ぶっちゃけ、予想外

さて皆さん、現在42年の頭ですが、我が日本は未だ(連合vs枢軸としての)世界大戦に参戦していません。
「ノモンハン開戦時にアメリカが対日政策軟化→対日石油禁輸スリープ→最後の望み〜真珠湾も起こらない」という流れです。
http://art21.photozou.jp/pub/243/3211243/photo/252221061_org.v1510319240.png
http://art29.photozou.jp/pub/243/3211243/photo/252221071_org.v1510319240.png
そしてご覧の通り、枢軸、連合のどちらへも加入が可能な状態となっています。*1
世界大戦に対しフリーハンドを持てる、というのはこのルートの強みと言えるのではないでしょうか。

決断の時

http://art29.photozou.jp/pub/243/3211243/photo/252200890_org.v1510224424.png

極秘偵察の結果、南方資源地帯にはまともな防衛戦力が配置されていないことが判明。
この事実や、一昨年来アメリカの態度が軟化していることもあり、輿論は対連合へと傾いていきました。

外相交代

http://art21.photozou.jp/pub/243/3211243/photo/252200908_org.v1510459745.png

この流れの中で、親英米派の幣原外相は「対英戦争の終結について自信がない」「自信ある人にやってもらいたい」と辞任。
後任には理想家的な一面を持つ*2重光葵が就任しました。

そして、開戦

http://art21.photozou.jp/pub/243/3211243/photo/252200894_org.v1510326008.png

2月5日、第二次対ソ戦後の再動員準備が完了。

http://art13.photozou.jp/pub/243/3211243/photo/252200899_org.v1510322528.png
http://art13.photozou.jp/pub/243/3211243/photo/252200913_org.v1510224424.png

翌6日、我が大日本帝國はインドネシアのオランダ亡命政府に対し宣戦を布告。
対連合戦、亜細亜解放の戦いの始まりです!

http://art13.photozou.jp/pub/243/3211243/photo/252269324_org.v1510563373.png

まず莫大な希少資源*3を算出するマレー方面。
山下・石原という名将率いる戦車軍団を先頭にシンガポールまで突っ走ります。その後は蘭印へ転戦の予定。

http://art13.photozou.jp/pub/243/3211243/photo/252269294_org.v1510563373.png

最大の戦力を配置するのはビルマ方面。きれいに塗り絵しながらインドに雪崩れ込みます。

http://art21.photozou.jp/pub/243/3211243/photo/252269342_org.v1510563751.png

数日後、英領インド参戦に合わせて新疆方面の軍団も進撃を開始。
ドイツのインド侵入を最小限に抑えるべく、辻政信率いる機甲軍団がアラビア海まで一直線に突き進み、その他の軍はデリー進撃。
最重要の戦線といえるでしょう。

マレー電撃戦

山下奉之2.png俺が本当の電撃戦を教えてやる

http://art21.photozou.jp/pub/243/3211243/photo/252200902_org.v1510224424.png

よ〜い、

http://art21.photozou.jp/pub/243/3211243/photo/252269919_org.v1510568713.png

ドン!
マレー半島は全くの無人で、シンガポールに守備隊が2個師団ほどいただけでした。
東洋のジブラルタル(笑)

最前線の国家元首(割とよくある)

http://art21.photozou.jp/pub/243/3211243/photo/252269904_org.v1510568712.png

汪兆銘って将校登録あったんですね・・・
古典派ではないのでのんびり育ててみるのもいいかもしれませんね(ボリス3世的なノリで)

チェロ・デリー!

http://art13.photozou.jp/pub/243/3211243/photo/252271363_org.v1510568714.png

ビルマ方面ではインパールに到着したころ、カシュガルから南下した本間中将の第5騎兵軍(中身は機械化)がデリーへ入城。

http://art29.photozou.jp/pub/243/3211243/photo/252271517_org.v1510568714.png

その1週間後、辻中将の打通部隊がアラビア海沿岸のナワーブシャーに到達。
お前(ドイツ)の取り分ねーから!

