦能力の範囲から逸脱した夢想的計画である。
それは私のような文官よりも、あなたがよく理解しているはずではないか?

第二:ソレリアンらによる反撃
ソレル主義者リーダー、ジョルジュ・ヴァロワによる発言。

ヴァロワ.png
もし仮に新大陸やアフリカ、アジアに対し海軍力をもって侵攻を行うことが困難になる
と言うのであれば、彼等を陸伝いで追撃すれば良いのではないか?
そうすれば、海軍力を抜きにしても我々はアフリカの反動主義者どもを潰滅させる
ことが出来るではないか!

第二の弾劾に対する答弁
同じく、ジャン・ポール・サルトル。

サルトル.png
ソレル主義者諸兄は畏れ多くもかつての帝国主義者共と同じ発想をするに至った。
何故ならば、アフリカ大陸に残存する抵抗勢力の撃滅には中立国であるエジプト
への通過・侵攻が不可避となるからである。
かつて第一次世界大戦時、ドイツ帝国が中立国ベルギーへ侵攻したことを忘れたものはおるまい。
諸君らはあのヴィルヘルム二世と同様の、領土的野心を抱えているのだということをここに告白しているのである!
自己批判したまえ!

1943年における議決

トラヴァイユール、アナーキスト議員による賛成をもって

「対ロシア宣戦布告」
「バルカン半島再編」
「上記二地域の戦闘終結をもって革命戦争の終了とする」

三つの議案が、国会を通過した。

最後の戦争

https://blog-imgs-131.fc2.com/n/a/k/nakinagaramojiwouru/20200118182031341.png

そうして、最後の戦争は始まった。

1944年、クレムリン宮殿にて

親方サヴィンコフ.png
さて、戦況はどうだね?

シャチロフ.png
無論、芳しくありません。
動員出来る兵力全てを最前線に貼り付けましたが、
インターナショナル軍はフランス・ドイツ・ウクライナ・イタリアと複数国家による連合軍によって編成がなされ、
最前線の突破をフランス軍が、後方警戒を多国籍軍が行うようになっています。

端的に言えば、我々は正面兵力で劣り、また同数であっても戦闘経験豊富な彼等にはかないません

親方サヴィンコフ.png
……そうか。

シャチロフ.png
閣下

親方サヴィンコフ.png
分かっている……けれども、我々は戦争をやめることが出来ない。
我々が滅び消え去るその瞬間まで、抵抗し、義務を果たせ。

シャチロフ.png
はっ!

* * * * * *

従者さえ居ないクレムリンの伽藍の中で、ボリス・サヴィンコフは過去を思い起こしていた。

親方サヴィンコフ.png
かつて私と、私の仲間達は幾人もの要人を葬り去り、内戦でも数え切れない程の人間を殺してきた。
その総決算がこれだ。

……けれども我々は戦う。
何度私が、私の生を経験しようとも、私は何度でも同じことを繰り返す。
強い意志をもって選択をし続ける限り、我々は永劫回帰する。
幾度となく誇り、幾度となく栄華を極め、幾度となく死んで、幾度となく滅んでいこう。
それが、我々である。

バルカン−アナトリア方面

フランス・コミューンの最後の戦いは、そのあまりに広い最前線を卓越した戦闘能力を有するフランス軍が圧倒する形となった。

バルカン方面軍はルーマニア・セルビア・アルバニア・ギリシャを三ヶ月で平定し、軍はアナトリア方面へ転進した。

オスマン帝国首都イスタンブールにおいては、帝国軍の強大な抵抗に遭った。

https://blog-imgs-131.fc2.com/n/a/k/nakinagaramojiwouru/202001181839307b7.png

また、イスタンブール陥落後にはイズミットにおいて追撃戦が発生。

https://blog-imgs-131.fc2.com/n/a/k/nakinagaramojiwouru/2020011818392936c.png

この二度に渡る陸戦をもってオスマン帝国軍は組織的な抵抗が不可能となる。

ロシア方面

ロシア方面においては、ウクライナ国境をドイツ・ウクライナ連合軍に。
バルト沿岸部をフランス軍が担当することとなった。

ヴェリーキエ・ルーキにおいては戦史上もっとも規模の大きい戦車戦が発生。
フランス軍が勝利を収める。

https://blog-imgs-131.fc2.com/n/a/k/nakinagaramojiwouru/20200118185046874.png

また、ウクライナ方面においてはウクライナ軍がロシア軍を包囲、これを殲滅する。

https://blog-imgs-131.fc2.com/n/a/k/nakinagaramojiwouru/20200118185136fad.png

モスクワ攻防戦

https://blog-imgs-131.fc2.com/n/a/k/nakinagaramojiwouru/20200118185044eb7.png

シャチロフ.png
閣下! モスクワはとうとうフランス軍に包囲されました!

親方サヴィンコフ.png
言われなくても分かるさ。
砲声がそこかしこで鳴り響いている。
爆発音がする。
今や懐かしき戦場の空気だ。

シャチロフ.png
航空機は用意してあります。脱出を!

親方サヴィンコフ.png
よい。

シャチロフ.png
は……?

親方サヴィンコフ.png
もう、よいのだ。参謀長。
もう私が生き続けても世界は変わらぬ。
それよりも銃をくれ。
爆弾も、手榴弾もだ。
それが、私の本職だったのだから。

シャチロフ.png
……お供致します。

親方サヴィンコフ.png
阿呆めが。

デュクロの行進

過激派で知られた軍人。ジャック・デュクロの戦歴は現在に至るまで輝かしいものと知られている。
彼の軍歴は、この戦闘をもって終わる。

戦車12個師団を用いて、敵地を横断し、ロシア軍の抵抗を消失させた。

https://blog-imgs-131.fc2.com/n/a/k/nakinagaramojiwouru/2020011818570343f.png

終結

そうして、フランス・コミューンの最後の戦争は終わりを告げた。

https://blog-imgs-131.fc2.com/n/a/k/nakinagaramojiwouru/20200118185942679.png

次回。
『シーシュポスの神話』
 
【KRフランスコミューン】1943-1944年/悪霊に戻る
【KRフランスコミューン】Ending/シーシュポスの神話?に進む
KRフランス・コミューン シーシュポスの神話に飛ぶ


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-01-18 (土) 19:01:49 (39d)