【DHWW1イギリス】トリマキッド作戦

▼前回のあらすじ

http://i1171.photobucket.com/albums/r548/stalin1936/WW1bl18/%202015-01-17%2023.04.22_zpsgc2dxgwj.png

 
 

ウィンストン・チャーチル (WW1).png

 
英国民よ。
君達が言いたいことはわかっている。
1918年度の増税法案について、関心が集まるのは無理もない。
だが英国民よ。
君達は納税の意味を考えたことはあるか。
君達が、未開の第三国へ出向いた時、身の安全が保証されているのは何故か。
君達が、他国で新しく商売を始める時、現地の不当な圧力に晒されぬのは何故か。
君達が、他国へ出向いた時、いかなる国よりも優先して最恵国待遇を受けられるのは何故か。
 
 
 
 
 
 

http://i1171.photobucket.com/albums/r548/stalin1936/WW1bl18/%202015-01-17%2020.29.36_zps8aaeyxfe.png

 
 

ウィンストン・チャーチル (WW1).png

 
それは、君達が英国民であるからだ。
英国は、君達が収めた税を元に強力な陸海軍を編成し、常に君達の身の安全と権利を保証しているからだ。
英国民よ、納税について考えなおせ。
納税は、自身への投資であると理解せよ。
君達の政府は、君達の利権を守るために、これからも戦い続けるであろう。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

▼グラーツの戦い

http://i1171.photobucket.com/albums/r548/stalin1936/WW1bl18/%202015-01-17%2022.29.28_zpsxdgnkimq.png

 
 

1918年初頭、ドイツ軍がオーストリアへ展開すると、ウィーンへの進撃は絶望的となった。
それでもまだ、ウィーンを落とす事がオーストリアを降伏へ導く唯一の道と信じて疑わなかったキッチナーは、西部戦線のBEFを全て動員することを決定。
その準備攻勢としてグラーツへ攻撃を仕掛け、消耗した所を増援で撃破する”トリマキッド作戦”を実施した。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

http://i1171.photobucket.com/albums/r548/stalin1936/WW1bl18/%202015-01-17%2022.35.43_zpsaex90rw1.png

 
 

正直、この兵力だけでウィーンまで進めるとは思えない。
思えないが、やるしかない状況なのだ。
続々とドイツ軍がオーストリア戦線に到着している。
西部戦線でも、徐々にフランス軍が押し返されている。
このままでは協商が大陸から蹴落とされる可能性すらあるのだ。

今しかチャンスはない。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

http://i1171.photobucket.com/albums/r548/stalin1936/WW1bl18/%202015-01-17%2022.33.20_zpsnhz4wzta.png

 
 

グラーツでの戦いは熾烈を極め、協商22万、同盟16万の犠牲者を出す最大の会戦となった。
その後すぐに近隣の部隊から増援が集められ、戦闘は再開される。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

http://i1171.photobucket.com/albums/r548/stalin1936/WW1bl18/%202015-01-17%2023.17.16_zps3tpv8xl2.png

 
 

結果として、協商は30万近い犠牲を出し、ウィーンへの切符を獲得する。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

▼ウィーン攻略

http://i1171.photobucket.com/albums/r548/stalin1936/WW1bl18/%202015-01-17%2023.17.32_zpsuwafyqgs.png

 
 

2月、BEFのほぼ全軍を持ってウィーンを攻略。
オーストリアの不満度は15以上に跳ね上がり、形勢は協商側に傾いた。

 
 

ウィンストン・チャーチル (WW1).png彼らならやると信じていた
ハーバート・キッチナー (WW1).pngウン
ダグラス・ヘイグ (WW1).pngちょっと犠牲多すぎるんちゃう?
ジョン・フレンチ (WW1).pngオスマンを後回しにしておけば(ドイツ軍の増援も無かっただろうし)彼らの死を回避出来たのでは。軍務大臣から納得の行く説明が欲しい

*1

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

▼オーストリアとの講話

http://i1171.photobucket.com/albums/r548/stalin1936/WW1bl18/%202015-01-17%2023.21.05_zps3k0ydyfz.png

 
 

ウィーン陥落という決定的敗北。
敵に主要都市を制圧して回られるという屈辱を受け、戦闘継続が不可能になったオーストリアは、協商盟主であるフランスと講話した。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

http://i1171.photobucket.com/albums/r548/stalin1936/WW1bl18/%202015-01-17%2023.37.07_zpsvoynoazt.png

