滅び行く思想

ドイツ装甲軍団の進撃により、ソ連軍の前線部隊は完全に包囲されていた。
AODでは部隊は30日分の物資を携帯しているため、すぐに行動不能にはならない。
しかし、満足に戦闘を行えるのも時間の問題だろう・・・

http://art36.photozou.jp/pub/797/1085797/photo/56748255.v1289661214.png

マンシュタイン.png中央、北部の軍は進軍開始せよ。包囲した敵軍を殲滅する。

クルーゲ.png敵さんも後方で何が起こったのか把握できていないようだ。組織が混乱している。

退路と補給線を絶たれたソ連軍は抵抗を試みたものの、包囲を破ることはできない。
もはや死を逃れるには、投降するしか道は残されていない。

http://art43.photozou.jp/pub/797/1085797/photo/56748280_org.v1290001359.png

スターリン.png後退は認めぬ!最後の一兵まで抵抗せよ!

グデーリアン.pngそう言う貴方は後退されないのですかな?

スターリン.pngなに!?

http://art25.photozou.jp/pub/797/1085797/photo/56748232_org.png

包囲を完了したグデーリアンの部隊は、そのまま北上して首都モスクワの守備隊を撃破していた!
開戦からわずか1か月でモスクワが陥落するとは、誰もが予想し得なかっただろう。

スターリン.pngなんということだ・・・遺憾ながら、モスクワは放棄する!ウラルへ撤退だ!

グデーリアン.png速さには自信アリって訳ですよ

マンシュタイン.png素晴らしい。第1装甲軍団はそのままモスクワを維持。ロンメル将軍はレニングラードを攻めてくれ

ロンメル2.png了解しました。

http://art42.photozou.jp/pub/797/1085797/photo/56748303_org.png

スターリンの死守命令の甲斐なく、包囲網は徐々に圧縮されていた。
ドイツ軍は攻撃の手を緩めず、抵抗していた多くのソ連兵が戦死。
ソ連軍団の壊滅をもって、国境沿いの戦闘は終結した。

http://art36.photozou.jp/pub/797/1085797/photo/56748327_org.v1290003159.png

マンシュタイン.png作戦完了だ。もはやソ連に抵抗する戦力は残されておらん!

マンシュタイン.png後は拠点を制圧し、講和に持ち込めば良い。

大勢は決した!ソ連の生産力と人的資源を持ってしても、この損失を挽回するには多大な時間を要する。
ドイツ軍は立て直す暇を与えず、怒涛の勢いでソ連領を侵攻して行った。

http://art43.photozou.jp/pub/797/1085797/photo/56748346_org.v1289661255.png

ロンメル2.pngレニングラード制圧完了です

http://art43.photozou.jp/pub/797/1085797/photo/56748363_org.v1289661265.png

レープ.png第5装甲軍団です。現在スターリングラードを攻撃中。まもなく制圧します。

レープ.pngバクーには山岳兵団を向かわせました。程なく油田も確保できるでしょう。

レニングラード、スターリングラード、バクーが陥落し、ソ連が存続するには、
ウラル以西の譲渡という、屈辱的な講和を飲むしかない・・・

ヒトラー.png完璧な勝利だ!諸君らの名は、ドイツの英雄として語り継がれるだろう!

ヒトラー.png希少資源地帯を確保し、カザフスタンを独立させてから講和するつもりだ。

マンシュタイン.png了解しました。グデーリアンの部隊をスヴェルドロフスク前で待機させます。

1942年2月

ドイツ軍はソ連の重要都市を悉く占拠し、現在は山岳兵団が希少資源地帯の奪取、
主力部隊は、連合入りしたペルシャを攻撃していた。

マンシュタイン.pngこの地方にろくな連合の戦力はいないようだ。北アフリカで手一杯と見える。

意気揚々と進軍していくドイツ軍に、本国から緊急の一報が飛び込んでくる。

ヒトラー.png皆の者、重要な知らせだ。

http://art24.photozou.jp/pub/797/1085797/photo/57281634.v1290039244.png

ヒトラー.png先日米国は、明確に我らへの戦闘意識を表したのだ。しかも・・・

http://art42.photozou.jp/pub/797/1085797/photo/57281631.v1290039236.png

ヒトラー.png1月21日、米国が宣戦布告してきた!直ちに対応せねばならん。

マンシュタイン.pngソ連との講和を急がせましょう。それまで現状の戦力で凌いで頂きたい。

ヒトラー.pngど、どうすれば・・・

ソ連国内にドイツ軍の大半が出払っており、本国の守備は極めて薄い状態だった。
ここを米軍に攻撃されてはひとたまりもないだろう。
焦りを見せるヒトラーに、男が一人席を立った。

レーダー.png我々にお任せください。

ヒトラー.png!!やってくれるのか?

