内政その4(冬戦争開戦まで)

更新が再び遅れました 大変申し訳ないと思っています

そのころ世界は

さて、ソビエト連邦では1937年ごろから粛清の嵐が吹き荒れていました

それ以来ソ連は内政で手いっぱいであり、外交まで気を回している余裕はありませんでした

エジョフが粛清され、粛清が一段落したため、ようやく我が国は外交を行う余裕が出てきました

我々が内務に追われている最中ヨーロッパがどう変化したかといえば…

320lusO.png

…何か灰色の国家*1が周辺国を食べて大きくなっているようです*2*3

周辺国を食い荒らす彼らと対等に話すためにも外相をリトヴィノフから格の高そうな首相のモロトフに交代させます

afnTzfV.png

今までありがとうリトヴィノフ君 いずれ復職させてあげるよ!(口約束)*4

9Vp0ufO.png

 
 

Oo4zCXl.png

外相を変えたことで我が国はさらに自由な外交方針をとれるようになりました

また。極東に目を投じてみると

QOFJDGM.png

何やら黄色い国*5が、わが友邦中国を荒らしています

このならず者国家とは近年我々との国境地帯をめぐっていざこざが続いており、去年*6の8月には国境線の策定をめぐって大規模な衝突がありました

CQfY77V.png

幸いこの紛争は平和裏に解決され、総指揮を執ったブリュッヘル将軍を処罰するだけで済みましたが、これで彼の国家があきらめるとは到底思えません

我が国は欧州、極東と2つの外患に挟まれている状態です

幸い大粛清によって内憂は消滅しているため、我が国は軍備の強化や、外交的な働きかけを持って2つの外患と対峙していくこととなりそうです

嵐の前の内政

我が国の周囲が次第にならず者国家によって包囲されているため、我が国も軍拡に尽力していきます

lDsqzsO.png

また、質の面でも先日粛清されたトハチェフスキーの遺志を引き継いだ研究チームが、防御計画事前策定ドクトリンを完成させました

p0wtVPc.png

研究終了後、研究チーム自体はトハチェフスキーに連座して解体されました

3DRTLP5.png

しかし、彼の思想はきちんと、赤軍の将校たちに引き継がれました

そして4月には今AARで最重要のユニットであるIl-2が完成!

Q8pKBJF.png

これをガンガン生産し、既存の近接航空機もIl-2に置き換えていきます

また国民不満度が消えた後も研究への投資は続けていきます

6ZQ4e3P.png

研究投資による青写真ガチャの結果、ドクトリンなどの青写真を引くことに成功しました

これで、我が国は大粛清のごたごたから立ち直り、周囲の国家とも互角に戦うことができるはずです

そのころ、我が国の思想に共鳴した一流の研究者が亡命してきました

fhPkUP7.png

手土産に青写真を持ってきてくれたのですが、正直いらないものでした

よって研究枠の都合上この青写真の研究はしません

名無し.png*7私の持ってきた青写真の研究ができないなんて…

名無し.png落ちたものですね、ソビエト連邦も

名無し.pngそんな研究だからいつまでも三流なんですよ、もういいです

名無し.png三流国家のレベルが知れますね

… 彼への対処はNKVDにお任せ、ということにしましょう

そんなこともありながら、時代は戦争へと進んでいきました

悪魔との取引

ヨーロッパではイギリスがポーランドの独立を保障し、ドイツとの対立を深めていく中

twkikTN.png

極東では、日本軍が突如モンゴルとの国境を突破、大規模な武力衝突が発生しました

ayHQf27.png

幸い、現地にいたジューコフ将軍が国境警備隊*8を指揮し日本軍を散々に撃退

ソ連有利のまま、紛争を終わらせることに成功しました

どうやら日本はこの紛争での赤軍の実力に大きな衝撃を受けたらしく

日本は我が国と不可侵条約を結び、武力衝突を避けるようになりました

もし、今後の外交がうまくいけば、極東方面の我が国有利での安定を押し付けられる可能性も出てきました

モロトフ外相の外交手腕に期待です

 
 

