巨人はまだ寝ぼけまなこ

http://art21.photozou.jp/pub/243/3211243/photo/251158765_org.v1506301386.png

そら中国がたった5か月で降伏に追い込まれたら衝撃も受けますわ。
でも今回は南京のアレ長江のアレも発生していないので
アメリカはこれでやっと孤立MAXから脱した段階です。関係性も+180くらい!民主国家同士手を携えていきましょう!

グダグダフランス

http://art21.photozou.jp/pub/243/3211243/photo/251158770_org.v1506301386.png

遅い・・・遅くない?
残念だが当然、第三共和政らしいと言える。

航空主兵(ただし大和は別腹)

http://art13.photozou.jp/pub/243/3211243/photo/251158774_org.v1506301386.png

日本ならば作らなければならない、と思います。
蒼龍・飛龍を祁燭箸靴萄遒辰討い襪里皀蹈泪鵑任后頁真)

のらくろ映画化

http://art29.photozou.jp/pub/243/3211243/photo/251158778_org.v1506301386.png

不満度減少いいゾ〜これ
日中戦争が速攻で終わったので、のらくろの内容もより華々しい方向に変わっていそう。

張鼓峰事件

http://art29.photozou.jp/pub/243/3211243/photo/251158781_org.v1506301387.png

おととい来やがれ!(フラグ)

ヒトラーユーゲント来日

http://art13.photozou.jp/pub/243/3211243/photo/251158783_org.v1506301387.png

独裁者ヒトラーも我々との友好を深めたいようです。
亜細亜に覇を唱える帝國の威光は、確実に高まっていますね!*1

北欧同盟結成

http://art21.photozou.jp/pub/243/3211243/photo/251158786_org.v1506301387.png

ドイツはアンシュルス、ミュンヘン条約と史実通りに勢力を拡大。
これに対してスウェーデンが北欧の連合を提唱し、デンマーク・ノルウェーがこれに呼応して同盟が結成されました。
デンマーク・ノルウェー・ヴェーゼル演習・・・うっ、頭が

ささやかな疑問

http://art13.photozou.jp/pub/243/3211243/photo/251158789_org.v1506304884.png

これって日野自動車より呉海軍工廠のほうが研究早くないですか?

第1機動艦隊再編

http://art21.photozou.jp/pub/243/3211243/photo/251160385_org.v1506307350.png

赤城の改修が完了し、空母4隻、軽空2隻を中核とする第1機動艦隊がやっと編成されました。
とりあえずこれを、今後の海軍の基本的な編成としていきます。*2

海軍拡張の開始

http://art13.photozou.jp/pub/243/3211243/photo/251160388_org.v1506307350.png

戦間期は人的資源がなく、陸軍を作ってもたかが知れているので、海・空軍を中心に行きます。
まずは駆逐艦。「対潜を駆逐が、他を空母が」という役割分担を考えているので、対潜装備は確定。
もう一つが魚雷というのは・・・連合艦隊だからです(真顔)。*3
空母はもう少ししたら40年型空母と艦載機の研究が終わるのでそれからで。青写真万歳!GJKai万歳!

京浜グループの一斉検挙

http://art13.photozou.jp/pub/243/3211243/photo/251160395_org.v1506307350.png

スライダーはどんどん解放に振れていますが、アカはNG。
不満度0.5なら現状でも数日で消えます。

大鳳型空母(1939〜)

http://art21.photozou.jp/pub/243/3211243/photo/251160403_org.v1506312082.png

さあ空母を作りますよ〜。
とりあえず第一陣は14並列(4×2+6)で生産し、以後は8並列に縮小する予定です。
軽空母も重巡改造組だけでは足りなくなるので1隻生産。41年半ばまでに4個機動部隊を編成する計画です。

暴走する政治家

http://art29.photozou.jp/pub/243/3211243/photo/251160406_org.v1506307351.png

これも懐かしのランダムイベント。「黙れ!」を選んでも大臣がランダムで消えたりはしない(独裁に2振れるだけ)なので安心です!
とはいえ、どちらを選んでも手動4年分の変化なので、なかなか影響の大きいイベントには違いないでしょう。

http://art29.photozou.jp/pub/243/3211243/photo/251160409_org.v1506307351.png

そろそろ自由経済派に届きそうになってまいりました。
閣僚の選択肢的には社会保守派のほうがだいぶ幅が広い*4ので、しばらくはこの状態をキープしたいですが、さて・・・