レーダー.png米国は我々を攻撃するには、必ず部隊を海上輸送しなければなりません。

レーダー.pngそのためにまず先行艦隊を派遣し、制海権を確保しに来るはずです。

レーダー.pngその艦隊を叩き、ドイツへの海上輸送が容易でないことを、奴らに分からせてやるのです。

マンシュタイン.pngかたじけない。ソ連との講和後、守備隊をそちらに帰還させる。それまで本国を頼む。

レーダー.png陸軍ばかりに良い格好はさせんよ。

ついに最強の敵、アメリカがドイツに宣戦布告!
アメリカは2/1に連合入りし、ドイツの前に立ちはだかった。
アメリカは早速艦隊を大西洋に出動させる。

ルーズベルト.png合衆国海軍出動せよ!大西洋の敵艦隊を叩く!

http://art25.photozou.jp/pub/797/1085797/photo/57281646.v1290039261.png

ヒトラー.pngヴィシーとも戦闘状態に入ったようだ。アフリカも戦場になるぞ・・・

ドイツ第一艦隊出撃

ヒトラー.pngこれが諜報部からの、米国の戦力分析だ。

http://art33.photozou.jp/pub/797/1085797/photo/57282963.v1290041056.png

レーダー.png流石米国ですな。敵の新型艦が完成するまでに、主力艦を暫減させなければ。

ヒトラー.png海上阻止任務、頼んだぞ。

レーダー.png了解しました。ドイツ第一艦隊出撃する!米艦を一隻も通すんじゃないぞ!

ヴィルヘルムスファーフェン海軍基地から、レーダー提督率いるドイツ第一艦隊が出撃した。
独軍の主戦力はソビエト奥地に出払っており、帰還するまでは海軍が上陸部隊を撃退するしかない。
2倍以上の主力艦を有する米国を相手に、ドイツ海軍の熾烈な戦いが始まったのだ・・・

一般兵.png偵察機より通信!ポルト海沿岸に敵艦隊を捕捉しました!

レーダー.pngまずは第一陣のご到着か。

レーダー.png戦艦隊の射程距離まで接近し、砲撃戦に持ち込む!

http://art36.photozou.jp/pub/797/1085797/photo/57281588_org.v1290039177.png

レーダー提督の巧みな戦術により、艦隊は30kmを切る距離での砲撃戦となった。
空母2隻を有する米艦隊は応戦したが、投弾量は圧倒的にドイツ艦隊が勝っていた!

http://art34.photozou.jp/pub/797/1085797/photo/57281595.v1290039185.png

一般兵.png敵艦撃沈、駆逐4、重巡3!敵艦隊撤退して行きます!

ヒトラー.pngいいぞ!よくやってくれた!

一般兵.pngこちらは戦艦「ビスマルク」が小破。航行に支障はありませんが・・・戦闘続行は不可能です。

レーダー.png(追い討ちをかけるかどうかだな・・・)

レーダー.png(敵はあれほどの損害を出せば、まっすぐ本国へ帰還するだろう・・・)

レーダー.png(敵は旧式艦を連れていた。速力は我々が勝っている・・・)

レーダー.png(敵の有する空母は5隻と聞いている。おそらく半数は太平洋にいるはずだ・・・)

一般兵.png・・・提督?

レーダー.png我々はこれより敵艦隊を追撃する!

ヒトラー.png!!、我々も損害を受けている。ここは深入りを避けるべきではないのか?