8月に入ると、ドイツは露骨にポーランド国境に軍を集結させ始めました

ドイツがポーランドを征服した場合、我が国は東の防壁を失い、直接ドイツと対峙する羽目になります

我が国が警戒を強めていると、ドイツから不思議な提案が届きました

2Lo5SH0.png

この協定はドイツとソ連でポーランドを分割し、バルト諸国などその周辺の国家も2国間で分け合うものでした

もし、ドイツが本気でこの提案を飲む気なら、我が国は労せずしてポーランドの半分とバルト諸国などを手に入れることができます

偉大なる指導者スターリンは、両国の思想的差異を乗り越えて友好関係を結ぶことを宣言し、この協定に調印することを指示しました

こうして1939年8月独ソ不可侵条約が締結されました

この条約により、我が国は最良で5年以上の平和を手に入れることができました

そして、最悪の場合でも数年の猶予と、時間稼ぎのための土地を手にしました

 
 

さて、独ソ不可侵条約により我が国はバルト諸国の占有権を手にしました

折しも、近年ラトビアやエストニアでは右派独裁の政府による、ロシア系住人や労働者への弾圧が行われているという陳情を受けていました

我々は、それにこたえてかの地に進駐し、人々を暴君から守らなければなりません

ちょうどドイツがポーランドに侵攻し、欧州各国がドイツと戦争を始めました

lACnxl9.png

そこで我が国はこの機を逃さず、バルト諸国へどさくさ紛れに進駐します

gNa8Uje.png

なお、これはあくまで進駐であり内政行為の一環であることを宣言しておきます

ap0hduf.png

バルト進駐軍は右派による抵抗にあったものの、無事進駐に成功*9現地住民から熱狂的な歓迎*10を受けました

YcPEJ6t.png

しかし、エストニアでは、民に見放された独裁者たちが地下組織を作り抵抗を続けていました*11

そのため我々は、市民生活を犠牲にしつつ厳戒態勢を続けることでこれに対抗せざる負えませんでした*12

我が国がラトビア、エストニアへの進駐を終えたころ、バルト諸国で一番南に位置しているリトアニアでは、ポーランド軍の敗残兵がリトアニア国内に侵入したという情報が入ってきました

我が国は侵入したポーランド兵が、リトアニア人に乱暴狼藉を働いているという陳情を受けました

地域の平和を預かるものとしてこの状況を許すわけにはいきません

我が国は無力なリトアニア政府に変わり治安を維持することを決定、リトアニアへの進駐を開始しました

Qx3oFkL.png

ポーランド軍の残党とされているリトアニア軍を蹴散らし、リトアニアへの進駐も成功させました*13

cyuZNlt.png

また、ポーランド方面でも独ソ不可侵条約に基づき、東半分へ進駐

wHB693y.png

ブーク川をはさむラインで独ソは握手を交わし、友好を誓いました

TAPX0NI.png

 
 

こうして我が国は保護領の拡大に成功しました

しかし北にはまだ、懸念材料を残していました

我々は次の目標として、白い森の国に狙いを定めました

後は開戦理由を用意するだけです

nPDteEn.png

次回に続きます

【FEPK】 のんびり独ソ戦争/内政その5に進む
【FEPK】 のんびり独ソ戦争/内政その3に戻る
【FEPK】 のんびり独ソ戦争に戻る


*1 ドイツ
*2 エウスカディ君は世界大戦を起こすためのリロードの中で消えました
*3 スペインは独ソ戦にかかわらないだろうという見込みの元続行していきます
*4 リトヴィノフが外相に復帰することはなかった 彼は英米との和解に尽力したのち、交通事故で亡くなった
*5 日本 黄色はあくまでナショナルカラーであり、他意はございません あらかじめ宣言しておきます
*6 1938年
*7 一流研究者
*8 現在すべての師団はヨーロッパロシアにいるため
*9 エストニアに大苦戦したのは秘密
*10 本国化
*11 要するに併合をしていないということ
*12 要するに戦時維持のプレチをしているということ
*13 カウナスの地形のせいで苦戦したのは国家機密

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-11-16 (土) 03:55:45 (27d)