平賀粛学

http://art29.photozou.jp/pub/243/3211243/photo/251160413_org.v1506307351.png

派閥争いの激化はよろしくないですが、このような問題に国家が介入するのもまたよろしくないということで静観。
バニラだとロクな効果のない解放社会ですが、大日本帝国MODでは資金増産効果が付与されている*5ので、旨味はそれなりにあります。

自動スライダー停止

http://art29.photozou.jp/pub/243/3211243/photo/251162894_org.v1506313715.png

39年のスライダー移動(自由経済)が済んだ後、自動移動を停止します。
これはこのルートで民主制を維持するには必要な動作のはずです。

そう思っていた時期が、俺にもありました。

IC比較(2回目)

http://art29.photozou.jp/pub/243/3211243/photo/251162899_org.v1506313715.png

ICがめでたく500に達したので、ここで2回目の主要国IC比較を実施。
基礎ICは言うまでもなく、実効ICでもすでにアメリカが首位に立とうとしています。なんだこいつ!?
ソビエトはうちが引きずりおろす(ネタバレ)んで、今年中にも首位は交代するでしょう。

荒ぶる枢軸

http://art13.photozou.jp/pub/243/3211243/photo/251162903_org.v1506322965.png
http://art21.photozou.jp/pub/243/3211243/photo/251162907_org.v1507039437.png

欧州はおおむね史実通りに世界大戦に突き進んでいます。
彼らとは政治思想的には相いれませんが、アカの打倒や亜細亜解放のため、せいぜい欧州をひっかき回してもらいましょう。

加速する投資

http://art21.photozou.jp/pub/243/3211243/photo/251387240_org.v1507036619.png

スライダーが研究投資では動かないところまで来たので、ここからは包括的投資でいきます。
やはりお得感が違いますね!

ノモンハン事変

http://art13.photozou.jp/pub/243/3211243/photo/251387424_org.v1507037183.png

さあ、大日本帝国MODで足掛け4か月に渡る超長期イベントと化したノモンハン事変のスタートです。
満蒙は日本の生命線。アカに譲るわけにはいきません!

http://art29.photozou.jp/pub/243/3211243/photo/251387429_org.v1507037183.png

満州軍の一部隊が赤軍の攻撃により全滅。
ここは関東軍は自重したようです。

http://art13.photozou.jp/pub/243/3211243/photo/251387433_org.v1507037183.png

全体としては関東軍優勢で戦闘が続き、一定の戦果を収めました。
ここでの不満度減少を覚えておくとお得かも?

http://art13.photozou.jp/pub/243/3211243/photo/251387437_org.v1507037183.png

しかし未だ国境線は確定しておらず、ソ連は名将ジューコフを指揮官に据え反撃を開始。
再び戦火が開かれることとなりました。

http://art21.photozou.jp/pub/243/3211243/photo/251387443_org.v1507037183.png

現場の独断で大規模空襲が実行され、戦術的には大戦果を挙げた模様。つじーんの面目躍如というべきか・・・。
ところで、ここでスキルが入るのが「陸軍指揮官の」辻政信になっているのはいかがなものか?

http://art13.photozou.jp/pub/243/3211243/photo/251387447_org.v1507037183.png

戦車って騎兵師団に付属する中戦車旅団5個しか持ってないんですが・・・
そら苦戦するわ。

http://art21.photozou.jp/pub/243/3211243/photo/251387450_org.v1507037183.png

やがて戦線は膠着状態に陥り、川沿いに布陣し直しましたが・・・

http://art21.photozou.jp/pub/243/3211243/photo/251387457_org.v1507037183.png

8月末、赤軍が大規模攻勢を発動。
この事変において活躍を見せたエースパイロット・篠原弘道も戦死するなど大きな打撃を受けてしまいました。

殺意の波動に目覚めた陛下

http://art13.photozou.jp/pub/243/3211243/photo/251387461_org.v1507037183.png

と、このタイミングで戦争支持の大規模デモ。もちろん国家元首の演説付き。
それにしてもこの天皇ノリノリである。相手は民主主義の敵には違いないですが・・・。

http://art13.photozou.jp/pub/243/3211243/photo/251387465_org.v1507037183.png

こうなっては引き下がれません。シベリアを共産主義者の魔手から解放するのです!
というか引き下がった場合のペナルティが大きすぎるんですよね。ハト派に振れるのはやめロッテ!*6

