【DasGoldeneZeitalterスペイン】寄生虫

▼スペインのネーデルラント支配に対しての考察

http://i1171.photobucket.com/albums/r548/stalin1936/DGZ1936/2018-01-01%2001.37.21_zpsw31lxs13.png

 
 

さて、日の沈まぬ帝国、我がスペインはアルフォンソ13世のもと、安定した治世により経済発展を続けている。
このMODのスペイン帝国の支配構造についてだが、核となるネーデルラントとは同君連合と思われる。

このゲームにおいて同君連合は中核州として扱われる事が多いが、ネーデルラントは傀儡国として表現されており
その実態は自治州というべきではないかと思う。
オランダ独立戦争、続くスペイン継承戦争をどのように乗り切ったのかは公式で語られていないので想像するしか無い。

しかし少なくとも、自治権を与えこそしたがネーデルラントをスペイン王室に繋ぎ止めておく事に成功した。
歴代のスペイン王はまことの賢君であったと言うべきであろう。

王朝がボルボーンに変わっている事に関しては浅学の作者の頭では窺い知る事は出来ないが、
それでも(自治領が)維持され続けた事を考えるに、歴代スペイン王朝はネーデルラント支配に配慮し、開明的で自由主義的な手法を用いたに違いあるまい。
その結果として、ネーデルラント自治領は大いに繁栄し、スペインの没落を遅らせる事に成功。
更にイングランドとの共存も可能としたのだろう。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

http://i1171.photobucket.com/albums/r548/stalin1936/DGZ1936/2017-12-31%2023.51.26_zpsiqgsu7j1.png

 
 

スペインはネーデルラントに安全保障と市場、南米の安価な原料等を提供し、
ネーデルラントはそれを加工して富を生み出す。

理想的な関係であると言える。
故にスペインとしてはネーデルラントに対しては特に慎重な配慮が必要であり、彼等に干渉せず自由にさせる必要があるだろうという脳内設定をここに記しておく。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

▼寄生虫

http://i1171.photobucket.com/albums/r548/stalin1936/DGZ1936/2017-12-31%2023.51.47_zps4ljnvofu.png

 
 

さーて、ほんなら宜しくなネーデルラント君!!
今年は財政厳しいから税率ほんまちょっとだけやけど上げるで!!
皆苦しい思いしてるから君らも文句言うたらあかんど。
若い内は買ってでも努力するもんや!!ガハハ!!(税率+3%)

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

▼戦う前から勝っている

http://i1171.photobucket.com/albums/r548/stalin1936/DGZ1936/2018-01-01%2000.15.12_zps4e3sz88g.png

 
 

初手の外交に関してだが、没落した帝国らしく既存の列強と仲が良い。
これが拡大続けていたEU時代だと世界の敵だったのだろうが…
侵略も100年経ったらノーカン理論で今はBBR0。
先に支配したもん勝ちなんだよ(勝者の余裕)

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

http://i1171.photobucket.com/albums/r548/stalin1936/DGZ1936/2018-01-01%2000.14.50_zpsqoz3azby.png

 
 

お隣のポルトガル君から植民地を巻き上げようと思ったが、
既に植民地を大量に保有しているので邪魔になるだけと判断。
英国の独立保障もあるしね。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

http://i1171.photobucket.com/albums/r548/stalin1936/DGZ1936/2018-01-01%2000.32.21_zpsroqlgr9t.png

 
 

英国…
あっそっかぁ…
イギリスと組んじゃえばいいじゃんアゼルバイジャン。
こうすれば海軍でフランスを圧倒できる他、帝国の生命線たるネーデルラントを狙う独仏両国を牽制出来る。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
没落を続けるスペイン帝国は、同じく衰退を続けるイギリス帝国より提案を持ち掛けられた。
イギリスはスペイン帝国の構造上の問題(ネーデルラントによって帝国が成り立っている)を見抜いており、
ネーデルラントを狙うフランスに危機感を持っている事を察していた。
イギリスはスペインに対し、「フランスという共通の敵に対する抑止力」「スペインによるネーデルラント支配の追認」「有事における相互防衛協定」等を提案。両帝国は急速に接近していった。
最終的に1935年4月、両者はネーデルラント自治領フランドル州のアントウェルペンにてアントウェルペン条約を締結し、
ここに英西協商が成立した。

これは、戦後続いていた英国の孤立主義政策が終わったことを意味していた。
 
 
 
 

という脳内補完だったのサ。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

▼英西協商

http://i1171.photobucket.com/albums/r548/stalin1936/DGZ1936/2018-01-01%2000.38.12_zpszzdvjl96.png

 
 

そんなわけで英国と同盟。
両帝国の版図はそれはそれは凄まじい広さで、アフリカを覆い尽くさんとする勢いである。
えっポルトガル?
あれは属国みたいなもんだから…

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

http://i1171.photobucket.com/albums/r548/stalin1936/DGZ1936/2018-01-01%2000.53.47_zpsqqswoslc.png

 
 

早速香港から偵察空母を派遣し、アジア植民地で手頃な兵力工場を作れないか探りを入れる。
どいつもこいつも歩兵を敷き詰めてやがる…
ぐぬぬ…Vic時代ならお前らなんぞ…
ギギギ…

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

▼協商のパラグアイ侵攻

http://i1171.photobucket.com/albums/r548/stalin1936/DGZ1936/2018-01-01%2001.15.42_zpsdmnphy87.png

 
 

工業化する間に旧植民地の統合を進めることにする。
パラグアイが資源不足でIC割れの状態だったので救済する意味で自国領に併合する事にした。
ボリビアには騎兵師団3個師団を含む8個師団が展開しており、アスンシオンを再び副王領に復帰させるべく戦争を始めた(スペイン・パラグアイ戦争)

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

http://i1171.photobucket.com/albums/r548/stalin1936/DGZ1936/2018-01-01%2001.17.41_zpsaza5kupn.png

 
 

当然の事ながら勝利。
流石にチリやアルゼンチン相手は辛いし、パルチザンが怖いので後はベネズエラを復帰させたら拡大は終わりかな…
まぁ何にせよ、栄光のアスンシオンが戻ってきてようやく安

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

http://i1171.photobucket.com/albums/r548/stalin1936/DGZ1936/2018-01-01%2001.15.421_zpshrwpqcd3.png

 
 

あれぇ?
貿易レートが

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

【DasGoldeneZeitalterスペイン】世界の敵へ?へ進む
【DasGoldeneZeitalterスペイン】沈まなかった太陽に戻る

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-01-02 (火) 17:06:30 (113d)