独立シリーズ第1弾

初動が成功したのを確認したところで、いよいよ亜細亜諸国を独立させていきます。
独立させて 好戦性下げないと アメリカ こわいもんね!

http://art13.photozou.jp/pub/243/3211243/photo/252269967_org.v1510574422.png

まずはマレーシア。前述のとおり、莫大な希少資源、それに鉄鋼・石油も産出する、まさに亜細亜の心臓部と言って過言でない存在です。
現実に乗っ取り、ボルネオ島北部にも中核州があります。*4

http://art13.photozou.jp/pub/243/3211243/photo/252269998_org.v1510568713.png

続いてビルマ。こちらもマレーシアほどではないですが豊富な希少資源を誇ります。首都が強襲上陸可能プロヴィンスなのは気になりますが・・・
何、閣僚が明らかに欧米人?こまけえこたあいいんだよ!

http://art13.photozou.jp/pub/243/3211243/photo/252269991_org.v1510568713.png

そしてインド北部、カシミールも独立させます。ICは最低保証!閣僚はシャドウだらけ!
この地は将来中国・インド間の係争地となりうるので、緩衝地帯化という意味も込めての独立となります*5

蘭印解放

http://art21.photozou.jp/pub/243/3211243/photo/252329473_org.v1510721421.png

蘭領東インドは広大ですが、ほとんどのVPに強襲上陸可能。ピンポイントで確保して回ります。
流石にジャワ島にはなかなかの師団が溜まっていますが、スラバヤに上陸して敵を引き寄せた後に後方の首都バタビアに上陸し・・・

http://art13.photozou.jp/pub/243/3211243/photo/252329476_org.v1510721421.png

一丁上がり!

http://art29.photozou.jp/pub/243/3211243/photo/252329479_org.v1510721421.png

蘭印を併合するとこんなディシジョンが出てきます。これを実行してからインドネシアを独立させると、即座に歩兵3個師団が湧いてくるのでお得。

http://art29.photozou.jp/pub/243/3211243/photo/252329482_org.v1510721421.png

そして即座にリリース。
ところでインドネシアは島国だけあって最初から輸送船団を持っていますが、豊富な資源も相まって、防衛部隊を強襲上陸可能プロヴィンスに並べておくと全然船団が足りなくなります。
よって、サラワクを別個に独立させたり、各島の適当な沿岸プロヴィンスを領有主張し、補給基地として手元に残すなどの対策をしておくとよいでしょう。

http://art21.photozou.jp/pub/243/3211243/photo/252329485_org.v1510721421.png

独立と同時発生したイベント「ムルデカ!」により、閣僚はスカルノを筆頭に現地人が多数を占める陣容に。
今後、この手のイベントが存在する国が増えると嬉しいところ。

http://art29.photozou.jp/pub/243/3211243/photo/252329491_org.v1510721421.png

ちなみに独立時に発生するこのイベントで、日本の影響を受けた国旗に変更させることもできます。
今回は彼らの心を尊重するということで変更はしません。どんな国旗かは君たちの目で確かめてくれ!(Vジャン風)

インド併合

http://art29.photozou.jp/pub/243/3211243/photo/252329494_org.v1510721421.png

ビルマ方面軍がダッカに到達し、北インド方面軍がボンペイ・マイソールまで到達。
さらにマレー方面軍を南部へ強襲上陸してマドラスを攻略し、インドのVPをすべて確保。

http://art29.photozou.jp/pub/243/3211243/photo/252329498_org.v1510721422.png

大英帝国の冠に埋め込まれた宝石は、

http://art13.photozou.jp/pub/243/3211243/photo/252329503_org.v1510721422.png

今、インド人の手に還りました。

http://art29.photozou.jp/pub/243/3211243/photo/252329507_org.v1510721422.png

現地人だけで全閣僚を用意できる。流石インドは恪が違った。
チャンドラ・ボースは政体がファシストなので、何かのはずみで消滅しかねないですね・・・。
ところでこの外務大臣の「アリ・カーン4世」って別世界線の皇帝陛下ですかね?