日ソ戦争

http://art13.photozou.jp/pub/243/3211243/photo/251388008_org.v1507038986.png

まずは沿海州。ニコラエフスク=ナ=アムーレの上、オホーツクにも強襲上陸を仕掛け、定石通りエキムチャンを軸とした包囲を狙います。
これは・・・半ば 殲滅戦
だが 半ば・・・布石・・・!

http://art13.photozou.jp/pub/243/3211243/photo/251388010_org.v1507038986.png

本命は・・・こっち・・・!
この北端にあるノリリスクというプロヴィンスは、馬鹿でかい上に東側のウスチ=クート及びヤクーツクからしか侵入できず、マップ端の蓋に最適です。
バヤンホトからわずか5プロヴィンス、半自動車化騎兵に攻勢をかけ続ければ約2か月で届く距離。
これにより、極東の赤軍全てを補給切れに追い込むのです!

デレるアメリカ

http://art29.photozou.jp/pub/243/3211243/photo/251388013_org.v1507038986.png

モンゴル方面で国境を突破した頃、アメリカが外交政策の見直しを行ったようです。当時のアメリカが反共とか言い出すのは唐突な気もしますが・・・。
ちなみにこのイベントは、日本の政体によってAIアメリカの選択の確立が大きく異なります。
日本が民主・開放路線を歩んでいる*78割、どちらかだけでも7割はデレてくれる模様。史実通りだと99%「より強硬なものとせよ」となります。
注目すべき効果としてはインドシナ進駐に伴う禁輸イベントがスリープされます。これで心おきなく東亜解放の駒を進められますね!

防共協定とは何だったのか

http://art13.photozou.jp/pub/243/3211243/photo/251388016_org.v1507147322.png

一方ドイツ、このタイミングでアカと取り引き。
いやいや、あなた方から防共協定持ちかけてきたんでしょ?助けろとは言わんが利敵行為はないやろ!?
やはり彼らは我が帝國の友にはなりえないようですね(憤怒)

http://art29.photozou.jp/pub/243/3211243/photo/251388019_org.v1507038986.png

そして世界は炎に包まれる・・・

広がる北欧同盟の輪

http://art21.photozou.jp/pub/243/3211243/photo/251388022_org.v1507038986.png

独ソの接近に脅威を覚えたフィンランドは北欧同盟に加盟を申請。
スウェーデンはこれを受け入れ、北欧同盟はスカンジナビア全域へ拡大しました。
でもノモンハン開戦してると冬戦争が発生しない*8

沿海州戦線

http://art21.photozou.jp/pub/243/3211243/photo/251388025_org.v1507038986.png

ポーランドにレッドアラートが灯るころ、皇軍はサクサクと沿海州の包囲を完了。
やっぱりこれは楽に決まりますね!

http://art29.photozou.jp/pub/243/3211243/photo/251388030_org.v1507038986.png

連合艦隊は即座に総力を挙げた輸送船狩りを開始。これが布石でもあるんですね。
全滅させるまで補給は続くので、まだまだ戦況は予断を許しません。

五 輪 中 止

http://art29.photozou.jp/pub/243/3211243/photo/251388035_org.v1507038986.png

あああああああああああああああああああああああああああああああ!!!!!!!!!!!(ブリブリブリブリュリュリュリュリュリュ!!!!!!ブツチチブブブチチチチブリリイリブブブブゥゥゥゥッッッ!!!!!!! )

オートメドン号事件

http://art13.photozou.jp/pub/243/3211243/photo/251423511_org.v1507201123.png

ドイツにはひどい背信行為を受けたばかりですが、貰えるものは貰っておきます。
あくまで第一目的は東亜の解放、そのために利用できるものは利用する。

ニッポン号世界一周

http://art21.photozou.jp/pub/243/3211243/photo/251423518_org.v1507201123.png

ノモンハン事変が始まった頃に世界一周の挑戦を開始したニッポン号が無事帰還。
一般動員による不満度をきっちり消し去ってくれて助かります。

ポ=リ共和国死亡

http://art29.photozou.jp/pub/243/3211243/photo/251423525_org.v1507201123.png

当然ながら、リトアニアを加えた程度で運命を覆すことはできないわけで。
この後、いつもの東ポーランドに加えてリトアニアがソ連へと引き渡されました。

シベリアへの工場移転

http://art13.photozou.jp/pub/243/3211243/photo/251423533_org.v1507201123.png

わざわざこっちへ寄せてくるのか・・・(困惑)

