内政その2(大粛清まで)

粛清開始

FEPKのソ連で一番最初に起こるイベントは
大臣の粛清イベントです
2R7kD5l.png

これは第一次モスクワ裁判で死刑になったコンビの粛清イベントです
彼らはスターリンと組んでトロツキーを追い出し、一時的なソビエトの最高権力者になりましたが、後にスターリンに追い落とされ、処刑されました

 

ちなみにhoi2での彼らの閣僚特性は
ジノヴィエフが 政府首班で権力者の腰ぎんちゃく(スターリン主義)
gmeOIZm.png

カーメネフが 軍需大臣で天才実務家です(急進的左翼)

a8iT1cl.png
カーメネフソ連の軍需大臣で1番優秀じゃん

 
 

その1日後、同じ第一次モスクワ裁判で非難され、粛清間近とみられたミハイル・トムスキーが拳銃自殺を遂げました。

J0CZ4q2l.png

hoi2でのトムスキーの閣僚特性は 軍需大臣で工業科学者でした(スターリン主義)

f7CBXyYl.png

 

彼らの死は大粛清の先駆けであり、このあたりからスターリンによる容赦のない殺戮が始まります

赤軍大粛清(とスペイン内戦)

hoi2プレイヤーがおそらく一番目にするであろうイベント「スペイン内戦」

QQYjPVCl.png

ソビエト連邦は共産主義の希望の星なので、当然介入を選
物資の代わりにスライダーが1つ介入に振れます

この後イベントは37年までなく、我が国は順調に自動車化師団とcasを作っていました

そして

 
 
 
 

jcdWZyC.png

 

ソ連プレイの目玉赤軍大粛清です
FEPKではnoneのような、ランダムで将軍が死亡するイベント*1ではなく、決まった将軍が死ぬイベントになりました。
また、noneでは大粛清イベント関係なく赤軍は弱体化していましたが、FEPKではこのイベントで赤軍にデバフがかかるようになりました。
粛清を決行すると国民不満度+10% 労働力-1500 そして指揮統制など戦闘に関して、すさまじいデバフがかかります
デバフのうち主要なものを表にまとめると

対地防御効率-70%
陸上ユニット 最大指揮統制指揮-40%
陸上ユニット 士気-60%
航空ユニット 最大指揮統制-20%
航空ユニット 士気-20%
制空権効率-70%
地上攻撃効率-70%
阻止攻撃効率-35%

となります
「残忍な粛清は必要ない」を選ぶと国民不満度が+80%されます

 
 

今回はソ連らしく粛清を決行します

すると上記の補正に追加して、難易度とても難しいの補正*2*3

補正IC資源人的資源研究効率組織率戦闘効率行軍速度不満度減少外交効率情報部
プレイヤー-40%-40%-30%-20%-30%-10%-10%-40%-50%-10%
AI+20%+20%+20%+20%+20%+20%+20%+80%+20%+20%

がかかります
なので実際の組織率は

 

vOkLfkP.png

 
 

9です

野盗の集団かな?

あ、スペイン内戦ですが
共和派が勝ちました
TtrvKpG.png
左下に注目

 
 

特に利益はないはずです

 

次回に続きます

状況確認と内政その1に戻る
【FEPK】 のんびり独ソ戦争に戻る


*1 なので運が悪ければジューコフ、コネフ抜きで、ドイツと戦わなければならなかった
*2 FEPKの本体には難易度補正のデータがないので、難易度補正はnoneのままだと考えられます
*3 下記の表は共産兄貴のAAR共産革命アドヴァンスドサードから引用させていただきました この場を借りてお礼申し上げます

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-09-01 (日) 22:24:30 (16d)