 
 

講話によって、協商はイタリアの安全。
そしてブルガリアでの勝利を保証され、西部戦線で雌雄を決する事となった。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

http://i1171.photobucket.com/albums/r548/stalin1936/WW1bl18/%202015-01-17%2023.39.30_zpshwyr5vuk.png

 
 

孤立したブルガリアはまもなく敗北するだろう。
協商軍を全て西部戦線へ投入し、満を持して攻撃を仕掛ける。
しかし、状況はドイツとて同じ。
ドイツvs世界となったが、それでもドイツは我々と渡り合う事が出来るだろう…
やっぱりドイツはほそ切れに分割しなきゃ(使命感)

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

▼ブルガリアの戦い

http://i1171.photobucket.com/albums/r548/stalin1936/WW1bl18/%202015-01-17%2023.21.44_zpskqm71ao7.png

 
 

この地域で動かせる協商軍は限られていたが、それでも英軍だけでソフィアを攻略することが出来た。
また、オーストラリアとギリシャの共同作戦により、ブルガリア西部は協商の手に落ちた。
勝ったな(慢心)

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

http://i1171.photobucket.com/albums/r548/stalin1936/WW1bl18/7be67dfc-511f-49c5-969f-9f808388dbb9_zpssnstvfrb.png

 
 

ウィンストン・チャーチル (WW1).png

 
英国民よ。
君達が言いたいことはわかっている。
英国民英国民(届かぬ演説)
 
 
 
 
 
 
 
 

▼帝国の崩壊

http://i1171.photobucket.com/albums/r548/stalin1936/WW1bl18/%202015-01-17%2023.45.21_zpsq0rou5ry.png

 
 

巨大なオーストリア共和国…
この状態でプレイしてドナウ連邦を目指すプレイとかできるかなぁ。*2

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

http://i1171.photobucket.com/albums/r548/stalin1936/WW1bl18/%202015-01-17%2023.46.50_zpswzvonp8y.png

 
 

チーン

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

http://i1171.photobucket.com/albums/r548/stalin1936/WW1bl18/%202015-01-18%2000.09.36_zpsh4sximvx.png

 
 

火事場泥棒たまげたなぁ…

 
 

ブラティアヌ.png(ハイエナ外交に)切り替えていく

 
 

よくわからんけどモルドヴァのハンガリー領はルーマニアに編入。
オーストリア領モルドヴァはドイツに割譲された模様。
この辺はカットイン入れる暇もない処理なので史実ルート楽しめというDH開発様のご意思なんだろう。
ちなみにこの戦後処理でブルガリアとも強制和平となり、ギリシャは史実並みのデカさに拡大するという偉業を成し遂げました。
ということで統帥権をお返しします。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

http://i1171.photobucket.com/albums/r548/stalin1936/WW1bl18/%202015-01-18%2000.12.05_zpsvxxcur87.png

 
 

オーストリア戦線へ従事していた軍は全て本土へ戻った。
さぁ、後はドイツ娘を調教するだけだな!

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

▼アメリカ参戦

http://i1171.photobucket.com/albums/r548/stalin1936/WW1bl18/%202015-01-17%2023.49.59_zpsat0xpwwu.png

 
 

そんな折、
モンロー主義をかなぐり捨ててアメリカが参戦。
居なくても勝てそうというか陸軍8個師団で何をする気なのかわからないが、とにかく参戦してくれたようだ。
冷やかしで西部戦線に派兵してくれるくらいはあり得る展開だろう。
こんなテキトーな参戦で戦勝国ヅラとかやっぱり新大陸国家ってクソだわ。
植民地に戻さなきゃ。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

▼勇者メキシコ

http://i1171.photobucket.com/albums/r548/stalin1936/WW1bl18/%202015-01-18%2000.12.53_zpsyfzvhqdw.png

 
 

はー新大陸ってだけで移民ウハウハ国防なにそれな勝ち組かよ。
やってらんねーなマジd…
ん?

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

http://i1171.photobucket.com/albums/r548/stalin1936/WW1bl18/%202015-01-18%2000.15.44_zpsdnqhsotg.png

 
 

ええ…?

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

【DHWW1イギリス】ロータス作戦へ進む
【DHWW1イギリス】勝利の女神に戻る

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

*1 どなたか存じませんがWW1英国の閣僚増やしてくれた方、この場でお礼を申し上げます
*2 なお大半の領土が非中核の模様

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-02-18 (水) 15:26:23 (1611d)