ソ連輸送船団全滅

http://art21.photozou.jp/pub/243/3211243/photo/251423539_org.v1507201123.png

最初から260隻くらいしかなかったので、連合艦隊が本気を出せばあっさり溶けます。
これで陸路さえ遮断すれば補給切れに。
そして・・・

大陸打通作戦(北)

http://art21.photozou.jp/pub/243/3211243/photo/251423544_org.v1507201123.png

12月18日、辻政信率いる騎兵軍団がノリリスクへ到着。
バイカル湖以東の赤軍への補給を断ち切りました!*9
沿海州で包囲している赤軍を追い込みだしたところで39年は終わり。来年はどんどん赤軍を殲滅していきますよ〜。

1937年 〜港町上海 栄光の帝国陸軍<:Prev 【GJK+Fullkai日本】大東亜に光あれ Next:>1940年 〜欧州の悪夢 亡者のうたう愛国歌

おまけ:意外と強い国民革命軍の謎、その真相

前回、「(中華民国との)戦闘でのキルレシオは意外と良くない」ということを紹介いたしました。
その理由は、こちらとなります。

http://art13.photozou.jp/pub/243/3211243/photo/251424004_org.v1507203576.png

「先鋒突撃ドクトリン」という文字があるのがおわかりになるでしょう。
そう、GJKaiの中華民国は電撃戦ドクトリンを採用するのです。
この環境での中華民国は初期状態で「前大戦後統合化ドクトリン」までしか研究できておらず、「人的資源重視」と「機動重視」の青写真を持っているという状態です。*10
その二択だと、AIは機動重視を選択してしまうということでしょう。