亜細亜新秩序

http://art13.photozou.jp/pub/243/3211243/photo/252329512_org.v1510721422.png

インド西端のグワダルまで到達したドイツは、もともと親独的だったレザ・パーラヴィーを擁立しイランを再興。
アラブ連邦と合わせ、中東には枢軸陣営による新秩序が形成されました。
我々としては、イランの完全な解放が成されれば言うことはないですが・・・。

混迷のイタリア

http://art21.photozou.jp/pub/243/3211243/photo/252329836_org.v1510723984.png

ドイツが快進撃を続ける一方、イタリアはアフリカ戦線で苦戦しリビアを失陥。これによりムッソリーニが失脚しました。
この状況で自分から枢軸を離脱するのか・・・(困惑)

http://art29.photozou.jp/pub/243/3211243/photo/252329839_org.v1510723984.png

これに対しドイツはグラツィアーニ将軍を首班とするイタリア社会共和国を建国させイタリアへ侵攻。*6
インドへの進撃を遮断され、行き場を失った国防軍がイタリアを襲う!

http://art29.photozou.jp/pub/243/3211243/photo/252330027_org.v1510725931.png

一方ではアラブ連邦を通過してエジプトへ突入。
・・・これアフリカ全部アラブ連邦と化すパターン?

真の亜細亜解放への道

http://art13.photozou.jp/pub/243/3211243/photo/252329842_org.v1510723984.png

我々の目的は亜細亜の自主独立。そのためには自ら、属国を解放していくことが求められます。
そのため、最初の一歩として昨年の「交渉」以来属国となっていたタイを解放。周辺は全て同盟国となったわけですし、もう心配はないでしょう。

おお、キヘイドー!

http://art13.photozou.jp/pub/243/3211243/photo/252329845_org.v1510723984.png

「1942年型騎兵」の技術研究が完了し、機械化騎兵が生産可能になりました。
従来のHoI2では半自動車化騎兵(39年)から装甲騎兵(46年)まで大きく間が空いてしまうことが、騎兵を趣味の領域たらしめる大きな要因の一つであったわけですが、
Fullにおいてその穴を埋める存在がこれです。ぶっちゃけカタログスペック的には劣化機械化歩兵ですが・・・。
ご存知の通り(?)強襲浸透系ドクトリンの夜間強化効果は騎兵にも作用するので、それを見込んで生産してみます。

オセアニア侵攻

http://art29.photozou.jp/pub/243/3211243/photo/252329850_org.v1510723985.png
http://art21.photozou.jp/pub/243/3211243/photo/252329853_org.v1510723985.png

お馴染みの極めてゲーム的なオーストラリア侵攻。
内陸の砂漠を走ってたら時間がかかることこの上ないからね、しょうがないね。

http://art21.photozou.jp/pub/243/3211243/photo/252329855_org.v1510723985.png

そして即独立。白豪主義者はは再教育しないとね(ニッコリ

http://art13.photozou.jp/pub/243/3211243/photo/252329859_org.v1510723985.png
http://art13.photozou.jp/pub/243/3211243/photo/252329861_org.v1510723985.png

ニュージーランドもちゃちゃっと解放。旗の色彩(星の色)はオーストラリアよりこっちのほうが好きですね。

この1年で亜細亜・太平洋地域から連合国勢力をほぼ駆逐することに成功しました。
次回「ソ連死す!」デュエルスタンバイ!

1941年 〜赤い城塞 古の主義者たちが夢の跡<:Prev 【GJK+Fullkai日本】大東亜に光あれ Next:>1943年 〜共産主義からの帰還 新たなる中央亜細亜?