レーダー.png手負いの主力艦を撃沈しておけば、後の戦闘に有利です。追撃する根拠は以下の4点です。

1.敵艦隊の戦力は半減しており、こちらの損傷を加味しても、戦闘ではこちらが有利である
2.敵は真っ直ぐ本国へ帰還しているはずだ。航海ルートはおよそ見当が付く。
3.敵は旧式艦を連れていた。よって艦隊の機動力は我々より劣っている。
4.敵の空母は半数が太平洋に配置されているはずだ。別の機動艦隊と出くわす確立は低い。

レーダー.png・・・という訳です。閣下の不安の種を焼き払って見せますよ。

ヒトラー.pngそれは心強い・・・(こいつ頭良いな)

ドイツ第一艦隊は撤退する米艦隊の追撃を開始した。
航海すること数刻、艦隊はバミューダ沖で米艦隊を捕捉!
レーダー提督の戦術眼の勝利である!

レーダー.png今度は逃がさんよ!

http://art34.photozou.jp/pub/797/1085797/photo/57281599_org.v1290039193.png

ドイツ第一艦隊は「ビスマルク」が損傷しているとはいえ、今だ戦闘能力は顕在である!
手負いの米海軍はドイツ艦隊を振り切ることができず、その悉くが撃沈され、
バミューダ沖へ沈んでいった・・・

http://art31.photozou.jp/pub/797/1085797/photo/57281604_org.v1290039202.png

一般兵.png敵艦隊撃破!我々の勝利です!

レーダー.png閣下に良い手土産ができたな。全艦回頭!帰航する!

独米海戦の緒戦は、ドイツ海軍の大勝利であった。この戦闘で米国は
駆逐8、軽巡1、重巡6、戦艦「テネシー」、空母「ヨークタウン」「エンタープライズ」を失った。
特に保有していた空母の半数を失ったのは痛手である!

ルーズベルト.png厳しい敗戦だ・・・しかしまだ終わりではないぞ!

選挙に負けたただのおっさんルーズベルトの言葉は事実そのものである。
合衆国の造船所では、今まさに10隻以上の新造空母が建造中なのだ・・・
独国が得た大西洋の制海権も、一時的なものでしかない。

東部戦線

進撃を続けた独軍は、ついに中央アジアを制圧し、カザフスタンが独立。
続いてグデーリアンがスヴェルドロフスクに侵攻し、ソ連は最後の拠点を失った。

http://art36.photozou.jp/pub/797/1085797/photo/57281617_org.v1290039220.png

スターリン.png降伏だ!残された領土だけでも守らなければ・・・

1942年4月、スターリンはウラル以西の広大な領土をドイツに割譲する条件で、和平案を受諾。
独ソ戦はドイツの戦術的、戦略的勝利をもって幕を閉じた・・・

一方バクーより中東を進撃していた主力軍は、連合ペルシャを制圧。バクー・アバダンの2大油田を手に入れた。

http://art29.photozou.jp/pub/797/1085797/photo/57281610_org.v1290039211.png

マンシュタイン.pngペルシャ制圧完了です閣下。

ヒトラー.pngいいぞ。これで今後石油に困ることはあるまい。

ヒトラー.png本国から戦線が離れてきておる。以後のアジア戦線はマンシュタイン将軍に指揮権を預ける。

ヒトラー.pngインドに篭るイギリスと、北アフリカの連中に止めを刺すのだ。

マンシュタイン.png了解しました。アジア方面はお任せください。

独ソ戦は集結し、戦線はアジア・アフリカへと広がっていく。
さらに米国の参戦で、大西洋を巡るシー・パワーの激突が今後繰り広げられて行くだろう!
宿敵ソビエトを滅ぼしたドイツ軍の勢いは、今だ衰えを見せない・・・

参考資料。独ソ戦両国の損害

http://art38.photozou.jp/pub/797/1085797/photo/57442435_org.v1290164255.png

マンシュタイン.pngソ連の打撃ほぼイコール独軍の損害となります。フィンランドやバルト3国の分(人員5万くらい)を引けば、おおよその値が出せます。

ヒトラー.png1年間でこれだけ死んだのか・・・

ゲーリング.pngキルレシオに驚愕だ。

next

灼熱の戦線 北アフリカのロンメル


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-10-16 (金) 22:59:08