技術開発状況

日付技術機関開始したもの(機関)
38/1/41938年型輸送機海軍航空技術廠発展型航空母艦(横須賀海軍工廠)
38/1/61938年型騎兵師団日本ゼネラル・モータース1935年型自動車化歩兵師団(日本ゼネラル・モータース)
38/1/12推定爆撃ドクトリン松井石根改良型石油精製(住友鉱業)
38/1/17初期型対戦車砲大阪砲兵工廠基本型対戦車砲(大阪砲兵工廠)
38/1/241938年型戦術爆撃機三菱飛行機1940年型空母航空隊(三菱飛行機)
38/1/24基本型暗号解読機高木貞治初期型探査レーダー応用(百武晴吉)
38/1/28兵站攻撃ドクトリン源田実ベテラン爆撃手の主導(源田実)
38/1/29基本型軽戦車日野自動車改良型軽戦車(日野自動車)
38/2/12断固防衛山本五十六1938年型空挺師団(桜井省三)
38/3/171935年型自動車化歩兵師団日本ゼネラル・モータース後方地域車両修理工場(日本ゼネラル・モータース)
38/4/15ベテラン爆撃手の主導源田実夜間攻撃ドクトリン(三菱長崎造船所)
38/4/16戦場阻止ドクトリン山下奉文戦闘爆撃集団ドクトリン(源田実)
38/4/17初期型洋上補給平賀譲護衛監視防御(山本五十六)
38/4/30基本型対戦車砲大阪砲兵工廠1939年型戦闘工兵旅団(南部銃製造所)
38/6/18戦闘爆撃集団ドクトリン源田実夜間爆撃ドクトリン(源田実)
38/7/11夜間攻撃ドクトリン三菱長崎造船所1939年型戦略爆撃機(海軍航空技術廠)
38/7/16改良型石油精製住友鉱業1939年型山岳師団(陸軍大学校)
38/8/4夜間爆撃ドクトリン源田実周辺防衛ドクトリン(柴田武雄)
38/8/14発展型海上侵攻戦術舞鶴海軍機関学校先制攻撃ドクトリン(源田実)
38/8/29後方地域車両修理工場日本ゼネラル・モータース夜間機銃掃射ドクトリン(日本ゼネラル・モータース)
38/9/121939年型戦闘工兵旅団南部銃製造所1939年型自動車化歩兵師団(南部銃製造所)
38/9/141939年型山岳師団陸軍大学校ロケットエンジン(萱場製作所)
38/9/19初期型探査レーダー応用百武晴吉基本型重戦車(呉海軍工廠)
38/10/6護衛監視防御山本五十六発展型偵察任務(山本五十六)
38/11/91938年型空挺師団桜井省三核開発チーム(長岡半太郎)
38/11/30発展型航空母艦横須賀海軍工廠基本型野砲(大阪砲兵工廠)
38/12/27先制攻撃ドクトリン源田実ベテラン戦闘機乗りの主導(源田実)
39/1/13夜間機銃掃射ドクトリン日本ゼネラル・モータース組立実験(本多光太郎)
39/1/13ロケットエンジン萱場製作所ターボジェットエンジン(萱場製作所)
39/1/20周辺防衛ドクトリン柴田武雄分散戦闘ドクトリン(淵田美津雄)
39/1/22改良型軽戦車日野自動車基本型中戦車(日野自動車)
39/1/281940年型空母航空隊三菱自動車歩兵用装備-氷点下環境(日本ゼネラル・モータース)
39/2/201939年型戦略爆撃機海軍航空技術廠防衛計画事前策定ドクトリン(東条英機)
39/2/20発展型偵察任務山本五十六歩兵用装備-不整地(日産自動車)
39/3/31939年型自動車化歩兵師団南部銃製造所歩兵用装備-熱帯気候(住友鉱業)
39/3/3ターボジェットエンジン萱場製作所飛行爆弾開発(萱場製作所)
39/4/4基本型重戦車呉海軍工廠改良型護衛空母/基本型軽空母(横須賀海軍工廠)
39/4/20ベテラン戦闘機乗りの主導源田実編隊戦闘ドクトリン(源田実)
39/5/20分散戦闘ドクトリン淵田美津雄前線飛行任務ドクトリン(柴田武雄)
39/7/6核開発チーム長岡半太郎準現代型戦艦(呉海軍工廠)
39/7/30基本型野砲大阪砲兵工廠改良型対戦車砲(大阪砲兵工廠)
39/8/8組立実験本多光太郎造船ライン(川崎造船所)
39/8/9編隊戦闘ドクトリン源田実国土防衛ドクトリン(源田実)
39/8/12飛行爆弾開発萱場製作所小火器製造ライン(南部銃製造所)
39/9/10基本型中戦車日野自動車改良型計算機(東京帝国大学)
39/10/8前線飛行任務ドクトリン柴田武雄縦深兵站組織(今村均)
39/11/9防衛計画事前策定ドクトリン東条英機1940年型迎撃機(中島飛行機)
39/11/11造船ライン川崎造船所航空機組立ライン(川崎造船所)
39/11/22改良型護衛空母/基本型軽空母横須賀海軍工廠空母戦隊(山本五十六)
39/11/25準現代型戦艦呉海軍工廠初期型ロケット砲(小倉陸軍造兵廠)
39/12/3改良型対戦車砲大阪砲兵工廠基本型固定対空砲(大阪砲兵工廠)
39/12/17歩兵用装備-氷点下環境日本ゼネラル・モータース車両組立ライン(日本ゼネラル・モータース)
39/12/24国土防衛ドクトリン源田実偵察戦闘ドクトリン(源田実)

*1 なお満州国承認イベントは起こっていない模様
*2 大日本帝国MODでは海軍少将でも12隻まで指揮可能
*3 駆逐艦に2つ旅団を付けられるのはFullkaiの仕様。ちなみに輸送艦にも改良船体と対空砲を付けられたりするが、コストが跳ね上がるので付けない
*4 大日本帝国MODの固有特性持ちの閣僚の大部分は、政体が権威主義のため
*5 中央から2%→5%→10%→15%→20%
*6 実際のところ、最初から開戦するつもりで準備を整えています
*7 具体的には両方とも真ん中より民主・開放寄りなら
*8 ソ連が平時であることが条件のはず
*9 なおウランバートルがまだ落ちていないため完全な補給切れにはなっていない模様
*10 連続作戦理論は?

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-10-05 (木) 21:13:59 (49d)