技術開発状況

日付技術機関開始したもの(機関)
42/1/6核燃料分析湯川秀樹実験用原子炉(湯川秀樹)
42/1/7改良型装甲車日野自動車基本型駆逐戦車(日野自動車)
42/1/81942年型自動車化歩兵師団南部銃製造所縦深浸透ドクトリン(陸軍中野学校)
42/1/11発展型対空砲旅団小倉陸軍造兵廠基本型自走対空砲旅団(小倉陸軍造兵廠)
42/1/30基本型駆逐戦車日野自動車基本型自走砲(日野自動車)
42/2/61942年型戦略爆撃機海軍航空技術廠1943年型護衛戦闘機(中島飛行機)
42/2/9基本型固定対空砲大阪砲兵工廠護衛中継システムドクトリン(源田実)
42/2/18爆撃機エースの主導淵田美津雄回転木馬爆撃ドクトリン(淵田美津雄)
42/3/9回転木馬爆撃ドクトリン淵田美津雄下級部隊向け近接航空支援ドクトリン(淵田美津雄)
42/3/241942年型機械化歩兵師団日本ゼネラル・モータース1942年型騎兵師団(日本ゼネラル・モータース)
42/4/2下級部隊向け近接航空支援ドクトリン淵田美津雄浸透爆撃ドクトリン(淵田美津雄)
42/4/5基本型自走対空砲旅団小倉陸軍造兵廠発展型対戦車法砲(大阪砲兵工廠)
42/4/15改良型合成石油プラント北海道人造石油株式会社縦深車両修理組織(三菱重工業)
42/4/16基本型自走砲日野自動車基本型自走ロケット砲(日野自動車)
42/4/17縦深浸透ドクトリン陸軍中野学校改善型軍事糧食(福井謙一)
42/5/8護衛中継システムドクトリン源田実戦闘機エースの主導(源田実)
42/5/12大規模海上侵攻戦術呉海軍工廠航空船団防衛ドクトリン(井上成美)
42/6/3遠隔操作戦車原乙未生発展型中戦車(原乙未生)
42/6/5車両修正-砂漠環境適用日産自動車車両修正-氷点下環境適用(日産自動車)
42/6/5実験用原子炉湯川秀樹原子炉の実用化(湯川秀樹)
42/6/7航空船団防衛ドクトリン井上成美空母任務部隊(山本五十六)
42/6/25浸透爆撃ドクトリン淵田美津雄絨毯爆撃ドクトリン(淵田美津雄)
42/8/61942年型騎兵師団日本ゼネラル・モータース1943年型近接航空支援機(愛知航空機)
42/8/6基本型自走ロケット砲日野自動車改良型自走砲(日野自動車)
42/8/13発展型中戦車原乙未生ロケット組立ライン(萱場製作所)
42/8/22戦闘機エースの主導源田実航空予備兵力ドクトリン(源田実)
42/8/25発展型対戦車砲大阪砲兵工廠発展型暗号解読機(高木貞治)
42/9/5絨毯爆撃ドクトリン淵田美津雄航空無敵艦隊ドクトリン(淵田美津雄)
42/9/9縦深車両修理組織三菱重工業基本型電子コンピュータ(東京帝国大学)
42/9/271943年型護衛戦闘機中島飛行機改良型ロケット迎撃機(中島飛行機)
42/9/301943年型近接航空支援機愛知航空機基本型洋上補給(百武晴吉)
42/10/4航空無敵艦隊ドクトリン淵田美津雄発展型デシメートル波警戒レーダー基地(呉海軍工廠)
42/10/8改善型軍事糧食福井謙一1943年型空母航空隊(三菱飛行機)
42/10/18空母任務部隊山本五十六航空支援ドクトリン(山本五十六)
42/11/1改良型ロケット迎撃機中島飛行機準現代型航空母艦(横須賀海軍工廠)
42/11/11航空予備兵力ドクトリン源田実敵戦闘機誘出ドクトリン(源田実)
42/11/25原子炉の実用化湯川秀樹1943年型海軍爆撃機(海軍航空技術廠)
42/11/26改良型自走砲日野自動車発展型魚雷(三菱長崎造船所)
42/12/4敵戦闘機誘出ドクトリン源田実複数高度展開ドクトリン(源田実)
42/12/12車両修正-氷点下環境適用日産自動車重点爆撃ドクトリン(淵田美津雄)
42/12/23発展型暗号解読機高木貞治1943年型海兵師団(舞鶴海軍機関学校)
42/12/24ロケット組立ライン萱場製作所実用ターボジェットエンジン(萱場製作所)
42/12/24複数高度展開ドクトリン源田実格闘戦実験ドクトリン(源田実)

*1 関係はドイツとは+50、イギリスとは+200
*2 日本は国際連盟から脱退を宣言し国際社会から孤立していく。このころ重光は「欧米の国々は民主主義民族主義を欧州に実現することに努力した。しかしながら彼らの努力はほとんど亜細亜には向けられなかった。欧米は阿弗利加および亜細亜の大部分を植民地とし亜細亜民族の国際的人格を認めないのである」と手記を残し、白人による亜細亜支配であれば許されるのかと怒っている。(wikipediaより引用)
*3 IC600以上に相当
*4 大して価値はない土地なのでインドネシアかサラワク領にしたほうがいい気もしますが
*5 なお後に後悔することとなる
*6 グラン・サッソ襲撃は失敗したのかな?

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-11-15 (水) 15:35:44 (29d)