第三回

iAoAkYg.png武田をダムナティオ・メモリアエしたいAARはぁじまぁるよー!

yivR0ac.png

小笠原家滅亡の報は村上家中に衝撃となって奔った。

武田の勢力が信濃北西部まで入り込むということは村上家の本拠である葛尾城が前線となることを意味するからである。

しかし村上義清は林城のある安曇野より北にはまだ武田兵の姿はないとも報告を受けていた。

今なら武田に降った小笠原方を呼び戻すことができると判断すると調略を命じた。

iAoAkYg.png(中世戦国時代に鉄道なんてオバテクな物は)ないです

iAoAkYg.pngよって戦力再配置なんてない

iAoAkYg.png守備隊は最初に置いたプロビから動かせない

iAoAkYg.pngつまり味方が併合されてもカウンターアタックがやりやすい

iAoAkYg.pngさらに村上家は信濃全域が中核州だから武田家による小笠原家併合は

iAoAkYg.png(最終的には)うん、おいしい!

7月10日。武田晴信の高遠家見殺しが好材料となり森城の仁科氏などが寝返った。

武田方の信濃国人である信濃先方衆は、真田家など東信濃出身が多く北西部との縁が薄かったことも義清に味方した。

旧小笠原勢を再び反武田の旗につけた義清は同月13日に林城を攻め落とし、さらに深志城代馬場信房を木曽義康と合力して19日に敗走させる。

ORJlb4Z.png

8月。武田軍が西信濃に集まっていると報告を受けた義清は各地で兵を大いに募り、大軍をもって諏訪郡へと進撃。20日に勝弦峠にて武田と合戦に臨む。

この戦で武田と雌雄を決しようとなりふり構わず兵力をかき集めたことが災いし軍は結束力に乏しい寄集めとなった。

4UtY6AX.png

iAoAkYg.png戦国MODkaiは民兵ラッシュがアツい!

iAoAkYg.pngというのも全勢力の初期配置で主力になっている歩兵師団(画像に1936とある師団)の性能がクソザコナメクジ

iAoAkYg.png生産可能な民兵と比較すると生産必要日数が約6倍、必要人的が2倍、指揮統制が8割、士気が半分、攻撃力が7割、改良もできない

iAoAkYg.png生産できる強い歩兵もいるが、生産コストは歩兵で同じなのでまずは民兵で数を揃えるべきだろう

iAoAkYg.png山岳兵は強いが生産はデキン

iAoAkYg.png司令官がいない上に少将の指揮可能師団数が1だからペナルティはあるが戦いは数だよ兄貴!

しかし敗北に次ぐ敗北で武田軍も動揺深く士気が崩壊しており村上軍が勝利を収める。

義清は精鋭を率いて我先にと追撃を敢行。24日に諏訪湖畔の水城である高島城を攻め落とす。

29日には諏訪総領家の本拠であった上原城も落城させ、諏訪郡司・長坂虎房を討取る。

さらに別動隊を指揮した屋代正国が南佐久を平定し東信濃からも武田の放逐が完了した。

WMJ9ksQ.png

村上軍の追撃は止まず、伊那平へと流れ込む。

高遠城まで攻め寄せる余力はなかったが信濃の武田軍を本国甲斐と切り離すことに成功する。

晴信は上伊那奪還の兵を出し、同地を巡って攻防が繰り広げられたが11月に雪が降ると武田は兵を引いた。

TR8pACJ.png

iAoAkYg.png信濃/甲斐分断作戦はちょっと危なかった

iAoAkYg.pngこのMODはDH用だが行軍中は指揮統制が下がる

iAoAkYg.pngよって辛勝後の占拠後は反撃で即敗北するから注意が必要

iAoAkYg.png特に民兵は速度が歩兵にも負けているから追い越し殲滅食らうとあっという間に全滅しかねない

iAoAkYg.pngあっそうだ(唐突)

iAoAkYg.pngこのMODには司令官も研究機関も無いし閣僚もないけどイベントも無い

iAoAkYg.pngだから急いで武田を滅ぼさないと甲相駿三国同盟が起きてピンチ!

iAoAkYg.pngということにはならない

iAoAkYg.png大寧寺の変も起きないし長尾の上杉化もない

iAoAkYg.pngシナリオタイトルの織田信秀も当然死なないから信長に出番もない

iAoAkYg.pngなので皆もTake it easy!の気持ちでこのMODで遊ぼう(ダイマ)

iAoAkYg.png今回はここまでです。ご閲覧ありがとうございました


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-10-16 (金) 22:59:08